CENYA
CENYA
ネットワークオーディオ専用のシステムを構築しています。 独創的なDIYでハイCPな音を出していきたいと思っています。

マイルーム

オーディオ妄想部屋
オーディオ妄想部屋
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
小遣いは少ないけど、理想の音を目指したい! だから、出来るだけ作ってしまおう。 だけど知識が無いのでその都度勉強。 改造、自作の妄想マニアです。 宜しくお願いします。
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-70A
  • その他オーディオ関連機器
    I-O DATA RockDiskNext
  • AVアンプ
  • スピーカーシステム
    PENAUDIO CENYA

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

「ロックレンジアジャスト」機能について教えて下さい

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月08日

ESS社のDACチップには「ロックレンジアジャスト」機能というものが内蔵されています。
設定の幅を一番狭くした場合でも音飛びなく再生させるためには、どの辺りを改善すればよいのでしょうか?というのが今回の質問の主旨になります。


~~~ 「ロックレンジアジャスト」機能とは ~~~

調べた範囲で私が理解した内容を書きますので、間違いがありましたらご教示お願いします。

これは入力されるデジタル信号に対して、DAC側が受け入れの可否を判断する精度を変えることが出来る機能で、ES9016~9032シリーズ等に搭載されています。(ようです。)

例えば96㎑のデータを再生しようとした時に1/96000秒のタイミングで正確にデータが送られて来るとは限らないので、ジッタ―を含む揺らいだデータを音楽信号として認識させるためにDAC側で遊びを設けています。
この遊びの幅がロックレンジです。(音楽信号だと認識ロックする幅の意)

幅を広げれば崩れたデータでも再生が出来るようになるのですが、音の鮮度は下がって緩い音になります。
逆に言うとレンジを狭くできれば、音源データを忠実に、とても鮮度の高い状態で再生することが出来ます。

“狭くできれば”

そう、これがなかなか難しくて認識(ロック)できずに、音が飛んでしまうのです。。。
この幅の設定は7段階とか8段階とかあります。
※メーカーでは一番幅広の設定を初期設定とすることが多いようです。

以上が「ロックレンジアジャスト」機能の概要です。

私感ですが、ロックレンジの変更による音の変化は大きいので、ES9032のマックス幅広設定とES9016のミニマム幅狭設定では後者の方が音が良いのではないでしょうか。

この機能はESS社からの一種の挑戦状のように思われます・・・。
正確な波形を送ってくれたら最高のアナログ変換をしてやるぜ!
しかしまあ、ショボいデータだったとしてもそれなりには変換してやるけどな。
みたいな。。。


~~~ 質問への経緯 ~~~

「ロックレンジアジャスト」機能をユーザー側に開放しているオーディオ機器が世の中にいくつかありまして、私が所持しているネットワークプレーヤー「N-70A」も7段階で設定変更が可能です。
DACはES9016Sをデュアルモノで2つ使っています。
レンジ7が一番緩い設定でこれが初期設定になっていて、
レンジ1~3がわざわざ「上級者向け」と銘打たれています。

私としてはこの機能を自分のシステムのバロメーターとしても利用しています。
DAC入力段までの音楽データをいかに正確な状態に保てているか?
ノイズ対策を含め、機器の性能をフルに引き出せているか?
等々。

NAS⇒(LANケーブル)⇒N-70Aという我が家のシステムにおいて、現在のロックレンジの再生可能レベルは以下になります。

44.1㎑音源 レンジ1
96㎑音源  レンジ2
192㎑音源 レンジ3
DSD2.8㎒ レンジ2
DSD5.6㎒ レンジ3

ここで判るのは、データ密度の高い音源になるほどシビアになるという事です。
同じ曲において、192㎑音源をレンジ3で再生するのと、96㎑音源をレンジ2で再生するのとでは後者の方が聴感上では高音質に思えるのがちょっと面白いです。(私感)

最終目標としては192㎑音源をレンジ1でも難なく再生できるシステムクオリティにすることですが、たちまちの目標としては96㎑音源をレンジ1で再生出来る様にしたいのです。


~~~ 質問 ~~~

① ハイレゾ音源でもレンジ1で本当に再生出来るのか?
※ESS社のDACを搭載している機種(N-70A以外でも)を所持していて、レンジ1相当の最狭設定で再生出来ている方は実在しているのか。
② それを可能にしている方は、そのシステムを紹介して頂きたい。
③ ロックレンジを狭く設定できるノウハウを教示願いたい。

現状を把握したいので、特にN-50A・N-50AE・N-70A・N-70AEユーザーの方はとにかくメッセージの方で結構ですので情報を頂ければありがたいです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ロックレンジアジャスト機能をユーザー側に開放しているネットワークプレーヤーを使っている訳ではありませんが。

    ロックレンジを狭められる方策としては、
    1.NASのグレードアップ
    2.LANケーブルを短くしてグレードアップ
    3.LANアイソレータを使用
    4.ジッタロンダリングを実行

    ジッタロンダリングの具体的方法は、音楽ファイルをクラウドにアップロード、ダウンロードを繰り返す、というものです。
    費用のかからない4から試されてはいかがでしょうか。

    byミネルヴァ at2018-01-08 10:11

  2. ミネルヴァさん、こんにちは。
    レスありがとうございます!

    4番だけは保存ファイル自体がジッターで汚れている場合の対処法ですね。
    これは面白いです。
    ところで、綺麗さ加減を判断できる手法は無いですよね?とすれば、
    e-onkyo等で購入したデータをNASに直接ダウンロードしたファイルが現実的には最も綺麗なデータという事になりそうですね。
    このデータで再生出来ないなら、ファイルの他に原因があると判断すると。

    byCENYA at2018-01-08 11:50

  3. CENYAさん、おはようございます。

    先ほど起きてきました(笑)
    眠い目と耳でN-70Aで確認です。

    ちなみにうちのロックレンジは普段はレベル4です。
    (オフ会でハイレゾ音源を再生する時もこの設定です)
    ちなみに普段はCDからのリッピングデータが主なので
    サンプリングレートは44.1Khzで固定。
    レベル3
    4に比べるとピントが合ったような一音一音丁寧な音
    レベル2
    拙宅の環境ではアップサンプリングやHibit32で音途切れ。
    これらの設定を切ると問題無し。
    レベル1
    上記の機能を切っても音飛びが頻繁に発生。
    という事で常設の設定をレベル4→3に変更しました。

    結論から言えば、拙宅の環境のDELAと互角以上の性能だとます。

    私の主観ですがロックレンジのレベル3が問題無ければ、(レベル4とレベル3の差は思っていた以上に大きかったです)充分だと思います。

    byニッキー at2018-01-08 12:07

  4. ニッキーさん、おそようございます。

    使用者からの生の情報ありがとうございます!
    確かにレンジ4〜7と、レンジ1〜3とでは1つの溝があるかも知れませんね。
    ただ1〜3の中でも差は有りますので追求したくないですか?
    ニッキーさんから妥協の言葉は聞きたくないですよ!(笑)
    熟成させてしゃぶり尽くしましょう。

    あと、NASだけの問題では無くN-70A内部のデジタル基盤の性能も関わっていると想像していますので、ここの部分は今後GND強化の対策で変わるかどうか検証します。

    byCENYA at2018-01-08 12:47

  5. CENYAさん再レスです。

    一応、ケーブル、電源や脚周りにもコストを掛けているので、やるとしたら側を開けて中身を弄るし難いですね。
    ご存知の通り私は『改造はしない主義』ですので。

    ちなみに3→2→1と一つ段階をあげると確実にNGになるサンプリングが増えると感じました。
    それでもCENYAさんならギリギリまでチューニング&改造すると思い楽しみにしております。

    現状は私のファイル再生の主はCDPのDCD-SX1にDELAをUSB-DACとして使うやり方にシフトしております。
    少々可愛そうですが、N-70Aは二軍落ちになりそうです。
    (サブシステムも血気盛んですが)

    byニッキー at2018-01-08 13:01

  6. そう言う事情がありましたね、忘れていました。
    ごめんなさい。

    N-70AちゃんはDCD-SX1ちゃんに負けちゃったのね。
    それはそれで寂しい情報です。。。

    でもノーマル比較でしょ!
    N-70Aのポテンシャルは高い
    中身をいじればまだまだやれる子です!
    と言う捨て台詞を残しておきます。(笑)

    byCENYA at2018-01-08 13:23

  7. CENYAさん又又再レスです。

    今年は二軍を1.5軍まで格上げします。
    N-70Aもそっちで要となる機器です。
    一軍の更なる格上げは再来年以降で……
    次回の拙宅の訪問をお楽しみに。

    byニッキー at2018-01-08 13:28

  8. CENYAさん
    楽しまれていますね!

    本題の内容は、バズケロにはまったく理解不能領域でございまして...
    良い回答と、良い結果が得られると嬉しいでしょうね〜

    機器を使い倒して、しゃぶり尽くして(笑)
    ネジの締め方、接点の作り方一つで、音は変わってしまいますので、大変ですが。
    触れる人はどんどんご開陳?されてくださいませ。

    ところで、ニッキーさん
    まだまだ遊び足りないよ〜
    バズケロは同じ機械を10年以上使っていても、噛めば噛む程味(底力)が出るってね!
    機械は実力を出し切っても、それを如何にアレンジするかで大きく表現力が変わると思います。

    では、では

    byバズケロ at2018-01-08 13:39

  9. ニッキーさん了解しましたよ、楽しみにします。
    ただですね、機器が多すぎると愛情が分散されて中途半端になりません?
    私は甲斐性無しなので1つのシステムに特化せざるを得ないですが、それ故に相思相愛で満足度が高いと感じています。
    まあ、バズケロさんなんかはタイプの違うお二人と深く付き合っていけているのでそこは男の度量次第かも知れませんね。(笑)

    byCENYA at2018-01-08 15:24

  10. バズケロさん、こんにちは。

    守備範囲外なのにレスを頂きましてありがとうございます。(笑)
    バズケロさんはしゃぶるよりも噛みかみする方がお好きなようですね!
    そう言えば、オーディオマニアの中でも肉食獣っぽいですもんね。

    って、本題は「ロックレンジアジャスト機能」ですので
    そこの所よろしくお願いしますよ!

    byCENYA at2018-01-08 15:44

  11. CENYAさん

    ロックレンジアジャストは初耳ですが ES9028ProのBWの事かな?

    GUSTARD U12とI2S接続した状態では
    192KHzまでなら BW 01~15どこでも問題無く再生出来ます。
    352KHzはBW 02で稀にロック外れを起こすみたいで03だとOKみたいです。

    確かにBW10を超えると音に変化が出て来ますね。

    この事でなかったらごめんなさい・・・

    byhelicats at2018-01-08 15:54

  12. helicatsさん、こんばんは。

    ロックレンジアジャストってパイオニアが付けた名称なんでしょうかね?
    ESS社ではBWが正式名称?
    データシートとか読めるスキルはないのでBWが何物かは私には解らないです。
    でもソレっぽいですね。
    N-70Aでは本来の15段階を間引いて7段階だけ変更できるようにしたのかも知れません。

    確認させて下さい。
    GUSTARD U12はN-70Aで言う所のデジタル基盤部分に相当するものですよね。
    USB及びLAN入力のデジタル信号をI2S信号に変えてDACに送ってやるDDC装置。
    GUSTARD U12はPCとUSB接続してアシンクロナス転送をするので、クロックはGUSTARD U12に内蔵されたクロックに依存する。
    (高性能なクロックのようですね)
    helicatsさんと近い環境、N-70AにUSBメモリを指してそれを再生してみましたがレンジ1で再生できる96kHz音源もあれば出来ないのもあって安定しませんでした。192kHzでは全くダメでした。
    と、なるとですよ。
    N-70Aのクロック精度の問題じゃなかろうか、少なくとも送り出し側の問題だけではなさそうで、N-70A内部のDDC基盤の性能の限界により、DACが要求するレベルのI2S信号を出力出来ていない。
    つまりはパイオニアの開発者達はレンジ1でのハイレゾ再生はできない事を知っている。。。
    がびーん。

    飛躍しすぎたかも知れませんが、当たらずも遠からずな感じがしてきました。

    N-70Aのクロック交換はスキルが足りなくて出来ないので、せめてGND強化を施して様子を見たいと思います。

    N-70Aでレンジ1再生を謳歌している強者が居たら良いなあ。はあ〜

    byCENYA at2018-01-08 17:35

  13. CENYAさん

    ご推察の通りGUSTARD U12はパソコンとUSB接続してSPDIFデジタル信号(同軸・光)に変換する機械です。
    この時にHDMIコネクターよりI2S信号が出力されているので こちらを使用しています。
    352KHzはI2Sのみ出力でSPDIFは出力されません。

    メーカー品はよく分からないのですが、国産メーカーは著作権等の縛りがキツイ?のかI2S信号を出力しているのを見たことが有りません。
    (I2Sは元々機器内のIC間の通信規格で動作に必要な最低限の信号しかなく コピープロテクト等の付帯情報は一切有りません)

    I2SはDataと同時に別の線でCLOCKを送るのと異なり
    SPDIF信号はスタートから一定の間隔でbitを割り当てて 受け側で速度調整をしながら同期を取るので揺らぎが発生するのは避けられないと思います。
    この辺りの影響は無いでしょうか?

    byhelicats at2018-01-08 18:30

  14. helicatsさん

    再アドバイスありがとうございます。
    N-70A内部ではデジタル基盤からI2S信号をDACに送っているので、ご指摘のSPDIF信号の問題はないと思います。

    しかし、私とは自作のレベルが全く違っていて尊敬します。
    いつかは9038クラスのDAC基盤を移植してみたいものです。

    byCENYA at2018-01-08 18:32

  15. CENYAさん、

    フロントUSB端子に接続した1TB、TOSHIBAの外付けHDDで44.1Khzあっさりロックアジャスト、レベル1再生出来ました。

    もしかしたらネットワークプレーヤーとのLAN端子よりも、USB端子によるUSBメモリーや外付けHDDの方が同期が取りやすいかもしれないです。

    byニッキー at2018-01-08 19:35

  16. 追記です。

    同環境にて、FLAC192/24でロックレンジアジャストレンジ2問題無しです。

    byニッキー at2018-01-08 19:40

  17. 修正、別の192/24ソースだとレベル2で安定せず、
    結果レベル3です。

    byニッキー at2018-01-08 19:47

  18. おー!ニッキーさん、実験してくれたのですね〜。

    ニッキーさんの推察は当たっているかも知れないですね。
    そうなると現在構築しているネットワークオーディオのシステムを見直す必要が出てくるので、私にとっては良い方向ではないのですよねえ。
    USB転送よりLANのパケット転送の方が優位であって欲しいのですが。。。

    私のシステムでしたらNASのLAN転送であっても44.1kHzはレンジ1で問題なく再生出来るので、問題はハイレゾ音源です。
    ニッキーさんもハイレゾ音源でテストして頂けませんか。

    byCENYA at2018-01-08 19:48

  19. 行き違いになりましたね。

    という事は私と同じ感じですね。
    曲によっても差があります。

    N-70Aユーザーの他の方はどうなんでしょうか、気になります。

    byCENYA at2018-01-08 19:53

  20. 別の話題ですが、
    PCMとDSDのデジタルフィルターはどう接続されていますか?
    CENYAさんのオススメで聴いてみたいので。

    byニッキー at2018-01-08 19:59

  21. 追記です。
    192/24ソースでアップサンプリング&32bit化をするとレベル4まで後退します。
    アップサンプリングや32bit化をOFFにすると一つ下のレベルまで追い込めるようです。

    byニッキー at2018-01-08 20:06

  22. PCMのデジタルフィルターはshortにしています。
    これが一番立体的に再生できました。
    DSDはほとんど聴かないので、こちらの設定は適当です。

    ダイレクトでしか聴いたことがなくてアップサンプリングと32bitは使ったことが無かったので、来週末あたりに試してみます。

    byCENYA at2018-01-08 21:00

  23. CENYAさん、おはようございます。

    新年早々から怒涛の改造劇ですね!私も見習わねば。

    Pioneerのプレーヤーにはそんな部分の調整が出来るんですね!羨ましい!
    ちなみにズレてるかもですが、兄弟ブランド(今は別会社ですが)のTADのプレーヤーD600、CDを聴く際には88.2kHzにアップサンプルするとの記載があります。世間はひたすら192kHzだのDSD512だのと数字が大きければ良いみたいな空気が蔓延する中、あえて聴感で88.2に決めたとの記載に流石はTADだな!と当時1人で感心していました。
    今回のCENYAさんの記事で、おそらくD600のDACはかなり攻めた使い方をしていたんだ!と腑に落ちたという訳です。
    一体型プレーヤーの機械内部の伝送ですらこんな対応を強いられた訳ですから、別躯体だと尚更厳しいのかも知れませんね。

    ちなみに疑問が生まれたのですが、受け側のDACに調整部がある訳ですよね?では送り側には同様の調整部は存在しないのでしょうか?
    受け手が厳しい人なら送り手も厳格な人を選択しないと不平不満が出そうじゃないですか(°▽°)
    NASを作ったちゃったお方ですから、ここらへんも何かご存知かと(^∇^)

    byおいけ at2018-01-11 09:41

  24. おいけさん、こんばんは。

    ロックレンジアジャスト機能は素晴らしいです。
    何より楽しい。

    話は変わりますが、私にNASが作れるはずないじゃないですか!(笑)
    改造しただけです。
    というわけで、ご質問に答えることが出来ないです。

    byCENYA at2018-01-11 20:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする