TON2
TON2
オーディオ全盛時、長岡教から始めてカレコレ40年強。今は改宗してのんびりやってます。

マイルーム

お気楽まったりオーディオルーム
お気楽まったりオーディオルーム
借家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2020年6月某日 このGWに機器の配置を縦配置から横配置に変更後、 Accordo、SG2.1J with C、PRA-2000、STA-9、CDT-8を相次いで導入し、 アナログ機器用(…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

日記

3本目のアームを設置

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月09日

コロナも少し落ち着き、普段の生活に戻っている方が多いと思いますが、皆様如何お過ごしでしょうか?
私は、少し前より散財期間に入っておりまして、落ち着きのない毎日です。

さて、今回もアナログネタで。

只今、自作LPプレーヤー(自称Linear)には、Fidelix とA.クラフトの2本立てに、各々Lyra DELOS、サテン M18Eを取り付けて楽しんでいるのですが、これにもう1本アームを追加し、FR-1mk2改を常設しました。

アームは同じメーカーのFR64S(二、三十年前に中古で手に入れた物)、ケーブルも付属のものと思ったら、ノイズが酷いので、A.クラフトに使っているカルダスフォノボックス+モガミ2803と交換したら、何故かどちらも何の問題もなくなってしまった。

むしろ問題となるのは、アームベースの方。
今の2本はマイクロのアームベースを利用して作ったのですが、今度は別の方法はないものか。

Krynaとか良さそうなんですけど高いし、ネットで安いアームベースはないか?と探していて引っかかったのが、埼玉の海苔屋さんが作ったアームベース。
「パルテノン」っていう名前。

格好も中々良いし、重厚そうだし。アクリル製の支柱ですが、天板も厚いし、底板もアルミか何かの金属だろうし、重量はしっかりあるでしょう、と勝手に思い込んでポチッと購入。


(FRのアームベースをつけてしまっていた)

2日後に到着、判取りして手に持ってみると、予想以上に軽い。
あれっ、ヤッチャッタか?
急いで開封してみると、三角天板(FR用穴付)はMDFのボードを化粧したものか?軽い。(訂正バーチ材の様です)
おまけに底板は、支柱と同じアクリル製。
スリットとネジが入っていて、何処かに固定するのだそうだ。
どこにも金属のような重みはなく、指先だけで楽々持てる重さ。
ん〜、やはり支柱を鉄製にしなければ重さが出ないのか〜、失敗。

天板も底板も金属製だと思い込んでいたー、クソー。

でも今更返す気もない、なんとか使いましょう。
ということで、ベースの上に鉛のインゴットを2個置いて、設置位置を決定。

のびーさんのAnalogMagic?の様な極めて正確な設置や使い熟しは、横着な私には到底無理なんで付属しているテンプレートのみです。


ラックの天板だけでは奥行きが浅すぎて設置できないのでSPベースとして昔買ったボードを追加して3本目設置。


ん〜、ちょっと微妙にゴージャスな貧乏人的成金趣味。

FR-1mk2にはOIKシェルリード装着。


早速試聴。
何気なくラックから取り出したレコードは季節外れの「ノートル・ダム・ド・パリのクリスマスイブ」 だった。

季節物は滅多に聞かないのでどんなのか忘れてしまいました。

ノートル・ダムっていうからやっぱり教会で録音されたものなんでしょうね。

再生してみると、なんとすごいホールエコー、器が大きいので奥行きや高さ 距離があるので波の様。プチプチノイズは多いけれど、オルガンやブラスもしっかり主張して来るし。
これは再生が難しい。



FR-1mk2改+FR64S+パルテノンベース+Leggieroでは中々のものですが、もっと奥行きや高さがあっても良いんじゃないかと思わせる。もう少し音量を上げたらもっと力も出て来そうですが、この日は同居人も居るのであまり上げられなかった。
このアームベース、心配するほどでもなかった。

M18E+AC3000(4000)+DSM付属EQでも同じ様な傾向。少し暗くなった印象。厚みが出て来たかな。

DELOS+0SideForce+PH3Dが、コーラスの声は一番自分好み。でもあまり奥行きや高さが出てこない。

番外でSG2.1J+KLEOS+PRA2000EQ部で聴いてみると、雰囲気はやっぱりこれが一番。私の駄耳には情報量が多すぎて整理できないけど。
コーラスの厚み、オルガンも良い。

探してみるとこのディスク、 AmazonHDにも見つかったのでストリーミングで聴いてみると、レコードよりノイズも少なく聴きやすい。レコードよりサッパリとしてこちらの方が再生しやすい感じに聴こえました。
環境が有る方は是非一聴してみて下さい。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. TON2さん

    海苔屋さんのアームベースは私も注目してました。
    底板を何かで補強すれば更に良くなりそうです。店主の方は長岡教徒のようですし。

    FR64Sのアンチスケーティングは、設計が間違っていて設定値の半分以下で良いと池田氏が言っていたらしいです。ウチではその言葉を信じて使っていますが、今度AnalogMagikで調べてみます。

    成り行きで詰め詰めアナログをやってますが、まったりのんびりも良いですね。

    byのびー at2020-06-10 07:39

  2. のびーさん、レスありがとうございます。

    引き合いに出してすみませんでした、「うゎーそんなのあるんダァー、すごいなぁ」と、感心したんですが、どうも自分には使いこなせないだろう、って思ってしまって。

    ”海苔屋さん”既にご存知だったんでしたか。
    そうですね、底板はアルミなど入手できそうな金属で補強してみます。

    アンチスケーティングのことは知りませんでした、情報ありがとうございます。元々どのアームも手を放しても流れない程度で使ってるので半分くらいになっていますが、お調べ頂けると幸甚です。

    まったりのんびり、は聞こえが良いですが、私の実状はイイカゲンで横着です。(末子の性格そのままです)

    byTON2 at2020-06-10 09:12

  3. TON2さん おはようございます。

    海苔屋さんのアームベース海苔で出来てたのではないのですね
    netでの買い物思い違いが多いですよね。

    私もレコードなどオークション購入で痛い目にあってます

    FR-1mk2ヌードで悩ましい感じですね~。
    でも天井部は削ってないようで、音の感じはどうでしょうか

    byいなかのクラング at2020-06-10 09:38

  4. いなかのクラングさん、レスありがとうございます。

    ハッハッハッ、黒いので似ていますが、さすがに海苔ではできていません。
    三角天板に材質の表示がなかったので、てっきりアルミかなんかだと思い込んでいました。
    慌てず、しっかり調べないといけませんね。ある意味勉強になりました。

    FR-1mk2改
    男性雑誌のヌードの悩ましさと訳が違いますが、今はハムもノイズも拾っていないので悩ましさはありません。
    三年ほど前日記にしたのですが、天井部(シェルとの接点)も削っています。今はハンダ付けはせず、OIKシェルリードでつないでいます。

    フィデリックスのHP(技術情報>オーディオアンプにおけるノイズの話)に掲載されている方法で改造しました。
    クラングさんも常設されている様ですね、こちらはなかなか良い感じで気に入っています。

    byTON2 at2020-06-10 11:39

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする