CENYA
CENYA
ネットワークオーディオ専用のシステムを構築しています。 独創的なDIYでハイCPな音を出していきたいと思っています。

マイルーム

オーディオ妄想部屋
オーディオ妄想部屋
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
小遣いは少ないけど、理想の音を目指したい! だから、出来るだけ作ってしまおう。 だけど知識が無いのでその都度勉強。 改造、自作の妄想マニアです。 宜しくお願いします。
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-70A
  • その他オーディオ関連機器
    I-O DATA RockDiskNext
  • AVアンプ
  • スピーカーシステム
    PENAUDIO CENYA

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

サブウーファー × 2台 ≠ サブウーファー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月24日

なんだか分からない表題ですがSW×2台を使用した結果、率直にこう感じました。
デジチャンのassiさんに続きまして、テナガザルさんからサブウーファーの「CW-250A」×1台を拝借しました。(感謝!感謝!)
これによって、我が家の既設と合わせてCW-250Aを2CHで現在使用しています。

学生の頃にはヤマハの安いスーパーウーファー×2台仕様でシステムを組んでいたので、SWのステレオ使いは初めてではありませんが、ちゃんとしたオーディオ用のSWでのステレオ使いは初めてです。
まだまだ聴き込めているわけではありませんが、新鮮な感覚の内にファーストインプレッションを紹介させて下さい。
ただし感想の前提として、「私のシステムの場合に限り」です。


「CW-250A 1台の場合」

カットオフを50Hz未満に設定して、音量は控え目にして、鳴っているかどうか全く分からない状態にすれば、メイン2WAYとの違和感が全くない状態となり、空気感が落ち着いた感じで見通しが良くなります。

カットオフを70Hzまで上げると、SWの鳴っている感がチラホラ感じられて音場がSWに引っ張られるような感覚を受けます。
左右をミックスしている場合は特にそう感じるような気がします。

また、1台の場合においては視覚的なシンメトリーを重視したい私としてはSWを中心に置くのですが、部屋とリスニングポイントの位置関係から50~100Hz辺りが谷になってしまうようです。


定在波の影響を受けにくい位置にSWをオフセットすると、今度は視覚で音場が引っ張られて気持ちが悪くなるので、音は良くてもあまりやりたくないのが本音。
(見えなければ有り)


最終的には始めに書いた通りの控えめ設定での使用に落ち着きます。
とは言えこれだけでもSWの効果は十分にあると思います。

私は多少の難があっても小型2WAYへのSWアドオン設置肯定派です!

小型2WAYで無理に低音感を増すためにバスレフと壁の距離を近づけて音にこもりがあったり、バスレフから出てくる音階の見えない単調な低音(音圧はあるが)が目立ちすぎてしまったりというのはSW設置のデメリットよりも更に気持ち悪いという考えです。
少なくともハイエンドではないクラス、もしくはリビングオーディオ環境では低域バランスのコントロールが可能なSW設置がCPの高いベターな選択かと思います。


「CW-250A 2台ステレオの場合」

結論から言うと、これがあるべき姿だと思えるほどかなり良いです。


見た目のシンメトリーをばっちり確保した状態で50~100Hzの低音が減衰しにくい壁際にセットできる事がまず嬉しいです。

カットオフもメインのウーファーとつながりの良い50~90Hz等の位置で調整しても全く違和感がなく、2台にした途端に音場が横方向に1.2倍くらい広がります。そしてふわっと軽い感じになります。
(一台の場合は中央に引っ張られていたのかな)

私のシステムの場合、CW-250Aの2台使用はサブウーファーと言うよりも、マルチチャンネルの一つの良質なウーファーユニットという扱いにできそうです。
「2WAY+SW」という位置付けではなく、「マルチ3WAY」という感じ。



只今、SWを使いこなす更なる方法を模索しています。

・スイープ音による聴覚と測定によって、より良い設置場所を探す。
・外部のデジチャンを使ってカットオフとスロープの調整をして、
メインのウーファーとの繋がりを更に詰める。 
内部のカットオフの調整機能をバイパス設定にできるメリットあり。
・音量の調整も外部のデジチャンに任せる。
・上記がきっちり決まったら、固定式のチャンデバに変更する。
・状況次第ではメインのウーファー(もはやスコーカー)の
ローパスフィルターをバンドパスフィルターに変更するかもしれない。

以上が、SW×2台使用のファーストインプレッションでした。


続きまして、
サブウーファー用のベースを自作したのでその紹介です。

サブウーファーって床に配置する事がほとんどだと思いますが、本当はメインスピーカーと同じ高さにしたい。(ですよね?)
重量があるので現実的には難しいのですが、今回はなるべくかさ上げする様にしました。
そして、底部の音の篭もりを霧散させるためにモルタルで円錐(45°)を作って設置しました。


まだ塗装はしていないのですが、見た目もまあ及第点。




テナガザルさん、大変です!
CW-250A2号さんが帰りたくないと言っています。(笑)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは、CENYAさん。

    2wyの小型スピーカーにサブウーハーを追加する意義は、単純に低音を増強するというよりは、ウーハーを独立して駆動して、マルチ3wyに近付けるという意味合いの方が大きいのかもしれませんね。

    それでもって、サブウーハーの選択及びセッティングに自由度の高さからすれば、マルチ3wyのシステムよりも、セッティングさえ決まれば、より高い次元の性能を目指せる気がします。

    というようなことを、最近の当コミュ内の議論を拝見しつつ、2wyブックシェルフから3wyトールボーイに変更して、色々と試行錯誤するなかで感じるようになりました。

    あと、
    >>CW-250A2号さんが帰りたくないと言っています。(笑)
    これは、大変ですね(笑)
    上手い解決に至ることを祈っていますね。

    bykaku18 at2018-02-25 07:52

  2. kaku18さん、レスありがとうございます。

    質の良い低音を鳴らす事はとてもとても難しい事だと思います。

    部屋の影響をモロに受けますが、大多数の人にとっては部屋の構造を
    変更する訳にはいきません。
    ツイーター・スコーカーとの繋がり、タイムアライメント。
    質と量の両立(バスレフ問題)。
    キレとか量感といった好み。
    アンプの駆動力。

    大型ハイエンドスピーカーを鳴らす難しさがまさにコレであり、
    全てをクリアーする為には部屋を含めて機器全てにハイエンドを求められると思います。

    現実的な範囲内でベターな状況に持って行ける手法が独立ウーファーであり、
    その製品がサブウーファーじゃないかと。
    色々な面でフレキシブルなサブウーファーを1機でも2機でも追加する事によるメリットが確かにあると信じています。

    結果を出せるように使いこなしの経験値を積んでいきたいと思います。

    2号さんはどうなっちゃうんでしょうか。全くの白紙です(笑)
    今後ともよろしくお願いします!

    byCENYA at2018-02-25 10:24

  3. CENYAさん

     いやいや 楽しんでいますね。 小型スピーカーの利点は何処へやら (^^)/  色んなモノが増えてきましたね。

     3D(飛び出す映じゃないですよ!)で完成度の高いモデルが過去には沢山ありましたが、組み合わせるのは大変な労力が必要ですよね。  やはりサブ・ウーファーでもステレオ仕様(使用)が良さそうですね。  まぁ-、体感して仕舞うと後戻りは出来ませんよね(笑)  テナガさんは「永久譲渡」でお持ち下さったのでは?  あとは、穏便に話し合って下さい (^^♪


     モルタルで作って設置?? \(◎o◎)/!  エッ!! 作っちゃうの?? 凄いですね~~  私はホームセンター巡りが好きで(笑)「コレ、使えないかな~」っていつもウロウロしています。  しかし既製品と言うモノは「帯に短し、襷に長し」でなかなかフィットしないんですよね。  こう言うの作れちゃうんナンテ凄すぎ!


     高性能・高品位な小型スピーカーを使う上でレンジの拡大を狙っていくと、上級モデルの影もチラホラでは? (笑)  HPを覗いたら「SARA S」と言うのがありました。   何がベーシックモデルなのか? は理解は出来ませんでしたが、CENYAの良い所を引き継いで、ワイドレンジを狙った優れたモデルなんでしょうね。  専有面積は今より(+SW)少なくスッキリ設置が出来そうですよ。 


     SWには無色なECLIPSEも良さげですよ! いずれにしてもSWは重量級ですからお怪我や腰を痛めないように・・。

    byアコスの住人 at2018-02-25 12:37

  4. アコスさん、こんにちは。

    オーディオファイルの性(さが)でしょうか、機械が増えると嬉しい。
    部屋がオーディオ機器で満たされていく充実感。。。
    私も御多分に洩れずというやつですよ。
    スタイリッシュからは完全に遠のいていますね!

    円錐コンクリートはやってみれば超簡単ですよ。
    100均で買ったポリエステル系?のシート(ケーキ切りシート)で
    円錐の型を作って、ホームセンターで売っているコンクリートの
    小袋に水を適量混ぜて流し込むだけ。
    今回は速乾30分を使ったのですが、思った以上に早く硬化が始まったので巣が出来てしまいました。
    次回からは速乾系はやめて地道に固まるの待とうと思います。
    底面を真っ平らにする事は困難なので、5mm厚のゴムスポンジシート敷いて凸凹は吸収しています。

    byCENYA at2018-02-25 13:17

  5. CENYAさん、

    あの独特のSWの置台も2セット分用意してしまったのではもう返せないですね。(笑)

    CW-250Aはカットオフのスロープがあまり急峻ではないようですし、カットオフ周波数もやや高めで使うとなればやはり2台使いがいいみたいですね。
    CW-250Aはタイム・ディレイ機能が内蔵されていないみたいですから、リスナーからの距離をメインスピーカーに合わせる必要があるのでしょうが、それさえうまく行けばバッチリ決まりそうです。

    人の声や楽器のメジャーな基音周波数帯域にクロスオーバーを持たない小型2Wayのメリットを100%享受しつつ豊かな低域の空気感が得られる組み合わせを十分お楽しみください。

    byK&K at2018-02-25 13:18

  6. GENYAさん 初めましてこんにちは

    スピーカーのスタンドがカッコイイです。
    下に空間があって浮いてるような、売ってるのはみんな野暮ったいので
    こう言う感じの好きです。

    サブウーファーを設置した台に、黒いのと白いのがあって
    3個造られたのでしょうか?

    自作できるのは凄いと思います、また面白いものを使ったら
    是非見せてください。

    byrabbit_yuho at2018-02-25 13:50

  7. CENYAさんこんにちは。

    凄いことになってますね。
    専用ベースが完成しちゃってるじゃないですか(笑)
    チャンデバ製作といいDIYスキルの高さに感服します。

    出てくる音についてはご満足頂けているようで何よりです。
    導入間もない状態での感想だと思いますのでこれから存分に試行錯誤されて下さいませ。

    今後については、今後になったら考えましょう!(笑)

    byテナガザル at2018-02-25 14:39

  8. K&Kさん、こんにちは。

    仰る通りでございます。
    正確に汲み取って頂きまして有難うございます。

    メインとのクロスのやり方で大きく違ってくると思いますので、
    そこの部分をデジタルチャンデバで補完してみようと思っています。
    メインは勿論パッシブチャンデバなのでSWのみの使用。

    デジチャンならスロープ・位相・ディレイ・イコライジングの全てが可能になるので、SW設置のポテンシャルを最大限に発揮出来そうな気がします。

    byCENYA at2018-02-25 15:47

  9. CENYAさん、

    再レスです。

    デジタルチャンデバをSWにあてがうんですか?
    そんな奥の手を用意していたとは…絶句(笑)
    スゴイです。これでDSP付きSWと同等だし、2台まとめてコントロール可能だし…設置場所の自由度もはるかに広がりますね。

    CENYAさんのアイデアマンとしての真骨頂をまたまた見せていただいた気がします。

    このシステムのポテンシャルは低域再生能力、ボーカル再生の自然さや音場感で並みのフロア型を相手にしないところまで行きそうです。
    今後のアップデートを楽しみにしています。

    byK&K at2018-02-25 19:04

  10. rabbit_yuhoさん、初めまして。
    レスありがとうございます!

    SWボードが気に入って頂けましたか。
    黒いのは初号機で、無垢(白い)が弐号機ツインズです。
    今回の為に一晩で急拵えしました。

    何とか知恵を振り絞ってオーディオを楽しんで行きますので
    今後ともよろしくお願いします。

    byCENYA at2018-02-25 19:19

  11. テナガザルさん、こんばんは。

    今回は本当に有難うございました!
    ポン置きで十分良い感じなので、これからセッティングを詰めたらもっと良くなる感じがビシバシします。

    byCENYA at2018-02-25 19:31

  12. genmiさん、こんばんは。

    先輩はやめて!(笑)
    後輩に負けてるダメ先輩感が出過ぎてるし。(泣)

    ツインターボはまず見た目がイカします!
    末広がりなシステムの全景が美しくてニヤけてしまいます。

    2週間以内には超高音質インラインチャンデバを作り上げますので、それが出来てからの視聴第1号をgenmiさんにお願いしますね。

    byCENYA at2018-02-25 19:43

  13. K&Kさん

    デジチャンをSWに使っちゃうのですよ。フッフッフッ
    このデジチャンもassiさんからの借り物ですが。。。

    SW付属のツマミでの調整だと正確な数値が判らないし、左右でズレが出てきちゃうのでデジチャンはこの問題解決にも役立つという事なのですよ。
    フッフッフッ

    byCENYA at2018-02-25 19:48

  14. CENYAさんこんばんは。
    CENYAさんのシステムの進化が早すぎてついて来れないです。(^_^;)

    SW二台使いでツインターボですね。
    なんかスカイラインがツインターボの専用エンジン載せ替え&駆動系、シャーシ、ボディの魔改造でNISAN-GTRになってポルシェ911GTを煽っている状況でしょうか?
    さすがにコッチは勝てません(笑)
    genmiさんと違いコッチはSW追加せずにNAのエンジン載せ替えを考えております。

    私もgenmiさんのオフ会の後に煽りに来てくださいね。
    良いレースが出来ると思いますよ。

    byニッキー at2018-02-25 20:07

  15. ニッキーさん、こんばんは。

    ほっほ〜、NAエンジンの入れ替えですか。
    オフ会の時にお話したように、ニッキーさんのシステムのボトルネックはプリアンプだと思っています。
    プリをフルバランス対応にして、ツインM-5000RのBTL駆動で一気に加速できますよ!
    鋭くそしてトルクフルな低音と絶対的なチャンネルセパレーションにより可能となる立体音像と広大な空間。
    その時ニッキーさんはバックミラーに小さく映る私のシステムを見るでしょう。

    それまで勝負はお預けです。(笑)

    byCENYA at2018-02-25 21:24

  16. CENYAさん

    さすが手が早いですね。素晴らしい!

    ここまで来たら、SWではなくてウーファーとして拡張型の3wayにしたらいかがでしょう。チャンデバの下側をカットするようBPF化してウーファーとクロスさせるというわけです。背面バスレフが作用しないような周波数(100~300Hz)でクロスさせて3way化するというわけです。ウーファーは十分に低い周波数帯域だけなので、軸を合わせなくとも小型スピーカーのシャープな音像定位はそのままにCENYAさんの深い音場も保たれつつ充実した中低域が実現するのではないでしょうか。

    byベルウッド at2018-02-27 00:36

  17. CENYAさん
    今晩は!

    素晴らしい重心のSWベースをこしらえましたね!
    それがダブルで!!!
    羨ましいなあ....

    バズケロはシングルSWのハーベス部屋ではとても苦労しましたから。
    やっぱりSWと言えどもステレオが良いと思います。

    怒濤の変化に、嬉々としながら対応されているCENYAさんの姿が目蓋に浮かびます(^^)

    楽しいですね!

    では、では

    byバズケロ at2018-02-27 19:16

  18. ベルウッドさん、こんばんは。

    表題の真意はそういう事なんですよ。(笑)
    クロスをキッチリと仕上げたマルチ3WAY。
    メインのバンドパス化も含めて、具体的な手法は既に頭の中に有ります。
    実行はちょっと先になると思いますが、中々にユニークなやり方になります。

    現在は重心が下がった分、天井等の吸音材を幾つか順に取っ払って様子を見ています。
    仮設ですがパッシブチャンデバは3.4KHzでして、奥行き感を維持しつつダブルSW化で横方向が広く厚くなった為にとっても気持ちよく聴けるようになりました。

    ノルウェーの妖精などと言う非科学的な物に頼ろうとした私がバカでしたし、私CENYAは現実理論実践主義であるべきでした。
    軸がぶれていた事に気がつけて良かったです。

    byCENYA at2018-02-27 20:53

  19. バズケロさん、こんばんは。

    SWベースは急拵えなのでもうちょっと工夫を凝らさなければならない余地が残っています。
    やろうとしている事はSWにビス穴が開くので借り物のSWにはとても施工出来ませんので、本当の完成形は随分と先になると思います。

    急坂を転がり始めた雪玉のようで、どんどんやりたい事が増えてきて困ってしまってニャンニャンにや〜り。(笑)フッフッフッ

    年末から比べて自分でもびっくりする位に良くなっていますよ。
    あとワンピースが手に入れば自分の理想としているシステムの骨格が完成するのですが、そのワンピースが入手出来ない。。。

    byCENYA at2018-02-27 21:05

  20. CENYAさん

    パッシブチャンデバのウーファー(LPF)をミッド(BPF)に変更しどうカットして+SWとつなげるかがキモになりそうですね。進捗、楽しみにしております。

    byベルウッド at2018-03-03 11:35

  21. ベルウッドさん、おはようございます。

    出来ればメインのBPF化を回避したいので、まずはバスレフポートを塞いだ状態にしてSW用デジチャンを駆使して試行錯誤中です。
    クロス130Hz、LR(リンクウィッツ)24dBが今のところは良い感じです。

    バスレフポートの低音は位相が180°ズレると何かで読んだ気がするので、SWを3WAYと見なして使用する場合にはバスレフをカットして比較的高い周波数で繋げるか、バスレフを活かしてその下で位相に気をつけて繋げるかと言う選択がある様に思っています。

    タイムアライメントとかの調整には精度の高い測定技術が必要なので、今の私には出来そうにありません。。。
    試しにデジチャンのディレイで20cmとか40cm等と入力しても大きな変化は感じ取れていないので、何となくで設定しています。
    奥が深くて使いこなせないです。ふう。

    byCENYA at2018-03-04 08:45

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする