燻製一年目
燻製一年目
7-80年代ブラックミュージックと最近のベースミュージック、アニソンが大好きです!最近はクラシックや現代音楽、最近のジャズ、昭和歌謡もストライクゾーンが広くなってきました。 ヘッドホンで8年近く…

マイルーム

ホームシアターでのピュアへの挑戦
ホームシアターでのピュアへの挑戦
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
極力AV系での様々な音質的なデメリットを抑えつつ、ピュア2chでの音質追求を進めていこうと思ってます。 そしてビジュアルは副次的なおまけと位置付け、あくまで息抜き、楽しみながら少しづつ改善してい…
所有製品
  • オーディオボード
    KRIPTON AB-3200
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC P-03
  • 電源機器
  • 音場調整材
    日東紡音響エンジニアリング SYLVAN
  • 音場調整材
    日東紡音響エンジニアリング ANKH-II

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

DALIの兄貴に会いに行く。一年ぶりのHermitageさん邸へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月16日

副題:今年の兄貴は鮮烈・強烈・圧倒的ぃぃいぃいぃいぃっ!


こんばんわ、燻製一年目です。
2月のオフ会はHermitageさん邸に伺いました^^v

きっかけは私がシアターを導入する際に
Hermitageさんから「それならスクリーンいりますか?」という
ありがたい申し出から始まりました。

今回の訪問では、有難くもそのスクリーンを頂戴に上がる際
折角なのでシステムの方も視聴したいお願いを受け入れて頂きまして
去年2月以来の、殆ど1年ぶりのオフ会となりました。

1年ぶりではあるのですが、久々という気がしなかったのは
去年の9月にファイルウェブミーティングにてお会いして
お酒の席も隣だった事が大きかったかもしれません。

相変わらずのスマート紳士なHermitageさんに安堵を覚えつつ
サウンドの方を聴かせて頂きましたが、こちらは強烈な視聴会となりました(笑)

一年前はテレビの裏側に音像が定位するという不思議な体験と
一つ一つの音がとても淡く静かで、音色の儚さにいじらしく
思わず手を伸ばしてしまう、まるで恋の心情描写をしているかのような音色でした。

それが今回訪問してみると・・・なんと!!
「少女だったといつの日か思う時がくるのさ~」というような
夢と現実に折り合いをつけた、したたかで堅実な大人の女性のような
サウンドへと変貌をしていたのです!

微粒子のようなミストで構成された音像は芯のあるハッキリした音像へと変わり
ハッキリしながらも音像の周りには余韻が気持ちよく広がって
まるで雫が水面に落ちるような、その光景を蟻ほどの大きさの自分が見ているような
細やかにダイナミックに、スケールの大きい音がしておりました。

低域についても前回に比べSPが壁から離れたようで
以前はローエンドソースをかけると部屋の壁全体が二次スピーカーになって
凄まじいローエンドの量感と支配感でしたが、今回は必要な分のローエンドの
量と、しっかりとした質、音の形が浮き彫りになり気持ちの良いものでした。


また、以前と比べてSPの位置、テレビの位置が前に移動した事によるのか
音場もテレビの裏からテレビの前で主張し展開するようになりました。
リスポジとの距離も短くなり、かぶりつきで音を楽しむ空間となっておりました。

途中、音場が後ろにある方が好みな事を伝えると、すぐに調整できますよと
Hermitageさんがプリアンプを調整して下さったのですが、それはなんと
バランスケーブルの2番HOTと3番HOTの切り替えスイッチでした!
そして逆相にしてみると…音場が後ろに後退して私好みの方向へ変化しました!

この時をもって初めて、私が普段調整で言っている逆相の音という、漠然とした
イメージの音が実際の逆相の音と相違がない事が判明して大きな収穫となりました。

やっぱり低域もインパクトが弱くなりボソッとして、音像のクッキリ感も薄まり
拙宅と同じ状況でした。それでも音像が奥に行くので私はその方向で進めてしまうのですが
出来る事なら私も正相で達成したいと感じました。


また、この時は前列真ん中の席で聴いていたのですが
後列真ん中のソファーに移動すると、こちらの方が2chでは好みでした。
やっぱり自分は音像と自分の間に距離感を感じる方が安心感があって
奥行きを感じれて好みなんだと再確認できました。
でも、映画では逆の席の方が音に包まれて好みでした。不思議なものです


そんなこんなでネットワークプレーヤーとCDPも比較したりして
サウンドを十分に楽しませて頂いた後は・・・テレビの出番です!!



いやぁ・・・・・すごい!
何が凄いって解像度にビックリしました!
そして3D具合にぶったまげました。3Dじゃないのに!!!(驚愕)

ツタヤでレンタルした「君の名は」を持参したのですが・・・
2Dのアニメーションなのに何故か3Dに見えます。

クッキリと境界線が描かれているため、いや、境界線ではなく、
色そのものがクッキリしていて境界線が自然と浮かんでくる感覚です。
実写でもないタダの絵なのに・・・!物凄い情報量に感じました。
これで4Kなんて流したらどうなってしまうんだろうか!?

実際に流してもらいました。ここからは単純な比較は出来ないのですが
これはHermitageさんの言葉なのですが

夜の森の中で焚火をしている時の火の明るさと←もはや眩しい程の火の光
その火の影になった黒の濃さと濃いなかにも真っ黒ではなく
その後ろの物体の色がきちんと描かれている解像度!確かに凄い!!


ただ、気になる点を挙げるなら
明るさのレンジが広く、3D的に見えるので目が疲れるのと
解像度が高すぎるので、逆に液晶の表面の素材?電磁波?
が、波というかビリビリが、視聴位置が近いためか気になる点でしょうか。
あまりにも解像度が高いからか、テレビの表面が窓みたいに見えました。

でも、後ろで観れば気にならなかったので、大したことではありませんが(笑)

こんなにすごい解像度で地上波テレビなんてみたらどうなるんでしょうか
毎日すごく幸せなんじゃないでしょうか。

オーディオもテレビもどれだけ日常でその媒体に触れているかで
その満足度も変わって来ると思いますが
毎日たくさんこれらに触れられる環境を構築しているHermitageさんは
スマートに欲望に忠実な人なんだろうと思いました(失礼)

でも、オーディオってそうですよね。
無理をしない範囲でやってくのが一番ですが、それとは別に
欲望にどれだけ忠実になれるか、願望をその通りに叶えていくか
業の深い趣味だなぁと改めて思いました^^;

そんなこんなの一年ぶりの訪問でした!





最後に・・・Hermitageさん!

この度は2chにホームシアターにとっても楽しかったです!
スクリーンを頂くだけに留まらず、プロジェクターやシアターについて
快く相談にも乗って頂いて大変助かりました。

無事にシアター完成を目指して色々と都合を付けていきたいと思います!
いい意味で踏ん切りがつきました!どうもありがとうございました!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 燻製さん、スクリーンを引き取っていただき
    私も処分に困っていたので助かりました。
    欲しいスクリーン出会うまでの踏み台にどうぞ。

    バランスケーブルの正相と逆相については
    私もかぶりつきの前に出る音が好きではないので、
    わざと逆相で使っていたのが1年前、
    今回はちょうど正相で調整をし直そうと
    していたタイミングでした。

    そのほとんど未調整の音を飾らずに
    聴いていただいたという感じです。

    ネットワークオーディオだけは
    極力余計な補正がかからないよう
    AVアンプの音場調整を使っていないDirectなので
    シアターとして使った時とは音造の定位が異なります。

    今後AVを両立した環境を作っていくと
    AVアンプを扱うことになりますが、
    その際の参考になればと思います。

    byHermitage at2018-02-16 11:00

  2. Hermitageさん、こんばんわ!
    コメントありがとうございます。先日はお世話になりました!

    >欲しいスクリーン出会うまでの踏み台にどうぞ。
    踏み台だなんてっ!こんなに立派なスクリーンですので
    使えなくなるまで使い倒したいと思っております。
    まぁ、それもシアターをしっかり構築出来たらの前提になりますが(汗)


    記事ではあまり触れずに書き上げてしましたが
    やっぱりネットワークプレイヤーの調整は凄かったです。
    CDを遥かに凌駕していて驚きましたし、とても良い刺激を受けました。
    私もPCオーディオを頑張ってもっと良い形にしたくなりました。

    AVアンプの音場調整機能については、実はとても憧れていたりします(笑)
    でも、そういった機能で満足しそうな価格帯もまた高額になってきそうなので
    暫くは音声コーデック等の違いを楽しめればいいなと思っております。

    そして、正相と逆相です。非常に悩ましいですね。
    皆さんがどう調整しているのか気になるところです。

    by燻製一年目 at2018-02-17 00:53

  3. 燻製くん

     あ”- もう元には戻れそうにありませんね  !(^^)!  (←喜んでいる私)

     どう構築していくか温かく見守りかつチェックをして参りたいと思います(笑)   ウソウソ!!  

    頑張ってや。

    byアコスの住人 at2018-02-17 09:44

  4. こんにちは。

    正相、逆相の音場感の違いを興味深く拝見しました。

    うちにはホーンシステムもあります。

    一般にホーンスピーカーは前に音像が展開される傾向があると思いますが、うちはユニット後方に展開されています。

    これが電源がどうも逆相になっていたことからのようで、納得しながら本文とレスを拝見しました。

    by平蔵 at2018-02-17 13:32

  5. アコスさん、こんばんわ!

    お返事遅くなり申し訳ありません。

    現在シアター計画が大頓挫中でして困った事になりました。
    また記事に上げますが、現在このままシアターで行くかピュアに戻るか、非常に悩んでいる所です。

    折角アコスさんに喜んでいただけたのに!
    期待に沿えないかもしれませんが、どっちに転んでも最後まで記事には書いていこうと思いますので、どうぞ見守ってやってください!

    by燻製一年目 at2018-02-21 04:04

  6. 平蔵さん、こんばんわ!
    お返事遅れて申し訳ありません。

    正相逆相については、私もまだ少しの事例しか知らないのではっきりとは言えないのですが、増やせば増やす程に定位が不思議な事になるような感覚がありました。定位があるのにないような、もどかしい感じと言いますか(笑)平蔵さんのホーンスピーカーが後方に展開されていたのは正相に直したら前方展開に戻ったという事でしょうか?とても面白いですね!私も逆相の電ケーを一本位作ってみたいと思います!

    by燻製一年目 at2018-02-21 04:11

  7. 燻製さんこんばんは。
    う〜ん、二日酔いでダリィ〜ニッキーの兄貴です(笑)
    一応私もDALIのお仲間です。

    エルミタージュの兄貴のヘリコン800のシステムは実験のレポートをしやすい配置になって来ましたね。

    シアターの配置に悩んでるようですが、た気分を変えて燻製さんもアクセサリーなどのレビュー記事を書いてみると面白いですよ。

    byニッキー at2018-02-22 21:53

  8. ニッキーさん、こんばんわ。

    二日酔いには味噌汁が一番効きますよ。(ダジャレを華麗にスルー 笑)
    ニッキーさんもメヌエット使いでしたね。
    一年以上聴いてないので忘れてました(笑)
    うちのダリもメヌエットのような音色が出れば一番なのですが
    あまり無理な事は言わずオプティコンで惚れたを追求していきます。

    エルミタージュさんの配置はシステム変更の行いやすい
    アクセサリー欲がドバドバ出てくるセッティングでした
    私も配置替えしたい欲がムズムズと出てきました

    商品レビューについては、おそらく批判的な事も書いてしまうので
    所有者の方に悪くてあまり気乗りしないんですよね^^;

    論理的な事もかければ批判があっても建設的だと思いますが
    自分の場合は聴感しか物差しがありませんから(爆)
    逆に申し訳なくなってきます(汗

    by燻製一年目 at2018-02-23 02:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする