うつみくん
うつみくん

マイルーム

マイルームは公開されていません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

日記

iTunesで超高音質CDリッピングをする方法 パイオニア社製BDR-S09Jの紹介Part2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月01日

CDリッピング時、Pure Read3+のパーフェクトモードとマスターモードの音質に差があるか確かめることになりました。

今回たまたま新品のCDを買いました。これならパーフェクトモードでも音飛びしないと考えました。弦楽四重奏なので、バイオリン中心で音がどうなるか確かめました。

今回メインシステムのマランツ、B&Wではなく、サブのPCオーディオシステムを使いました。デスクトップシステムのKS-1HQMです。

USB入力を使用し、オーディオゲイト4で出力。パーフェクトモードとマスターモードの音楽ファイルを入れ替えて一曲目を6回ほど聞き返しました。

結果、音に差があることが分かりました。

●パーフェクトモードの音
マスターモード比で高音のデティールが少し強調気味になります。少し硬い印象です。

●マスターモードの音
パーフェクトモードと比べるとこちらのほうが柔らかい印象です。低音もこちらのほうがより多めに出ます。

パーフェクトモードは醤油味のおせんべい、マスターモードはチョコレートのテイストですね。どちらが上でどちらが下という感じの違いではありません。どちらもおいしいといった感じですね。

自分の好みでは、やはりマスターモードのほうがバイオリンの弦の音が柔らかく自然な感じがしました。というわけで今後はマスターモードでリッピングします。マスターモードのほうが音飛びしませんし、実用的なのではないかと考えたということもあります。

理屈優先だとパーフェクトモードがいいということになるのかなあと思います。実際に比べて気に入った方を使えばいいのではと思いました。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする