黒川鍵司
黒川鍵司
 虚空を見つめる視線。 ■フェイヴァリットアルバム ・Mick Karn「Dreams Of Reason Produce Monsters」 ・Manuel Gottsching「E2-E…

マイルーム

引きこもり部屋
引きこもり部屋
借家(マンション) / その他 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 こういう機器で聴いています。 ■機器類一覧 ・LINN IKEMI(CDプレイヤー) ・LINN MAJIK DS(ネットワークプレイヤー) ・Wadia Digital…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

またもDACの視聴中

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年01月31日

 いつものオーディオ店で「20.6は良いですねぇ。でも、おいらには買えないなぁ。」という話をしていたら、「じゃあ、これ聴いてみますか?」という話になりました。


 GOLDMUND MIMESIS 21Dです。

 詳しくは上記リンク先を見ていただければと思いますが、このモデルはダイナミックオーディオさんとゴールドムンドのタイアップ企画で生まれたDACで、ALIZE4 96/24 MODULEを搭載。2台モノ使いをすれば176.4KHzにも対応とのこと。いや、当方の環境ではこれは関係ないのですけれどね。価格的には、現在であればMIMESIS 20.6の半額くらいで購入可能です。確かにこれなら手が届かなくも......いやいや、危ない危ない。あくまで試聴です。

 とりあえず、数時間聴いてみたのですが、当方のシステムの音が一気に高級感を帯びたように感じました。冷たいようでいて、甘みのある音。低域はかっちりというタイプではなく、広がるのですが、以前、自宅で聴いたSRシリーズのDACほど膨らまず、かなり低いところまで再生してきて、ベースラインがよく感じ取れます。そして、高域。これは、やはりゴールドムンドの十八番ですね。キラッと艶を帯び、一種の焦燥感というか、恍惚感というか、デヴィッド・ボウイの「月世界の白昼夢」にやどる、あの切なさが感じられる瞬間があります。

 総じて良いですね。ただし、うちのシステムには、ちょっとゴージャス過ぎる気も......。とりあえず、しばらくお借りできるので、きちんと聴いて、こちらに、もう少しまともな感想を書きたく思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ムンドの音には普遍的だけど独特の美しさを感じますね。凄く高いやつになると、物凄く良い普通の音になる様な・・・

    こうやって、どんどん深みにはまっていくのですね・・・同情を禁じえない、じゃなくて何て羨ましい。(笑)

    byゴーヤ at2010-02-01 08:50

  2. ムンドかぁ・・・ムンドですねぇ・・・良いですよねぇ・・・。

    余りにも(特に価格が)ゴージャス過ぎて、聴くとヤバイと思われるので、なるべく聴かずにすごしています(笑)

    これが視野の範疇に入るとはなんともうらやましいですぅww

    by凛吏 at2010-02-01 12:30

  3. 黒川さん こんにちは。
    ムンドのDACですか。いいですねぇ。

    私はMIMESISシリーズは試聴したところで買えないので(^^;)
    SRシリーズでフルサイズのDACがあったらなぁと思ってます。

    ムンドの甘美音は魔力がありますよね。
    しばらくお楽しみくださいませぇ~。

    byヘリポン at2010-02-01 16:33

  4. 黒川さん、こんばんは。

    > 一種の焦燥感というか、恍惚感というか、デヴィッド・ボウイの「月世界の白昼夢」にやどる、あの切なさが感じられる瞬間があります。

    「焦燥感」という例え、いいですね。ひょっとしたらムンドの
    アンプに求めていたのはそういう要素かも知れません。
    今度その辺りを意識してボウイを聴いてみようと思います。

    byOQ at2010-02-01 18:19

  5. >ゴーヤさん
     ご覧のありさまですよ。哀れんでください(笑)。
     なんというか、ゴールドムンドは不思議ですね。全ラインナップに統一された色彩があるのに、価格順のさもあるという......どうやって作り出してるのかが不思議でなりません。


    >凛吏さん
     視野とに入るというか、無理やり突っ込まれているというか(笑)。
     それにしてもFMといい、ムンドといい、スイスのオーディオは高いですよねぇ。これも定価だったら、とても範疇になりませんよ。


    >ヘリボンさん
     TELOS390を聴いたとき、Celloに行っていなかったら、アンプジラではなくて、これに行っていたかもしれないと思わされました。過度でなく、肉感的ではない。それでいて、エロティックさもあるという......。
     DALIとの組み合わせでも素晴らしいのでしょうね。


    >OQさん
     お褒めいただきありがとうございます。最初に浮かんだのはもっと直截的に「アーニョロ・ブロンツィーノ『愛と時のアレゴリー』のクピドのような射精寸前の感覚」という言葉だったのですが、これではあまりにも尾篭なので、こういう文章になりました。でも、品と言う意味ではあんまりソフトになってないですね(笑)
     それにしても、DAC、プレイヤーであろうとプリアンプであろうと、それどころかパワーアンプに至るまで、ゴールドムンドには統一された色合があるのが不思議です。どうやってるんだろう?


    >クロさん
     1日通電して今聴いているのですけれど、ムンドのDACを使えば高域の変化は当然と思っていたのですが、低域まで良化するとは思っても見ませんでした。
     dc1.0もすばらしいDACだと思います。あれは"漢"らしいDACですよね。こちらはブロンツィーノというよりも、クラナッハが描くところの裸婦を思わせるところがあります。

    by黒川鍵司 at2010-02-01 20:58

  6.  ちなみに「愛と時のアレゴリー」はこんな絵。左にいるのがクピド。
    http://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_1de/lapis/3439480.jpg


     クラナッハの裸婦はこんな感じです。
    http://www.k2.dion.ne.jp/~pega/LOVELOG_IMG/20051104883bf8df.jpg

    by黒川鍵司 at2010-02-01 21:06

  7. 当面DACには手を出さないでおこうと決めているFCAです、こんばんは。

    MUNDですかぁ。セパレートアンプは試聴したことありますけど(SP:802D、あの組合せは良かったなぁ)DACは聴いたことがありません。
    それにしても5555とのコラボレーションモデルとは面白いですね。家電だと特定量販店向け専用モデルとかありますけどそのノリかな(笑)

    byFCA at2010-02-01 22:53

  8.  P-0s+VUK-P0を使った176.4KHz出力を受けられるゴールドムンドのDACということで企画されたようですね。そのためには2台用意しなきゃなのですけれど(^_^;)

     お店で聴いたとき「オーディオ的快感は4715より、ずっと上だなぁ」と感じたのですが、自宅で聴いてみると、中~低音もバランスが良いことに気がつきました。そして、他の方へのレスでも書いたことですが、プリでも、DACでも、あのムンドの色が出ているというのが本当に不思議です。

    by黒川鍵司 at2010-02-02 19:59

  9. えっ、もちろんモノ構成で借りられたんですよね!?(爆

    ・・・・・・余談ですけど、ワタシもDACチョット考え中です。^^;

    byさもえど at2010-02-03 12:54

  10.  いや~そんな根性もスペースもないです(涙)。
     DACの吟味って、アナログで言えばカートリッジの吟味みたいなものですね。いや、それ以上に難しいかもしれませんね。

    by黒川鍵司 at2010-02-05 00:02

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする