TON2
TON2
オーディオ全盛時、長岡教から始めてカレコレ40年弱。今は改宗してのんびりやってます。

マイルーム

お気楽まったりオーディオルーム
お気楽まったりオーディオルーム
借家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
10年ほど弄ってなかったシステムを、ここ2年ほどでスピーカー、アンプ、FMチューナー、フォノイコ、CDプレーヤーを相次いで買い換えました。全部中古です。 今一番のお気に入りフォノイコ「SUTHERL…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

日記

SIN-KAI MS227C   SPケーブル交換

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月15日

もろこしさん、Orisukeさんのレビューを読んで、安くて良さそうだなぁと思って2ヶ月ほど前に購入し、交換して聞いています。

前に使っていたのは、CARDAS Crosslink 1Sというやつ。
販売店の人に「高くなくて良いのない?」と言ったら出してきてくれたもの。
大して不満もなく使ってきましたが、10年ほどになるのでそろそろ替えてみようか、と思っていた時、そのレビューを見て4M分 即買いしました。

構造は写真入りで詳しくレビューして頂いているので割愛。

矢印と反対方向で接続。アンプ側はYラグ、SP側は被覆を長く剥いてジャンパーケーブル兼用で接続して、さぁ試聴。

最初は高域キツくてボリューム2、3段 落とさないと聴けなかった。これは失敗、すぐ戻そうと思ったけど、面倒なのでもう少し待つことにしました。それにレビューにも時間が経てば変わるような記述があったし。

その後2、3日で慣れもあるのか少しボリューム上げられるようになって、ひと月も経たないうちに落ち着きました。

傾向としては前のと似ているのですが、個々の楽器の分離も良くなり、明瞭です。特にチェロやコントラバスなどの低い方の楽器が良くなったように感じました。

僕のシステムと耳では、3次元的な空間や前のに比較して圧巻の違いまでは感じませんが、コスト(ネットで¥2,700/M)を考えると優秀なんじゃないでしょうか。
今では、逆にボリュームを2、3段上げて聞いています。

時間が経てば更に良くなるんでしょうか?

良い出会いでした。もろこしさんとOrisukeさんのレビューに感謝です。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. TON2さん

    初めまして、もろこしです。

    良い出会いと感じていただいて、嬉しく思っています。
    もう少し聴いていただいて、本当に気に入っていただけましたら、ピエガをお持ちですのでもう一組追加し、バイワイヤで聴かれたらいかがでしょうか。低域との分離で、空間表現が拡がると考えられます。

    あと、ゲオルグさんも試されていますが、電源ケーブルに使うと重心が下がる傾向にあるようです。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/4053/20161030/53387/

    ご参考まで。

    byもろこし at2016-11-16 00:23

  2. おはようございます

    >特にチェロやコントラバスなどの低い方の楽器が良くなったように感じました。

    電源ケーブルも同様の傾向がみられますね。ただし組み合わせるプラグによるところもあるかもしれないのですが。。。
    先日ご紹介いただいたクリス・シーリーでいうと、彼のマンドリンの音色は若干マイルドになり、ベースは張り出す傾向にあるのかな~というところです。この傾向は電源ケーブルのほうが顕著ですね。ご参考まで。

    byゲオルグ at2016-11-16 04:00

  3. もろこしさん、初めまして。
    レスありがとうございます。

    お二人のレビューがなければ手を出すことはありませんでした。ありがとうございます。

    バイワイヤリングで更に良くなるでしょうか?
    次のステップとして考えてみます。

    byTON2 at2016-11-16 21:24

  4. ゲオルグさん、レスありがとうございます。

    電源ケーブルへの流用されている記事も読ませて頂きましたが、メーカーの警告欄に「電源ケーブルには使用しないでください。発火する恐れがあります。」と書かれているので、怖くて手を出していませんでした。

    まぁ、キチンと作っていれば、滅多なことは起きないのはわかってはいるんです。
    一応、ずいぶん前に、長岡流キャブタイヤ電源ケーブルは作っており、何の問題も発生していないので。
     と言っても今は全然使わず、押入れの肥やしになっていますが。

    クリス・シーリーの音色が変わるのであれば、その部品使って、小電力の機器用からでも始めてみようかな。

    byTON2 at2016-11-16 21:49

  5. 私のシステム(下記参照ください)ではバイワイヤにした結果、さらに各楽器の定位が明確になり、音楽の躍動感も増したように感じました。

    http://community.phileweb.com/mypage/review/133/4290/

    私のスピーカーはTON2さんのCoax 30.2と似た構成で、高域とミッドハイの2つのユニットが平面型となるインフィニティ社のRenaissance 90を使っていて、音場表現が得意なタイプです。再生帯域も27Hz~42KHz±3dBと当時としては非常に広いものでした。(今はムラタのスーパーツイーターで高域をさらに伸ばしています。)このスピーカーの特性を生かしてくれるケーブルのようです。

    byもろこし at2016-11-16 23:52

  6. もろこしさん、再レスありがとうございます。

    参考にさせていただき、これからのんびりとやっていこうと思います。

      ただ、うちのSP、中高域同軸のリボンなんですが、聞いているとどうも空間表現とかがあまり得意でないようにも思えてきました。

      販売店で最近、上位機種Coax90.2を鳴らしているのも偶然聞いたんですが、ボーカルがSPにへばりついているようで幻滅しました。(販売店の設置方法にも問題あり?)

      こちらの能力不足なのか、設置方法や、他のシステムの影響なのか、その他、総合的に考えていかなければなりません。
    一応、以前SPを自作していた時は、教会録音のLPの高さや奥行きは感じていたので、そっちの方は大丈夫だと思うんですが、耳鳴りもする年齢ですので鈍くなったのかもしれず。
    まぁ、空間表現については、これからの使いこなしの宿題として行きます。

    アドバイスありがとうございます。

    byTON2 at2016-11-17 10:25

  7. TON2さん

    こんにちは

    拙文がお役に立っているようでしたら、嬉しいです。
    SIN-KAIは、とにかく面白いケーブルで、ケーブルの構造と音の関係について色々考えさせられます。

    お使いのPiega、私自身は聴いたことがないので何とも言えないのですが、もともと音場感と音像定位の両立を狙った作りですよね。お使いのアンプも音場感を重視されたタイプに思われます。この構成で中域の音場感が不足しているのであれば、SIN-KAIの個性とPiegaの個性がぶつかっている可能性もあります。確証はないですが、試しにバイワイヤリングで高域・低域で異なったワイヤを使ってみるのも良いかなと思いました。

    例えば、低域側に伸びの良いMS227-C、中高域側にバランスの良いSAEC SPC-850あたりが現行の同価格帯で思いつくところです。あと、スピーカーの足下に30mm厚位の集成材を入れて金属フットをガッチリ食い込ませ、ユニットの動作支点を明確にするのも我が家では定番のお手軽チューニングで、中域の活性化に良く効きます。ご参考まで。

    byOrisuke at2016-11-17 16:45

  8. Orisukeさん、レスありがとうございます。

    このコミュを見て、知らない物や情報の記事を読んでいろいろ教えて頂いています。
    世に出ているものの全てを一人で体験することはできないので、皆さんの記事は参考になります。

    電線病はとっくの昔に卒業してしまったので、いろいろなケーブルを試すつもりはありませんでしたが、皆さんの評価が良かったので買ってみました。
    経年変化もあるんでしょうか、聴き比べるとこっちのほうが良かったので戻さずに使っています。
    電線病を克服しましたので、正直バイワイヤリングへのステップはずっと先になりそうです。
    さらに、クリニックまでしていただきましてありがとうございます。
    自宅の床は、全面にカーペット直付けなもので、板状のものを置いた上にSPを置くと浮島状態になり危険なのでできません。
    スパイクは、カーペットに食い込んでおります。
    前の家で使っていたSPボードの1枚は、体重計置き台となっている始末です。

    申し訳ありません。

    byTON2 at2016-11-17 22:46

  9. ご無沙汰しています。

    ピエガのCoax 120.2を会社の先輩が中古購入し、JFSoundsのケーブルをバイワイヤで使われており、その音を聴いてきましたが、音場感は十分ありました。

    スピーカーの足元を固めることがポイントとご本人は言っていました。
    B&W802Dを持っている別の先輩の所でも足元のセッティングで音場、音像含め、大きく改善されたのを経験しています。

    どちらも3点または4点のインシュレーターを使用しています。

    ご参考まで。

    byもろこし at2017-02-19 23:34

  10. もろこしさん、こちらこそご無沙汰しております。
    覚えて頂いていて恐縮です。

    それなのに、教えて頂いたバイワイヤリングやセッティングを未だ実現できず、今は専ら、レコードの洗浄とヤフオクに明け暮れています。

    情報やアドバイスありがとうございます。参考にさせて頂きます。今は仕事やなんかでちょっとバタバタしていますが、また、日を見つけて、のんびりやって行こうと思います。

    byTON2 at2017-02-20 23:18

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする