あべ
あべ
聴き専のクラオタです。

マイルーム

寝室オーディオ
寝室オーディオ
その他 / その他 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
秋田市在住。 実家に寄生してオーディオやっております。 オーディオ仲間求む!
所有製品
  • 電源機器
    KOJO TECHNOLOGY Aray MKII
  • サブウーファー
    FOSTEX CW250A
  • その他オーディオ関連機器
    NU FORCE icon HDP
  • スーパートゥイーター
    FOSTEX T90A
  • AVアンプ
    ONKYO SA-205HDX

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

DDC導入&バスレフ化&ネットワーク交換

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月08日

タイトルのままのことをやりましたよと言うただの日記です。
ヤマハ NS-1 classicsのネットワーク部の情報もあるので、多少資料的価値もあるかも?

☆★☆YAMAHA NS-1 classicsのコンデンサの容量は3.9mFと8.2mFです☆★☆
(↑最近、どうでもいい情報を箇条書きにしてだらだら書いてるサイトが多いので、対抗して真っ先に核心を出す方式。)

まずDDC導入ですが、当初SACDプレーヤーを買う予定がありました。理由としては、良いCDプレイヤーがあれば、大量にあるのにあまり聴いてないCD達を利用する機会が増えるのではないかと言う期待です。しかし、この期待は、実は前回CDプレイヤーを買った際にもあって、そこまで良いプレイヤーではなかったと言うせいもありますが、結局のところ、CDを出したりする作業が面倒で、あまりCDをかける機会は増えなかったのです。
私は音質と利便性とのバランスを気にする主義ですので、聴くための手順がめんどくさくなる事には慎重です。
ですので、音質も利便性も両立できるDDCに決めたのでした。DACごと換える手もあったのですが、今のDACはUSB入力が壊れてる上に改造もしてしまってるので、手放すときお金にならなくて、それなら完全に壊れるまで使い潰そう、となりました。
(ちなみにCDプレイヤーはまだ壊れていません。ただ良いのが欲しいだけ)

MUTECのMC3 +USBです。
今使ってるDACがDSD音源を再生できないのでPC内でPCMに変換していたのですが、DDCで変換できるようになり、精神衛生的に凄くスッキリしました。
音質は低音がくっきりなるようになった気がします。

バスレフ化をしたのは、audienceの3インチフルレンジです。
これまで位相特性のために密閉にしておりましたが、サブウーファーと繋げると、クロス周波数が高すぎる上に、急峻なハイカットだとうまく繋がらなくて、位相特性を台無しにしてました。(デジタルで途中まで6dB/oct、途中から18dB/octと言う変則的な設定にしてました。)
やはりバスレフの方が低いところまで出て、落ち方も急峻なので、サブウーファーと繋げるならば位相特性は却って良くなる感じです。

↑正面から見え辛いところは雑にやって良いのが自作の良さですね(^_^;)

最後にNS-1のコンデンサの交換です。
これは半信半疑でしたがかなり効果ありました。
NS-1は中古品を買ったのですが、いまいち高域がボヤッとしていました。仕様かと思い、背後にアンビエンスツイーター(兼スーパーツイーター)など置いてごまかしていたのですが、某掲示板で勧められたし、ヒマなので改造を決意。

開けてもハイ側のコンデンサが裏返してあって見えませんでした。ネットで4.0mFというのを見たのですが、その数値のコンデンサはあまり一般的でないし、計算すると下が8.2のクロス値だと上は4.7になるし、4.7の誤植かな、と4.7と8.2を注文しましたが

剥がしてみると3.9mFでした!(写真だと見えづらいけど)
運良く3.9が余っていたのでセーフでした。

Jensenとsolenのフィルムコンデンサです。
高音が伸びるようになって素晴らしいです。
何せ30年前のスピーカーですし。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. あべさん、こんにちは。

    YAMAHA NS-1 classicsは、昔、知人宅で聞いたことがあります。
    LUXMANのL-570との組合せで、非常に滑らかで潤いのある音で今でも鮮明に覚えている音の一つです。
    また機会があれば聞いてみたいスピーカーの一つです。
    いつまでも現役で頑張ってくれると良いですね。

    byいたちょう at2020-05-09 12:45

  2. こんばんは、いたちょうさん。
    レスありがとうございます。
    今のところ、以前との差がありすぎて、瑞々しい、新鮮な、というような感想がありますw
    他のスピーカーに変えると確かに滑らかさも感じるのですが、以前の音の印象が強すぎて人が変わったような変容ですw
    中古ですので、これが本来の音なのか確かめようが無いのがさびしいですが、開き直って色々変えて遊ぶのも良さそうです。
    背面の板がきれいに外せるのでバスレフにしてみたり?

    byあべ at2020-05-09 21:40

  3. あべさん、

    こんばんは。
    初めまして…でしょうか?

    新しいコンデンサはSolenのMKP3.9μFみたいですね。
    ポリプロピレン・フィルムですよね。
    そうだとすると確かにオリジナルの電解コンデンサとはかなりの音の違いだったと推察いたします。

    私もトゥイータに直列に入れているコンデンサにはポリプロピレン・フィルムのものを使っています。
    古いスピーカーを使っているのですが、やはりコンデンサを交換したときに驚いたことを覚えています。

    古いスピーカーが大事にされているのを拝見すると応援したくなります。

    byK&K at2020-05-09 23:23

  4. K&Kさん、こんにちは。
    レスが遅れまして申し訳ないです。

    はじめましてだと思いますが、K&Kさんの2段重ねのLo-Dはページを見てから強く印象に残っておりすぐに、この方かと思い当たりました。
    1960年代の国産機器を使っておられるのは驚きでした。欧米の古い機器でしたら半ばファッションのように使う邪さがありますが、国産で日立というのは純粋な思想を感じます。
    ヤマハのNS-1は90年代ですからまだまだ新品ですねw

    新しいコンデンサはSolenのMKP3.9μFで間違いないです。ロー側はJantzenAudio のCrossCap8.20μFで、こちらもポリプロピレンフィルムコンデンサでした。(Jensenじゃなかった。というかJantzenAudioとJensenを同じ会社だと思っていたw)
    コンデンサについてあまり詳しくないのですが、ハイ側はMPコンデンサらしいです。コンデンサの容量を下調べした時に初めてこのMPコンデンサというのを知ったのですが、フィルムコンデンサの前身ということで、もしかしたら電解コンデンサより粗悪なものなのかもしれません?(ニチコンでしたが)
    ロー側は電解コンデンサでしたが、ハイの変化の大きさに気を取られていて気付かなかったのですが、こちらもフィルムコンデンサにしてだいぶ変わっていました。

    byあべ at2020-05-12 09:51

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする