CENYA
CENYA

マイルーム

オーディオ妄想部屋
オーディオ妄想部屋
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
小遣いは少ないけど、理想の音を目指したい! だから、出来るだけ作ってしまおう。 だけど知識が無いのでその都度勉強。 改造、自作の妄想マニアです。 宜しくお願いします。
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-70A
  • その他オーディオ関連機器
    I-O DATA RockDiskNext
  • AVアンプ
  • スピーカーシステム
    PENAUDIO CENYA

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

【 ゴリマッチョ計画 】SPセッティング編

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月26日

前回のSPスタンド編に引き続きましてスピーカーセッティングの見直しを行いました。
レスでご指摘を頂いた事を検証してからセッティング編をアップしようと思ったのですが思うように時間が取れなくて、いたずらにのびのびになっても面白くないので週末までに実施した内容をアップさせて頂きます!


セッティング編は
スピーカーが1本であれば問題が無いのに、2本になった途端に周波数特性において50Hz辺りに深い谷ができてしまう現象の改善が主目的となります。


50〜100Hzはベースの低い部分をカバーするいわゆるおいしい低音帯ですので、
ここを改善することによってゴリマッチョのマッチョ部分が良くなるだろう期待です!
また、
そもそも我が家の音の薄さの根本原因がこの打ち消し作用によるものだと思いますので、
なんとしてもやっつけるしかないでしょ!!


前置きはこのくらいにして実践へ


闇雲にスピーカーを動かしてトライアンドエラーを繰り返すのは時間と体力がありませんので、
スマートに計算ソフトを利用しました。

【stnd wave2】

フリーソフトで便利なものがあるんですね。
(ソフト制作者の方、ありがとうございました。)

入力項目は部屋の寸法、壁天井の材質による係数、
そしてスピーカーとリスニングポイントの位置情報。
我が家はざっくりと縦4.8m、横3.0m、高さ2.4mです。


変更前の寸法を入力したのがコレです↓


50Hzにそれは見事なクレバスが発生しています。

このソフト計算値と周波数実測値が大体合っている感じです。
コレじゃダメな訳ですよね。

実は今さら気が付いた訳じゃなくて知ってはいたのですが、
視覚的な配置安定感と生活動線の確保を優先して妥協をしていたのですよ。。。

1年間、動かざること山の如しだったスピーカーを移動させます。

どこに?

そう、そこで私が考えたのがスピーカーを部屋の中心付近まで前進させて、
尚且つ横壁に近付ける(間隔を拡げる)配置です。
必然的にリスニングポイントも後ろ壁近くまで下がります。

言い換えると
スピーカーとリスニングポイントを結んでできるトライアングルを
大きくして、後方に移動させるということです。


この配置のソフト入力結果がコレ↓


予想通りに見事に谷が無くなりましたので、
早速、ラックを含めてシステムの大移動を実行しました。

≪変更前≫


≪変更後≫



見た目どうですか?

サブウーファーは動かしていないので、サブウーファーを基準に比較して頂ければどれだけ移動したのかが分かると思います。
スピーカーの後ろに2m×3.5mの広い空間を確保するのは贅沢です!

私の生活空間が。。。
マニア度が増していく。。。
万が一招き入れたギャルがドン引いちゃうかも。。。


周波数測定をする前に何はさておき視聴。


いやいや今までと全然違うやん。
ベースがブリブリ気持ち良いし、打ち込みも圧力があってリズムに乗れます。
ちょっと過剰かなと思われる特定の周波数がある様にも思えますが、
概ね想像通りのマッチョ化になりました。

そして、スピーカー後方の音場展開の広さ深さが半端ない!
後方展開が嫌いな方もいらっしゃるでしょうが私は大好きです。

何でもかんでも後方展開だけという事ではなくて、
音源によってはリスニングポイントの後ろまで回り込む音場表現力が
健在だったのでひと安心です。
測定するのを忘れて取っ替え引っ替え色々な音源を聴き込んでしまいました。


さてさて測定結果はどう出るでしょうか?

ジャン♪


あの谷が無くなりましたねー。
実際には細かな凹がいくつかあるのですが致命的な50Hzクレバスは無くなりました。

クレバス除去は 大 成 功 !!!

中低音の量はある程度増えた(ちょっと緩いか?)のですが
力感がまだ物足りないです。
(欲しがり過ぎかなぁ)
音量を上げられないことによるウーファーユニットの物理限界かしら。。。
やっぱりウーファーユニットを増やしてダブルウーファー化?

「SEAS EXCEL W16NX001 2個」

どなたか上記のユニット(不要品)をお持ちの方がいらしたらメッセージを
頂けないでしょうか?
中古販売の情報もありがたいです。

その他として
アンプのラックと足回りを検証しようとは思っているのですが、
その他にオススメのDIYがあれば教えて頂きたいです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
週末にはPGTさんが遊びに来てくださるので感想を頂戴して、
更に試行錯誤を繰り返したいと思います。
楽しみです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

≪参考までにSWありのF特≫

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おーー、素晴らしい!
    ゴリマッチョ計画は達せられたも同然じゃないですか。
    やっぱり配置とリスポジって大事ですね〜。

    後は細部を詰めるだけですね。
    続編楽しみにしています♪

    byボン at2018-06-26 22:09

  2. ボンさん、こんばんは!

    いやいや「ゴリ」が全く満足できていません(笑)

    配置とリスポジの影響の大きさを改めて体感しました。
    リスポジは部屋の中央よりも後ろ壁に近い方がどうも良いようですね。

    続編はアンプの置き方?編の予定です。
    ひょっこり思いついた自作インシュレーターの案をこれから形にしていって日記にあげられればと思っています。
    だいぶ先になります。

    byCENYA at2018-06-26 22:27

  3. 横の壁に近づけて低音を稼ぐ方法はうちでも最近試しましていい結果でした。
    もともと後ろに移動できない棚があるので横壁を使うしかなかったのですが、空間表現などは後ろを開けたほうが良さそうな気がしました。

    音量はうちではかなり上げられますので、そこらへんは音響面で有利かなと思います。

    セッティングはそちらに教わったメジャーで測る方法でやっています。どこに置いてもこのやり方だとちゃんと定位します。とても役に立っています。

    byうつみくん at2018-06-26 22:32

  4. うつみくんさん、こんばんは!

    壁に近づけると低音が増すというのはその通りのようですが、その低音の質が壁の材質にかなり影響を受けるように感じています。
    やわな壁材だったらゆるい低音になるような気がしています。

    我が家は賃貸マンションなので床はフローリングでしっかりしているのですが、仕切り壁がやわな石膏ボードなので、何となく嫌な低音が響きが目立ってきたような感じもしています。

    ですので、壁は使わずに床だけを使うようなセッティングが出来ないかと妄想中でございます。

    グダグダですが伝わります?

    byCENYA at2018-06-26 22:44

  5. 床だけ使うとなると部屋を何らかの形で広くしないと出来ないですよね。可能なのかなあ?。

    うちではサイドの壁に音響拡散パネルを使っています。ニッキーさんからもらったものです。これが結構効きます。構造は簡単なので自作するのもいいかもですよ。音像が正確性が増し、壁の影響も出にくくなります。

    byうつみくん at2018-06-26 22:54

  6. あくまでイメージの話でした(笑)

    低域は軽いパネルじゃねえって気もしますが
    確かに重量のあるサイドパネルであれば、ある程度の効果が見込めるかもしれませんね。
    向かって左壁が弱いので左に重量級のパネルを設置してみようかしら。

    部屋にどんどん物が増えてきて私のセンスからはずれてくるのがちょっと痛いです。。。
    なるべくシンプルにオシャレにしたいのですが、ままならんですね。

    byCENYA at2018-06-26 23:12

  7. CENYA さん、こんばんは

    スピーカーの位置が変わって、音が良くなったのなら
    とても良い事だとおもいます、少しきになるのはサブウーファーの位置
    なのですがスピーカーの前で、よく低音の出る所に置いてしまうのは
    どうなんでしょうか、ハイカット50hzくらいにしたら良さそうな気が

    関係ないですけど、私の部屋は2.2m×3.4mなので
    後ろの空間に全て収まりそうです /_;

    byYuho... at2018-06-26 23:26

  8. rabbit_yuhoさん、こんばんは!

    そうそうSWの位置が悩ましいのですよ。
    SWの音圧についてはF特を見てわかるように充分なのですが、配置については美的に問題ありです。

    SWのカットオフの値についてですが。
    今のところ可聴帯域にまでSWを持ってきたくはないです。
    メインのウーファーと被って滲みが発生しちゃうのが嫌なので。
    とは言えこれからの状況次第では最適値に調整しますね。

    マルチアンプだと調整可能箇所が多過ぎて森に迷いそうです。
    全体最適を意識して俯瞰する事が重要ポイントですね。

    byCENYA at2018-06-26 23:55

  9. スピーカー位置とリスポジでずいぶんと違いますよね。出音をあれこれいじりまわすよりもセッティングだと思います。リスポジだけ後ろ壁近くに下がるだけでもかなり違ったのではないですか?

    ただリスポジの違いで音のバランスが大きく変わることはあまり好ましいことではないので、これを平坦化するのがスピーカーセッティングとルームチューニングの工夫なんだと思います。

    byベルウッド at2018-06-27 11:05

  10. こんにちは

    数年間、自室でアホのようにスピーカーを移動してきた自分が画像から判断するに、かなりヌケが良く後方展開して奥行きもある、しかし量感やパンチが足らない、音像がやや幽霊、そんな感じでしょうか?
    今の配置のままでも、平行法の奥義であるミリミリのピント合わせをすれば、きちんと一つ一つの音にエネルギーが乗ると思います。しかし、その最後のほんのちょっとの1mmズレの差が大きいのですね。
    しつこいようですみませんが、うちでは横壁の影響を避けた間隔狭め設置方式がハマりました。

    byにら at2018-06-27 11:38

  11. CENYAさん、こんばんは。

    なんだか我が家のような記事で……(^^;)

    SPが部屋の中央から手前へ来ると、とたんに低域の挙動が変わるんですよね。それで、拙宅も今の位置まで出てきました。

    幅については、拙宅では結構狭まりました。というのも、にらさんが仰るように

    >後方展開して奥行きもある、しかし量感やパンチが足らない、音像がやや幽霊

    まさにここから始まって、だんだんと幅を詰めて調整してくることで、ぼちぼち密度が高まってきました(いまだに幽霊というウワサも??)。

    この聴き方だとSP幅が音場の幅ではなくなるので、間隔を狭めても、あまり問題を感じないと思います(^^)/

    by2Hくん at2018-06-27 20:42

  12. ベルウッドさん、こんばんは!

    仰る通りでリスニングポイントを後ろに持っていくと低音量が増すのは分かっていました。
    ただこの時に臨場感が薄れて箱庭的な音場になってしまうのがネックだったので、中央付近で聴く迫る臨場感と後方で聴く低音感を両立出来たらなあと考えていました。
    で、単純に全てを後方にシフトしてみた訳です。
    結果的には良い方向に向かいました。
    とは言え音の質という面で課題が見えて来たので何とかせねばという感じです。

    奥が深いですねー。

    byCENYA at2018-06-27 21:37

  13. CENYAさん、こんばんは。

    待ってました!と思って見たらなんと大胆なsp配置に!
    家族ありのリビングでやるとシバかれますね(笑
    けどそれをやれるのが単身のいいところ、メリットを活用されてますね。リスポジ後ろ目は個人的には大好物です。

    これで低域の帯域バランスは良くなりましたね。
    個人的には70〜100あたりがもう少し欲しいですが、ここは好みでしょう。

    皆さんコメントで色々アドバイスされていますが、ここからどうゴリゴリ感を出すのか。引き続き楽しみにしております。
    ボードでアクセントを付けるのもいいかもしれないですね。

    bykanata at2018-06-27 21:47

  14. にらさん、こんばんは!

    そんな感じです!
    先達の皆さまは同じ悩みを経験されて今がある訳ですね。

    幅狭ばめ設置を週末に試してみます。
    音の密度が上がって幽霊から実体化になるかも!?
    仰る通りで、たぶん音場感は意外と損なわれないにでしょうね。

    今なら何でもOKなので色々試して経験値を稼ぎます。

    byCENYA at2018-06-27 21:49

  15. 2Hさん、こんばんは!

    同じ様な事を経験されたのですね。
    何となくですが、反骨精神というか天邪鬼的な気持ちがムクムクと湧いて来ましたよ。(笑)
    皆様と違うアプローチでことの解決を計ってみたいなあと。
    出来るかどうかは別として色々考えてみたいと思います。

    と言いながら最終的に狭設置で落ち着く可能性が大ですが。。。

    マルチアンプという資源を最大限に活かして問題解決を実現したいです。

    byCENYA at2018-06-27 21:55

  16. kanataさん、こんばんは!

    単身赴任という条件を最大限に活かしています!
    お金で解決できない私は今有るものを最大限に使うしかないです(笑)

    低音感を増やすとすればエンクロージャーの響きを活かすとか部屋の共振を活かすような感じになるような気がしますが、その結果出てくる低音はゴリゴリに程遠いですよね。
    ゴリゴリ低音を出すためには直接音がそもそもゴリゴリでなければならないと思ってきました。
    ユニットなりバスレフなりから出てくる低音自体をゴリゴリ音にしなければならないということです。
    ギュッと締まった音像と気持ちよく広がる音場はトレードオフの関係にあるようにも思いますので、その相反する二つを共有するにはどうすれば!?
    その答えを出したいなあ。。。
    もがいてみます!

    byCENYA at2018-06-27 22:36

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする