うつみくん
うつみくん

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り製品

日記

一から全部やり直し。システムの音激変しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月10日

ヒジヤンさんのご提案を採用し、とりあえずシステムから全部のアクセサリーなどを取り除き一からセッティングをやり直しました。ほぼ完全にガラガラポンしました。

●まずは電源。
システムにはアコリバの電源タップと小柳出電気製OCB-1RXが使用されていますが、これの役割分担を逆にしてみました。コンポーネント用にOCB-1RX、その他電源にアコリバの電源タップにしてみました。また、IFIのiPurifier ACも外してみました。
結果は変える前の方が良くiPurifier ACもあったほうが音がなめらかなので元に戻しました。ここは変化なしでした。

●次はネットワークオーディオのセッテイングを見直し。
NASからほとんど聴かない状況になっているのでスイッチングハブにつないでいたNAS用LANケーブルをルーターに回しました。
スイッチングハブにはルーターから一本、ネットワークオーディオ端末に一本の2本のみとなり、パススルーしているだけとなりました。これが当たりました。音の純度が上がり低音も良く出るように変化しました。
また、信号経路の最後にイーサーネットウオッカ75cmを持ってきてさらに音の純度が良くなりました。高額なLANケーブルは最終端に持ってきた方が効果が大きく出るようですね。

●アコリバケーブル類の向き変更。
アコリバのデジタル同軸ケーブルとRCAケーブルを使用していますが、アース接地が片方のみなので向きがあります。これを今までとは逆にして接続してみました。
具体的にはプラグと電線の間にあるカバーが長い方を信号の上流にしました。
やはり接続が逆だったようです。音がなめらかになり低音も出てきました。

●防振プラグの撤去。
今回撤去してみて、やはり無い方が音が素直だと感じました。少しならいいのではと思いいろいろ試したのですが全面撤去が一番良かったので撤去しました。

●スピーカーインシュレーター、クリプトン製IS-111の採用。
クライナのステージをスピーカー台として使っていますが、これにインシュレーターを追加しました。
クライナ社に問い合わせてどんなものがいいのか調べました。

スパイク構造のものが相性がいい。三点支持推奨。でした。
で、クライナの製品も検討したのですが、高額なうえ滑り止めが付いておらず、三点支持で滑り止めなしでは危険だろうということで採用取りやめ、別の製品を採用しました。

クリプトン製IS-111は非磁性体ステンレス。スパイク構造でOリング状のシリコンゴムの滑り止めがあり、採用しました。
音の透明度感アップ。低音がさらに良く出るように。きつさもかなり取れました。

●マランツCDプレイヤー、SA12のDAC設定変更。
デフォルト設定では音がきつくどうしても感じるのでDAC設定を変えました。

★デジタルフイルターを2(非対称インパルス応答特性)に変更。アナログな少し柔らかめの音になります。
★ディザーを2に設定。1はマランツ独自設定です。2の方が柔らかくなります。
★ノイズシェイパーを3次から4次シェイパーに変更。4次の方がひずみ感が減りおとなしく聴こえます。
★レゾネーターをON。OFFにするときつくなります。

きつさはかなり取れました。やっと普通に聴こえるようになりました。

他にもいろいろやっていますが、文字数が増えすぎるのでこれくらいで。
かなり低音も出るようになり、きつさも無く普通な感じの音になりました。
あとは電源の改良を予算が付いたらやろうと思います。

ー追記ー
クリプトン製IS-111は一点支持構造でありまして、スパイク構造のインシュレーターではありませんでした。スパイク受けとしても使用が可能なように作られています。お詫びして訂正いたします。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. うつみさん、こんにちは

    NASとハブは未接続という事でしょうか?びっくりですね。

    Soundgenicはプラスチックケースですが 分厚い内部金属もあり、LANポートはSTP対応なのでハブとSTP LANケーブル接続すれば多少の仮想アース効果があるかも?とは思います。NASの電源ケーブルを外す前提ですが。

    うちのマランツアンプもアコルバ防振プラグは相性はイマイチで、オーディオクエストの金属かぶせ型がうちでは良かったです。

    クリプトン製IS-111 良さそうですね。

    byYongJoon at2019-11-10 14:54

  2. Yong Joonさん

    NASからは月に数回程度しか聴かなくなっていますので、それくらいならスイッチングハブから外した方がいいのではと思いました。
    ストリーミング再生優先ですね。結果はストリーミングの音がかなり向上しました。
    なお、スイッチングハブ無しも試しましたがハブありの方が良かったです。

    防振プラグはクリプトン製IS-111を設置した後撤去してみたところ、無い方が良好になっていました。調整が進み必要なくなってしまいました。

    滑り止めがちゃんとあるスパイク構造のインシュレーターはなかなか無く、クリプトンに決まりました。これだけでもかなり良好になりました。

    たまにはガラガラポンするのもいいと思います。しょっちゅうは出来ないですけど。

    あとは電源ですね。これでもうかなりまともになっていくと思います。

    byうつみくん at2019-11-10 15:21

  3. うつみくんこんばんは。

    クリプトンのIS-111は私もフォノイコのスパイク受けに、
    同じくIS-333をスピーカーのモニターオーディオのPL-300IIのスパイク受けに使っております。

    理由は同じくシリコン製のOリングによる滑り止めと、両方の機器ともスパイクがステンレス製なので同じステンレス製のIS-111は相性が良いと思い購入しました。

    インシュレーターやスタンド、スパイクなどに金属素材を合わせる時には同じ素材を使用した方が無難だと思います。

    byニッキー at2019-11-10 19:37

  4. ニッキーさん

    今回はスパイク的に動作する構造のインシュレーターを使用することと滑り止めがあるもので採用する機種を絞りました。

    木材系がいいのではというニッキーさんの提案も検討しました。
    黒檀スパイクとスパイク受けの組み合わせです。かなり迷いましたが最終的に滑り止めがある方、高さが大きくならない方を選択しました。

    自分のシステムの場合スパイクがあるのはスイッチングハブになります。真鍮製のスパイクです。アコリバの真鍮製スパイク受けを使っていましたがきつい音となり、現在は黒檀のスパイク受けに変更しています。
    音が柔らかくなり木材の方が相性が良かったです。
    同一素材がいいかどうかはケースバイケースだと思っています。

    byうつみくん at2019-11-10 21:10

  5. うつみくん、やってみたのですね。

    よい方向に向ったようでよかったです。
    以前には効果があったと思えるものも、追い込みが進んでくるといらなくなっているというのはよくあることです。一番問題なのは、あるものが付いているがために、それがネックになって頭打ちになってしまうことがあることです。強烈に効いたと感じたものは要注意です。

    こんな付けたり外したりの再構築を何度かやっていると、自分がもう少しこんな音にしたいと思ったときに、それならあれをやればいい、などの使いこなしの極意みたいなものが身につきます。機器を替えたときなどは、この極意をフル活用しながら自分好みのサウンドに仕上げる感じですね。達人と言われるような人たちも皆さんこの道を通ってきたと言われています。高いものや、評判のよいものを付ければいい音で、いい音楽が鳴らせるなんてあり得ませんから。頑張って下さい。

    byヒジヤン at2019-11-10 22:34

  6. ヒジヤンさん

    今回はいいアドバイスありがとうございました。

    アコリバのケーブルなどは方向性があるのに逆向きの音を確かめていなかったりと初歩的な問題もありました。

    また記述には無いのですが、オーディオボードがラックの床面から浮いていて振動がかなりしていた感じだったので一か所にボール紙を差し込んでガタを無くしたりもしました。これだけでもかなり改善しました。

    あらゆる部分で調整が甘かったと思います。

    結果としてはかなり改善し、ちょうどタイムリーだったんだなあと思います。

    思い込みを直すのはなかなか難しいのですが、いろいろな方のご意見を聞いてまた改善していこうと思っています。

    byうつみくん at2019-11-11 04:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする