ねこ@2
ねこ@2

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

デュアル・プロジェクション用4K・HDR対応3Dプロセッサー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月05日

2年越しでやっと実用に耐えるフルスペック機材が組み上がりました。
これで念願のどのような素材でも4K・HDRの3D映像にコンバートができるようになります。


テストを終え仮組みしてあったラックを本組みすることに、、12Uラック、下部に配線引き出し用の切れ込みを入れる。棚用に内バックレールを取付ける。


2x2並列処理の18G完全対応のフロントエンド・コンバータは最終的に3Uサイズになってしまった。オーバースペックのHDR対応機材で組んだので、4x4並列処理すれば8Kも対応可能。しかし、どう並べてもACアダプターはかさばる。


とりあえず全部詰め込んで仮配線してみる。テストパターンを流す。



本配線をして、残りのモジュールも組み込む。


冷却用の静音ファンの組込み、、もちろん山洋製です。


最後に制御用のLANとUSBケーブルを接続して、、裏蓋を閉じて完成。



消費電力はアイドル時で400W程度。UHD-BDプレイヤーを接続して動画再生の確認




上から、
メインスイッチ
入出力用フレーム同期スイッチ
3D対応マルチコンバータ
HDR対応マルチコンバータx2



詳細は下記リンクにおいてあります。
http://www.cat.ne.jp/nyasi/open/TeaRoom/_/AVproc2018/

ダイナミック・マッピングについては対応プロジェクター待ちです。
たぶんネイティブ・コントラストの低いSONY製はもう買わないと思いますけど、、、

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする