vanilla
vanilla
<好きな音楽ジャンル> クラッシック、ジャズ <夢> 神楽坂の路地裏でジャズ喫茶を開く

マイルーム

果てしなきかなオーディオ道
果てしなきかなオーディオ道
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~60型 / ~2ch
リビング(21畳)にセッティング ピアノ2台(グランド1台、アップライト1台)がリビングスペースを占有し、オーディオ装置は肩身狭く、リビングコーナー片隅に設置されている 機器設置スペースの問題…
所有製品
  • パワーアンプ
    ACCUPHASE A-250
  • CDプレーヤー/トランスポート
    CHORD Blu MkII
  • その他オーディオ関連機器
    TEAC CG-10M
  • DAコンバーター
    CHORD DAVE
  • その他ポータブルオーディオ
    CHORD Hugo 2

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

10MHz注入で目覚めた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月19日

N-03Tを導入して、サーバー(DELA)、レンダラー、DAC(BluDave)を分離し、デジタル系はほぼ満足できる機器構成になりました。

もう少しエージングが済んでからの方が良いのかもしれませんが、機器間のデジタルケーブルの見直し第一弾として、Blu2とDaveのBNCケーブル2本をCHORDの付属品からLightHouseのD-1000に交換しました。
LightHouseはSAECにOEM提供している業務用途に強いケーブルメーカーのようで、インピーダンス75Ωを保証してくれる安心感があります。
正直大きな変化はありませんが、解像度がスッキリ改善した印象です。
1本20万近いケーブル含め6種類のケーブルを視聴しましたが、私の耳では違いがあまり判らず、Rob Watts氏もケーブルの値段より、インピーダンス整合が重要と言っており、LightHouseに落ち着きました。

そこで余ったBlu2付属のBNCケーブルの利用を検討したところ、TEACのクロックジェネレーターCG-10Mが眠っており、このケーブルをN-03Tとの接続に利用することを思い付きました。

N-03TとBluはUSB接続していますが、クロックはDAC側に委ねられるため、この場合N-03T で外部クロックは無意味です。

外部クロックを利用するにはRCA同軸ケーブルでデジタル出力することになりますが、手持ちのRCAデジタルケーブルは0.5mで長さが足りず、この接続方式を試していませんでした。

Blu付属のBNCケーブルは1.0mあり長さは問題ありませんが、N-03T側のUSB以外にデジタル出力はRCAのみです。
ガラクタ箱を探したところRCA/BNCの変換アダプターを一個発見!
これでN-03TとBluを同軸デジタル接続し、CG-10MからN-03Tに注入した10MHzクロックの効果を確認できます。
結果は、N-03Tがクロックで目覚めました!
解像度が一段上がり、クロックの効果で音像もクッキリ、カッチリと安定した音に変わりました。
TEACの廉価版クロックジェネレーターでは兄弟とは言え、ESOTERICには役不足ではと効果は期待していませんでしたが、驚きの効果です。
他にクロック入力の有る機器を所有しておらず、CG-10Mの処分を考えていましたが、早計な判断をせず良かったです。

さらにインピーダンス整合を重視し、CG-10MとN-03Tのクロックケーブルも同じLightHouse製(と思われる)でSAECブランドの50ΩのBNCケーブルに交換しました。

現在、N-03TとBlu間のケーブルはSAECが最近発売したSTRATOSPHEREのRCAデジタルケーブルを借りて、Blu側はアダプターでBNC変換して試聴しているところです。
STRATOSPHEREは雑誌評価も高く、期待していましたが、CHORD付属のケーブルとほとんど違いが感じられず、費用対効果から購入は見送り、BluDave接続に購入したlighthouse の75ΩケーブルのN-03T側をRCAコネクタにする特注ケーブルを発注予定です。
このケーブルは方向特性があるので、RCA上流、BNC下流でオーダーします。

これでデジタル周りはLAN領域を除き、見直し完了です。

LAN周辺はノイズ対策など取り組む課題はまだまだありそうですが、皆さまのアドバイスを受けながら引き続き改善していこうと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. vanillaさん、はじめまして。umetaroと申します。
    怒涛のハイエンド機器購入と使いこなし日記を楽しく拝見させていただいています。N-03Tは気になっており、レビューを心待ちにしていたところでした。クロックによってN-03Tが目覚めるというのもユーザーならではレビューで興味深く読ませていただきました。
    LightHouseというケーブルメーカーも初めて聞きました。ウェブサイトを拝見しましたが、面白そうな会社です。
    引き続き、N-03Tの使いこなしの記事を期待しています。

    byumetaro at2018-08-20 12:07

  2. umetaroさん
    はじめまして。レスありがとうございます。

    N-03TはUSB接続でも十分満足できる効果がありましたが、クロック注入で音の輪郭がクッキリした大きな変化でした。
    LightHouseは私も知らないブランドでしたが、ショップに相談したところ紹介され、試聴してから購入を決めました。

    N-03Tは96kHzまでの前段のみのデコードですが、MQA対応もリリースされ、今後Roon対応も予定されており、ハイレゾ音源再生の広がりを期待でき、やること一杯です!

    byvanilla at2018-08-20 22:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする