好事家
好事家

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

バランス伝送で本当にノイズを打ち消す事が可能なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月06日

最近はバランス接続の音に目覚めて、DACとアンプをバランス接続して
オーディオを楽しんでいます

バランス接続のメリットとして、ノイズに強い事が良く言われておりますが、
イメージ図での解説は良く見ますが、実際の波形データが余り見当たりません


そこで、疑り深い私は自分で検証してみました
バランスからアンバランスへの変換基板(以前DACに使っていたもの)


苦労したのはノイズが入った波形2CH分を如何に用意するか
そこで思い出したのがこれ

任意波形ジェネレータTektronix AWG520です

波形作成はPCで専用ソフトを使って行いました


これで先のイメージ図の様なノイズが2CH分そろいました
(赤丸部分がパルス状のノイズです)


AWG520の操作画面です


波形が反転合成されると


凄い!ノイズが消えています
疑って済みませんでしたm(__)m

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 好事家さん

    こんにちは、funa3と申します

    凄いですね!
    実際に波形確認されたんだ!!!
    行動力に感動しました。

    で、次はツイスト線のノイズキャンセルの波形確認は
    如何でしょうか

    勝手で無責任な事を、スミマセン m(__)m

    byfuna3 at2018-03-06 14:34

  2. funa3さん、こんにちは、初めまして

    毎回、実験の方法・手段には悩まされています

    >で、次はツイスト線のノイズキャンセルの波形確認は
    >如何でしょうか

    お題を頂きありがとうございます、難易度が高そうですね(^^;)

    by好事家 at2018-03-06 15:32

  3. 好事家さん

    funa3です

    ツイスト線もノイズキャンセルの原理や解説は
    ネット上に溢れていますが、実測データは見た事が無いので
    思いつきでレスしてしまいました。
    そもそも面倒を押し付ける積りではないので流して頂いて構いません
    確認して頂いても、お礼は労いだけですから
    (逆に反骨心を焚きつけてる?)

    byfuna3 at2018-03-06 17:32

  4. yamamoto2002さん、こんばんは

    「電源コードと音声コードの並走によるノイズ飛び込みの実験」の紹介有難うございます
    あれだけのデータを採るのには、かなりのご苦労があったと推察致します

    電源コードは大きな電流が流れるので、並走するケーブルに微弱電流が流れる場合は要注意ですね

    ケーブル長が短い場合あまり差異が無いと思っていましたが、
    最近、DACからの出力をアンバランスからバランスに変更して
    思いの他の音質向上を感じました

    by好事家 at2018-03-06 22:59

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする