CENYA
CENYA
小遣いは少ないけど、理想の音を目指したい! だから、出来るだけ作ってしまおう。 だけど知識が無いのでその都度勉強。 改造、自作の妄想マニアです。 宜しくお願いします。

マイルーム

越谷ベース
越谷ベース
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
越谷ベースは私の単身赴任の拠点です。 オーディオ実験室と居室を兼ねた男の隠れ家的な場所。 どなたも気軽に遊びに来てください! 【NAS】 RockDiskNextの基板だけを利用し…
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-70A
  • その他オーディオ関連機器
    I-O DATA RockDiskNext
  • AVアンプ
  • スピーカーシステム
    PENAUDIO CENYA

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

『N-07A』デジタル編③ ネイキッドフォーLANケーブル&フェライトコア

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月09日

今、最も気になるマテリアルが「オーグライン」です。

金のAuと銀のAgを組み合わせたAUG(オーグ)。
貴金属と呼べそうな高級線材。
惹かれる。
いや、既にズブズブだ。
ベルウッドさんとゲオルグさんがオーグラインのUSBケーブルを自作された日記を読みまして、その音が私が求める音の方向に合っているように感じてからというもの頭の中は「オーグライン」一色。
ちなみにベルウッドさんとゲオルグさんを組み合わせたら「ベルルグ」だ。
強そうだ。
いや、実際に強いのだろう。。。
ちなみにゲオルグさんとパグ太郎さんを組み合わせたら、、、
やめよう。
ズレた。
オーグラインの繊細な高音に厚みのある中低音。
欲しい。
デジタル信号ラインとアナログ信号ラインの全てをオーグラインに変えたい。
いっそ電源線も。
ダメだダメだ、こんな事をしていたらお小遣いオーディオが破産してしまう。
CENYA、こういう時こそ頭を使うのだ。

と、
前置きはこのくらいで。

私のシステムの中のデジタル信号ケーブルはLANケーブルなので、まずはこれをオーグライン化してみたいと思います。
自作された方はご存知でしょうが一般的にはあまり知られていないLANケーブルの中身は、互いにツイストされたペアのケーブルが4つ組み合わさった構造になっています。
線材は合計8本ですね。
オーグラインの単価を3,000円/mとすると、
50cmのLANケーブルを自作するのに3,000円/m × 0.5m × 8 = 12,000円。
私のシステムでは2本必要なので24,000円かあ。

頭を使うのはココだ!

あまり知られていませんが、音声通信レベルの速度の遅い通信機器同士のやりとりにはLANケーブルの中の2ペアしか使われていないという事実。
1ペアが (送信+)と(送信ー)
もう1ペアが(受信+)と(受信ー)
つまりは4本の線だけで通信ができるという事。
NASとネットワークプレーヤーを結ぶLANケーブルは上記のような2ペアで十分でしょう。
そうすればオーグライン購入金額が半額になる!

本当か?

と、いう事で試してみました。

購入したテスト用線材がこちら↓

あまり太いのはLANコネクタに刺さらないので細めの線材になります。

渋い色を4本選んで50cmに切りそろえてコネクタに挿します。
ちなみに挿す穴は1、2、3、6番です。

専用の工具で端子を圧着


シールドも外装もない4線のLANケーブルが完成。



名付けて『ネイキッド4LANケーブル』!


1組のLANケーブルを作るのにかかる時間はほんの数分で出来てしまいます。
超簡単!

ちゃんと導通があるのかどうかをテスターでチェックします。

導通がある線番のランプが点灯します。
1、2、3、6番だけのランプが点灯する事を確認してOK!

それでは機器に接続してみましょう。

ハブとネットワークプレーヤーをつなぐオヤイデケーブルの自作LANケーブルを外して、ネイキッド4LANケーブルに差し替えます。


ちゃんと音が出ました。
やっぱり2ペアで十分なんですね!

音はというと小さな差ですが変化がありました。
ネイキッド4の方が空間の雰囲気が開放的で伸びやかに感じます、以前のLANケーブルでは若干ですが圧迫感があったという事に気が付かされました。
そして、極小変化ですがジャズライブ音源の客席の話し声的な騒音がハッキリと聞こえる方向になりました。
続いて、もう一本のハブとNASをつなぐLANケーブルを交換。
ここにはオーディオクエストのウォッカを使っていました。

既設のこの2本をネイキッド4に交換した事になります。

むむ!?

変化量が結構あります。
確実に違うと断定できるレベルの変化が。。。
なんと言いますかスッピンになった感じです。
ウォッカはノイズを消して柔らか目の音にするという上質なフィルターのように感じます。
ノイズ対策が万全ではない機器同士の接続には大きな効果を発揮するというイメージが浮かびました。
ネイキッド4はありのままという感じで、ダイレクト感が増しました。
どっちが好きかと言われるとウォッカの音の方が好みには近いのですが、生々しさや鮮度という点でネイキッド4の方が有利で、オーグラインの本番バージョンに可能性を大いに感じる結果となりました。

4線で作ることは決定しましたが、果たして構造はネイキッドでいいのか?
1線毎にちょいとブカブカのチューブ(計4本)に入れて、尚且つそれらを1本の大き目のチューブに収めてみるか?
空気絶縁というやつです。
チューブの素材はPTFE?
『エアフリー4LANケーブル』
近いうちに試してみようと思います。
(シールドが必要かどうかの検証も。。。)

(追記)
LANケーブルをラダー型で自作したヘンタイを発見したので紹介します。(笑)
『ラダーフォーLANケーブル』


ネイキッド4LANケーブルに変えたお陰で生々しさが増しましたが、高域が少し硬くなったようにも感じましたので、N-07Aの電源ラインにフェライトコアを噛ませてみました。

秋月で購入した一個60円とか80円のフェライトコア


これを全てのACラインとDCラインに一個づつ取り付けました。




音が出た瞬間に雰囲気が静かになった様に感じました。
懸念していた音数の減少なども今のところは感じません。
高域の硬さはほんの気持ちだけ優しくなったかな?
良い方向に向かっている印象なのでこのまま進めます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. CENYAさん、こんばんは。毎度楽しそうな自作をやられていますね。
    ハンドル名からの強そうだにフフっとしました(笑)。悪い意味ではございません、念の為。

    ネイキッドケーブルの開放感はSOULNOTEの開発者が天板を固定しないのと同じような考えかもしれませんね。SOULNOTEのFACEBOOKに詳しく載っていますがなかなか面白いです。

    ところで、シールドなのですが、私は最近アクロリンクのケーブルに変えたこともあって、そこの高級ケーブルに使われているノイズビートテープに興味を持っています。オヤイデ電気でも買えるようですが(400円/mくらい)、粘着性がないとか弱いそうなので熱収縮チューブで抑え込む必要がありそうなので、ネイキッドとは正反対ですが。サンワサプライでもこれ使ったLANケーブルが出てますがまあまあ高いですw
    すいません、また無責任な紹介でした。

    byTYPE-Y at2019-02-10 01:50

  2. CENYAさん、こんにちは。

     電源もポイントですが、LANケーブルもフェライトが効くと思います。長ければフェライト自体に数ターン巻くのも更に効果的ですね。
     出力のアナログにも良いと思います。つまりデジタル機器の入出力には全部(^^;ということになります。

    byケン at2019-02-10 08:52

  3. TYPE-Yさん、おはようございます!

    ノイズビートテープは初めて知りました、ご紹介頂きありがとうございます!
    少し間隔を空けて螺旋状に巻けば取り回しは犠牲にならないで済みそうです。
    メーカーからオーディオ専用として4芯のLANケーブルが販売されたら面白いのですが、まあ出せないでしょうね。

    byCENYA at2019-02-10 09:38

  4. CENYAさん、おはようございます。

    LANの自作は私の特権だ〜!なんて嘘です、
    4芯2対で10baseなら十分なんですよね。
    某オーディオグレードLANも銀単線4芯だったりします。

    シールドの有無による変化は正に同じ感覚です。それとウォッカも( ^ω^ )

    開放的、躍動感のあるノンシールド
    静寂感、落ち着きのあるシールド
    創られた静寂感、桃源郷のようなウォッカ

    私はノンシールドの方を好んで使っております。
    ただ、そのままだと振動に対する耐性もないので、ネイキッドでは使っていません。
    ウチではリリアンで編んだ綿スリーブで緩〜く包んであげています。
    オーグラインは未知の領域(高嶺の花)なのでレビュー楽しみに待ってます!

    byおいけ at2019-02-10 09:49

  5. CENYAさん こんにちは。

    LANケーブルに巻くのにこんなのはいかがですか?
    https://www.emf110.com/goodsList/113.html

    コンポーネントにふぁさぁーっとお布団のようにかける使い方をしている方を見かけました。

    byhigh speed at2019-02-10 12:00

  6. CENYAさん
    こんにちは

    さっそく取り組まれてますね。LANケーブルのことはよくわかりませんが、デジタル系のラインなので、USBケーブルと同様な変化があるとよいですな~。

    それにしてもレスを拝見していると、みなさんのアイデアがいっぱいで愉しいです!いくつか試したくなるものがありました。

    あと「ゲオ」は接頭辞としては響きが悪そう。。。「ルグ」1本でお願いします(笑)

    byゲオルグ at2019-02-10 14:09

  7. ケンさん、こんにちは!

    フェライトコアは家の中でたくさん使っていまして、その使用先はオーディオ機器以外のなんでもかんでもっていう感じです。
    オーディオ機器に使うと音が死ぬとかって言う定説を信じて、これまではオーディオ機器には付けていなかったのですが、マランツのデジタル系高級プレーヤーのトランス周りに沢山のフェライトコアが取り付けられている写真を見まして、やってみようと思いました。
    今回は電源だけでしたが、デメリットは感じられていません。
    ケンさんが仰られるように信号系にも試してみたいと思います。

    byCENYA at2019-02-10 14:22

  8. おいけさん、こんにちは!

    指摘されて思い出しました!
    ちょうど一年前においけさんが4線でLANケーブルを自作されていましたね、しかもラダーで!
    アホじゃ。。。(笑)
    本文に追記してリンクを張りましたので、これで許して下さいね!

    ウォッカの事も書いていましたね、印象も同じ感じだったのでビックリしましたよ。
    私のLANケーブルは2本ともに50cmで事足りるので、シールドは要らないかなあ?
    シールドはあったほうが間違いなくノイズ耐性は高くなると思いますが、それによって解放感がなくなる様だったら考えちゃいます。
    どっちを取るか。。。
    まあ、やってみてからのことですね。

    byCENYA at2019-02-10 14:40

  9. high speedさん、こんにちは!

    面白い製品を紹介して頂きましてありがとうございます。
    本当に色々な情報を持ってらっしゃいますね!

    今回のLANケーブルは物理的にはエアー感(軽さやストレスフリー)を重視して作ってみたい気持ちがあるので、この製品はマッチしそうです。
    まずはチューブを使ったノンシールド版の試作をやってみます。

    byCENYA at2019-02-10 14:45

  10. ゲオルグさん、こんにちは!

    強引ですがUSBケーブルとLANケーブルも同じデジタルケーブルだから、同じ様な結果が出るだろうと期待しています。

    より線にするか単線にするか?
    それが問題だ。
    ちょっと哲学っぽい感じがしません?(笑)

    承知しました、今後は「ルグ」を使わせて頂きます!
    しかし、接尾的語として「ルグ」はカッコいいですね〜。

    byCENYA at2019-02-10 14:52

  11. CENYAさん、こんにちは!


    金と銀を合わせた素材(オーグ)で繊細な高音に厚みのある中低音・・・
    なんとも官能的な響きに反応してしまいました(汗

    要するに エロォーグな方向へ爆進中ってことですね。

    そして、LANケーブルの構造を熟知した1,2,3,6番のみを
    使用してしっかりコスパをUPさせていたりして
    流石です。
    CENYAさんのシステムがどんな風に変化を遂げていくのか
    楽しみにしています!

    byケニティー at2019-02-11 11:56

  12. ケニティーさん、こんにちは!

    >要するに エロォーグな方向へ爆進中ってことですね。
    そ、そうです。
    ・・・
    オーグ → エロォーグ → エロォールグ
    この様な進化を目指しています!

    コスパの話ですが、実はもう一歩踏み込んだコスパが可能かどうかを調べています。
    1・2ペア、3・6ペアでそれぞれ送信と受信を受け持ちます。
    という事は、単純にNASとNWプレーヤーの接続だけで考えた時にNASからNWPへの方向の信号(音声データ)だけをオーグラインにしたので充分じゃないかと想像しています。
    NWP側から見ると受信用のペアだけをオーグラインにするという訳です。

    ここで分からないのが受信ペアと送信ペアの割り当てが下記のどちらになるのか、どんなルールがあるのか?という事です。

    パターン⑴
    NAS (1・2送信、3・6受信) ------ NWP(3・6送信、1・2受信)

    パターン⑵
    NAS (3・6送信、1・2受信) ------ NWP(1・2送信、3・6受信)

    これが解れば、オーグラインのコストを1/4にする事が出来るかも!
    現在のところ全く分かっていません。。。

    byCENYA at2019-02-11 16:57

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする