ルーシー父
ルーシー父
大学時代にお金がなかったが、初めてオーディオコンポを購入。聴く音楽は邦楽、洋楽、主に女性ボーカルです。

マイルーム

何事もマイペースで
何事もマイペースで
持ち家(マンション) / リビング兼用 / その他 / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

日記

アクセサリー追加による音決めと泥沼化について

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月11日

昨年より、ちょっと心の疲れと忙しさから、日記をアップしていませんでしたが、やっと落ち着きましたので、アップさせて頂きます。
(長文では、ありますが、何卒宜しくお願いいたします)

昨年の10月より、以下の4つのアクセサリーを追加しました。

1.Octave社のアンプ用オプション強化電源 Super Black Box導入(10/14)
2.スピーカー下のウェルフロート3545から3545Lに変更(11/21)
3.アンプ・CDプレイヤー間のRCAケーブル変更(12/?~3/10)
4.トールボーイスピーカー用スパイクベースKaNaDe02su導入 (2/28)

これらの追加により、今までリファレンスCD(ボーカル※)として使っていた音が、サ行の声がとてもキツクなってしまい、CDが悪いのか、追加したアクセサリーが悪いのか、判断が出来ない状態となってしまいました。

※リファレンスCDは、歌手名を記載してしまいますと、とても失礼となりますので、本日記上では、内緒とさせて頂きます。(メッセージでのやり取りでしたら、大丈夫です)

【アクセサリー追加による音の変化について】
1. 強化電源 Super Black Box(10/14)
強化電源とは、Octave社アンプの電源部の安定性を目的としたコンデンサです。
その効果ですが、Octave社の解説では、「クリアな音楽再生を実現し、ダイナミックレンジ、セパレーション、奥行き、サウンドステージサイズそしてハーモニーの向上をもたらします」とのことです。
以前Super Black Boxの下位製品のBlack Boxを自宅試聴しましたが、私にはほんのちょっとしか変わらないと感じ、OctaveV80SEには効果が少ないのかなと思っていました。

しかし、genmiさんや、パグ太郎さん宅で聴かせて頂いたSuper Black Boxは、かなりの効果を確認出来ましたので、V80SEにSuper Black Boxを追加する事でどこまで音が変わるのか、10月の比較試聴会に参加しました。

このイベントはV110SEとV80SEのSuper Black Box有無及び、V80SEにプリアンプ、パワーアンプを追加したときの聴き比べでした。

ーーここからは、参考までにーー
私の感想は、Super Black Boxの有無に関わらずV110SEは、V80SEより色艶があり、特にボーカルは絶品と感じました。
V80SEは、オーケストラやジャズの編成の大きいものが得意という事が判りました。

V80SEのSuper Black Box有りでは、Octave社の解説にあるように凄い変化がありましたので、購入を決意しました。
次にV80SEにプリ、パワーをそれぞれ追加した音は、どちらも余り変わらないと感じましたが、代理店の方は、プリをオススメしていました。

購入ですが、定価が¥430,000(税別)と、私にはそうそう買える製品ではありません。以前中古で売っていないか、オーディオショップやオークションを探しましたが、ありませんでした。ところが、比較試聴会の帰りにたまたま寄った中古オーディオ店に丁度入荷したばかりのSuper Black Boxがあり、即購入しました。
ーーここまでが、 参考ですーー

Super Black Boxを自宅で聴くと試聴会の時の様に効果が大きいです。Super Black Boxをウェルフロートの上に置くと更に効果アップになりました。

2. スピーカー下のウェルフロート3545から3545Lに変更(11/21)
実はスピーカー下のウェルフロートですが、右が3545+ウェルディスクで、左が3545の上位製品である3545L(特殊コーティング処理)でした。

そもそも、ウェルフロートを導入した経緯は、階下の方からの音漏れの苦情でした。ですので、急遽予算内でウェルフロートを導入した結果がこの状態となりました。この状態の音は、3545+ウェルディスクは、3545Lと比べてしまうと、特に低音が痩せて聴こえるのです。3545Lの方は上位製品ということもあり、当然3545より高音~低音まで、私好みの音色に聴こえました。

そこで、予算も貯まり、右のスピーカー下にも3545Lを導入しました。こんなに差があるという事は、バーチのウェルフロートが、どれくらい良いのか?気になるところです。

ここで、ボーカル好きの私としては、V110SEのようなボーカルの伸びが、V80SEにも欲しくなり、そこで次のアクセサリー追加となります。

3.アンプ・CDプレイヤー間のRCAケーブル変更(12~3月)
本来であれば、あまりケーブルを変更するつもりは、無かったのですが、他に変更出来る所はケーブルしかないと、勝手に思ってしまい、購入を検討しました。

購入対象ですが、高い商品には手が出ないので、カナレ、モガミ(2497)を手作りしている知人に借りて、知人と一緒に比較試聴しました。私はモガミとカナレで迷いましたが、知人は、カナレの方が良いとの事でしたが、取り敢えずモガミをもう少し借りることにしました。エージングが進むにつれ、ボーカルの伸びが少し足りない気がして、知人にカナレも貸して欲しいと頼み、再度カナレを聴くと、その時はカナレが良いと思いカナレに決めました。

4. トールボーイスピーカー用スパイクベースKaNaDe02su購入 (2/28)
元々KaNaDe01、KaNaDe03を使ってましたので購入しました。

ここからが泥沼の始まりです。

KaNaDe02suは、確かに音の広がりや楽器の分離は良くなったのですが、ボーカルの声の「サ行」がとてもキツクなってしまい、とても聴けたものではありません。

KaNaDe02suが悪さをしているのかとも思いましたが、金井製作所の製品に限ってそんなことは、今まで有りませんでしたし、ファイルウェブの方々も導入して音が良くなっているとのことなので、まずは、KaNaDe02suはそのまま使用する事とし、以下の事を実施してみました。

①Octave試聴会の時にV80SEのバイアスが、低く(緑色)設定されていましたので、試聴会で代理店の方に、その理由を確認すると、高音がキツイので、バイアスを低くしているということでした。ですので、私もバイアスを低めにしてみました。サ行は、変わらずキツイままでした。
②リファレンスCDのせいかもと思い、Octaveのバイアスを元に戻し、クラッシック、ジャズを聴いてみると、これまた音がキツイです。
③RCAケーブルをカナレから、モガミに変更し、良くなりましたが、まだちょっとだけキツメで、再度Octaveのバイアス調整を低め(緑)にしましたが、そんなに変わりませんでした。
④スピーカーの向きを色々と変えても、聴く位置を変えてみても③の状態でした。
⑤KaNaDe02suのセッティングも変更してみました。KaNaDeは、溝が十字に切られているのですが、この溝の向きを正面×にする事が推奨されていて、×だと高音が伸びやかになるという理由だそうです。ですので、向きを+の向きにセッティングし直しましたが、変わらずでした。
⑥他のCDを聴いてみましたが、まずボーカルですが、私が音が良いと思ったCDは、楽器の音がキツイ場合や、ボーカルがキツイ場合、(追記)またはその逆に音が良いと思ったCDで、良い音のままになど色々でした。(ここまで)

音がそんなに良くないと感じてたCDは、逆に良かったり、(追記)悪いままだったり(ここまで)するCDもありました。
他にジャズ、クラッシックを聴くと音のキツサは、ありませんでした。。

音がキツク聴こえるという事は、アクセサリーのせいなのか、CDの本来の音が出ているのか、指標となるものが、私にはなくなり、自分では、よく判らない状態となってしまいました。

皆様は、こんな経験は、ありませんでしょうか?

出来ましたら、拙宅にてアドバイスして頂けると助かります。

または、皆様が、リファレンスCDとして使っているCDを教えて頂いたり、アドバイスを頂けると助かります。

(追記)私の耳のせいかも知れません。というのも10月のOctave試聴会で聴いたセパレートアンプの音もキツイと感じるときがありました。他にもオーディオフェアでもそういう事が多々ありました。他の方が聴かれたら、違う意見もあるかと思うようになりました。(ここまで)

どうか、宜しくお願いいたします。

ー以上ー

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1.  ルーシー父さん  ご無沙汰ですね(^^)/   お元気な様で何よりです。
     

    素人なので申し訳ないのですが・・ ('_')  元に戻されたらいかがですか?  何が目的で、何がしたくて・・・  そーされたのかは分かりませんが、以前より悪くなった?のですから、元に戻せば・・・。

     また、組み合わせって アルんじゃないのでしょうか?  と、素人としては言いたくなって(笑)   アクセサリーと言うものは、薬(良結果)にも毒(悪結果)にもなりますからね。  


     ルーシー父さんのリファレンスCD(Vo.)、公表は何が悪いの? 今まではイィ感じで聴けていたんでしょ、それが自分の責任においてダメに聞こえる様になってしまった。 "(-""-)"  同じCDを持ってる方がいらっしゃれば、「ウチではこー聴けるよ!」って言って貰えると思うし。 プロの作品なんだからこっちは何でも言って良いと思うよ。。。  もちろんですがダメダメな作品も世の中には沢山あるからね(笑)

    アコス。。。 

    byアコスの住人 at2018-04-11 20:40

  2. アコスさん、お久しぶりです。
    早速のレスありがとうございます。

    また遅ればせながら、スピーカー導入おめでとうございます。

    元に戻すのは、ごもっともなご意見です。
    ですが、実は今のシステムで満足したことが無いのも事実です。特にボーカル好きな私は、今までボーカルの伸びが足りず詰まって聞こえていました。
    言葉足らずですみませんでした。

    後、もしCDが問題だと発覚した場合を考えて内緒としました。
    このファイルウェブの影響力は大きいと思った次第です。
    メッセージでのやり取りなら問題がないと判断しました。
    問題がCDでないと判りましたら、ブログで公表させて頂きます。
    せっかくのアドバイスを頂きながら、こんな回答になってしまい、誠に申し訳ありません。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    byルーシー父 at2018-04-11 21:19

  3. ルーシー父さん,こんばんは。

    CDの録音に関してはプロの録音エンジニアとプロのミュージシャンがプロ用機材を使ってOKを出している以上、そうひどいものは無いという認識です。ひどい音に聞こえたら、再生側の問題である、と考えることにしています。

    一度モニター系のヘッドホンを使って確認されてはいかがでしょう?

    私がリファレンスとして使っているボーカルCDは
    1.キャサリン・ジェンキンス「Living a Dream」
    2.ヘイリー・ロレン「After Dark」
    です。

    byミネルヴァ at2018-04-11 21:28

  4. ルーシー父さん、はじめまして。

    文面から、4のKaNaDe02suを導入してからボーカルの声の「サ行」がとてもキツクなったとありますので、
    単純に、元々使用されていたKaNaDe01、KaNaDe03にまで一旦戻せば良いのではないでしょうか?

    byボン at2018-04-11 21:37

  5. はじめまして。
    私もシステムの音がまとめるまで、随分もがき苦しみましたので、ルーシーさんの一連の過程がとても興味深かったです。

    問題の高音のキツサとCD本来の音の件ですが、いくつか思い当たる節があるので、書いてみたいと思います。

    まず、高音の件ですが、すでに指摘されているように、インシュレーターが原因でしょう。
    お使いのスピーカーはSS-NA2Espeでしょうか。以前、ショップで聴いた時、非常に伸びやかで抜けの良いスピーカーで上位機種よりも私は好きでした。このスピーカーはフロントバッフルがユニットの振動で共振しないよう、エンクロージャーに蓋をするよう前面に取り付けられ、ハーベスのようにエンクロージャーの内側に取り付け、あえてバッフルをたわませて響きを豊かにする古典的な設計とは違ったものとなっています。そして、エンクロージャーを適度に響かせるポイントが「床との接点」となります。お使いのインシュがとういう性能かは分かりませんが、もし床への振動を過剰なまでに熱エネルギーに変えているとしたら、低音が痩せてしまうかもしれません。更にこのスピーカーはツイーター面積が通常の倍あるので、他のSPよりも高音が出やすい結果となると思います。防音対策も兼ねていらっしゃるようなので、一概には言えませんが、今までとは逆に振動を床に伝える方向にするか、もしくはSPを古典的な設計のバッフルの機種に変更するかということではないでしょうか。

    CDの件ですが、上記の件を踏まえるならば音が全体的に腰高になった結果、良かったCDがキツク、パッとしないCDが明るめのサウンドに乗じて良く聞こえるようになったことだと思います。従ってインシュを入れて良く鳴ったCDの枚数が、インシュ導入以前に良く鳴っていたCDの数を上回れば、インシュは正解、逆に枚数が減ったなら、インシュは失敗と判断できると思います。

    リファレンスは大貫妙子のSUNSHOWER(BluSpec)です。

    by試聴記 at2018-04-11 22:17

  6. ルーシー父さん、こんばんは。

    かなりお悩みのようですね。私も低音不足がなかなか思うように解消しなかった時がございますので、お気持ちは良くわかります。

    ルーシー父さんには拙宅にも来ていただき、今回のマラソンオフ会でも参加していただきますので、大したアドバイスはできないかもしれませんが、5月にでもお伺いいたしましょうか?

    >こんなに差があるという事は、バーチのウェルフロートが、どれくらい良いのか?気になるところです。

    同じウェルフロートですから3545Lと比べてそんなに変わりませんよ。ただ低音が増えて、音場が広がり、音が前にも伸びてくるだけです。(^^)

    バーチはちょっとお高いですので、他に解決方法が見つからなかった場合に導入を考えられたのでも良いかもしれませんね。

    上手く行くことをお祈りしています。

    byHarubaru at2018-04-11 23:28

  7. ルーシー父さん

    実際に聴いてみないとどんな音なのかわかりませんが、サ行がきつくなる(目立つ)ことは、高域に付帯音がついて干渉するという現象です。その要因は、金属系の共振ノイズ、接触ノイズ、固体振動の反射波(足元からキャビネット側への戻り)などが考えられます。

    経緯から推察するとスピーカーの足元が一番疑わしい。まあKaNaDeはやめたほうがよいと思います。最後のところではなくて、ウェルフロート導入時点からサ行現象が強まっていたのではないでしょうか。まあ、そう言ってしまうと身も蓋もないのでもう少し考え得る要因を申し上げておきます。

    SS-NA2Espeはスパイク足ではないはずです。スパイクに交換したのでしょうか。どんなスパイクかは知りませんが先ずは高さ調整を厳密にやってガタを完全に無くすべきでしょう。その際、スパイクのネジ込みそのものにガタがないかどうかも要チェックです。スパイクとスパイク受けとの接触ひずみ対策としてスパイク先に潤滑グリスを充てんすることもオススメです。シリコンオイルでも良いですがKaNaDeとは相性が悪そうです。コチコチ型キャビネットのSS-NA2Espeなら、どなたかも仰っているようにウェルフロート直置きの方が良いでしょう。その場合でも接触面の滑りと振動歪みの心配があるので、フェルトやコルクのシートを敷くのも工夫です。

    いずれにせよ、スパイクはスパイク受けがとても大事です。

    byベルウッド at2018-04-12 01:10

  8. ルーシー父さん どうもです 夜分遅くにこんにちは!

    自分も以前、とある曲がセッティングを変えたらきつくなって聴けなくなったということがあります
    その原因は、拙宅のスピーカーのスパイクは6本あるんですが、それを6本から4本に変えたことが原因でした

    私がなぜ、この原因を突き止められたかと言うと6本から4本にした時に、その曲がきつくなり
    確かお店の人のアドバイスで元に戻して、治ったからです!
    当たり前な簡単なことですみません・・・

    私が記事を見たところ泥沼にはまったところから見直してみるといいと思います
    大先輩であるアコスさんや他の方々も元に戻せばどうでしょう・・・と提案していますし
    アクセサリの組み合わせによる相乗効果とか相性とか色々とあると思います
    そんなにアクセサリには詳しくないんですけどね
    そんな訳で私の意見はとりあえず、悪くなる前に戻してみたらいかがでしょうか?

    そこから色々と検証してみてはいかがでしょうか?

    KaNaDeは凄く気に入っているので個人的な意見としてはKaNaDeを混ぜた状態でそのきつい状態を改善したいですね

    そして微力ながら私でよろしければ、ルーシー父さんの家にお伺いして
    一緒に検証やセッティングのお手伝いなどしたいです!
    私はルーシー父さんにお世話になりましたので恩返しがしたいです

    まあ、実際、私が行った所でそんなに力になれることは
    アンダンテラルゴのスパイク受けと音源を持って行って
    音源を聴いて何処が悪いんだろうね?って悩むくらししかないと思うのですがよろしければ是非お願いします

    それからリファレンス音源についてですが色々あるんですが
    どれを紹介しようか悩んだのですが色々書くと長くなるので一曲だけ紹介します
    多分既にお持ちかと思いますけど紹介してます、録音良くて判り易いのがいいもんね
    サラ・オレインで、タイトルがANIMA収録の秋桜です

    では~では~失礼します♪

    byぽにしぇっと at2018-04-12 01:56

  9. ミネルヴァさん、こんばんは。

    レスありがとうございます。
    >一度モニター系のヘッドホンを使って確認されてはいかがでしょう?

    本日、ヘッドホンで聴いてみました。
    結果は、スピーカーの音と同じでした。

    リファレンスCDもありがとうございます。
    キャサリン・ジェンキンスの「Living a Dream」ですが、2005年版と2006年版(邦題:夢を生きて)とあるようですが、2005年版で宜しいでしょうか?

    アドバイスありがとうございました。

    byルーシー父 at2018-04-12 21:03

  10. ボンさん、こんばんは。

    レスありがとうございます。
    >元々使用されていたKaNaDe01、KaNaDe03にまで一旦戻せば…
    はい。休日に戻して聴いてみます。

    アドバイスありがとうございました。

    byルーシー父 at2018-04-12 21:06

  11. Harubaruさん、こんばんは。

    レスありがとうございます。

    >5月にでもお伺いいたしましょうか?
    はい。是非お願い致します。

    後、その前に、マラソンオフ会の時に、私の今回のリファレンスCDを持っていきますので、ご試聴お願い出来ますでしょうか?
    宜しくお願い致します。

    byルーシー父 at2018-04-12 21:17

  12. 試聴記さん、初めまして。

    レスありがとうございます。
    >お使いのスピーカーはSS-NA2Espeでしょうか
    はい、その通りです。

    >今までとは逆に振動を床に伝える方向にする…
    実は、下の階の方からの音漏れの苦情により、床に伝える方法はちょっと難しいです。

    >インシュを入れて良く鳴ったCDの枚数が、インシュ導入以前に良く鳴っていたCDの数を上回れば、インシュは正解、逆に枚数が減ったなら、インシュは失敗と判断できると思います。

    仰る通りだと思います。
    アドバイスありがとうございまいます。
    休日に試してみたいと思います。
    リファレンスCDもありがとうございます。

    結果は、次回日記にアップさせて頂きます。

    byルーシー父 at2018-04-12 21:29

  13. genmiさん、こんばんは。お久しぶりでございます。

    スピーカーの足元に関しましては、スピーカー標準の足で、スパイクではありません。

    >ミネルヴァさんが仰っているように、そのリファレンスのCDをイヤホンやヘッドホンで聴いてみるのが良いのではないかと思いました。

    本日、ヘッドホンで聴いてみたのですが、スピーカーからの音と同じでした。

    アドバイスとリファレンスCDありがとうざいます。

    >何かお役に立てることがあればメッセージでもいいので遠慮なくご連絡くださいね。一刻も早く音楽を楽しめる環境が整うことを願っています。

    はい、ありがとうございます。
    相互オフ会をさせて頂けると助かります。

    宜しくお願い致します。

    byルーシー父 at2018-04-12 21:37

  14. ベルウッドさん、こんばんは。

    >実際に聴いてみないとどんな音なのかわかりませんが、サ行がきつくなる(目立つ)ことは、高域に付帯音がついて干渉するという現象です。その要因は、金属系の共振ノイズ、接触ノイズ、固体振動の反射波(足元からキャビネット側への戻り)などが考えられます。

    ちょっと、私には難しいですが、とても勉強になります。

    >最後のところではなくて、ウェルフロート導入時点からサ行現象が強まっていたのではないでしょうか

    そこは、考えていませんでした。試してみたいと思います。

    >SS-NA2Espeはスパイク足ではないはずです。スパイクに交換したのでしょうか

    スパイクは使用しておりません。

    >どなたかも仰っているようにウェルフロート直置きの方が良いでしょう。その場合でも接触面の滑りと振動歪みの心配があるので、フェルトやコルクのシートを敷くのも工夫です。

    アドバイスありがとうざいます。

    恐れながら、一度拙宅にお越し頂いても宜しいでしょうか?

    宜しくお願い致します。

    byルーシー父 at2018-04-12 21:46

  15. ルーシー父さん

    お久しぶりです。
    声フェチにとってサ行、子音というのは天敵の様なもので気になり出すと全く音楽に集中できなくなってしまいますよね。私もよくハマります。

    原因や解決方法は多くの方々から出ていますので、自分が聴きながらどう確認しているかだけお伝えします。個人的好みに関わる要素が多いので、あくまで私の例ということで。

    サ行が耳に付く場合、それ以外にも、高音のきつめのヴァイオリンとかが、奥行き感がなくなるとか、響きが薄くなり直接音だけになるとか、酷い時にはスピーカーに張り付いて聴こえるというようなことが、同時に起きていることが経験的には多いです。またピアノの高音も残響音が薄れてパラパラした印象になるとか。そういう場合は、ソースが原因ではなくセッティングで何か起きていると考えています。(続く)

    byパグ太郎 at2018-04-12 21:52

  16. ぽにしぇっとさん、こんばんは。

    >当たり前な簡単なことですみません・・・
    とんでもありません。参考になります。

    >KaNaDeは凄く気に入っているので個人的な意見としてはKaNaDeを混ぜた状態でそのきつい状態を改善したいですね

    そうなんです。せっかく買ったので、何とか使えないかと、ちょっと強情になってしまったのかもしれません。

    >そして微力ながら私でよろしければ、ルーシー父さんの家にお伺いして、一緒に検証やセッティングのお手伝いなどしたいです!

    本当ですか、是非宜しくお願い致します。
    後ほど、メッセージさせて頂きます。

    >リファレンス音源についてですが、サラ・オレインで、タイトルがANIMA収録の秋桜です

    おー私持ってます。持ってるのを忘れてました。
    休日に聴いてみます。
    アドバイスとリファレンスCDありがとうございます。

    byルーシー父 at2018-04-12 21:54

  17. ルーシー父さん

    (続きです)

    こういう症状はいきなり起きるわけでなく、何か変更した時に発生するわけですが、少し前にやって「良い結果になった」と思っている後で、更に何かを加えた時にこそ、そうなることが多い様な気がします。

    最初に何かを変えて、音がはっきりして、手前に出てくる、エネルギー感が上がったと喜んでいると、実は空間表現の細部が飛んで奥行がなくなっただけとか、付帯音がわずかに乗ったことで輪郭がくっきり温度感が上がったように感じただけだったということは、私の低感度の耳では良くあります。その時に既に、サ行・バイオリン・ピアノなどに異変が起きているわけですが変化がプラスなのかマイナスなのかが分からないのです(泣)。

    で、その上に更に良くしてやろうと何かすると、流石の私でも判別できる様な変調になり、そこから慌てて「良くなった」と感じる変更の前にまで戻すということになります。というわけで、私は、良くなったと感じたときこそ危ない、良くなったと感じたものを広げる時は慎重にというの自己規制ルールにしているのですが、そうなると何も出来ずに現状に留まってしまうのです・・・。

    byパグ太郎 at2018-04-12 21:55

  18. パグ太郎さん、こんばんは。

    お久しぶりです。

    >声フェチにとってサ行、子音というのは天敵の様なもので気になり出すと全く音楽に集中できなくなってしまいますよね。

    はい。そうなんです。
    ただ、今まで聴いて良いと思ったCDの中でも、そのまま良い音だったりして、これが困りものなんです。

    >ソースが原因ではなくセッティングで何か起きていると考えています。

    セッティングで良くなるんですね。
    ただ、私もスピーカーの向きは、聴く位置を後ろにずらしたりしたのですが、変わりませんでした。
    (続く)の後、お待ちしております。

    そう言えば、女性ボーカル試聴会ですが、私の環境がよくなりましたら、オフ会宜しくお願い致します。

    アドバイスありがとうございました。

    byルーシー父 at2018-04-12 22:04

  19. ルーシー父さん、おはようございます。

    ヘッドホンの音がスピーカーからと変わらない、とするとスピーカーのセッテイングとルームアコースティックは問題無いですね。

    となるとプレーヤー、アンプのセッテイングか電源環境が疑われます。

    キャサリン・ジェンキンスの「Living a Dream」ですが、私が持っているのは、多分2006年版だと思います。日本語ブックレットが付いていました。

    byミネルヴァ at2018-04-13 07:03

  20. パグ太郎さん、こんばんは。

    (続き)気付かず、失礼いたしました。

    >サ行・バイオリン・ピアノなどに異変が起きているわけですが変化がプラスなのかマイナスなのかが分からないのです(泣)。

    パグ太郎さんでも、そんな事があるのですね。

    >私は、良くなったと感じたときこそ危ない、良くなったと感じたものを広げる時は慎重にというの自己規制ルールにしているのですが、そうなると何も出来ずに現状に留まってしまうのです・・・。

    すみません。ちょっとクスっとしていまいました。
    参考にさせて頂きます。

    今後ともよろしくお願いいたします。

    byルーシー父 at2018-04-13 20:21

  21. ルーシー父さん、こんばんは。

    ご無沙汰しています。

    アンプ、CD周りに絞られて来た様ですね。

    アンプの真空管ですが、もし、シーメンスであれば、付属のオリジナルに戻して試すのも一考かと思います。

    シーメンスは、どちらかと云うと、高解像度系ですので、ケーブルとかの相性でバランスを崩したかもしれませんね。

    byいたちょう at2018-04-13 21:20

  22. ミネルヴァさん、こんばんは。

    〉となるとプレーヤー、アンプのセッテイングか電源環境が疑われます

    プレーヤー、アンプですが、その2つにもKaNaDe03を使用しております。KaNaDe03は、かなり前に購入したもので、そのときは、キツサはまったくなく、逆にボーカルの伸びが足りないと感じていました。
    電源ケーブルは、付属の電源ケーブルを使用しております。度々御手数掛けまして、誠に申し訳ありません。

    宜しくお願いいたします。

    byルーシー父 at2018-04-13 21:31

  23. いたちょうさん、こんばんは。

    お久しぶりでございます。

    アドバイスありがとうございます。
    実は、KaNaDe03導入に伴い、真空管は付属のオリジナルに戻しておりまして、皆様には色々とアドバイス頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

    byルーシー父 at2018-04-13 21:34

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする