燻製一年目
燻製一年目
7-80年代ブラックミュージックと最近のベースミュージック、アニソンが大好きです!最近はクラシックや現代音楽、最近のジャズ、昭和歌謡もストライクゾーンが広くなってきました。 ヘッドホンで8年近く…

マイルーム

ホームシアターでのピュアへの挑戦
ホームシアターでのピュアへの挑戦
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
極力AV系での様々な音質的なデメリットを抑えつつ、ピュア2chでの音質追求を進めていこうと思ってます。 そしてビジュアルは副次的なおまけと位置付け、あくまで息抜き、楽しみながら少しづつ改善してい…
所有製品
  • オーディオボード
    KRIPTON AB-3200
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC P-03
  • 電源機器
  • 音場調整材
    日東紡音響エンジニアリング SYLVAN
  • 音場調整材
    日東紡音響エンジニアリング ANKH-II

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

幸せのアクアリウム(kanataさん邸訪問記)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月29日

こんばんは!燻製一年目です!
今日はですね、ちょっと日が経ってしまったのですが
今月頭に伺ったkanataさんちの訪問記を書かせて頂きます。


が!

ちょっとその前に・・・


皆さん、アクアリウムってご存知ですか?


アクアリウムとは「水生生物の飼育設備」
を指す言葉で、昨今はそれを趣味とする方々も多い様で
魚を飼う際の水槽内のレイアウトに拘るような
そんな趣味をアクアリウムと解釈して頂ければと思います。


私なんかも昔は、それこそ小学生の頃は
お祭りなんかで小遣い片手に金魚をすくっては自宅に持ち帰り
水槽に入れては眺めたりしておりました。とはいえ
水槽内は至って質素に、砂利と酸素のブクブク程度なものでした。


それが今のアクアリウムという趣味ではもうっ!
凄いのですよ。とりあえずこちらをご覧ください。




一見すると風景のようにも見えますが・・・・

空中に魚が見えますか?実はこれ泳いでるんです。

そう、つまりこれは水槽の中、風景ではなく水景なのです!
他にも参考画像をどうぞ。






このように、本当に沢山の世界観が水槽の中で表現されていて
残念ながら静止画なので分かりにくいのですが

この壮大な自然をそのまま切り取ったかの様な
ダイナミックな水景の中を魚が優雅泳いでいる姿は・・・

それはもう、生きたアートといいますか

そこでただ泳いでるだけで、佇んでいるだけで
ちょっと急旋回した姿、群れて移動する姿、隠れる姿

全ての一挙手一投足が芸術的で、私はそんな
魚と自然の調和に心が満たされてしまいます。


そんなアクアリウムを眺めながら音楽鑑賞でもした日には・・・・
最近そんな夢想をしながらニヨニヨしている燻製です^q^




さて、今回kanataさんちに訪問して真っ先に感じたのが

まさに!!!

このアクアリウム感でした(唐突に本題に戻る)


もう、本当にそれに尽きるといいますか
その一言で個人的にはもう訪問記は完結してしまっているのですが

皆さんにとっては何が何だか分からないと思うので
ちょっと画像付きで説明させて頂きました(笑)




ってあれ!?これでも足らない?


デ、デスヨネー^^;すいません、補足していきます。






まずですね、皆さん
頭にアクアリムを想像しながら聞いて下さい(笑)

kanataさんちの音はとっても静かなんです。
デジベル的に小音量での音楽再生だった事もそうですが

一挙手一投足が芸術として成立してしまうアクアリウムの小魚を
じっと見つめて愛でる楽しさと言いますか

音像が、特に主旋律は小魚のように静かで、繊細で、ストレスがなく
その音像を意識的に耳で追う事がとても楽しくて、気持ち良くて
耳を澄ませば澄ます程に味わいを感じて愛おしくなるのです。

お部屋に入って最初にかかっていた曲で真っ先に
燻製は心を打ち抜かれてしまうのでした^^;

そして追い打ちをかけるが如く
その音を奏でている楽器が古楽器だったと気づきます。
まさに驚愕!!!

・・・えっとですね、燻製的に古楽器の音は(特にチェンバロは)
悪く言えばMIDIで表現できてしまう様なロボット演奏のように
表現に起伏がなく、アタック感も均一で、単調で・・・
それがハマるバロック音楽で、そして演奏する部屋の音響の助けで
なんとか楽器として成立しているような、そんな印象があるのですが

kanataさんちでそれを聞くと・・・
最初のファーストインプレッションで書いた通り、ソレに
深い味わい、ですとか、愛おしさを感じてしまうのです。
ロボットに血が通い始めるのです。

のっけからとんでもない音を聴いてしまいました(笑)



そしてkanataさんの定位置に座って視聴をさせて頂いたのですが
ちょっとこれが意外といいますか、初めての感覚を体験しました。


お部屋はL時の15畳程度のリビングで、オーディオは縦長配置
部屋の端にSP、その反対側の端にソファーでリスポジ
とあるのですが・・・

SPからリスポジまでの距離が、なんと4mはありました。
拙宅では2mなので倍の距離があります。

とはいえ、4m以上を体験した事がないかと言えば
3、4件は体験した事はあるのですが、そのいずれとも違う音場でした。
つまり、どのお家でも音は前に飛ばして、部屋中に音を回して
部屋自体を立体的に使い切るようなベクトルの音の詰め方でしたが
kanataさんちはそれとは真逆。

つまり、音はスピーカー周辺でその場に留まり
音像、ボーカルなども、SP前1m程度でそれほど前に迫りません。
リスポジまで音が回り込む事もありません。

4mという距離においては経験のない音場でしたが、とはいえ音楽は楽しくて
クラシックなんかでは音場、音像ともに抜群の威力で、まるで
コンサート会場をギュギュと手に届く範囲に収めたかのような
そんな感覚がありました。


部屋で無理して大自然を再現するのではなく
手に届く箱庭の中で人工的に自然を再現したような音場と

静かで愛らしい、小さくも美しい音像

それらを合わせると・・・
まるで大きな音のアクアリウムと中に住む熱帯魚を
部屋の中で鑑賞しているような、そんな感覚になるのでした。


アクアリウムで例えるならば、kanataさんちの
ファイル再生は音と音の間も音で満たされていて
水の色をはじめ魚の動いた後の水流、巻き上がる土砂など含め
全て描写しながら全てを調和した音でした。


CD再生は逆に音と音の間に音は無く
魚もとってもカラフルで、まるで空中を魚が泳ぐそんな音でした。




中には部屋の中で壁をとっぱらい大自然を再現する人もいますが
私もそのクチですが、kanataさんのシステムでは、このように
その再生では再現できない価値観、幸福感を感じました。

オーディオは本当にその人その人で求める物が違うんだなぁと
身に染みて実感したオフ会となりました。



この日は丁度大型台風が過ぎた次の日で
電車も1時間は遅延して道中はお腹がペコペコでしたが
kanataさんオススメの美味しいステーキ屋さんでお昼を食べて
オフ会後は夜の狩人!?にらさんが見つけたと噂の焼き鳥屋さん!

沢山飲んで沢山食べて大満足な上にすっごく安い!焼き鳥美味しい!

その後は美味しいラーメン屋さんで〆て大満足の燻製でした^^v

このラーメンも23時くらいなのに営業してて尚且つ行列!
そんで最高に美味しかったです!つくばにも欲しい><毎日通いたい!



kanataさんは文面上から最初は難しい人と想像しておりましたが
実際にお会いすると、物腰柔らかく思いやりに溢れ
そして優しいツッコミにも溢れかえる、素晴らしい方でした!

なんだかんだで私もご縁があって、夏からもう3度お会いしておりますが
私のしょーもない話にも、まるで新喜劇のように、投げる度に
(正確にはポロポロこぼす度に)
大きなリアクションで打ち返して頂き恐縮の極みでありますが(笑)
今回も例に漏れずkanataさんの関西人の意地を感じた、とっても楽しい一日でもありました^^v


kanataさん!
この度は本当に幸せな一日をありがとうございました!
オーディオも食事もkanataさんのセンスに脱帽です。
また一緒にお酒を飲める日を楽しみにしております^^/~
今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. kanataさんって、とても繊細な方なのかなと
    文面から見て思っていましたが、
    水槽の様子も音の様子からもそんな感じがしますね。

    私の環境も音は小さい方ですが
    文面からはそれよりも小ささそうに感じますが
    いかがでしょうか。

    水槽はとてもきれいですね。

    byHermitage at2018-10-29 05:17

  2. おはようございます。

    行かれましたか。
    時期的に自分がお邪魔した直後のようですが、同じ環境だったのかな?
    なかなか興味深い例えです。オーディオもアクアリウムも、その光景を眺められる背後には色々な出来事があるのですよね。自分なんて子供の小さい金魚ですら四苦八苦してます(^_^.)
    夜も良かったみたいですね。
    つうか、〆にまでチャーシュー丼つけてどんだけ肉三昧なんですか!?

    byにら at2018-10-29 06:19

  3. 燻製一年目さん こんにちは

    アクアリウムとはなかなか適確な例えですね。

    >無理して大自然を再現するのではなく
    >手に届く箱庭の中で人工的に自然を再現したような音場と
    >静かで愛らしい、小さくも美しい音像

    私の憶測ではFMアンプの支配力なんだと思います。kanataさんはDYNAUDIOのサファイアを始めいずれも弩級の機器をお使いですが、音は確かに仰る通りです。

    kanataさんは、コミュでの日記やレスでのイメージと実際とのギャップがとっても大きい方ではないでしょうか。お会いしてみると大柄な体格ですし終始にこやかで語り口も大らかな印象です。私は、最後にはずいぶんと音量を上げてもらったのですが「我が家で史上最大の音量です」と言われてしまいました。

    イメージギャップで大失敗でした(汗)。アクアリウムを目に浮かべて謙虚に聴くべきでした。

    byベルウッド at2018-10-29 13:53

  4. Hermitageさん、こんばんは!

    ボリューム自体はkanataさんちの方が大きかったですが
    なにぶん距離があったので体感的にはそう変わらないかもしれません。
    ベクトル自体は最初に伺ったHermitageさんちと共通性はいくつかありましたが
    余力をかなり残していて、見れば見るだけ細かく見えて味を感じる深さがありました。

    その様は繊細とも言えますが、まるでkanataさんの今のお気持ち
    幸せをそのまま投射したかのような深い愛情のようなものを感じました。

    by燻製一年目 at2018-10-30 19:29

  5. にらさん、こんばんは!

    確か伺ったのは・・・にらさんの翌週だったような気がします。
    その時とシステムに変更があったかは分かりません、ごめんなさん><;
    チャーシュー丼は多分、隣の人の分が映ったんだと思います(嘘)

    ・・・いや、違うのですよ!kanataさんと食べるご飯が美味しくて
    ついつい食べ過ぎてしまったのですよ(責任転換)

    しかし、お酒を飲んでからのkanataさんのオーディオ論議はとても白熱しておりました(笑)私にも共感できる点が多々あって、とても勉強になりました。

    オーディオもお酒もグルメも、その他の趣味に至っても
    全部をゆとりをもって楽しめる余裕のある大人に私もなりたいものです(笑)

    by燻製一年目 at2018-10-30 19:34

  6. ベルウッドさん、こんばんは!

    ベルウッドさんも九月に訪問されていたのですよね。
    確かにボリュームは上げでも全然破綻しないので
    逝ける所まで上げたくなるお気持ち、物凄く分かります。

    しかし、上げれるけど上げない。
    それはボリュームに限らず
    やろうと思えばやれるけど、やらない。

    そういったオーディオ欲に負けず、自分を律する事が出来る所が
    私はkanataさんの凄い所だと思うのです。

    何がより大切か、何を優先するのか
    そういった己を知り、己の分を弁えて、また人を思いやって

    家族に迷惑をかけずに自分の手の届く範囲で
    「趣味として」オーディオと接する姿勢

    私も無理をしがちなので見習わないといけません(汗)

    by燻製一年目 at2018-10-30 19:37

  7. 燻製さんこんばんは。

    『アクアリウム』kanataさん邸のサウンドの良い例えだと思います。
    私なら『坪庭』と例えてしまうので同じ歳でも少しジジ臭いですね(笑)

    スピーカーの奥の方に深くステージが現れるのはkanataさんの長年のオーディオ賜物だと思います。

    それにしても燻製さん、昼飯からステーキで夕飯が焼き鳥、夜食はラーメン+チャーシュー丼で牛→鳥→豚肉とどんだけ肉好きなんですか?(笑)

    byニッキー at2018-10-30 20:42

  8. 燻製さん
    今晩は!

    アクアリウムですか!
    オーディオと重ねて見ると、よくわかりますね!

    バズケロも一時期小規模にやっていましたが、飼育していたのは巻貝でした(笑)
    巻貝って時々泳ぐし、ハイハイしているのを眺めるのも癒されますね。

    kanataさんのオーディオへの接しかた、よく伝わってきました。
    実際お会いしていますから、雰囲気も掴みやすいし...
    いつかバズケロも聞いて見たいです。

    しかし、燻製さんは肉食獣だなあ...
    バズケロも時々無性に肉肉肉...食いてえってなります。

    それにしてもkanataさんは、オーディオを含めて色々なところの探求が深いですね!

    では、では

    byバズケロ at2018-10-30 22:43

  9. 燻製さん

    kanataさん邸の訪問記、とても興味深く拝見しました。
    そのご感想にとても共感します、いい表現ですね〜!

    あの部屋の使い方が今のサウンドを形作っておられるのだと思いますが、それを含めてご自身のお好きな距離感の聴き方に上手に調整をされているように感じます。

    晩も美味しくガッツリいかれたようで何よりです(笑)

    byKYLYN(キリン) at2018-10-31 07:41

  10. ニッキーさん、こんばんは。

    坪庭ですか~、趣が合っていいですね。
    そこに蝶々やトンボが止まればさらに風情がありますね。

    坪庭もそうですが、お肉についてのコメントも・・・
    ニッキーさん同い年とは思えないですね(笑)
    まさかの向こう側からのコメントにむしろ私がビックリしました^^;

    by燻製一年目 at2018-11-01 03:06

  11. バズケロさん、こんばんは!

    まさかの!!!?
    バズケロさんアクアリウムやってらしたんですか!!
    それに巻貝とはまた渋いですねぇ~!
    燻し銀のバズケロさんらしいといえばらしいです。

    そして凝り性のバズケロさんですから、きっと
    水槽にも拘りがあったんじゃないかと想像すると
    一体どんなアクアリウムだったのかワクワクしてきます。

    >バズケロも時々無性に肉肉肉...食いてえってなります。
    仰る通り!この日の私もそんな気分だったのですf^^;

    もしかしたら以前いたちょうさんにカエルを食べさせられてから
    肉に対する渇きのようなものに憑りつかれてしまったのかもしれません(責任転換)

    とはいえ、まさか、ファイルウェブにて肉食獣だなんて!
    そう呼ばれる日が来るとは夢にも思いませんでした(笑)

    by燻製一年目 at2018-11-01 03:07

  12. KYLYNさん、こんばんは。

    アクアリウムという表現ですが、KYLYNさんをはじめ
    皆さまからこれほど共感を頂きました事に嬉しく思います。
    ありがとうございます!

    KYLYNさんの仰る通り、あのロングレンジな距離感は
    音場型の一つの趣向性として詰めた形なんでしょうね。

    なればこそ、もっとkanataさんのオススメのクラシックを聴かせて頂きたかったと後悔しきりです。持参のソフトばかり掛けさせて頂いちゃって、初めて見るアクアリウムに好奇心が疼いて止まりませんでした。私も大概、謙虚な心が足りなかったようで反省です(汗


    それと、実はアクアリウムという表現はオフ会中、一言も話しておりませんでした(汗)帰りの電車でまとまったイメージだったので、もしかしたらご本人の理想とは違う形に私が例えているかもしれません。その点、この場をお借りして謝罪させて頂きます。
    今更ですが、kanataさん!勝手にイメージ化してしまい申し訳ありませんでしたm(_ _)m

    by燻製一年目 at2018-11-01 03:22

  13. 燻製さん、こんばんは。
    素敵なご感想ありがとうございます!

    それにしても長文ですね~。Philewebの長文倶楽部の会長になりませんか?もちろんDALI友の会と兼務も可能です(笑)

    拙宅の音のご感想、さすがの感受性と改めて思いました。
    やはり燻製さんはいいですね。私のオーディオ第2章の最後のお客様として来ていただけて良かったです。
    「お昼はがっつり行きたいです!」と言いながらステーキのグラム数を通常にした時にはどないやねん!と思いましたが。。。

    またお会いして楽しくやりたいですね!今後ともよろしくお願いいたします。

    bykanata at2018-11-02 01:05

  14. kanataさん、こんばんは!

    お返事大変遅くなってしまい申し訳ありません(滝汗)
    先日はとても楽しかったですね、まさか
    kanataさんのオーディオ第二章の最後にお招き頂いていたとは光栄です。続く第三章、そして最後の第四楽章フィナーレまで、どういった音楽を奏でられるのかご活躍楽しみにしております^^v

    そしてクラブ勧誘?ありがとうございます。
    ただ、私の文章は知性が足りないので
    長文倶楽部の会長はやっぱりkanataさんじゃないとっ!

    あ、ラーメン倶楽部は入会させて下さい^w^

    また機会があったらワイワイやりましょう!
    今後とも切れ味鋭いツッコミ楽しみにしております
    (コメント欄のどないやねん!で笑ってしまいました 笑)

    by燻製一年目 at2018-11-17 01:04

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする