どんぐり
どんぐり
以前、長野県白馬村のどんぐり村に居住していた時の そこから望む白馬岳をタグにしました。 晴れた日は何時も朝日に輝く白馬連邦を眺めていました。 眼下に流れる渓流の通奏低音のような響き、朝もや、小鳥…

マイルーム

アナログ再生
アナログ再生
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
所有している約400巻の4trテープを真空管アンプとオープンリールデッキと タンノイのスピーカーで再生。 リスニングルーム兼音楽室・16畳、2.2~3.5m高 「使用機器」     スピーカ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

聴力が落ちた。でも気にしない(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月08日

人生の終盤70歳代を突き進んでいますが、加齢とともに身体の衰えを感じています。先月の検査で身長が1㎝縮んでいるのには驚きました(笑)

目と耳も60代とは違ったスピードで衰えが進んでいるようです。
目は光が飛ぶ光視症、電柱が歪んで見える黄斑変性症を発症しました。光視症は簡単なレーザー手術(10数分程度)、黄斑変性症も目薬でほぼ治りました。
いずれも早めの専門医の診察を受けるのが肝要のようです。

聴力もグラフのように加齢とともに順調(笑)に落ちています。

(同じ医院で同条件での検査)
現在は更に2年経過してますのでより劣化していることでしょう。
特に左の耳に違和感を感じています。過大な音量の時、瞬時に左耳に
リミッターが働いたかの様に音量が半分くらいに聞えることがあります。
音量には注意しようと思うのですがついつい上げてしまいます。オーディオマニアの性なのでしょうね。
聴力が落ちてはいますが、今はステレオを聴いていてとても楽しいです。
物理的な聴力特性よりも音楽を楽しく聴こうとする感性が上回れば聴力の衰えは関係ないですね(笑)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. どんぐりさん、こんにちは^^

    RIRAです

    なんかうらやまし~と思う考え方です。

    身体によることは、人間ですもん。
    年齢関係なく人生を謳歌しているのはうらやまし~と思ったんだと。

    何となく音楽と人生が重なってしまいました(^_^)ゞ

    byRIRA_ at2017-04-08 13:29

  2. RIRAさんレスありがとうございます。

    実は身体はボロボロです(笑)

    でもいつ何が起きても悔いのないように日々を送ろうと思っています。

    byどんぐり at2017-04-08 17:37

  3. どんぐりさん、初めまして。けえぱぱと申します。

    私も耳が悪いです。まだ50前ですが、2KHzより上が-60㏈です。
    最近も突発性難聴を発症し、ボーカル帯域で歪みが生じました。

    医者からはそろそろ補聴器も考えてください、と言われたのですが…

    この趣味していて難聴は辛いですね。
    でも、おっしゃる通り楽しく音楽を聴くという気持ちが大事なんでしょうね。

    byけえぱぱ at2017-04-08 17:49

  4. けえばばさん初めまして

    >最近も突発性難聴を発症し、ボーカル帯域で歪みが生じました。

    この症状に遭遇されたときは大変なショックであったと思います。まだお若いし、素晴らしい装置をお持ちですので、何とか現状を改善して出来れば補聴器なしで音楽を聴きたいですよね。
    音楽を楽しむにはそんなに良い聴力は必要ないと思います。それよりも音楽を楽しむ感性を育てるほうが遥かに大事だと思います。
    私の装置は15年以上不変で、楽器と同じように同じ音がしている筈です。ところが、今と15年前を比べると確かに音のキレ、シャープさは衰えているようですが、かえって音がまろやかに聴こえ音楽はむしろより感動的に聴こえています。
    今検査を受ければ多分2khzでー70~80dbでしょうが全く不自由を感じません。
    お互い音楽を楽しむために頑張りましょう。

    byどんぐり at2017-04-08 19:30

  5. どんぐりさんへ

     人も経年劣化ですね(笑)

    視力は眼鏡を買った時に実感しました。 普段の生活で不便は感じなかったので放置していました(笑) 自動車免許の更新で視力で落ちたら面倒だな・・と思い買ってみました。  人生初・・

     ショップの帰り道、眼鏡を試したら想像以上に視界が開けました(笑)すべてがピントの合った世界でしたヽ(^o^)丿  それからはプロジェクター鑑賞には眼鏡は欠かせません。


     聴力はどうなんでしょうね? 定期検診のアレしか経験はありません。  それでもオーディオは自ら音を作り上げて楽しむ趣味ですから、心地よく聴こえる様にするのが面白いところでもあります。  加齢で高域が聴こえ難くなれば、それに対応すれば良いのですから・・


     目には眼鏡がある様に、耳には補聴器と言うものがありますね。  本物の補聴器は完全オーダーメイドで数百万すると聞いた事があります。 集音器とは発想自体が全く違うみたいですね。 出来る事なら、こんな物のお世話には成りたくありませんから聴覚は大事にしたいですね。  と言っても、チマチマと聴いてる様では楽しめませんからね。  痛し痒しと言ったところですかね。 ((+_+)) 


     公ならフラットが前提ですが・・ プライベートなら凸凹でも構わない。 自分さえ心地よければ・・。

    byアコスの住人 at2017-04-08 20:40

  6. アコスの住人さん今晩は

    レスを頂き光栄です。

    >人も経年劣化ですね

    そうですね。避けては通れない自然の摂理ですね(笑)
    眼鏡は一般化していて何の抵抗も感じませんが補聴器というと何か抵抗を感じてしまいます。良い補聴器なら抵抗は感じないのでしょうかね?・・・でもなんか食わず嫌いだなぁ・・・
    オーディオに嵌ると大音量の甘い誘惑から逃げられないですよね。
    ホント痛し痒しですね。
    自分の場合はオーディオは自分が楽しめれば良いと思うのですが、オーディオマニアの性でしょうか良いと思える音が出ると他の人に聴いてほしいと思ってしまうんですよね。困ったものです。。。

    byどんぐり at2017-04-08 21:53

  7. どんぐりさん はじめまして

    私も、52歳ですが難聴です。
    仕事で両耳を傷めてしまい、左は10khz、右は15khz迄で、耳鳴りが酷く常時キーンと鳴っています。
    聴力測定をすると耳鳴りが邪魔をして2khzから3khz付近が−70dbですね。
    調子が悪いと女性ボーカル、コーラス、バイオリンなどが歪んで聴こえるたりします。
    それでも、音の良否は判断出来ますし音楽も楽しめますが健聴者だともっとよく聴こえるのかなと思うと苛立ちを感じる事もあります。
    が、今後の事は判らないので今を思いっきり楽しもうと思います。

    byタルガ at2017-04-09 20:40

  8. どんぐりさん

    失礼ながらお歳のわりに驚異的とも言うべき聴力を維持されているのではないでしょうか。指揮者などは大音量にさらされているせいで加齢による聴力劣化が激しいそうです。帯域バランスはかなり脳内補正が効きますので、音楽的感性はご本人次第ですよね。お互い大いに音楽を楽しみましょう。

    byベルウッド at2017-04-10 11:23

  9. タルガさん 初めまして

    レスありがとうございます。

    {ごめんなさい。パソコン操作を間違え返レスを消去してしまいました!改めて思い起こしてレスさせていただきます}

    >左は10khz、右は15khz迄で、耳鳴りが酷く常時キーンと鳴っています。
    10khzが聴こえるのは全く正常な聴力であると思います。
    私は色々な楽器を触りますが自分で聴こえているのは8kh以下だと思います。ホールでオーケストラを聞いてもおそらくはもっと低いと思います。
    でも生の音はF特よりもその肉感、透明感、力強さ、体で感じる空気感、振動など。。。物理特性では測れない素晴らしさで溢れていますね。
    貴殿の装置を以ってすればかなり高い次元でこれらを再生できるのではないかと思います。結局オーディオも料理と同じでいかに良い材料を使いシンプルに使いこなすかなんですよね。

    私も耳鳴りに悩まされいますが不思議と他の事に集中してると気にならないものですね。幾度も一緒にいる家内に同時に聴いてみるのですが全く正常な耳を以ってしても同じように聴こえているようです。
    どうも生活環境も影響しているようですね。電磁波とか。。。
    気にかけない、ということも自然治癒力の良薬かもしれませんね。

    でも治療で直せると良いですね。

    >今後の事は判らないので今を思いっきり楽しもうと思います

    全く同感です。大いにオーディオ・音楽を楽しみましょう。




            

    byどんぐり at2017-04-10 11:59

  10. ベルウッドさん

    レスありがとうございます。

    >歳のわりに驚異的とも言うべき聴力

    ホントですか。ありがとうございます。自身、かなり劣化していると思っていますが(笑)

    でもフレッチャー・マンスン効果で楽しく音楽が聴けています。これはずっと以前からタンノイのスピーカーが踏襲してきたようですね。

    いかに音楽をチェックするか(モニタースピーカー)ではなく如何に音楽を楽しく聴くかですよね。

    音楽が楽しく聞えているのは脳内補正のお陰でもありますね。
    自己満足していますが他の人が聞いたなら「なんだ、この酷い音は」と言われるでしょう(笑)

    byどんぐり at2017-04-10 12:37

  11. どんぐりさん、こんにちは。
    既に多くのコメントが有りますが、聴力の低下はある程度は脳内補正でなんとかなりますから(笑)
    音楽を楽しんで聴けるかが一番ですね。

    by椀方 at2017-04-11 13:12

  12. 椀方さん今日は

    レスありがとうございます。

    誰しも老いれば視力の低下と同じように聴力も落ちるのでしょうね。

    いずれも個人差はあるようですが、ベルウッドさんが仰る通り、音楽的感性を磨けば磨くほど音楽(オーディオ)の趣味は生涯楽しめるような気がします。
    ホロヴィッツもカールベームも80代で至高の芸術を演じていますものね。

    byどんぐり at2017-04-11 14:38

  13. どんぐりさん、こんにちは。

    こればかりは避けては通れない問題ですからね。
    それでも既に多くの方が言われておりますが
    音楽を楽しめることが大切なのでありまして、
    楽しく聴こえるということは、とりもなおさず良い音でしょう。

    目が悪くなればメガネを掛けるのと同じように
    耳が悪くなれば悪いなりの音の調整があると思います。
    他の人が聞いたなら「なんだ、この酷い音は」と思うのかもしれませんが、それはメガネも同じことかなと(笑)

    byテナガザル at2017-04-16 12:57

  14. テナガザルさん レス有難うございます

    >楽しく聴こえるということは、とりもなおさず良い音でしょう。

    同感です!
    いくら求めても生の音はでない。所詮オーディオは生の音とは違い電子音。と、分かってはいても可能な限り生音に近い心地よい音で聴きたいと思う想いは皆同じでしょうね。

    何時も生音と再生音との差を理解し聴いていれば脳内補正で楽しく音楽を聴くことができるでしょうね。
    絶対音色を生と等しくするのは不可能でしょうが、音楽効果(音量、響き、迫力)などは生と同等に出来るのは救いですよね。

    先ほどもワーグナーを聴いていて自分の電子音には落胆しましたが、この脳内補正のお陰で音楽を楽しく聴くことができました(笑)

    byどんぐり at2017-04-16 13:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする