うつみくん
うつみくん

マイルーム

マイルームは公開されていません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

日記

JSPC製特注試作スイッチングハブ 使いこなしまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月28日

JSPC製スイッチングハブの使いこなしも何とか終わりましたのでまとめます。
自分の所有している製品は試作機の上、電源部にiFIが使用されている特注品ですので、製品版とは少し音が違う可能性があります。参考になるかどうか…。

●基本的な音傾向
これはJSPC製品全般に言えることですが、マランツ、B&Wの組み合わせで聴くと、かなり派手なドンシャリとハイアガリ傾向がありますね。つけると目が覚めたような音になるんでいい音が出ていると思いがちですが、この音の癖を取り除いて使用しています。他のJSPC製品も借りたりなどして使ってみましたが、残っているのはこのスイッチングハブだけです。iFIを電源に使用しているんで派手なドンシャリはかなり抑えられているようにも思いますが、iFIだけでは抑えられないです。

●スパイク周りの調整
硬軟両方で調整しました。スパイク受けにはアコリバ製のSPU-4。純銅製を選択。ステンレスや鋳鉄製などありますが、柔らかい素材でないと高音部にピークが出る可能性を感じたからです。使用してみたらこれでも音がこれでもきつくなりました。スパイク受けの下にアコリバ製ゴム系インシュレーターCP-4を使用したところ良好な音になりました。

●電源ケーブルの選定
3種類試しました。
まずはゾノトーン製6NPS-3.5Meister。ドンシャリがさらに強調されてド派手な音になります。ゾノトーン、全く合わず。

次はオーディオクエスト製NRG-X3。フラットな特性の標準的なケーブルですが、相変わらず派手なドンシャリとハイアガリです。やはり合いませんでした。

困ってしまって、サブシステムのアクティブスピーカーの電源ケーブルを臨時に使ってみたところ、良好な音になりました。クリプトン製PC-5です。ちょっと地味な音傾向のはずなんですが、これがちょうど良かったです。やはり基本的な音傾向がドンシャリとハイアガリなのがよくわかります。

●LANケーブルの新規購入
LANケーブルは音楽を扱う経路は全部オーディオクエスト製イーサーネットシナモンを使ってきました。もう一段階クオリティアップしたかったので、イーサーネットウオッカを一本追加で購入しました。音の位置関係、前後関係がより正確に出ている印象になりました。

★最終的に出てきた音
今までとは透明感、実在感が次元が一段階違うと感じるようないい音が出てきました。
空間表現も次元が違う印象です。
このプロダクトはやはり素晴らしいと思います。

なお、好みの音に調整することは上記のように通常のオーディオ製品と同じ手法で出来ます。ぜひネットワークオーディオに使ってみていただきたいです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. うつみさんこんばんは〜〜

    クリプトンの電源ケーブルは拙宅のプリアンプにも使っております。
    と言うのもP-3000Rの付属品がクリプトンの電源ケーブルと全く同じものです。(kawasakiのOEM品)

    プリの電源ケーブルは今迄何度か交換してきましたが、
    結局このケーブルに戻してしまうそんな相性の良い電源ケーブルです。

    byニッキー at2017-02-08 23:37

  2. ニッキーさん

    クリプトン製PC-5は癖のある音を素直にする感じがあり、良品だと思います。

    空間再現を重視した音作りも好感が持てます。
    おとなしい地味な音ですがスイッチングハブとは相性がとても良かったです。

    JSPCは音が派手なうえ、ドンシャリがひどいのですが、多分こういう音作りは今後も変わらないのではないかと思っています。

    B&Wとマランツのシステムには相性が悪いです。

    byうつみくん at2017-02-09 06:08

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする