燻製一年目
燻製一年目
7-80年代ブラックミュージックと最近のベースミュージック、アニソンが大好きです!最近はクラシックや現代音楽、最近のジャズ、昭和歌謡もストライクゾーンが広くなってきました。 ヘッドホンで8年近く…

マイルーム

ホームシアターでのピュアへの挑戦
ホームシアターでのピュアへの挑戦
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
極力AV系での様々な音質的なデメリットを抑えつつ、ピュア2chでの音質追求を進めていこうと思ってます。 そしてビジュアルは副次的なおまけと位置付け、あくまで息抜き、楽しみながら少しづつ改善してい…
所有製品
  • オーディオボード
    KRIPTON AB-3200
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC P-03
  • 電源機器
  • 音場調整材
    日東紡音響エンジニアリング SYLVAN
  • 音場調整材
    日東紡音響エンジニアリング ANKH-II

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

phile-webの皆様、どうか知恵をお貸し下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月17日

いきなりですが、今度リフォームする事になりました。
詳しい日取りはまだ決まっておりませんが、
現在数社に下見に来てもらいどんな塩梅か診てもらっている段階です。

唐突のリフォーム話に見えますが、実は私にとっても寝耳に水(爆)


両親が定年退職を迎え、老後まで安心して暮らせる家に直したい
という所がスタートラインで、どうせならお前(燻製)もやるか?
と有難いお言葉を頂いたので、これを一世一代の大勝負と捉え
私もオーディオ部屋のリフォームを決断した次第です(^0_0^)フンスッ


そんな経緯がありまして、わたくし燻製一年目
現在どんな部屋にしようかと奮闘中な訳でございます(汗)

とはいえ、私なんぞの初心者がいくら頭を捻っても
・・・中々良い案が浮かびません。

浮かんだところで想像通りの効果を狙える経験則もないので
本当に博打のような青写真でしかありません。




そんな訳でして・・・

phile-webの皆様におかれましては

何か思うところがありましたら、どうかご教示頂きたく
今回日記を書かせて頂きました。
何を言っているのか分からないところもあると思うので
ビシバシ突っ込んでください!そして
何かアドバイスを頂ければとても嬉しいです。よろしくお願い致します。


それでは早速、


まず、リフォームにあたって燻製一年目は何を期待しているのか?
大きく分けて以下の5つに分類しました。


①防音(隣の部屋からはメロディと性別が不明なレベル以上)
②フローリングの効果(バリッとしてクッキリした音像)
③完全固定された壁の効果(振動によるS/N悪化の回避)
④高い天井による解放感(エアボリュームアップ)
⑤ほどよくライブ、ほどよくデッド(ピュアも映像もイケる部屋に)
⑥定在波の悪影響の無い部屋に(フラッターエコーとかも極力無し)


次に、その期待(目的)を達成するための対策と、その際に悩んでいる事
を書いていきます。アドバイスを頂けると助かります。

目的①→防音(隣の部屋からはメロディと性別が不明なレベル以上)
対策1→横の壁を全て2重壁に変更。間はロックウールでギュウギュウに。
悩み1→壁自体の素材や構造は何が良いのか分かりません><;

対策2→床下全てバラシて一面深めに基礎を打って壁の基礎とは縁切り
    基礎自体を別個にすることで低域を縁切りする
悩み2→部屋が低音で膨張したり隣部屋への伝わるのを回避したい目的ですが
    達成可能でしょうか?縁切りって実際どんな感じで行うのでしょうか?
    イメージが湧きません(泣)


目的②→フローリングの効果(バリッとしてクッキリした音像)
対策1→SPと機器を置く辺りは根太のピッチを狭めて土台をしっかりさせる。
悩み1→根太の間隔は均一だと定在波の影響が出るとの話を聞きます。
    補強したい場所の根太を狭めるピッチは均一で大丈夫でしょうか?

対策2→床材は根太の上に下地合板→制振マット→フローリング材にする
悩み2→目的②や良い音を目指すなら制振マットは外した方が良いでしょうか?

対策3→床材とSP後方壁を硬めにして横壁とリア壁を柔らかめにして音を
    流すことで音が行き場を無くして破綻しないようにする
悩み3→そもそも固い素材から柔い素材に音(振動)が流れて音は回るのか
    表面の素材が中高音、芯の素材が低音の振動に影響するのでしょうか?

目的③→完全固定された壁の効果(振動によるS/N悪化の回避)
対策1→グラスウールの次にタイガーボード、その上に合板または無垢材
    あるいは合板の次にクロスまたは漆喰塗りなどを検討中
悩み1→目的①と壁の話題でダブりますが、防音も音響も良い壁を作るには
    そこが非常に難しく感じています。何か良い案はありますか?

目的④→高い天井による解放感(エアボリュームアップ)
対策1→現在の畳部屋だと高さが2900mmありますが、床下を全部バラシて
    一から基礎を打つので後600mm程度は床を低くすることが可能です
対策2→天井についても600mm程度なら高くすることが可能です。
対策3→部屋の大きさを現在の8畳+2畳の間柱ありから10畳に変更可能
    もっと言えば、更に伸ばして12畳に変更も可能。
    ちなみにレコードやCD、机も寝室に移動して
    オーディオ部屋はオーディオ&ヴィジュアル装置だけににする予定です
悩み3→石井式の寸法比だと10畳がベストなのですが、
    12畳にしてSP後ろを広くとる事も魅力的です。
    目につく定在波が回避できるなら12畳でも良いのですが
    どういった対応法があるでしょうか?
    部屋の角度を少しずつ変えたり、だとしたらどんな形でしょう?
    何か木材を使ったり、オススメの方法はありますでしょうか?

目的⑤→ほどよくライブ、ほどよくデッド(ピュアも映像もイケる部屋に)
対策1→横壁を漆喰、SP後ろを硬い壁、リスポジ後ろを柔い壁にして
    ライブ過ぎる部屋から音を流して薄めようと考えています。
悩み1→上記は定在波対策でもあるのですが、なにぶん密閉空間なので
    これでもまだまだライブ過ぎる気がします。
    部屋が完成してもライブ過ぎたら、天井に吸音材を貼って
    上に流れてきた音を吸い取って音を消していこうと思いますが
    吸音材はなるべく使いたくありません・・・

目的⑥→定在波の悪影響の無い部屋に(フラッターエコーとかも極力無し)
これは目的⑤等で書いた方法で解消を目指していきます。
ただ、漆喰と漆喰なら大丈夫そうですが、SP背面とリスポジ背面そして
床と天井は木材の予定なので心配です。部屋自体に角度をつけたり物を置いたり
そういった方法以外でもあれば(壁材でなんとかできれば)良いのですが…



最後に・・・
石井式と漆喰と無垢材、それぞれの音の良さというのを感じてみたいのですが
なかなかそういった機会に巡り合えておりません。
もし、皆さま参考になるショウルームなどありましたら教えて下さい。
とりあえずダイケンは行ってみようと思っております。


それでは、とりとめのない日記になってしまいましたが
皆様からの天啓(コメント)を頂ける事を楽しみにしております。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 燻製一年目さん こちらでもこんばんは。

    定在波は無しにはならないので徹底的にシミュレーションしましょう。定在波シミュレータ、優秀です。

    防音は優先順位をつけましょう。屋外と屋内では求められるリソースの量が段違いになります。うち程度の防音でも屋外向けは深夜にオーディオ聞いても苦情が来ないレベルです。しかし屋内ははっきり聞こえます。

    今から自分で建てるなら床も壁も無垢の3cm程度の厚みのある木で表面が真っ平らでないものを使いたいです。間柱を少々増やしたところで石膏ボードを代表とする薄い板状のものはやはりたわみます。たわませたくなかったら厚みは大事です。

    最近更新がないですが平蔵さんの音楽室はサーロジックさんのノウハウが全入りになっていると思いますので参考にしてみては。
    http://community.phileweb.com/mypage/1966/

    byhigh speed at2018-11-17 02:26

  2. 燻製一年目さん おはようございます

    あたらしいオーディオルーム楽しみですね

    私のこうすればよかったと思うことを

    一番はフラッターエコー対策では?(完成後では手遅れです)
    壁、天井と床(吸音では音が痩せ楽しくありません)
    私はすだれ、板を斜めに貼ったりしてます

    定在波対策、石井式の寸法比がよいかと思います
    高音域はあとからなんとかなるのですが低音の処理(吸音)が
    面倒です(私は一部スリットを設けました)

    壁材は杉板を利用しましたがもう少し固めの壁材が良かったかと
    高域が吸音されてしまいます

    石井式の吸音部の穴は塞ぎました左右の音のバランスが崩れるような感じです。

    柱材が弱すぎました、高さがあるのでより強度が必要でした
    壁が振動します

    定在波は棒の林で誤魔化してますが効果は絶大です。

    文が下手で失礼、少しでも参考になればと駄耳と測定器もなく感と経験ですが。

    byいなかのクラング at2018-11-17 09:08

  3. 燻製一年目さん

    私は3年程前に2x4の部屋をリフォームしてリスニングルームを作りました。求められているような具体的なアドバイスには賛否両論もあるので控えますが、防音に関しては「防音職人 http://oto-taisaku.com/」のサイトが私の場合参考になりました。

    状況が許されるようでしたら、防音と内装工事の工期を分ける案がお勧めです。とりあえず防音工事のみ(石膏ボードむき出し)の部屋で音出して、求めている遮音(屋内・屋外)性能が得られているかや定在波の影響を半年または一年程かけて確認、必要なら追加工事してから、内装工事を施工しますとより費用対効果の高いリスニングルームができると、自分の経験からですが思っています。

    リスニングルームのリフォームをなるべく早く仕上げて、良い音で音楽を聴きたい気持ちはオーディオ愛好家皆同じと思いますが、「急がば回れ」とも言いますように、防音工事のみの部屋でゆっくり音楽を聴きながら、内装工事の仕様を考えるのも滅多にない機会と思います。

    素敵なリスニングルームが出来ることを願っています。

    bymyu at2018-11-17 09:46

  4. 私には本格的に部屋を作った経験がないので
    アドバイスらしいことはできませんが
    なかなかない機会なのでいろいろ勉強して
    そして楽しんで進めてください。

    私も自宅をリフォーム中ですが
    high speedさんのいうとおり、
    優先順位を設けないと天井レスで金額が上がっていくので
    やりたいことと妥協できることを自分の中で整理しておきましょう。

    byHermitage at2018-11-17 11:46

  5. ずばり「防音工事」です。

    私がいろいろ体験したなかで最もよい音がする部屋だと思ったのは、さほど大きくないスフォルツァートの試聴室でした。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/2408/20180822/60210/

    それは入れ子のような「防振浮二重構造」だそうで、設計・施工はアコースティックラボというところだそうです。

    https://www.phileweb.com/review/article/201705/25/2540.html


    ポイントは、防音工事をすれば音が良くなる、つまり、「防音と音質向上の一挙両得」ということ。

    一般住宅工法は中空二重構造になっていて壁が薄く弱いので共振が起きやすいのですが、入れ子構造にして本家筐体と振動を縁切りしたうえで剛性の高い厚く重い壁、床を使うので低音域が減衰しないという理屈です。また、吸音し過ぎの部屋は音色や響きが陰気で音楽の高揚感が得られにくく、かえって低音の音量感を求めてつい爆音にしてしまい家族生活との共存がはかれません。こちらの防音の考え方は、そういう一般住宅工法の落とし穴を完全に熟知しているようです。

    もちろん、部屋のプロポーションと定在波、一次反射なども十分な経験とノウハウをお持ちのようです。石井式のことも承知しておられますが、石井式の落とし穴である過剰な吸音と壁構造や材質の問題も踏まえているようです。私はそれらの考え方にとても共感し納得感があります。

    Phile-webのニュースやレビューでも多くの記事が掲載されていますので「アコースティックラボ」で検索し、記事をご参照のうえでコンタクトをとられてはいかがでしょうか。

    他人様の懐具合がわからないのをよいことに言いたい放題ですが(笑)、リフォームとオーディオルーム独立というなかなか得がたい機会をぜひ有効に活かして下さい。

    byベルウッド at2018-11-17 12:44

  6. こんにちは

    ナイスな状況かと思います。
    ですが、ご両親からすれば壁紙や床材質をどうするかとか、そういう一般的なリフォームを想定してるのかもしれませんが、、音響的な本格仕様にしたら一桁変わってしまいますし、燻製さんがそこにいつまでおられるのか、とか将来設計にも関わりますね。それこそ身近にオーディオのために実家の壁をぶち壊してリフォームした先輩がいるではないですか(^^)

    byにら at2018-11-17 13:11

  7. こんにちは。

    防音は求めるレベルで予算が極端に変わってきます。
    うちでは 簡易防音とし、オーディオルームでガンガン鳴らしても一階リビングで普通にTVがみれるレベルの性能、−45dBくらいです。20帖で200万です。ただし新築と同時の防音工事です。

    天井壁はパナソニックの防音材料使いました。
    パナソニック 防音建材 で検索されて下さい。

    床はALC板です。

    byYongJoon at2018-11-17 15:59

  8. ご両親は通常のリフォームの感覚で提案しているようにも思います。
    オーディオ向けだと相当な金額となりますので相談が再度必要かもしれませんね。

    私の方でもリフォームを少しずつ進めていますが、経験上いえることは従来あるものはなるべく活用してリフォームするということです。
    この考え方ですとかかる予算が二けた以上少なくできる場合があります。
    一から作らなくてもできる改良はたくさんあります。現実の予算と相談しながら今ある設備はなるべく活用していく形で計画を練ったほうがいいと思います。

    byうつみくん at2018-11-17 18:38

  9. 先ずはリフォームと新築をシッカリと考えましょうか?

     私には、その違いがわかりませんが、リフォーム番組(ビフォーアフター)を見てると基礎まで改修して、これって新築と何が違うの?と。 変わっていないのは敷地くらい…

     先ずは ご両親の「終の住み処」に相応しい10年20年後を考えた設計にしましょう。 具体的にはバリアフリーは当たり前で、各所の手すり滑り止めも考慮します。  こう言うリフォームと言うのは後々でも出来ることですが、いずれ重要になる部分です。  ご両親はまだまだと言うかもしれませんが、あっと言う間に切実になるのでシッカリと押さえましょう。


    私が家を建てたときは…    あっ!  コレ長くなるな~  メッセージの方に変えますね(笑)  

    今、PC故障中でタブレットからです。 勝手が難しくごめんなさい。

    byアコスの住人 at2018-11-17 21:54

  10. これからメーカーを決めていくならば、ラジカセ持参でモデルハウスを回って現地で音を鳴らして見るという手法があります。(かないまる氏がやっていました)

    byよんまる at2018-11-18 11:02

  11. 燻製さん、こんにちは

    リフォームとは凄いですね!
    完成したら是非、遊びに行かせてください!

    さて、私から言える助言というのは、音の専門家、プロ集団に相談するのが良いと思います
    ダイナミックオーディオ、SIS、For Music・・・などのオーディオルームを手がけているお店などに相談してみると良いと思います

    どのお店を選んでも間違いは無いと思います

    それと壁ですが真っ直ぐな直線はやめて波打たせ角は丸くすると定在波の影響は少なくなると思います

    それと本です、リスニングルームについての本を買いましょう!
    「ホームシアターファイル」という雑誌があります
    そこに色んな情報が載っていると思います
    それから有名どころだと「改訂増補 リスニングルームの音響学」という本があります
    それも読みましょう!

    燻製さんのオーディオルームが無事に満足いくように完成することを願ってます!

    最後に、完成しましたら遊びに行かせて下さい(重要な事なので二回言いました)
    約束だよ~!

    byぽにしぇっと at2018-11-18 21:50

  12. 燻製一年目さん、オーディオショー&ミーティングでご一緒出来て楽しかったです。

    燻製一年目さんの家は天井が高く、今の部屋が音抜けがいいので『石井式』が良いかと思います。

    バズケロさん邸やK&Kさん邸が良い参考になるかと思います。

    byニッキー at2018-11-18 23:04

  13. 遅レスですが

    床下を掘り下げるのであれば、捨てコン防水シート要。
    シロマーブロック - AGK建築音響があります、施工は簡単です。
    スピーカー側とリスニング側、壁側を縁切りします。可能な限り生コンは厚く打ちます。床面は一発打ちなので限りなく平面に仕上げてもらいます。左官の腕ですね。
    www.agk-acoustic.com/products/stdio_10_03.html ご覧ください。

    壁天井については簡易防音(音を閉じ込めない)がストレスなく聞けます。経費抑えるには壁は吉野石膏スーパーハード厚め二枚張り35K100mm断熱材スーパーハード厚め二枚張り、接する隣室も隣室側で隙間を開けて同じにします、壁厚350mmぐらいになりますね。スーパーハードの上に好きな色の珪藻土塗りも出来ます。
    天井はあまり重量を懸けられないので壁の半分で我慢かな、片流れ天井にしてスピーカー側狭くリスニング側広く壁は天井に向けてやや傾斜を持たせて施工してもらえばいいでしょう、平衡面を作らない。
    今お使いのスピーカー、も少し大きめのダブルウーハーにしても大丈夫かもです。

    byぺぶるす at2018-11-19 00:11

  14. 皆様、お返事の方大変遅くなってしまい申し訳ありません。

    公私ともに無茶をしすぎて風邪が悪化し気管支炎を患ってしまいました。
    ようやくキーボードを叩ける時間が出来たので返信させて頂きますが
    夜勤の為途中で中断し、また後日ご返信させて頂きます。

    遅くなってしまい申し訳ありません(滝汗)

    by燻製一年目 at2018-11-23 16:04

  15. high speed さん、こんにちは。

    先日はミーティング二次会にその後のリフォーム談義と
    大変貴重なお時間をありがとうございました。

    あの後、ネットカフェにカプセルホテルと色々当たりましたが
    土曜日深夜のためか秋葉原の宿はどこも埋まっており・・・
    結局一夜を外で過ごす事になりました(卒倒)

    今まで秋葉原で宿が取れない経験がなかったので想定外でしたが
    きっとオーディオルームのリフォームはもっと想定外!
    という気持ちで、身を引き締めて取り組んでいこうと思います(苦笑)


    板厚、たわみ、については先日ご教示頂いた内容ですね。
    肝に銘じておきます。そして平蔵さん・・・
    その後どんな塩梅か気になる所ではありますが
    もう一度読み直して勉強させて頂こうと思います。
    high speedさんのルームチューニング奮闘記も楽しみにしております。

    今後ともよろしくお願い致します!

    by燻製一年目 at2018-11-23 16:05

  16. いなかのクラングさん、こんにちは。

    お久しぶりですね!コメントありがとうございます。
    実体験からくる貴重なアドバイスに胸が熱くなりました。
    とても参考になります!
    まずはフラッターエコー対策、次に全体的な定在波対策ですね!
    壁に僅かな角度を付けて、一見長方形にみえるも実際は
    SP側から末広がりの台形の部屋にしようかと検討中です。
    上下についても末広がりにリスポジ側を高くしていきたいですが
    ここは二階部屋との兼ね合いから天井高は稼げずに床下を下げて
    天井はSP側から下げていく方向で検討したいと思います。
    (天井傾斜は一目で分かるお家が多く壁と違って不思議です)

    ただ、そうすると石井式の比率からかなり外れてしまうのですよね
    難しいところですが、色々と考えてみます!

    また、実は私もスプルースや杉材といった
    柔らかい素材を壁に検討しておりましたので、実際に
    壁に使っていらっしゃるいなかのクラングさんのお話に
    一体どんな音がするのかとても興味を引かれます。

    どうもありがとうございました。

    今後ともよろしくお願い致します。

    by燻製一年目 at2018-11-23 16:07

  17. myuさん、こんにちは。

    そしてはじめまして!コメントありがとうございます。
    防音職人なるサイトのご紹介ありがとうございました。
    そしてmyuさんのホームページの方も先ほど拝見させて頂きましたが
    とても刺激的で勉強になります。
    工期を分ける案、貴重な経験になりそうですね!
    私も出来る事なら検討してみたいと思います。
    どうもありがとうございました。

    また、実は・・・いくつか質問があるのですが
    長くなってしまうのでメッセージ送らせて頂きました。
    お手数をお掛けします(汗)

    それと、お気に入り登録させて頂きました。
    今後ともよろしくお願い致します。

    by燻製一年目 at2018-11-23 16:13

  18. Hermitageさん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。
    Hermitageさんもリフォームをされるとの事で
    隣のお部屋?がどう変わっていくのか楽しみにしております。
    まだ優先順位を付けれるほど詰めてはおりませんが
    計画的にやりたい事と妥協点、費用対効果を考えて
    リフォーム進めていきたいと思います!
    ありがとうございました!

    by燻製一年目 at2018-11-23 16:22

  19. ベルウッドさん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。
    まさかベルウッドさんから防振浮二重構造のお話が出るとは思わず
    ますます興味を惹かれる事になりました。
    実はファイルウェブではないのですが、ボンさんから
    とある防振浮二重構造で漆喰のお家の音が凄く良かったと伺っていて
    私も今度お邪魔してみたいなぁと悶々としている所でした(笑)

    スフォルツァートの試聴室についても他の方から評判を伺っており
    ちょっとこれは本腰を入れて試聴してみないといけませんね!
    近いうちに伺ってみます!どうもありがとうございました!

    by燻製一年目 at2018-11-23 16:23

  20. にらさん、こんにちは
    コメントありがとうございます。

    今回のリフォームによって私も一生を過ごす家となりそうなので
    懐具合の心配もありますが、いざとなればローンを組んで
    ある程度は妥協を排除したオーディオルームを検討していこうと考えております!

    >それこそ身近にオーディオのために実家の壁をぶち壊してリフォームした先輩がいるではないですか(^^)
    えっ!?たびびとさん、そんなムチャしてたんですか!?
    知りませんでした、いや、でもやりそうなイメージがありますね(笑)
    今度会った時にお話を聞いてみようと思います!

    by燻製一年目 at2018-11-23 16:27

  21. YongJoon さん、こんにちは。
    コメントありがとうございます!

    20畳でパナの建材を入れても200万円で防音工事が出来てしまうのですか
    それで-45dBは凄いですね!マイルームを拝見しておりますが
    壁の4重構造ですとか床の剛性が凄そうです。1Fにも伝わらないようで
    とても良いお部屋そうで羨ましいです!

    by燻製一年目 at2018-11-23 16:28

  22. うつみくんさん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。
    >今ある設備はなるべく活用していく形で計画を練ったほうがいいと思います。
    いっそフローリングに替えるだけならDIYで5万円もあればできますからね。
    しかし、今回手を付けたいのは内装を弄ってどうこうなる次元ではないので
    やっぱり全部を取っ払ってからビルドアップした方が結局は安上がりな
    新築と同時に防音工事をするような次元の施工を予定しております。

    by燻製一年目 at2018-11-23 16:29

  23. こんにちは。

    200万とは追加工事費用で、防音でない普通の新築工事費用は別になります。当時で工事費用一坪50万くらいです。

    新築予定なのですね、出来るならそれが良いですね。AVサラウンド配線や、オーディオ専用配電、オーディオ専用アース、オーディオ専用LANも出来ますね。オーディオ専用LANはアナログ電源やバッテリー電源の無線LAN親機子機の無線接続が出来れば 後は何とでもなりますが。

    byYongJoon at2018-11-24 07:46

  24. アコスさん、こんにちは。

    私もメッセージ送らせて頂きました。
    慣れないタブレットからのご送信お疲れ様でございました^^;

    アコスさんの爆音AVシアターの防音はどう対策されたのか
    非常に気になる所ですが
    気が向いたらアドバイスを頂けたらと思っております。

    ありがとうございました!

    by燻製一年目 at2018-11-24 12:53

  25. よんまるさん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。
    楽しそうな方法ですね!ラジカセは持っておりませんが
    USBアクティブスピーカーとスマホで私も歩き回ってみたいと思います^^v

    かないまるさんは発想がいつも面白くて刺激的ですね!

    by燻製一年目 at2018-11-24 12:54

  26. ぽにしぇっとさん、こんにちは。

    ショップに相談は私も検討しておりますが
    ホームシアターの場合はインストーラーなる言葉もあるように
    専用のスタッフがいらっしゃるようですね。
    AVACが秋葉原にあれば是非とも相談してみたかったです(悲)

    色々ショップも回ってみようと思います。
    完成したら是非お越しください
    その前にまずはぽにしぇっとさんちですが(笑)

    進展報告楽しみにしております^^v

    by燻製一年目 at2018-11-24 12:56

  27. ニッキーさん、こんにちは

    先日は楽しい夜でしたね。
    この場をお借りしてファイルウェブミーティングに参加された
    皆様、どうもありがとうございました!そしてお疲れ様でした。


    風邪を引いたりシフトの都合で何度もすったもんだをしてしまい
    幹事の皆様には大変なご迷惑をお掛けしてしまいましたが
    皆様のご尽力のお陰で、素晴らしい出会いと美味しい料理
    進むお酒に尽きない会話と、とっても楽しい夜でした。

    一部、風邪ならアルコール消毒だぜヒャッハアアァな方々がいたり
    野宿もしましたが、それらも含めて素敵な思い出となりました。

    来年も参加させて頂けると嬉しいです。
    皆様、また来年もよろしくお願い致しますm(_ _)m


    >燻製一年目さんの家は天井が高く、今の部屋が音抜けがいいので『石井式』が良いかと思います。
    私も石井式が物凄く魅力的に感じておりますが、自分の力でどこまで出来るのか
    そして比率や壁厚など、どこまで準拠出来るのか心配面が尽きません。
    石井式のお話をまた聞ける機会があればと思っております。

    by燻製一年目 at2018-11-24 12:57

  28. ぺぶるすさん、こんにちは。

    はじめまして!そしてコメントありがとうございます。
    基礎について非常に悩んでおりましたので大変ありがたいです。

    ベタ基礎のお話のように感じましたが

    砕石→防水シート→捨てコン→鉄筋→生コン→立ち上がり型枠→生コン→床下に防水シート→シロマーブロックというお話でしたでしょうか?

    また、簡易防音(音を閉じ込めない)際の防音能力が気になります。
    私の頭では「音を閉じ込めない」という事は
    抜けた音が廊下や他の部屋に侵入すると解釈してしまいます。
    ただ、

    >接する隣室も隣室側で隙間を開けて同じにします
    という事は、つまりオーディオルームで二重壁、隣室でも二重壁
    つまり入れ子という事でしょうか?これなら簡易防音でも効きそうです!

    ただ、天井も入れ子にするのは大変そうです。
    ここを単なる二重壁にすると穴の開いたタイヤの様に
    圧が弱い箇所に集まって、ここから抜けて行ってしまう気がしますが実際はどうなのでしょう・・・


    お気に入り登録させて頂きました。
    今後ともよろしくお願い致します。

    by燻製一年目 at2018-11-24 13:01

  29. YongJoon さん、こんにちは。

    再度のコメントありがとうございます。
    新築一坪50万ですね、参考にさせて頂きます。

    それと質問なのですが、LANを家庭用と別けるというのは
    回線業者からレンタルしているモデムのLANポート2つを使って
    家庭用とオーディオ用に別々にLAN壁コンセントを設置して
    それぞれを屋内配線で分離する、という事でしょうか?

    また、初心者な質問で恐縮なのですが
    無線LANルーターはネットワーク分離やUPnP接続等には必要でしょうか?
    一応現在は無線LANルーター親子を使っていまして、ノイズカットトランスやifiのアダプタ、LANターミネーター等で対策していますが、その対策のどれもが効いているので、そもそも無線LANルーターがなければ・・・と思っている最中な訳でございます(汗)

    by燻製一年目 at2018-11-24 14:37

  30. こんにちは。

    一般的には。オーディオ専用LANは、無線LANルータと、無線LAN子機を無線接続し、無線LAN子機をハブとして使えば良いです。

    要は PCとかの電気ノイズがLANケーブル経由で入らない様に無線でカットするだけです。
    ベルウッドさんも無線LAN接続方式を採用されています。

    ただ無線LAN子機の電源をバッテリーにしても、無線LAN子機そのものもノイズ出すので、オーディオ再生の負荷が無線LAN子機にかからない構成にした方が良いです。つまりオーディオ用サーバー利用になります。
    以下日記です。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20160911/52730/

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20180715/59936/

    まあ ここは後でなんとでもなるので、今は新築に集中されると良いと思います。
    ただ、 ALC防音床は無線電波を通過しない素材なので 無線LAN親機〜子機接続できる?事に要注意です。
    うちの二階は全部ALC床ですが、ALC貼って無い木材部分をおそらく電波が通過しています。

    回線業者からレンタルしているモデムのLANポート2つを使う必要は無いですね。

    byYongJoon at2018-11-24 18:41

  31. 遅くなりましたが、その後はいかがですか?

    まずは響きの良い部屋を是非目指されて下さい。

    床や壁、天井も現代スピーカーの箱のような余計な共振しない方法が良いように感じます。

    by平蔵 at2018-12-08 01:48

  32. 自分の日記は長くなりますので、サーロジックさんのブログの方がまとまっています。
    http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1569451/1581188

    by平蔵 at2018-12-08 15:02

  33. 平蔵さん、こんばんは。
    お返事が大変遅くなってしまい申し訳ありません。

    あれから平蔵さんが日記の方を再開されたと聞きまして
    ただいま勉強させて頂いております。
    とても参考になる(そして興味を惹かれる)お話ばかりで
    何度も読み返させて頂いております。どうもありがとうございます。

    ただ、響きについてはホームシアターとの共存や
    自分が一番よく聴くDAW等での打ち込み音楽との相性を考えますと
    デッドの方が自分的にはシックリきてしまい、現在
    どう響きと向き合うか迷っております。

    まだまだ課題の多い状況ですが、じっくり腰を据えて
    検討していきたいと思います!

    by燻製一年目 at2018-12-30 00:43

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする