どんぐり
どんぐり
以前、長野県白馬村のどんぐり村に居住していた時の そこから望む白馬岳をタグにしました。 晴れた日は何時も朝日に輝く白馬連邦を眺めていました。 眼下に流れる渓流の通奏低音のような響き、朝もや、小鳥…

マイルーム

アナログ再生
アナログ再生
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
所有している約400巻の4trテープを真空管アンプとオープンリールデッキと タンノイのスピーカーで再生。 リスニングルーム兼音楽室・16畳、2.2~3.5m高 「使用機器」     スピーカ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ウイルソンオーディオかマジコか、どちらが良い?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月25日

ヒジヤンさんの日記でのⅩ1さんの写真に載っていたマジコS7が気になりました。


ウイルソンオーディオⅩ1とマジコS7は実質的な両メーカーのフラッグシップスピーカーシステムのようです。



価格も拮抗しており購入を考えておられる諸兄には気になるところでしょう。
私には夢物語であたかも車雑誌でスーパーカーを眺めているかの如くであります(笑)。

この両雄が理想のリスニングルームをお持ちのⅩ1邸に鎮座しているのを見て
”果たしてどちらが良いか”知りたくなり、この旨Ⅹ1さんに”日記に載せてよろしいですか”とお伺いしました。その結果、氏から快諾を得ました。ありがとうございます。
私としては”オーケストラの再生ではどちらがより重厚感があるのか”
興味津々です。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おお!私の撮った写真が(笑)
    どんぐりさん、あの時の日記にコメントをありがとうございます。オーディオの機器がお好きなのですね。

    確か消えたコメントには、
    「ウイルソン・オーディオのⅩ1に敬意を払い、軽々しく音の評価をすべきでない。」と書き込まれていたように記憶しています。

    自分が最初に、この書き込みを拝見したときには、
    「そんなふうに考える人もいるんだな~。」と思いました。

    自分が考えるサウンド方程式は下記です。
    サウンド=機器×環境×使いこなし
    ですから、機器崇拝の気持ちはなくて、どちらかと言いますと使いこなしで自分を試す志向のオーディオをしています。

    とは言え、この日記の主題はどちらがよい?ですね。
    この写真の中で、X1と800D3を聴かせてもらいました。マジコS7は聴かせてもらいませんでしたし、聴かせてほしいとも言いませんでした。

    この写真の中で気に入ったのは800D3です。
    X1はオーナー好みに調教されすぎていて、ちょっかい出す気になれなかったのですが、導入したての800D3の、荒削りだが恐るべきポテンシャルを持っていると惚れ惚れしてしまいました。

    すいません、聞かれていないことに答えました(^_^;

    byヒジヤン at2017-05-25 21:23

  2. ドングリさんこんばんは、
    s7とx1の比較ですね。
    クラシックでしたら、x1ですね。
    音色の陰影、深み、が、違いますね。
    マジコは、音数が、少ないような印象ですね。
    明るめで、大音量には、向いているかも

    byX1おやじ at2017-05-25 22:54

  3. ヒジヤンさんレスありがとうございます

    >おお!私の撮った写真が(笑)

    嗚呼、迂闊でした。
    今回の原稿は全てⅩ1さんの了解を得たのですが写真は気が付きませんでした。昨今著作権で騒がれていますね。すみません。

    >「ウイルソン・オーディオのⅩ1に敬意を払い、軽々しく音の評価をすべきでない。」と書き込まれていたように記憶しています

    ハイこのメーカーは種々見聞きした所大変真面目で、ユーザーに良い音楽を提供とするメーカーのポリシーを感じます。膨大なノウハウを積み上げた上に完成されたスピーカーと思われますので、1聴して簡単に判断できるスピーカーではなさそうです

    >自分が考えるサウンド方程式は下記です。

    私の考える方程式(?)は「良い再生装置は音楽を聴き終えて気持が温かくなる。」という事です
    クラシックの場合は長時間音楽が多いので、途中で聞き飽きたり嫌になったりする装置はアウトですね。

    byどんぐり at2017-05-25 23:41

  4. Ⅹ1おじさん

    レスありがとうございます

    音数が少なく明るく聞こえるほうが1聴しての受けが良いですよね。
    クラシック音楽の再生には多くの表現力が必要とされますよね。
    現在ではⅩ1のほうがよさそうですね。

    大変貴重な経験となりました。
    ありがとうございました

    byどんぐり at2017-05-26 00:00

  5. どんぐりさん おはようございます。

    家のPCが調子が悪く スマホでは なかなか うまくなかったです。

    言い訳をすれば 私が S7の能力を100%出したかどうかは 分かりません。

    私の 能力では クラシックを鳴らすまでには いたりませんでした。
    POPS JAZZは 楽しく 鳴るようには鳴りましたが, 深み 凄み というものは 感じられませんでした。

    CDPは グランディオーソの K1 PRE はJEFFの CORUS+ 別電源 POWER 725SⅡ (mono)

    X1をはじめ ウィルソンのSPは 低域の 表現が 難しいと思いますが  (最近のものは 知りません)

    うまく行けば 深み 凄みを 感ずることが 出来ると思います。

    追記でした。

    byX1おやじ at2017-05-26 08:24

  6. Ⅹ1おやじさん おはようございます

    追記レスありがとうございます

    改めてⅩ-1/Grand SlammをSS誌で調べてみました。
    発売は24年前(1993/9)でキャビネットは可能な限り高剛性が追及されている、各スピーカーモジュールも時間的位相調整(特許)で厳密に設計されているそうです。
    スピーカーは38cm、30cm、16・5cmx2,2・5cmx4で出力95dB。重量200㎏との事。

    このスピーカーを鳴らし切るのは並大抵のことではなさそうですね。

    貴殿のリスニングルーム、各機器を以ってすれば後はレイアウト、音響調整などで至高の再生音楽が得られるのではないでしょうか。

    >うまく行けば 深み 凄みを 感ずることが 出来ると思います。

    是非この目標を達成されオーディオファンの夢を叶えてください

    byどんぐり at2017-05-26 09:35

  7. どんぐりさん、再レス失礼します。

    写真はご使用いただいて、まったく問題ありません。有効活用していただければ嬉しいです。

    さて、X1おやじ邸のウイルソンX1の奏でるサウンドですが、素晴らしいと思いました。オーナーの好みに合わせて、オーケストラをコンサートホールの20列目付近で聴くようなサウンドに仕上げられていると思います。

    ただ自分の好みが、コンサートホールの前方席で聴くようなサウンドですのでビビっと度が800D3で聴くサウンドのほうが高かったと言うものです。

    いづれにしましても、X1おやじ邸で鳴らされているサウンドは、機器×環境×使いこなしの全ての面で1流で、結果素晴らしいサウンド構築されていると感じました。このサウンドは、多くのオーディオ・ファンに聴いてもらいたいと思います。

    多分、どのスピーカーを鳴らしても極上のサウンドを奏でることが出来るのだけれど、どのスピーカーで鳴らすサウンドが一番好みに合うかと言うような、とても高度な選択になると思いますので補足させていただいた次第です。


    追伸
    部屋も広くて天井が高いだけでなく、反射や吸音の処置も音を出しながら調整できるように配慮されていましたし、床も硬すぎず柔らかすぎず、様々なことを考えて設計された部屋でした。

    byヒジヤン at2017-05-26 17:00

  8. ヒジヤンさん 再レスありがとうございます

    >写真はご使用いただいて、まったく問題ありません。。。
    ありがとうございます

    私は今日、ウイルソンオーディオについてネットで調べてみました。
    どの様な企業の沿革で如何なるポリシーなのかを確かめたかったからです。
    此処に述べられている通り、私の想像通りのポリシーでした。
    http://www.axiss.co.jp/brand/wilson-audio/alexandria-xlf/
    創設者のテイブ・ウイルソン氏はムジークフェラインの音の再現にスピーカー開発に情熱を傾注し、そしてそれを客観的な理論と技術ヒアリングにより1993年に生産された記念碑的なフラッグシップスピーカーがⅩ-1/Grand Slammなのですね。その沿革はこれです
    http://www.axiss.co.jp/brand/wilson-audio/wilson-audio/
    >オーケストラをコンサートホールの20列目付近で聴くようなサウンドに。。。。。
    この位置ですと音圧はいかほどでしょうかね?
    私は同じオーケストラで400名程の小ホールと1500人の大ホールとで聞いたことがありますが、耳に感じる音圧全く異なりました。また音響も聞く位置で全くバラバラですので、どう聞くかはリスナーの好み次第ですね。

    >このサウンドは、多くのオーディオ・ファンに聴いてもらいたいと思います。。。
    私も機会がありましたら是非聞いてみたいです。

    byどんぐり at2017-05-26 19:09

  9. どんぐりさん、オーディオの捉え方は少し違うようですが、生演奏の話は共感するところが多いです。

    >私は同じオーケストラで400名程の小ホールと1500人の大ホールとで聞いたことがありますが、耳に感じる音圧全く異なりました。また音響も聞く位置で全くバラバラですので、どう聞くかはリスナーの好み次第ですね。

    本当にそうですね。私も(確か)455席で聴くオーケストラと命名された(これも確か)読響のコンサートで聴いたことがありますが、普段聴く2000名クラスのシンフォニーホールとはまったく違う聞え方でした。

    X1おやじさんの20列目は、東京文化会館の大ホールによく行かれるそうです。私はミューザ川崎の1階席3列目左ブロックの角席が定期会員席です。もちろん、聴く曲によってもどの辺りで聴きたいかは異なりますが、定期会員席は場所が決まってしまうのでそこにしています。

    そして、一番共感したのが
    「ムジークフェラインの音の再現」
    の話です。

    自分も同じ気持ちだからです。ものは試しに一度聴きに行ってみようとウィーンに聴きに行きました。すると、そこで聴く音楽にサウンドに感動してまい、6回も通ってしまいました。ムジークフェラインの大ホールだけでも20回以上は聴いてきました。同じウィーンフィルの演奏でも、近くにあるコンツェルトハウスとムジークフェラインでは音が聞え方が全然違うんです。

    ムジークフェライン大ホールは2000名規模のホールですが、入ってみると小さいですね。座れるところには全て詰め込む形で容積を抑えてあります。音の特徴はこんな感じに捉えています。
    「実音と響きが分離して、心地よい響きと明瞭な音の両立」
    「低音が下、真ん中にピカピカの中域、降り注ぐ高域」
    「ホールが鳴り全身に感じるようなサウンド」
    「どこで聴いても同じ音」
    小ホールは600名規模ですが、不思議と同じ音がします。

    私も狭い部屋ながら、ムジークフェラインで聴いたようなサウンドに出来ないかというのが目指していることです。

    すいません長々と、お話がはずみそうですね。
    ベルウッドさんから、どんぐりさんのところに行こうと誘われています。楽しい話が沢山出来そうです。その節にはよろしくお願いいたします。

    byヒジヤン at2017-05-26 20:29

  10. ヒジヤンさん 

    レスありがとうございます

    >ムジークフェラインの大ホールだけでも20回以上は聴いて。。。

    凄いですね!そんなにもフェラインザールに行かれたのですか!恐れ入ります。

    私にはそんなに通う体力も、財力もありません。

    今まで2日間しか訪れていません。1日目は大ホールで五嶋みどりさんのチャイコフスキーヴァイオリン協奏曲その他で2日目はブラームスホールで娘の先生、トルコヴィッチさん指揮のハイドンシンフォニーを聴いてきました。
    >小ホールは600名規模ですが、不思議と同じ音がします
    私も大ホールと同じ音だと感じました。
    両ホールとも同じ直方体で同じ材料でできているようですね。容積が小さくても同じ音がするのですね。これは希望が持てますね。
    財力のある人はW19mxH17・5xD20m~(~48m)で造れば同じ音が得られるかも?ですね(笑)
    >ムジークフェライン大ホールは2000名規模のホールですが、入ってみると小さい。。。。
    そうですね。バーンスタインはマーラー第8ではコンツェルトハウスを使っていますね。でも音質面でフェラインザールを超えるホールはなかなかないようですね。
    >実音と響きが分離して、心地よい響きと明瞭な音の両立。。。。
    私も同感です。木の香りのするやわらかい音質でたっぷりと量感があるのに分離がよい。本当に驚きます。私は後ろの方で聞きましたが弱音のヴァイオリンが良く届いていました。もしかしてシャンデリアの反射で高音を運んでいるのかな?と思っています。
    ホールは放射状より直方体がよいという人がいます。適度なフラッターエコーは良いのかもしれません。
    リスニングルームも余りでデッドにしないで心地よい残響があった方がクラシック音楽の再生には良いのかもしれませんね。
    >私も狭い部屋ながら、ムジークフェラインで聴いたようなサウンドに出来ないか
    絶対出来ますよ!今リスニングルームを検討中ですよね。頑張ってください
    >ベルウッドさんから、どんぐりさんのところに行こうと誘われています
    何時でもウエルカムです。がっかりしても自己責任ということで(笑)

    byどんぐり at2017-05-26 22:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする