黒川鍵司
黒川鍵司
 虚空を見つめる視線。 ■フェイヴァリットアルバム ・Mick Karn「Dreams Of Reason Produce Monsters」 ・Manuel Gottsching「E2-E…

マイルーム

引きこもり部屋
引きこもり部屋
借家(マンション) / その他 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 こういう機器で聴いています。 ■機器類一覧 ・LINN IKEMI(CDプレイヤー) ・LINN MAJIK DS(ネットワークプレイヤー) ・Wadia Digital…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

日記

もしもアンプが壊れたら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年02月15日

 愛用のアンプが壊れたら。想像したくもないけれど、結構直面している人がいる。自分の場合だったら、まずは修理。販売店さんのおかげで修理先は用意できている。

 修理不能となったなら。プリアンプだったら.......いや、うちはプリとパワーが一蓮托生。どちらかが残ったとしても、いや、残ってしまったら逆に「共にあったとき」を思い出させて、余計に悲しい。

 そうなると買い替えだ。以前だったら、そんな瞬間には「アンプジラ!」と叫んでいたような気がするが、今は「それはちょっと違うかな?」という思いが首をもたげそう。自分の嗜好性、志向性から言うならば、今ならTELOS 390.2。あれなら今の世界観を続けていけそうな気がする。惜しむらくは、フォノイコライザを内蔵していないこと。ということでフォノイコイコライザも考えなくては。順当に行くならBenz Micro PP1/T9。でも、それじゃ一抹のつまらなさも感じる。NagraのBPSも良いけれど、電池式というのが気に食わない。見た目で選ぶならThe Turntable's Choice

 あれ? 全部、ステラボックスだ。そういえば今使ってるCELLOを輸入していたRFエンタープライゼスのメンバーが移ったのがステラボックスだったっけ。結局、CELLOの呪縛からは逃れられないようで......。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. なんとも恐ろしい想像をしていらっしゃいますね(笑)。
    しかし故障はいつ起こってもおかしくない事ですものね。
    CDプレイヤーの故障は悲しかったなあ。
    僕のところだと目下こわいのは真空管のパワーですねえ。
    大きな故障が起こる前にオーバーホールに出すのがベストなのかなあ。
    なるほど、確かに黒川さんのところはプリパワー一蓮托生ですね。フィッシャー端子なんでしたっけ。それよりもやはりお互いの存在のためのものという感じですものね。

    The Turntable's Choiceは、確かに素敵ですねえ〜。
    僕はBPS好きですね。あの存在に惹かれるものがあります。
    確かに電池は面倒そうですが。

    ステラボックスか〜。ブリンクマンも、いいですねえ。

    by7 at2010-02-15 01:35

  2. 確かにムンドのアンプは黒川さんのシステムに、音的にもデザインもマッチしそうですね。
    アインシュタインのフォノイコライザはアナログに手を出さない私にも魅力的です。

    今の機器に満足していても、長く使っていると、他の機器に目移りしてきます。(笑)SPを変えたばかりで、何ですが、CDプレーヤーをどうしようかと迷っているところです。

    byゴーヤ at2010-02-15 09:27

  3. 今後は徐々にGOLDMUND化されていくのでしょうか?黒川さんのシステムはきりりとクッキリと勝手に思っています。
    うちはいつしかエレクトリ扱い製品ばかりになってしまいました。これもやはり呪縛?!

    byのりぞー at2010-02-15 10:08

  4. ワタシは進歩がないので、今のアンプが壊れたら、息子ジラ!!って騒いでる予感です。w

    あとは、Counterpointかな・・・古くて、置き場所がナヤマシーのですが。^^;

    byさもえど at2010-02-15 12:58

  5. 結構リアルな問題です。またプリが異音を出すようになりました。
    ごくまれにですが。
    替えるとすれば、できれば中古はパスしたいかなと思います。また
    修理の事を気にし続けるのも楽しくないので。でもそうすると金額
    面で選択肢が限られるのですよねぇ…

    byOQ at2010-02-15 13:04

  6. これは誰しもが経験することでしょうね。
    黒川さん宅は純血ですので悩みが多いですね。

    拙宅なぞは多国籍軍なので、壊れた一つの機器の処遇を考えれば良いだけましですかね。
    MacInのPOWが故障した時も備えのSONY で急場をしのぎました。

    差しあたっての心配はこのPOWなんでしょうか。
    真空管ゆえ数年後には確実に出力管がへたってくることでしょうから。
    その意味でもSONY TA-NR1は予備においています。

    その他のTRI、AUDIOSPACEのPOWも真空管ゆえ心配がつきません。
    でも良いんです。気に入る音楽が手に出来れば。

    byRay at2010-02-15 14:10

  7. こんにちはぁ

    > ”もしもアンプが壊れたら”

    ↑マイブーム?です(ーー;)

    パワ-アンプ→CDT→AVアンプと伝染しCDTはいまだに行方不明?です(ーoー;)

    皆様に伝染しないように、
    とーぶんひそんでいることにします(ーー;)

    byの~てんき at2010-02-15 18:35

  8.  昨日、ここ(http://www.bmd-i.com/usagi/)で飲んだ後に、電車の中で思いついたことを書きとめてみただけなのですが、皆さんにご共感をいただいたようで、ありがとうございます。
     ちなみに拙システムのアンプは元気ですよ。

    >7さん
     酔いの妄想ですから、たいしたもんじゃないですよ(笑)。まあ、機械ですから永遠に動き続けるわけはなく、いつか壊れる日は来るわけですけれど、それまでに十分楽しみたく思っております。
     真空管ですかぁ。逆に真空管であれば、構造の単純さゆえに修理もきくと思いますよ。


    >ゴーヤさん
     目移りはありますよね。私もプレイヤーには一つだけ目移りするものがあります。
     ゴールドムンドは確かに今のシステムに合う気がします。しかし、今すぐ導入するか? といわれたら、ごめんなさい! というしかないですね(笑)。


    >のりぞーさん
     いえいえ、ぜんぜんゴールドムンド化されていませんよ。DACも4715に戻りましたし。クッキリ、ハッキリなのかなぁ? たしかに音の輪郭がよくわかるという評価をいただいたこともありますが、どうなんでしょう? 自分の好きなようにやっているだけなので、よくわかないのですよね。
     そうですね、のりぞーさんのところはエレクトリさんの製品が多いですね。好みの方向というのが決まっていると代理店が偏ってくるのかもしれませんね。


    >さもえどさん
     カウンターポイントのプリアンプに、サンオブアンプジラが接続されるのですね。濃密な世界が展開されそうですね! そして、そこに黒いDACが!(笑)


    >OQさん
     いつ、誰にでも降りかかる危機ですね。全部新品となると金額的に厳しいですよね。現行機の中古なら、まだ安心できるかな。うちのようにもう作られていない機器だと、信頼できる修理先があるという保険しかないのですよね。


    >Rayさん
     そうですね。うちは接続端子の問題もあり、純正の組み合わせとなっています。パワーアンプだけなら、ヴィオラの何かを......という手もあるのかもしれませんが、今使っているパワーアンプには愛着があるしなぁ......というところです。
     7さんへの返信でも書かせていただきましたが、真空管アンプはある意味、ソリッドステートのアンプよりも長く修理がきく傾向があるように思えます。あとは真空管の供給だけが問題でしょうかね。


    >ログさん
     言霊を信じる方だったのですね(笑)。
     前述のとおりですが、機械ですからいつかは壊れます。特に多くの機器があればあるほど、故障の危機も身近にあることになるわけで......あ! いいこと思いついた! オーディオの趣味をやめればいいんだ!(ぉぃぉぃ)


    >の~てんきさん
     ご愁傷様です。えっと、まったくもって的外れなことだと思うのですが、の~てんきさんのところの不調って電源工事をしてからじゃないかという気が......いや、気のせいですよね。


    >クロさん
     果たして設計者は長く使えることを考えるべきか、それよりも音のよさを優先するか。難しいですね。特にハイエンドに近づけば、近づくほど、この問題は重くのしかかってくる気がします。

    by黒川鍵司 at2010-02-15 21:50

  9. 黒川さん、こんばんは。

    拙宅のCelloが壊れたら…
    うーん、直したいですねぇ。
    でも、元に戻せるかどうかは何処が壊れるかによって違いますし。
    米国本国の方でもオリジナルの補修部品は散逸してしまって集めるのは難しいみたいですね。
    私の方もショップを通じてですが信頼できる修理先が今のところはありますけど。
    そのうち、ニコイチのCelloとかばかりになるのかもしれません。

    買い替えるとしたら、何にするのか?
    自分でも想像がつきません。
    無理やりにひねり出した結論ですが、今ならAYREのK-1・V-1ペアにするかもしれません。
    音の傾向はかなり変わると思いますが。
    トップモデルは到底手が届きませんし、見た目の感じがこのペアの方が好きなんです。

    あ、SACDプレーヤーも困りますね。
    メカが無くなった時点でほぼ修理不可能です。

    今の音をいつまで出せるのやら…

    byfuku at2010-02-15 22:22

  10. >fukuさん
     そうですね。オリジナルの回収は難しいでしょう。部品を持っているところは限られますし。しかし、会社自体がなくなっている(一応存続していることはしていますが)にもかかわらず修理ができるということは奇跡に近いのかもしれないですね。

     うちのSACDプレイヤーは国産なので、それなりに修理がききそうな気配を感じます。というより不調になる様子がまったく見られないので安心しきっております。


    >タイガーマス君さん
     国内で修理がきくかどうかというのは大きな問題ですね。代理店の存在意義というのは、そこらへんにあると思います。しかし、修理っていうものは代理店にとってはリスクでもあるのですよね。技術供与は受けなくてはならないし、ある程度部品を在庫しなくてはいけませんから。そのリスクを無視して、安く売るだけの代理店はたいてい修理がまともにできませんね......。

    by黒川鍵司 at2010-02-16 20:51

  11. こんばんは。
    真空管アンプがイマイチ安定しないFCAです。
    例の2台のアンプ用真空管は点検~交換に出しました。
    NOS球は色々と…起こりますわ。

    まぁでも今使っている真空管アンプは何れもキットだから改造は自己責任でやれますし、サポートもしっかりしているからその点は安心です。
    SPは…Animaは先日修理したばっかりでスキャンテックの対応は早かったですね~。
    我が愛機中、何かあった時のサポートが一番心配なのはKEFかも。
    ここは修理とか張替えに関してあまり良い噂を聞きません。

    byFCA at2010-02-16 23:31

  12.  NOSというだけでありがたがる向きもあるようですが、設計者の意図を超えた時間を経過しているものが平然と存在するということから、トラブルはつき物と考えたほうがよいような気がします。

     Animaは、あのヨアヒム・ゲルハルトのスピーカーがそんなに脆弱であるわけがないだろうという驚きと、スキャンテックさんの即応とでもいうべきスピードと驚きの連続でしたね。

     KEFについてなのですが、以前使っていたとき、サランネットのとめ具が壊れて購入したい旨をメールしたら、無料で送られてきたということがありました。なので、個人的にはあまり悪いイメージはないのですが、修理はどうなのでしょうかね。

    by黒川鍵司 at2010-02-17 21:46

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする