黒川鍵司
黒川鍵司
 虚空を見つめる視線。 ■フェイヴァリットアルバム ・Mick Karn「Dreams Of Reason Produce Monsters」 ・Manuel Gottsching「E2-E…

マイルーム

引きこもり部屋
引きこもり部屋
借家(マンション) / その他 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 こういう機器で聴いています。 ■機器類一覧 ・LINN IKEMI(CDプレイヤー) ・LINN MAJIK DS(ネットワークプレイヤー) ・Wadia Digital…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り製品

日記

『海の百合』朗読・パフォーマンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年06月19日

 たまには、直接、オーディオに関連しないことを書くのも悪くはないだろう。

 中学生の頃から「夜想」という雑誌を読んでいる。この雑誌、一度は休刊となった。特殊な方向性の雑誌だし、それも仕方ないと思っていたのだが、復刊をとげた。そのあたりの事情と自分との関係はここで書いたとおりだが、加えて、今は直営のギャラリーまで擁している。

 このギャラリーができてからは、それなりに通わせていただいている。オープニングパーティなどにも参加させていただいている関係で、畏れ多くも、様々な作家さんたちとも知り合う機会を与えてもらったりしている。その雲上人たちの中でも、「夜想」編集長 今野裕一氏は別格で、話しかけていただくと、どうにも緊張してしまう。

 その今野氏から、イベントの手伝いをしないかと誘われたら、二つ返事で引き受ける以外の選択肢は、私にはなかった。しかし、その手伝いにはひとつ条件があったのだ……。

 手伝うイベントは声優 石野竜三氏の朗読・パフォーマンス。スタッフという特権を得た私は、リハーサルにも参加できた。プロの声優のマイクなしの朗読。位置、向き、それによって変化する響き。まるで測ったようにトータルな時間は変わらないが、その中で意図的に揺らされるテンポ。そんなところに注意が向くのはオーディオ愛好家の悪癖か。加えて、3時間以上、その通る声を保って、一定の声量を保って稽古を続ける石野氏の姿を目の当たりにして、声のプロとはこういうものか……と思わされることしきりだった。

 で、手伝いの内容というのは舞台装置の操作、いわば黒子だ。それほど難しいものではないが、タイミングがちとシビアだった(なお、実際の様子は、このコミュニティのsiroさんが、レポートしてくださっています)。

 そうそう、前述の手伝いの条件だが、こういうことだ。


 四十目前にして、こういうことをするとは思わなかったが、これも何かの可能性を見出してもらえたということと考えたい。いや、もちろんそっちの趣味はないのだが……。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 黒川鍵司さん 初めまして。

    口に含んでいた飲み物を少し吹きました。
    黒川さんのサービス精神にひれ伏すのみです。
    雰囲気がありますNE

    byエルタ at2012-06-20 18:41

  2. 先生、今晩は!

    アグレッシヴな生活を追求されているようで何よりです。

    「夜想」ですか。。。
    小生はそのような世界とは無縁だったお陰で、立派なボンクラに成長致しました。当時、近くには「それ系」の本屋も無し。仮にあったとしても、自身のアンテナに引っかかりはしなかったでしょう。
    先生と小生を分けるものはそこですね。。。多分。
    (「ムー」は読んでたんですけど。笑)

    それと先生、写真で拝見するに〜ちょっとお痩せになりましたか?
    心持ち斜めアングルの効果ですかね。(笑)

    byウラキンスカイウォーカー at2012-06-20 22:42

  3. 黒川さん、こんばんは。

    スタッフとしてとは言え、ここまでされるとは!
    見事な変身ぶり、感服いたしました。

    まあ、そこまでとは行かなくても、誰しも変身願望はあるモノなのでしょうけれど。
    揃いのユニフォームに身を包むことで、アミューズメントスペースにゲストを迎えるキャストも似たような気分を味わっているようにも思いますね。

    私の地元だと盆踊り(阿波踊りとも言いますが)の時など、町全体が浮かれるような気分に支配されたりもします。
    私も昔は高張り提灯を持って先頭で踊ったことがあったりしますけれどf^_^;

    うーん、最初から見当違いな方向に話が脱線していますねぇ(・・。)ゞ

    byfuku at2012-06-20 23:05

  4. >エルタさん
     はじめまして。笑っていただけたのなら幸いです。吹きだされた飲み物についてはお返しできませんが、いつかお会いしたらコーヒーのいっぱいでもご馳走させてください。


    >ウラキン師
     まあ、アグレッシブと申しますか、好きになってるだけといいますか、人生を楽しませていただいております。

     私も、あの本を書店で手に取らなければ、このような人生は、少なくとも39で女装するようなことはなかったでしょうね(笑)。

     あ、そうなんですよ。このお話が決まってから3kgほど体重を落したんですよ。筋肉も少し落したんですが、やっぱり女性に比べるとごついままでした。


    >fukuさん
     いやぁ、やりたくてやったわけではないのですが、今野さんに言われたらやらざるをえませんで。加えて、メークを以来させていただいた方が、とてもがんばってくださいまして。こうなりました。

     衣装は自腹だったのですが、今はネット通販で男性サイズの女性服も買えるんですねぇ。凄い時代ですわ。

    by黒川鍵司 at2012-06-21 00:44

  5.  はじめまして。こんな記事で申し訳ないです。

     女性用のものという話もあって貸していただいたりもしたのですが、肩と胸が入らないんですよ。「細く見えても、やっぱり骨格が違うんだねぇ」と感心されることしきりでした(笑)。ちなみにおいら、71kgありますので、細くはないんですけどね。

     服とウィッグも褒めていただきありがとうございます。果たして、このあたりがオーディオに生かされているかどうか……。確かに女性的で若作りなおとかなぁとは思いますが、どうでしょうね。

    by黒川鍵司 at2012-06-21 20:24

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする