うつみくん
うつみくん

マイルーム

マイルームは公開されていません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り製品

日記

音だけバブルへGO! ゴッキュッパ戦争時代へタイムスリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月29日

ショップから借りたJBLモニターが相性が悪く、自宅で使用できず、代わりにショップからお借りしたのがこれ。
ケンウッドLS-11ESでした。1989年製です。
1989年と言えばバブル真っ只中。30年近く前ですね。定価が5万4000円、いわゆるゴッキュッパ戦争と呼ばれた低価格スピーカー競争時代のものです。なんか懐かしいですね。

外観はほとんどダイヤトーンのそれですね。KENWOODの刻印が無いと何処の製品か全くわかりません。驚いたのは塗装で、普通30年も経過すると塗装に部分的にムラが出てきますがどこを見てもそういう部分がありません。質のいい塗装をしていたことがわかります。
木工も手抜きされた部分も見当たらず、ガッチリ作られています。

●最初の出てきた音はひどかった。
デフォルト、調整なしでそのまま音を出してみました。ひどいですねー。高音部はパキパキ、低音は全く出ません。凄まじいハイアガリ音です。はっきり言って滅茶苦茶な音です。いったいどういう経緯でこんな音で調整されたんでしょうか?。

●ハイアガリを修正する作業に一日費やす。
まず背面にあるツイーターのボリューム調整をしました。ノーマルポジションでは凄いハイアガリとなり、結局ソフトと書いてあるところまでボリュームを落としました。かなり良好になりましたが、低音は全く出ません。
マランツ社のアンプ、PM-14S1のトーンコントロールを使い、低音のみ補正しました。トーンコントロールボリューム位置の写真をアップします。いかに低音が出ないかよくわかると思います。
結局補正に一日かかりました。

●補正が終わった後の音に驚愕する。
調整が終わり音を再度聴きました。ふわっと優しく空間が広がります。自然であくまで優しい耳当たりのいい音が出てきました。ボーカルを聴くとふわりと中央に自然な声が定位します。スピーカーユニットの設計も工作精度もすさまじいレベルだということが聴いて良く分かります。
低音もトーンコントロールで補正しているとはとても思えない自然なものでドラムもコントラバスなども形が正確かつ自然に再現されます。
久しぶりにすごいものに出会ったなあと思いました。正直、出てきた音にまさしく驚愕しました。

●メーカーが調整したフラットポジションはなぜひどい音なのか?。
凄いポテンシャルのスピーカーだと分かったのですが、疑問が一つ。メーカーが調整したフラットポジションでは凄まじいハイアガリで、とても聴けたものではないのも事実です。
まるで、宝石を泥水に浸けて店頭に並べる宝石店のようです。自ら価値を落とし、商品化しているのはなぜなんでしょうか?。

この時期はCDが普及し始めた時期でもあります。パキパキの音にした方が売れると思ったとしか思えません。つまり、これを作った技術者は売れることを優先し、はやりの音に仕立てて出したつもりだったのではないでしょうか。

自分でこの音は正しいのか、いい音なのか判断しない技術者。音に信念の無い技術者がどんなに頑張ってもいいものを作ってもダメなものしかできない。そう思いました。

この後ゴッキュッパ戦争は終結しました。勝者は誰もいませんでした。ダイヤトーンは消滅。いまだに国産スピーカーは全滅状態に等しい状況となりました。「自滅」という言葉が頭に浮かびました。

やはり起こるべくしてそうなったような気がしました。自滅した国産スピーカーの歴史を垣間見ました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 今、思い返せば80年代が一番面白かったカモしれませんね。

     日本のオーディオブランド花盛りで、世界を牽引してた最先端にいましたからね。  自分もオーディオと関わりを持つ様になった時期ですから。

     個人的にTRIOは好きだったがKENWOODは馴染めなかった。 カーオーディオでは人気ブランドだが、ホームオーディオとなると安っぽく見えて好きになれなかった。 

     この年代が、この後に来るオーディオ不況時代を乗り切れるかの勝負だった様に感じる。  私見としてはAVとの関わりを甘く見てたブランドが消滅していった様に感じる。  AVのデジタル化の波に乗りきれなかったのが敗者の一つの要因であっただろうと。 TRIOのまま、オーディオブランドが存続していたら今も在ったかもしれない。


     11ESは元気に鳴るというイメージがある。 ハイ上がりはKENWOODの伝統かな(笑) 人気のあったK‘sも似た様な音で(笑) ブランド人気先行で売れてただけの様な気もする。 カッコがイイので売りやすかったし (^_^) 

    お留守の間、楽しめそうで何よりです  !(^^)!

    byアコスの住人 at2017-09-29 08:11

  2. アコスさん

    凄い工作精度と品質管理、日本の技術力の高さを垣間見ました。

    デフォルトの音を聴くと技術者の自分の耳に対する自信の無さが良く出ていると思います。

    なぜ自信が持てなかったのでしょう?。これだけの技術がありながらですよ。

    まあ、事実は分かりようもないですが、結構いい音なんでしばらく楽しめそうです。

    byうつみくん at2017-09-29 08:46

  3. こんにちは

    今度のKENWOODのスピーカーはおそらく店の中古品コーナーに永く展示されていた物でしょう。鳴らし続けて行けば変化が有るかも、PM1が戻るまでそこそこ楽しめるようですね。

    CENYAさんとのやり取りを見ました、同じ市に在住ですね。
    お気に入りに登録させていただきました、
    よろしくお願いします。 Fuji3

    byFuji3 at2017-09-29 12:42

  4. Fuji3さん

    エージングしていくとまた変わっていくかもしれませんね。
    ふわっと出てくる空間がなんとも心地良いです。

    こちらもお気に入り登録させていただきます。

    今後ともよろしくお願いいたします。

    byうつみくん at2017-09-29 13:39

  5. こんにちは、うつみくんさん。

    1989年というと、私が高校生の頃ですね~
    その頃は、サンスイが元気で、各社ともどもにセパレートを販売していた時代だと記憶しています。
    ダイヤトーンのSP、欲しかったけど、買えなかったな~とか懐かしい思い出です。
    私のなかでは、1980年代後半と、バブルは終わっていましたが1990年代前半位が、一番、オーディオが楽しかったような気がします。す(車の世界でも、この時代の国産車が一番面白かったです)。
    デジタル技術が、まだまだ未熟な時代で、面白い発想(と形)の機械がたくさん販売されたのもこの時期だったと思います。

    うーん、この頃の国産製品が最先端を突っ走っていた時代をみていると、昨今の外国製品ブーム?(国産製品を音楽性がないとか言って海外製品よりも下に見る風潮)は寂しい限りです。

    bykaku18 at2017-09-29 17:53

  6. kaku18さん

    国産機が音楽性が無いとは思っておりません。割と最近の舶来品尊重主義には苦々しい思いはありますね。といってもスピーカーは英国製をずっと使っておりますが…。

    今回のスピーカーですが、かなり誤解されるようなメーカーが調整したデフォルトの音があります。本来の音は賞賛すべきものなのにもったいないと思いました。

    空間の再現は通常使用しているB&Wもかなわない部分があり、やはりもったいないですね。

    最近ダイヤトーンも復活するようですからまた面白くなればいいなと思っています。

    byうつみくん at2017-09-29 18:06

  7. うつみさん

    はじめましてOと申します

    自分、LS-11を、まだ完動品状態で所有しております、笑
    初めての給料で購入した物なので何故かしら大切にしています

    この製品、、、長く鳴らしてれば、ある程度こなれてハイ上がりは、直ってきますが元気な要素は、強いので、PM1と比べると辛いです
    自分としては、ロック向きかと思います「スピード感もあるので」
    ちなみにフレームは、一見アルミに見えますが貼り付けてあるだけで中身は、モールドです、笑

    されど製品出来は、高いですから借りてる期間、存分に愉しんでくださいまし!

    byO at2017-09-29 18:47

  8. Oさん

    おっ、持ってらっしゃるんですか。これはいい製品だと思います。

    ジャズ系を鳴らすととてもいい感じです。

    それにしてもこのものすごいハイアガリは誤解されますねえ。

    物理特性は現在でも通用するレベルですね。

    大切にしてほしいです。

    byうつみくん at2017-09-29 18:55

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする