燻製一年目
燻製一年目
7-80年代ブラックミュージックと最近のベースミュージック、アニソンが大好きです!最近はクラシックや現代音楽、最近のジャズ、昭和歌謡もストライクゾーンが広くなってきました。 ヘッドホンで8年近く…

マイルーム

ホームシアターでのピュアへの挑戦
ホームシアターでのピュアへの挑戦
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
極力AV系での様々な音質的なデメリットを抑えつつ、ピュア2chでの音質追求を進めていこうと思ってます。 そしてビジュアルは副次的なおまけと位置付け、あくまで息抜き、楽しみながら少しづつ改善してい…
所有製品
  • オーディオボード
    KRIPTON AB-3200
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC P-03
  • 電源機器
  • 音場調整材
    日東紡音響エンジニアリング SYLVAN
  • 音場調整材
    日東紡音響エンジニアリング ANKH-II

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

破竹の勢いが止まらないCENYAさん邸に潜入するの巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月16日

こんばんは!燻製一年目です!
先日CENYAさんちにお邪魔して来ました。

昇竜の如く天にスルスル昇っていく勢いのCENYAさんですが
実は5月の頃に、一度拙宅にもお越し頂いておりました。

その際にCDをトラポに入れたままCENYAさんに渡すのを忘れてしまい
そのCDをお返しするのも兼ねて近い内に・・・と思っておりましたが
その機会は個人的な事情で7月の中旬まで延びてしまいました(汗)

しかし、その待つ間にも更なる進化が止まらないご様子のCENYAさんでしたので
待った甲斐があった!と思わずにはいられない訪問となりました。^^v


意外にも!?高速を1時間ちょっとで着いてしまい
これなら下道で行っても案外新宿辺りと大差なのでは?と
埼玉県越谷市、意外につくば市と近くてビックリしました。

駅で待ち合わせをして軽く昼食をとり
駅前のおばちゃん率に驚きながらもお家に向かいます。


お部屋に入ると先日のセッティング日記にもあります通り

SPの位置が以前よりも前に来て、リスポジも
部屋の中央から後ろの壁沿いへと移動しておりました。


そしてこの天井、コーナー処理!リスポジ側も同様ですが
一体この前後でどんな音の変化があったのか非常に気になります。

私は初めての訪問でしたので、以前の音と比較ができないのが残念でしたが
それでも、出てきた音は評判に違わないものだった!と
思わず感嘆の声を漏らしてしまうものでありました(当社比)



まず、CENYAさんのリファレンス
これを心地よく聴きたくて今の音にしたという数曲を聞かせて頂きました。

出てきた音はとても軽やかで、音像のフォーカスもとても細かく小さく
定位も良い中でのSPの後ろに空間を広々と、深く使って音場が展開します。
まずそのサウンドステージに息を呑みました。う、羨ましい!!!!

続けて、イントロが終わって始まる女性ボーカルの声・・・

いやぁ・・・・参りました。
女性ボーカルを心地よく聴きたいという欲求、そして研鑽の積み重ねによって
ここまで気持ち良く女性の声が出るのかと惚れ惚れとしました。

特に高域の女性ボーカルで理想を求め続けたCENYAさんの好みだとは思いますが
軽やかでクリアな音の出方、それがボーカル表現にもすごく活きていて
かなりの高域でも尖らずに、触れたら壊れてしまいそうな繊細さを維持したまま
高域になればなるほど気持ち良く突き抜けて、その突き抜ける快感に脳みそにビビーンと電気が走ります。

消え入る音の儚さですとか、まるで時間がゆっくりになったかのような
bit深度が深くなったかのような表現の機微を詳細に映す要因の一つに
音の芯があまり濃くない事や軽い事が大きな要因に感じました。
重いと高揚が付きにくくなってしまうように感じていたので
軽いとここまで表現の幅が広がるのかと改めて驚きました。

実はそう感じずにはいられない瞬間が終盤にもありまして、それは
100均にあるようなコルクをインシュとしてラックに挟んだ時の事ですが
その時には高域の芯が強くなって軽やかさも薄くなり
逆に全域的に実在感やゴリッとした感じは増すのですが
あの女性ボーカルでの高域の快感は消えてしまったのです。
もちろん、それでもかなりの良い女性ボーカルではあったのですが。

低域方向やハッキリクッキリ路線には良かったのですが
あちらを立てればこちらが立たないで、ある意味CENYAさんは
私と逆の路線にいらっしゃって、私もそうですが、その反対側を求めている
そんな印象を感じました。

こんな事を言ったらCENYAさん邸が拙宅と同じ次元のように感じますが
そんな事は全然ありません^^;

CENYAさんの詰め具合の方が断然オーディオ然としていて
聴感的にもS/Nやフォーカス感、空間性、そして奥行き感も
とても素晴らしいものに感じました。

まだまだ私には足りないものが多すぎます。
そう感じずにはいられないオフ会となりました。

しかし、今のCENYAさんも最初の頃は今の音とはまるで違っていたようで
積み重ねのアプローチによって、ようやくここまで来たとの事でした。


なので私も、今後はもっとオーディオを深く勉強していこうと
新たな決意を抱いたとても刺激的な一日となりました。
課題も沢山見つかりましたし、後はそれが出来るように勉強をしていこうと思います。

この度はCENYAさん、学びの多いオフ会をどうもありがとうございました!
もっとオーディオが好きになりました!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 燻製さん
    こんばんは〜
    ご無沙汰しております。

    CENYAさん宅は昇り竜サウンドといった趣ですね。
    自分の目指す方向へ進化し続けている勢を感じます。

    >重いと高揚が付きにくくなってしまうように感じていた...

    この傾向はとてもよく分かります。
    JBL部屋で4338から儚いまでの繊細な高域を絞り出すのはとても難しかったです。
    あの低域の重さを保ちつつですから。
    その先に厚みのある低域という世界が待ち受けていたのですが...最近になってようやくいいところまで行けたかな?!

    繊細な高域と重厚な低域の両立をセッティングで成すには、とてもとてもハードルが高いと思います。
    これぞまさしく相性も絶妙に組み合わされたハイエンド機器が得意とする領域かもしれませんね。

    しかし諦めずにチャレンジしちゃうのですよ(^^)
    音楽とオーディオは夢中になれるほど楽しいものです。

    では、では

    byバズケロ at2018-07-16 23:05

  2. 燻製さん、こんばんは!

    当日は核心(痛い所)を突く燻製さんの幾つかのコメントにタジタジになってしまいました。
    透き通る女性ボーカルまではなんとか辿り着けたのですが、その先が難しくてオフ会をする度に欠点ばかり判明する有様です。
    「今の機器でやれる事はまだまだいっぱいあるのだ!」
    とか
    「やった者にしか分からない事があり、説得力があるのだ!」
    などと偉そうに語ったのですが、
    燻製さんのあるコメントから気付かされました、
    わたくし一番基本的なセッティングを試していない事に。。。
    『部屋の横使い配置』
    です。

    オーディオ関係の書物では部屋の横使いを推奨している事が多いと思います。
    分かっていながらやっていませんでした。

    もしかしたら大きなターニングポイントになるかもしれないと
    期待が膨らむ今日この頃です。
    なるべく早く試してみます。

    しっかしオフ会の度にやってみたい事が増えてきてしまい、
    オーバーフローしてしまっています。
    時間が全く足りません!
    オフ会は自重して、今ある課題を愚直にやっつけていきます。

    実験会に付き合って頂き有難うございました!

    byCENYA at2018-07-17 22:07

  3. 横レス失礼します。
    バズケロさん、こんばんは!

    >繊細な高域と重厚な低域の両立をセッティングで成すには、とてもとてもハードルが高いと思います

    全くです。
    そもそもの原因がウーファーの口径由来の力不足で40Hzあたりが弱いんじゃないかと思っていまして、これはセッティングだけでは如何ともし難く、物理的にウーファーを強化しないと根本解決しないだろうと考えています。
    DIY熱が上昇してきていますよ〜!

    byCENYA at2018-07-17 22:21

  4. バズケロさん、こんにちは!

    お返事遅れてすいません。

    >繊細な高域と重厚な低域の両立
    これは私も目指す所でありますが、バズケロさんのコメントを拝見すると
    最後の難所といった趣を感じますね(汗)

    ただ、そう考えるとバズケロさんちのハーベス部屋は・・・
    この難所をかなり攻略されていたのでは!?と
    今更ながら鳥肌が立ってきます(驚愕)JBL部屋はいわずもがな A^^;

    私なんかではお二人の音は今のままでも十分満足に感じてしまいますが
    やっぱり飽くなき探求心、求め続ける好奇心が今のお二人のサウンドを…
    そう考えると、この課題もCENYAさんならスルスル乗り越えそうな気がします。

    だからオーディオって楽しいのですね

    なるほど、なるほど!

    by燻製一年目 at2018-07-20 14:01

  5. CENYAさん、こんにちは!

    先日はどうもお世話になりましたm(_ _)m
    日記には書ききれませんでしたが、周波数測定も通した機器の聴き比べでは
    とても謎に満ちた(汗)不思議で良い体験が出来ましたA^^;
    あの時の結果は拙宅ではどうなるのか?とても気になるところです。
    私も近いうちに測定環境を整えてみようと思います!

    そしてスピーカー横配置ですか!とても大胆な変更ですね。
    その環境でも奥行きは深くに定位するのか非常に気になる所です。
    また進捗日記を楽しみにしております。

    この度は本当にありがとうございました!

    by燻製一年目 at2018-07-20 14:02

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする