シェルティーのパパ
シェルティーのパパ
東京都内在住の定年オヤジです。 ●主にクラシック音楽を聴くオーディオ・ファンですが、「マニア」の領域には達していません。 ●思い切ってB&W「802D3」を導入したのですが、25年間聴いたスピー…

マイルーム

オーディオ&リビングルーム
オーディオ&リビングルーム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / ホームシアタールーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~120型 / ~5.1ch
10年ほど前、リビングをオーディオ(&シアター)ルームに改装しました。簡易防音も施したので、結構大きい音を出しています。B&W802D3を導入した後、様々検討の結果、ACCUPHASEのアンプとSAC…
所有製品
  • Blu-ray Discレコーダー
    PANASONIC DMR-BW690
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    DENON DCD-SA10
  • プラズマテレビ/ディスプレイ
  • 液晶プロジェクター
    MITSUBISHI(三菱電機) LVP-HC5000
  • スクリーン
    KIKUCHI SE-120HDPG

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

「クラシック音楽同好会」のご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月31日

久しぶりの日記ですが、今回は趣を変えて、標記の同好会をご紹介しますので、ご興味のある方からメッセージやコメントなどを頂ければ幸いです。

●当サイトをご覧の方にはクラシック音楽を好まれる方も多いと思いますが、私が参加している「クラシック音楽同好会」は、昨年10月、月例会の開催が通算150回目を迎え、誕生から満15年が経過しました。
●シニア層を中心に活動しているNPO法人の傘下に入ってはいますが、年齢は問わず、老若男女どなたでも参加頂けます。
●活動は、音楽評論家の幸松肇氏(元・東芝EMIプロデューサー)を講師に迎えた「講座コンサート」(CD等の再生による名曲・名演の鑑賞会)を中心とし、これは原則として、毎月第3火曜日の18:00から開催しています。

●開催場所は、クボテック株式会社の東京営業所スタジオ(秋葉原駅 昭和通口から徒歩5分)で、同社の「HANIWA」ブランドの新鋭オーディオ機器で音楽が再生されます。
秋葉原ですから、オーディオショップなどを覗いてからの参加も楽しいのではないでしょうか。

●講座参加費と資料代等の実費として、当日に¥1,000が徴収されますが、講座終了後は会食(有志・実費)があり、講師を囲んで皆さん和気あいあい・ワイン片手の楽しいひとときです。

●毎回、講師ならではの選曲やテーマには趣向が凝らされバラエティーに富んでいます。
チェリビダッケ指揮/ミュンヘン・フィルのブルックナーの9番を全曲聴いたり、それまで知らなかった曲に目覚めたり、知っている曲に新たな発見があったり等々、興味は尽きません。
なお、次回は2月20日(火)開催で、テーマは「黎明期における日本の室内楽 鈴木クワルテットの遺産」とのことです。

●その他、この同好会ではコンサートやリサイタルなどの優待チケットの斡旋もありますが、ミニコンサートの開催や合奏グループの立ち上げなど新しいイベントも視野に入っているようです。

詳しくはリンク先をご覧下さい。
https://www.shingeneki.com/group/details/39

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. シェルティーのパパさん、こんばんは。

    以前お伺いした時にご紹介いただいた会ですね。
    かなりのクラシック通の方が参加されていそうですね。
    私はクラシック音楽歴は長いのですが、最近は広く浅くですので、ちょっと気後れしております。(^^;)

    せめて、GRFさん、ベルウッドさん、パグ太郎さん、くらいの音楽の知識があれば、楽しいだろうなと思っています。

    シェルティーのパパさんのお好きなデュトワ指揮のモントリオールはいいですよね。最近良く聴いております。

    byHarubaru at2018-02-02 20:50

  2. Harubaru さん

    レスありがとうございます。
    「気後れ」、「かなりのクラシック通の方が参加」とのご心配は全くご無用です。
    私自身、クラシックは「ライト・リスナー」ですし、皆さん、ただただ一緒にクラシック音楽を聴くこと、浸ることが愉しいと思っている方ばかりです。
    高尚な音楽論や演奏論をブツような人はおらず、とても和やかです。

    Harubaruさんほか、この日記をご覧の方は是非参加をご検討ください。
    (PS)
    昨年は、講師推奨のデュトワ指揮/モントリオール響(DECCA)のCDも何度か再生されました。(元・東芝EMIの方ですが、講師もデュトワ指揮/モントリオール響の録音は大変好まれているようです)

    byシェルティーのパパ at2018-02-02 21:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする