黒川鍵司
黒川鍵司
 虚空を見つめる視線。 ■フェイヴァリットアルバム ・Mick Karn「Dreams Of Reason Produce Monsters」 ・Manuel Gottsching「E2-E…

マイルーム

引きこもり部屋
引きこもり部屋
借家(マンション) / その他 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 こういう機器で聴いています。 ■機器類一覧 ・LINN IKEMI(CDプレイヤー) ・LINN MAJIK DS(ネットワークプレイヤー) ・Wadia Digital…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

お気に入り製品

日記

D300

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年06月13日

 いつもお世話になっているダイナミックオーディオ5555さんで、「D300」というイベントが開かれています。詳しくはリンク先をご覧いただきたいのですが、各フロアで300万円の予算で購入可能なセットで、課題曲を鳴らすというイベントです。各フロアの個性が出るなかなかの好企画だと思います。

 というわけで行ってきました。以下、ひどく個人的な感想です。

■7F
・スピーカー : Kharma Ceramique 3.2
・プリメインアンプ : BLADELIUS Thor MK2
・ユニバーサルプレイヤー: BLADELIUS Freja

 ヌメリ感のある弦、ギター、身体を押してくる低域とすべてが濃く、厚い。食べ物で言うなら、分厚いビフテキ(ステーキじゃなくて、あくまでビフテキ)。ソースもしっかりした味のものが掛かっている感じ。凄い音を聴いているという感覚は間違いなく味わえるが、これを毎日食べられるほど私は肉食系じゃないなぁ。もちろん、これが最高という人がいることも理解できる。


■6F
・スピーカー : SONICS ALLEGRA
・プリアンプ : HEGEL P4A
・パワーアンプ:HEGEL H2A
・SACDプレイヤー : LUXMAN D-08

 一転して清涼感のある音。立ちあがりもよく、見通しがよく、女性の声が宙にぽっと浮かび、その唇に、ほんのりと紅がさされている。低域はかなり出ているのだけど、すっと身体を通り抜けていくので、押し付けがましさがまったく感じられない。シルバーで統一された(スピーカーのウーハーも含む)見た目も涼やか。


■5F
・スピーカー : PENAUDIO CHARISMA & CHARA
・プリメインアンプ : UNISON RESEARCH SINFONIA
・CDプレイヤー : METRONOMETECHNOLOGIE CD-3Sig

 全体として、音をシンプルに聴かせ、それゆえの清潔感みたいなものがある。真空管アンプだからなのか声は男女問わず滑らかで、声に限れば、今回の組み合わせで一番かも。気になる点は、シンプルさゆえに音数が多い曲になると混濁することと、明るい音になりがちなところ。ここに深みみたいなものが出せれば、かなりのレベルになると思う。


■4F
・スピーカー : B&W 802D
・プリメインアンプ : OCTAVE V40SE
・CDプレイヤー : METRONOME CD1 Signature

 802DがV40SEで結構鳴ってしまうことに驚きを感じ、CD1 Signatureの見た目が雑誌ほど悪くないと感じた。音は澄んでいて、上品。リラックスというよりも傾聴。モニター的な側面もあり、やや細く、時に神経質か。ここら辺はアンプのドライブ力の問題かもしれない。
 試聴途中から、私を被検者にした明日のイベントのリハーサルと化す。個人的には、ものすごく楽しかったが今回のイベントの趣旨からは外れるので割愛。


■3F
・スピーカー : JBL TS8000
・プリアンプ : McIntosh C46
・パワーアンプ : McIntosh MC275
・SACDプレイヤー : ESOTERIC X-03SE

 不思議なのだけど、何か映画館でエンドロールを観ているような、そんな音の聴こえ方がした。サラウンド的に囲まれている感じがしたのだ。これは部屋の影響なのかもしれない。音はニュートラルでオールマイティだが、奥に太さを感じさせる瞬間がある。姿は違えど、やはりJBL、そして、その黄金の組み合わせMcIntoshといった具合か。


■2F
・スピーカー : KRIPTON KX-1000P
・プリメインアンプ : SOULNOTE ma1.0
・D/A Converter : SOULNOTE dc1.0
・CDプレイヤー : SOULNOTE cd1.0

 声も弦もよく、高域の抜けもすっきりしているし、密閉ゆえのメロディを追える低域もある。ほんの少しだけ低域の伸びが足らない気もするが、これはエージングで解決しそうだ。しかし、かなりの渋好みシステム。派手なところがまったくないので、素通りされてしまう可能性がある。こちらのオーディオ観が試されそうな気がする。このシステムを料理に例えるなら、数ヶ月の海外出張明けに食べる、久々の滋味豊かな日本食。


 と6つのシステムを聴いてきたのですが、お店でこんなに真剣に試聴したのは久々でした。かなり疲れましたが、自分が一体、どのような方向に進もうとしているのかを確認する良い機会となったように思えました。このような機会を与えていただいたダイナミックオーディオ5555のスタッフの皆さんに感謝いたします。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 黒川さん、こんばんは。

    5555は何故か1Fしか利用したことがないのですが(上に行くのが
    怖いので)、ここらしい面白そうな企画だと思います。

    聴いたことない機器がほとんどなんで直感ですが、個人的には
    4-6Fあたりが興味ありますね。3Fはせっかくならもっとコテコテ
    にしてほしい気がします。

    byOQ at2009-06-13 23:27

  2. お疲れ様でした~。m(__)m

    個人的には、2F or 6Fが聴いてみたいかなぁ・・・。
    次点で4F・・・あくまで想像ですが。w

    明日のイベントの方は、ア○グ○ットが気になってます。

    byさもえど at2009-06-14 00:15

  3. 黒川さん お早うございます。

    各階に渡る試聴お疲れさまでした。この様な企画が出来るのはさすがにダイナと言う所ですネ。

    各階の音の特徴がそれぞれ出ていて面白く拝見いたしました。

    イヤー、さすがに文豪ですね。各階の試聴録を読めば、音の特徴がよくわかりますね。それぞれのたとえが最高!参りました。

    >数ヶ月の海外出張明けに食べる、久々の滋味豊かな日本食。
    コレには参りました。2階と6階の違いもよく出ていますね。

    この表現力欲しいな〜。

    byRay at2009-06-14 09:06

  4. >jillartさん
     あのビルだからこそ出来る企画という気がします。レフィーノあたりでも不可能ではないでしょうが、各システムのセパレーションというところで、階毎という5555の建物としての条件が有利に働いていると思います。
     感想の件ですが、お褒め頂ありがとうございます。しかし、所詮は私の感覚に過ぎませんから、実際お聴きいただくと「ぜんぜん違うじゃねぇか!(怒)」となるかもしれません。その際は、どうぞ、ご容赦を。
     それにしても、2Fのこのラインナップの音が想像できるとは、jillartさんは、もともとはかなりの猛者であられた方ではないでしょうか。どうぞ、今後もよろしくお願いいたします。


    >OQさん
     あのお店は、やはり敷居が高く感じられる方が多いですよね。そのおかげでゆっくり聴ける環境が保たれているという側面もあるので、一概に、敷居を低くしろと言えない自分がいたりしますが。
     3Fの組み合わせは、課題曲(大貫妙子なんです。)へのJBL+McIntosh からの回答ということになっているのだと思います。その意味では、もっとも企画にそったラインナップと言えるかもしれません。


    >さもえどさん
     2Fと6Fは共通する部分がありますね。主張はまったく異なるのですが、その主張が奥に、こっそり隠されている点が共通しているのではないかと。
     島さんとの「二人高級電源ケーブル比較試聴会(短縮版)」は凄く面白かったです。これについてもメモを残しているのですが、見た目上は一番気に入らないケーブルが、感想としては一番フェイヴァリットでした。
     あと、さもえどさんが伏字にされている内容が、ぴんとこないのですが.......なんのことだろう......。


    >Rayさん
     お褒めの言葉ありがとうございます。しかし、上述のとおり、所詮は私の感覚に過ぎませんし、21日までのこのイベントの最中にも音の変化はあると思いますので、あくまで一例として受け取っていただければ幸いです。
     この記事のために、各階で、聴きながらメモをチョコチョコと書いていたのですが、オーディオシステムにあらわれる個性というものは、本当に多岐に渡るのだなぁと実感しました。販売店で、これだけ、各人の個性を表に出すお店というのはなかなかないですし、あったとしても、それぞれを一つの枠の中で比較するチャンスはなかなかなく、一体、どの個性が自分に向いているのかを知るには、どうしても時間がかかるとおもいます。その点で、この企画は、本当に良い企画だと思いました。

    by黒川鍵司 at2009-06-14 10:40

  5.  15時くらいから初めて、各フロアで15~45分程度聴かせて貰っていたので、終わることには、日が暮れていましたよ(笑)。

     300万円といっても定価ベースなので、実売は2割引の240万円程度でしょうか。ここにアクセサリ類も加味すると、250~270万円。ここまでかけられる人は、かなり本気。もうあとに引けない人でしょうね。個人的には最初のシステムは25万というのを推奨しています。この金額であれば、何とかやりくりできると思いますし、小型のものになりますから、場所の問題もクリアできるし、「ここ変更するべきなのはわかっているけど、重くて持ち上げられない」とか「複雑なのでいじれない」という言い訳が出来ないので、何でも思い立ったときにやれる(笑)。

     トースター元気に活躍してくれていますよ! 様子を見に来られますか? そのついでに当方のシステムの試聴もしていただければ幸いです。

    by黒川鍵司 at2009-06-14 19:12

  6. 再び失礼します。
    D300、行ってきましたか。私も関東にいればきっと聴きに行ったことでしょう。お疲れさまでした。
    Blogで4階だけ構成が公開されないなぁと思っていたら…そう来ましたか。802Dは王道って感じがしますね。
    個人的にはSPにAllegraを持ってきた6階が気になりますね。勿論、聴いたことが無い機器が多いので実際に聴くとどうなるかはわかりませんが。あと、機種は異なりますが2フロアで使われているMETRONOMEのCDプレーヤーも今後は要チェックかも知れない。

    課題曲が大貫妙子と言う点が意表を突いているようでもあり、オーソドックスなようでもあり。この点は如何だったでしょうか?

    byFCA at2009-06-14 23:41

  7.  大貫妙子と一口に言ってしまうとあれなんですが、ウッドベース、弦、ギター、女性ボーカルという曲でして、オーディオな方にはなかなか良いのではないかと思います。私自身は......う~ん、どうかな。でも一つの楽曲という枠組みがあると、比較しやすいのは確かだと思いました。

     802Dは確かに定石ですが、それがあのそれほど大きいとも思えないV40SEで、結構鳴っているのを見せられると、なかなかのインパクトでしたよ。6FのAllegra.......あれは部屋がずるい気もします(笑)。

     METRONOMEのプレイヤーはSACDがかからないのが、オーディオな方にはネックではないでしょうか。私の場合は、トップローディングなのがネックですけれど。

    by黒川鍵司 at2009-06-15 21:10

  8. こんにちわ。トップローディングのプレーヤーはプレーヤー上方の空間が8cm確保できればなんとかなります。CDの出し入れには多少気を遣うことにはなりますが。
    うちでは25cm高の棚にコーンスパイク+AB-2000で使用中です。

    byのりぞー at2009-06-25 17:00

  9.  8cmですか......ぎりぎり確保できそうな......は! これは孔明の罠だ!(笑)
     やっぱり、せっかくのトップローディングなら、最上面においてあげたくなるのですよ。でも、アナログがいるしなぁ。というわけで、トップローディングよりも、フロントローディングに惹かれるのですよねぇ。両者の間をとったNAGRAのCDPには惹かれまくるのですが、金額がなぁ......。

    by黒川鍵司 at2009-06-26 00:25

  10.  つうか、リンクされてるよ、この記事(爆笑)。

    by黒川鍵司 at2009-06-26 00:25

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする