シェルティーのパパ
シェルティーのパパ
東京都内在住の定年オヤジです。 ●主にクラシック音楽を聴くオーディオ・ファンですが、「マニア」の領域には達していません。 ●思い切ってB&W「802D3」を導入したのですが、25年間聴いたスピー…

マイルーム

オーディオ&リビングルーム
オーディオ&リビングルーム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / ホームシアタールーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~120型 / ~5.1ch
12年ほど前、リビングをオーディオ(&シアター)ルームに改装しました。簡易防音も施したので、結構大きい音を出しています。B&W802D3を導入した後、様々検討の結果、ACCUPHASEのアンプとSAC…
所有製品
  • DAコンバーター
    SOULNOTE D-2
  • Blu-ray Discレコーダー
    PANASONIC DMR-BW690
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    DENON DCD-SA10
  • プラズマテレビ/ディスプレイ
  • 液晶プロジェクター
    MITSUBISHI(三菱電機) LVP-HC5000

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

(敢行!)「CDリッピングファイルの再生音」と「元CD盤の再生音」の比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月29日

私が「PCオーディオ」に嵌まって満5年ほどになりましたが、
皆さんの日記にも度々登場した「INTONA社(独)USBアイソレータ(7054-X)」を自宅試聴したので、その関連で、以下のとおり日記を書きます。
コメント(辛口歓迎)など頂戴できれば幸いです。

なお、USBアイソレータとしては、「MUTEC MC-3+USB」にも興味大ですので、
この製品関連のコメントも頂戴できれば幸いです。

以下は、要約版ですので、詳しくは、拙ブログをお読み下さい。

●この5年間に次の変遷がありました。
・DACの変遷:
TEAC「UD-301」→ AccuphaseのCDP(「DP-560」)をUSB・DACとして使用 → SOULNOTE「D-2」(現)。    
・USBケーブルへの拘り:
アコースティックリヴァイブの信号・電源分離型「USB-1.0SPS」を採用。
・専用ノートPC関連:
メモリ増設(倍増)、HDDのSSD換装、Windows10の「(再)クリーンインストール」、電源設定等の見直し。
・再生ソフトの変遷:
「FOOBAR2000」、「AUDIOGATE」、「JPLAY」、「JPLAY・FEMTO」(現)

●(不満・課題)
以上の他にも細かい手直しを続けてきましたが、「CDのリッピング音源」については、次の不満・課題を抱えています。
・PCオーディオの再生音質は、(私なりの厳密な聴き比べでは)、元CD盤の再生音質に(僅かながら)劣る。(これを何とかしたい!)

●(経緯・背景)
<略>

●(標記「USBアイソレータ」試聴までの経緯)
・先日、友人宅のPCオーディオシステムで、持参したCDリッピング音源を聴かせて頂きました。
・これが、素晴らしく良いのです。
驚愕したのは、私が持参した「CDリッピング音源」と持参した「その元CD盤」の比較試聴でした。
その結果は、(私の耳では)、互角どころか、何と、「CDリッピング音源」に軍配が上がったのです。
これは、上記の私の認識とは真逆です。
従前の経験からして、上記の軍配は「そんなハズはないだろう」と思いましたし、自分の耳に然程自信があるわけではありません。

・最大の注目は、その接続の中間に、「USBアイソレータ」(JCATブランド)が介在していることでした。
それは私には初見の製品で、ネットで調べたところ、「JCAT」は、現在世界中で高評価の再生ソフト「JPLAY・FEMTO」(ポーランド発のソフトで、私も愛用)の製品系のブランドでした。
実のところ、JCATのUSBアイソレータは、標記INTONA社(独)からOEM供給を受けている由で、JCAT品とINTONA品の回路・基板等は全く同一。
<以下詳細は拙ブログご参照>

●そんな訳で、標記アイソレータを国内指定店様から貸し出して頂いた次第です。

早速、ウチの専用ノートPCとDACの間にコレを挟み込みましたが、DAC(Device)との接続は、敢えてUSBケーブルは避けて、画像のようなA端子(オス)・B端子(オス)のアダプター(手持ち)を用いてDACに「直付け」としました。
(ケーブル2本接続との聴き比べもしましたが、「直付け」が好印象)


●(敢行!「CDリッピングファイルの再生音」と「元CD盤の再生音」の瞬時切り替え比較)
上記のUSBアイソレータのセッティングもできたので、早速、標記比較を敢行しました。
・今回の比較に使った元CD盤:
「フレーニ/ヴェルディ&プッチーニ:オペラ・アリア集 」


<比較試聴の詳細は、拙ブログご参照>

●比較試聴の結果:
詳細は、拙ブログをご参照願いたいですが、
従前は、PCオーディオの再生をした直後に、その元CD盤を再生すると、「ヤッパリ、CD盤の再生音はイイなー。こっちが一枚上手だな・・・」と感じていましたが、今回はそれが殆ど無かった印象です。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする