vanilla
vanilla
<好きな音楽ジャンル> クラッシック、ジャズ <夢> 神楽坂の路地裏でジャズ喫茶を開く

マイルーム

果てしなきかなオーディオ道
果てしなきかなオーディオ道
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~60型 / ~2ch
リビング(21畳)にセッティング ピアノ2台(グランド1台、アップライト1台)がリビングスペースを占有し、オーディオ装置は肩身狭く、リビングコーナー片隅に設置されている 機器設置スペースの問題…
所有製品
  • その他オーディオ関連機器
    SOTM sNH-10G
  • CDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC N-03T
  • パワーアンプ
    ACCUPHASE A-250
  • CDプレーヤー/トランスポート
    CHORD Blu MkII
  • その他オーディオ関連機器
    TEAC CG-10M

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

再生経路の比較試聴

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月25日

Roonの認証待ちですがN-03TのRoonReady対応ファームウェアを入手したので、TIDAL音源で下記再生経路での比較試聴を実施しました。

①TIDAL〜N-03T〜Blu2〜DAVE
②TIDAL〜Nucleus(RAAT)〜N-03T〜Blu2〜DAVE
③TIDAL〜Nucleus(AirPlay)〜N-03T〜Blu2〜DAVE
④TIDAL〜Nucleus(USB)〜Blu2〜DAVE

N-03TとBlu2はBNCで接続しています。

44.1音源で再生した場合、①が最良で番号順に劣化していく印象です。
①と②、③と④の間の差異が比較的大きく、意外なことに②と③の差異はそれほど感じられません。NucleusからAirPlayプロトコルでN-03Tへの伝送が想定外に検討しています。

①と④の比較ではかなりの差異があり、④は音にトゲがある印象で、拙宅のUSB伝送路の問題もあるかもしれません。

ハイレゾ音源を再生した場合は、さすがに③と④が入れ替わり、44.1音源再生よりもそれぞれの差異がもう少しハッキリします。

N-03Tの貢献が改めて確認でき、RoonからのMQAも全てN-03Tを介して②の再生経路に統一できるようになりました。

実はにゃんすさんが報告されていたTELOSのMacro Qを入手したので、NucleusのUSBポートやDELA、N-03Tの空きポートを埋めてみようと思います。
USB伝送はほぼ利用しなくなるので、効果のほどは微妙ですが、USB内部発生ノイズの機器への影響を少しでも改善できればと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. vanillaさん

    N-03TのRoon対応Macro Q導入おめでとうございます!
    これで長い間のストレスが解消されましたね。

    ところで、DELAとの比較は如何ですか?
    また、N-03Tを中間に挟むことにより、そんなに音質向上するものなのでしょうか?

    ネットで調べるとvanillaさん同様、高評価なのですが、
    私的には余計なもの?を入れることにより、
    音質向上するのは疑問なのです。

    また、BNC接続ですとフォーマットに制限がありますが、
    やはりUSBより音質は上でしょうか?

    ネットの情報が本当なら拙宅でも導入してみたいのですが、
    受けがLinnだと逆に悪くなりそうで導入に踏み切れません・・

    byにゃんす at2019-08-26 00:21

  2. にゃんすさん
    レスありがとうございます。

    N-03Tの効果はミュージックサーバー(拙宅ではDELA)のレンダラー機能分離による負荷分散でジッター対策がより改善されることによるものと思われます。

    DAVEに続きBlu2を導入し、次はDELA(初代HDDモデル)をSSDモデルに買い替えようと思っていたところ、YongJoonさんがSoundgenericを2台(ファイルサーバーとレンダラー)負荷分散し、音質改善している日記を拝見し、興味を持ちました。

    Blu2/DAVEを購入した某ショップに相談したところ、DAC前段に機器が増えても効果は期待できないのではないかとのことでしたが、ショップでの試聴を実施(ファイルサーバーはfidata のSSD最上位モデル)し、効果を確認しました。
    印象としては、さらに1枚ベールが剥がれ、解像度がアップし、中域の厚みが増すような変化がありました。
    ショップの方も効果を実感され、今ではこのショップでもBlu2/DAVEとの組み合わせが常設になっています。

    N-03TとBlu2の接続はBNCとUSB2系統で切り替えられるようにしていますが、鳴らす音源の大半がBNC伝送の仕様内に収まるので、USBで再生することはほとんどありません。
    超ハイレゾ音源の再生の場合はUSBに切り替えることになります。
    USB接続はifiのiUSBPowerにifi のUSBケーブル(N-03T側は電源ラインとデータラインを2本に分離したもの)を利用していますが、ケーブルのクオリティ含め、もっと改善余地はあるかもしれません。

    Macro Qはオリオスペックさんで試聴貸出を御願いしようとお店に立ち寄ったところ残念ながら貸出中で、在庫確認したところ不幸なことに在庫があり、その場で購入してしまいました。

    byvanilla at2019-08-26 06:42

  3. vanillaさん

    あとにゃんすさん(先日いらっしゃったのです)
    全く同感な感じの試験でございます
    同感なポイント一つ目
    USB 接続は相当劣化する そして 同軸は優秀である
    わたくしUSB排斥運動最右翼でございます

    同感なポイント二つ目 どうも デラとかみたいな 高級茄子から直接 DAC などにつなぐと ものすごく音が良くない

    どうも皆さん勘違いされているのが デジタル系において 余計な経路を挟むのが悪いと考えていらっしゃる そんなことはありません 優秀な物を挟めばジッター改善につながります、どうもアナログ思考が皆様染み付いていらっしゃる
    あとそれからいわゆるオーディオ用の高級nasを信用しすぎです
    ゴミのようなCPUによる鈍足な機器ですからレンダラーまでさせていいわけない
    ダイナミックオーディオとかでも良く直結してて"おいおい大丈夫か"と思ってました、今はそれこそN-03Tやnetwork bridge みたいな優秀な機器を繋いでいらっしゃるけど…

    byグルマン at2019-08-26 14:48

  4. グルマンさん

    お墨付き頂き、ありがとうございます。

    役割の負荷分散により、出来の良いレンダラーが正にデジタル音源のクオリティを清め直し、次の担い手(DAC)にバトンを渡してるイメージです。

    これでRoonから再生するTIDALのハイレゾ音源もNucleusからBlu2にUSB直結ではなく、ノイズ対策を施したLAN経由でN-03Tに音源データを送出。N-03Tがお清めしてBNCでBlu2に音源伝送するパスをほぼ確立できました。

    仮装アース対策、USB空きポートの穴埋め(どこまで効果あるのか?)を残し、デジタル伝送機器、経路は取り敢えず目標達成とします。

    byvanilla at2019-08-26 20:46

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする