あべ
あべ
聴き専のクラオタです。

マイルーム

寝室オーディオ
寝室オーディオ
その他 / その他 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
秋田市在住。 実家に寄生してオーディオやっております。 オーディオ仲間求む!
所有製品
  • 電源機器
    KOJO TECHNOLOGY Aray MKII
  • サブウーファー
    FOSTEX CW250A
  • その他オーディオ関連機器
    NU FORCE icon HDP
  • スーパートゥイーター
    FOSTEX T90A
  • AVアンプ
    ONKYO SA-205HDX

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

トーンゾイレを作った話

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月04日

昨年末、マッキントッシュが新しく、一本81ユニットと言う化物トーンゾイレスピーカーを発表したのに触発されたのか、私もトーンゾイレ作りました。
ていうかトーンゾイレとかラインアレイとかコラムアレイとか呼び方も定義もいっぱいあるようですが、そのへんよく調べてなかったので適当にトーンゾイレの呼び方で行ってみたいと思います。

作ることになった経緯はけっこう話が長くなるので割愛して、とりあえずwavecorの5.5cmユニットを1ペア無駄買いしてしまったので、この際、もう7ペア買ってトーンゾイレにしようと思ったと言った感じです。なので、片側8ユニットと言うマッキンと比べると10分の1以下と言うミニチュアサイズです。でも長さはユニット間を引き伸ばして一応120cmくらいの高さになります。(なんかバッフルの長さも聴取位置で厳密に計算できるみたいなんですが、60cmの板が残っていたので4枚切り出して適当に穴開けました。すみませんでした。)

メインシステムをKEFのReference1+真空管アンプに据えて、サブシステムは調音パネルやシルヴァンもどきと合体させてる形になっております。トーンゾイレは薄くて済むと言うのも、メリットでした。

穴を開けた板の裏に、100均のカトラリートレイを貼り付けたハリボテ構造です。
密閉ですので低音は期待できませんから元々あった38cmウーハーに低音をおまかせします。

高音が弱かったので、下半分のユニット群にコンデンサーを入れ、中音を減らしたら上手いこと鳴ってくれました。インピーダンスとかなんかヤバイことになってるかもしれませんが、まあ普通に鳴ってるのでこの際、無視します。よく分かりませんし。

感想としてはやっぱりフォーカスはぼやけますが音場が広がって凄いことになります。そのへんは想像してたとおりだったので特に感慨もなく。もっとユニットをいっぱい使って真面目に作れば感動するのかもしれませんね。でもわりと適当に作って特に欠点もない普通に聴けるものを作れるようになったのは自分が成長しているからなのでしょうか。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする