TON2
TON2
オーディオ全盛時、長岡教から始めてカレコレ40年弱。今は改宗してのんびりやってます。

マイルーム

お気楽まったりオーディオルーム
お気楽まったりオーディオルーム
借家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
10年ほど弄ってなかったシステムを、ここ2年ほどでスピーカー、アンプ、FMチューナー、フォノイコ、CDプレーヤーを相次いで買い換えました。全部中古です。 今一番のお気に入りフォノイコ「SUTHERL…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

日記

外周スタビライザーの製作

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月26日

暑い中失礼致します。

長い間レコードの反りに悩まされていました。昔トリオが外周スタビライザーを発売していましたが、グダグダしているうちに買いそびれてしまい、最近になってヤフオクで探しましたが、如何せん高すぎて買う気になれません。

素人が自分でカットや研磨してできるものではないので、諦めかけていた時、ネットで金属のレーザーカットをするホームページを見つけて、これを利用すれば、私でも作れるのではないかと思ってトライしました。

構造的にはこんな感じ(下図)。3枚の金属を両面テープで貼り合わせるだけ。

斜線部の断面になる様に金属をカットしてもらいました。
1番上が1ミリ厚、2番目が3ミリ厚、一番下が2ミリ厚。

材料は、カットしてもらうショップで扱っている磁性体でない金属ではステンレスとアルミ。比重の重いステンレスにしました。真鍮もあったんですが、1000×300が原寸なのでわずかに無理でした。ステンレス(SUS)も400番台は磁性があるので、比較的安価で磁性のない304と316にしました。

上の2枚が1回目のショップ(316)、下が2回目(304)

実は1回目のショップでは、SUS316で2枚合わせとして上も下も1番薄い3ミリ厚で作ったんですが、針先とカートリッジのボディまでの高さがスタビライザーの厚みより低くて、外周部が再生できなく、あえなく失敗。

そこで、もっと薄いものはないかと探して、2回目のショップで、SUS304の1ミリ厚があったので1番上は1ミリ厚、1番下を2ミリ厚として、2枚注文しました。

私の持っているカートリッジでは、ヤマハMC4、サテンM18E、ソニーXL44は1ミリ厚でもダメですが、DENON DL103M、ライラ クレオス、ヤマハMC9はクリアします。
同じヤマハでも良し悪しがあるのはダンパーのヘタリのせいでしょうか?
まぁ、針圧を落とせば可能なものもありますが、・ ・ ・ 。

さらに、取り付け用のゲージを製作。ホームセンターで「発泡PPシート2ミリ厚」を買って丸く切ってセンタースピンドルの穴を開けただけ。

最初、スタビライザーをレーザーカットしてもらった内周の残りを安く買えるかとショップに掛け合いましたが、拒否されたので仕方なく安く加工しやすい材料で作りました。ボール紙でも何でも良いと思います。

貼り合わせたのは、薄手の両面テープ。さすがに金属のカットは正確無比にはいかなくて、微妙に寸法が違いますので、慎重に貼り合わせます。後はよーく押し付けて出来上がり。あまり力掛けすぎると曲がってしまうのでご用心。
重量は、268.5gでした。300gぐらいと思っていましたが少し足りないです。

さて、材料ができたのでセットしてみます。
まずは、レコードの上にゲージを置き、

その周囲にスタビライザーをセット。

中のゲージを外して、

あとは、各位のルーチンを実施後、レコードをかけるだけ。
こんな反ったレコードも

落ち着きました。少し軽くても大丈夫なようです。

反りによるビリつきがなくなったレコードもありますし、落ち着いた印象になったレコードもあります。
一番の効果は、私自身の精神衛生的なものですね。

費用は、1回目が¥12,000弱、2回目が¥8,500弱(送料込み)。PPシートは¥4〜500程度です。
2回目の店で上1ミリ厚、下6ミリ厚くらいの2枚構造にしたら、全部で1万円ちょっとで済みそうな感じです。

なお、どんなプレーヤーでも、どんなカートリッジでも使えるわけではないので、寸法等詳細は記載いたしません。

興味のある方は連絡くだされば、ご返信致します。

長々と失礼しました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 外周スタビライザーを自作されるとは凄いですね。昔トリオが製品化していたとは知りませんでした。

    私はVPI Industries の Stainless Steel Outer Periphery Ring を使っています。我が家では外周スタビライザーを付けると音像定位が明確で高くなり、より立体的な音となります。

    bymyu at2017-07-26 14:30

  2. myuさん、レスありがとうございます。

    TRIOが作っていたのは、1980年ごろではないでしょうか?

    自作すると言っても、注文して出来たのを貼り合わせるだけなんで、大きな声で「自作」と言えるほどでもありません。

    それより、、、、海外メーカーには、これ作ってるところがあったんですねー。ブログ拝見して初めて知りました。VPIですかー。日本未発売ですね。$999の値がついているサイトがありました。2kgもあるんですね。

    もうちょっと調べると、クリアオーディオにもありますね。こちらは日本発売されているようですね。1.5kg、定価16万円になっていました。
    探せばあったんですねー。でもどちらも手が届かないんで、知っていてもやっぱり自作していたでしょう。

    怖くて、あまり重くしなかったんですが、これを見ればもっと重くても大丈夫というのがわかりました。よしっ、もっと重くしてやろう!

    byTON2 at2017-07-26 17:45

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする