黒川鍵司
黒川鍵司
 虚空を見つめる視線。 ■フェイヴァリットアルバム ・Mick Karn「Dreams Of Reason Produce Monsters」 ・Manuel Gottsching「E2-E…

マイルーム

引きこもり部屋
引きこもり部屋
借家(マンション) / その他 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 こういう機器で聴いています。 ■機器類一覧 ・LINN IKEMI(CDプレイヤー) ・LINN MAJIK DS(ネットワークプレイヤー) ・Wadia Digital…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

日記

test...testing, testing......

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年05月17日



 Cloak and dagger じゃなかった、A Clockwork Orange じゃなかった、クロックジェネレーターをお借りました。



 ご覧のとおり、ApogeeのBig Benです。CelloならApogeeだろ、という連想からなのですが、私が欲しい機能も揃っていまして。今週中、いろいろテストして、導入の可否を考えたく思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんわぁ

    Celloの音が、どんどん進化していくんですね ( ゚Д ゚ ) …
    テスト結果。。。コッソリ、、、聴き耳を立ててます(^^;)

    い・い・いつかは・・・Cello (ーoー)

    byの~てんき at2009-05-18 00:10

  2. おはようございます。

    これ、結構多機能なんですよね。

    BNC端子の数も豊富で、こんなに数要らないだろうと
    普通思うんですが、業務用なんでこういう仕様にしたんですかね。

    by4706 at2009-05-18 08:25

  3. クロックジェネレーターの自宅試聴は考えなかったなぁ(笑)

    以前、ぼくちゃん邸でクロック(OCX)有無の差の傾向は把握していて(クロックありだと空間が広がる印象)、我が家でも同じような傾向でした。
    このクロックだと如何でしょうか?

    byFCA at2009-05-18 12:45

  4. >の~てんきさん
     Celloの音というよりもエソテリックの音のアップグレードかな? 現状のテスト結果(というかメモ)はこんな感じです。

    44.1kHz:ノーマルの状態に比べると、フォーカスが合うというか、引き締まる感じ。特にボーカルとドラムで顕著で、見通しが良くなり、埋もれていた音も聴こえるようになった。定位も向上。にじみが取れたという感じかな。

    176.4kHz:明らかに音の表現力が上がっている。音量が大きくなったような錯覚すら感じる。でも、もともとCDには44.1/16のデータしか入っていないのになぜだろう? 全般として44.1より向上しているが、ダイナミズムみたいなものは44.1の方が良いかもしれない。

     もう少しいろいろ試してみたいと思います。

     いつかわ? クラウン?(笑)


    >4706さん
     エレクトリさんの中でもPRO PRODUCTS事業部が担当だそうで、今回はコンシューマーの営業さんを経由してお借りすることが出来ました。民生オーディオだと多くても、トランスポート、DDC(もしくはSRC)、DACの分で3つあれば間に合うと思うのですが、業務機は端子数が多いですね。確かグリムのCC1なんか12くらい出力があったと記憶しています。あ、でもG-03Xも6くらいあったかな?


    >FCAさん
     たまたまなんですけどね。アンプ以上に自宅の機器で試してみないとわからない気がしていたので、今回は助かりました。上述のとおりですが、空間が広がるというよりも見通しがよくなるという気がします。このほかにもアンテロープのOCX、グリムCC-1、ESOTERIC G-0Rbをお店で確認したことがあるのですが、どれも見通しが良くなると感じた覚えがあるので、FCAさんの「広がる」が、私のとっての「見通しがよくなる」なのかも知れないですね。
     BigBenの特徴なのかどうかちょっとわからないのですが、他のものに比べると、高域がキラっとするところがあるように感じています。

    by黒川鍵司 at2009-05-18 21:00

  5. おぉ~、遂に念願叶うんですね!!
    おめでとうございます。(違っ

    ・・・ってあれ?
    DACにクロック付いてましたっけ!?
    それとも、エソ単体での試聴ですか??

    byさもえど at2009-05-19 19:48

  6.  いやいや、借りてるだけですから。でも、いいですね、やっぱり。

     はい、あのDACにはクロック入力はありませんよ。だから、こそ、BIGBENなのですよ、( ̄ー ̄)ニヤリッ

    by黒川鍵司 at2009-05-19 20:02

  7. あっ、なるほど。
    クロックの打ち直しですね!?
    失礼致しました。m(__)m

    同じクロックに対するアプローチでも、どの方法が良いのか、迷っちゃいますねぇ。^^;
    ウチは、ソース系機器の入れ換えで、対応な予定です。(爆)

    byさもえど at2009-05-21 09:52

  8.  そうなんですよ、S/PDIFの打ち直し機能があって、かつアップサンプリングをしないものというと、BIGBENくらいしかないのですよね。

     で、レポートなんか書くと余計な記事が増えちゃうので、ここで感想を書いちゃいますね。

     多少、効果の違いはありますが、どの周波数でも、フォーカスが合うという気がしました。クラシックにはあった方がいいですね。音数も増えるし、隠れていたニュアンスが出てくる気がします。ジャズで力強いタイプのものだと、176.4kHzを1/4にしたものが太さが出てよかったです。と、いいこと尽くめのようですが、フォーカスが合うことが、鋭さになってしまって、音数の多さとあいまって、うるさく感じる場合もありました。ただし、そういう場合でも、クロックの入力は簡単にオフにできるので、ケーブル類に比べると簡易に元に戻せるのが良いですね。

     なお、つかったBNCケーブルはカナレの1mで800円くらいのもの、電源ケーブルは付属のものを使用しました。電源の安定度で、音が変わりそうに思えるので、まだまだ伸ばしどころはある気がしました。

    by黒川鍵司 at2009-05-21 19:43

  9. クロック及びデジタル伝送系は、最近勉強を始めたばかりなんで、門前の小僧にもなってませんが、電源の安定度,機器内外のノイズ,ケーブルによって激しく変わるみたいですね。

    波形生成技術にDDSを使っているのが特徴的な製品だと思うのですが、C777クロック技術って何者ですか!?(無知でスミマセン。m(__)m)

    byさもえど at2009-05-22 23:42

  10.  未だ見ていただいているとは思いもしませんでした。
     私もケーブル類での、変化は他のクロックジェネレータでですが、経験していて、「音の信号が通っているわけでないのに、何で......。」と途方にくれた記憶があります。

     BIG BENの技術情報なんですが、正直言って、さっぱりわかりません。DDSを使っているということで、水晶振動子を使っていないということなのかなぁ? でも、水晶振動子をつかっているOCXもDDSは使っているというし......。C777クロック技術の方はPLLの代替技術のように思えますけども、これも資料がない。重量が他のクロックに比べて重いのは、これらの技術のせいなんですかねぇ。それとも、リアルタイムフォーマットコンバータの部分が重いのかなぁ。どうにもわからないです。また、普通クロックならスペックに掲載されるはずの精度が書かれていないのですよね。これもなぜなのか良くわからない。

     でも、 http://www.analog.com/jp/analog-to-digital-converters/products/rarely-asked-questions/RAQ_tickTock/fca.html を読むと、どうも精度よりも、ジッタの方が問題ということのようにも思えます。いくらppmが小さな値でも、そのppmを核にして実際のクロックをつくるPLLの出来が悪ければ意味がないってことなんでしょうかね。

     とかなんとかいってますが、結局、私は自分の良いと思えばそれで良いと思っていて、正しさ(正確さ)=楽しさ という公式は必ずしも成り立たないとも思ってもいます。そして、機能面からみても他のクロックではなく、BIG BENを導入ということになると思いますね。でも、いつになるかなぁ(遠い目)。

    by黒川鍵司 at2009-05-23 00:35

  11. むーーん、これ以上は粘着レスになってしまいそうですが。w

    C777は、サッパリですね。
    謎の発信器でしょうか・・・。^^;
    余談ですが、DDS自体は発振機能を持っていません・・・・・受け売りですが。w

    byさもえど at2009-05-23 22:15

  12.  え? そうなの? あ! ほんとだ。この(http://www.picfun.com/vhdl43.html)を見ると、中央右に水晶振動子がいる! となるとC777技術は、PLLの代わりにDDSを使い、そこにいくつかのフィルタをかけるという構造そのものの名称なのかなぁ。それだけであの重量というのは不思議な気もします。やっぱり、フォーマットコンバータの部分が大部分なのかなぁ。

     と、やっぱりよくわかりませんが、あの感覚はクロックでしか出せないグレードアップだったと思います。今日返してきたのですが、う~ん、欲しい......。

    by黒川鍵司 at2009-05-23 22:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする