どんぐり
どんぐり
以前、長野県白馬村のどんぐり村に居住していた時の そこから望む白馬岳をタグにしました。 晴れた日は何時も朝日に輝く白馬連邦を眺めていました。 眼下に流れる渓流の通奏低音のような響き、朝もや、小鳥…

マイルーム

アナログ再生
アナログ再生
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
所有している約400巻の4trテープを真空管アンプとオープンリールデッキと タンノイのスピーカーで再生。 リスニングルーム兼音楽室・16畳、2.2~3.5m高 「使用機器」     スピーカ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

アランフェス協奏曲コンサートのお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月07日

第55回群馬交響楽団定期公演
7/15(土)「まえばし市民名曲コンサート」が開催されます
http://www.gunkyo.com/hp/wp-content/uploads/2017/03/MaebashiCity-FamousWorksConcert20170715.pdf
ロドリーゴ/アランフェス協奏曲、ドボルザーク/新世界より、その他です。
ギターは今最も輝いているパク・キュヒです。
何度かテレビで彼女のリサイタルを観ましたが、その美しい演奏に驚き、いつか生演奏を聴きたいと思っていました。

群響の事務方に聞きましたら、やはりマイクで拾うとの事でしたので前から2列目の24を予約しました。「新世界より」ではガブリつきになってしまいますが、パク・キュヒの生音を聴くのが最優先です(笑)
アンコールで「アルハンブラの思い出」を弾いてくれるかもと期待しています。
彼女のトレモロは白眉で、また親指のアルペジオでは一音一音に余韻がのり、正に神業です。

今回の投稿は”有料コンサートの宣伝広告に当たるかもしれない”と思い一度日記を消去してファイルウエブ編集部にこの旨伺いましたら問題ないとのことでしたので再投稿させていただきました。
 因みにこのコンサートでの利害関係は全くありません(笑)

地方ではなかなか聴けない素晴らしいコンサートと思います。近くの方は是非お聴きになったら如何でしょう。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. どんぐりさん、こんばんは。

    ギターソロが聴きたいから、ガブリつき!よくわかります。オーケストラの音と比較すると、ギターは特に音が小さいですからね。弦楽器の協奏曲なども、大抵の場合はソロがオーケストラに負けてしまいますね。だから、前方席にガブリつきを選ばれたのですね。協奏曲は録音で聴いた方がバランスがよい場合がままありますね。

    自分の場合は交響曲でも前方好きですが(笑)今度、X1さんとミューザ川崎シンフォニーホールで行われる、ドレスデン・フィルのコンサートにご一緒することになりました。好みの違いから、X1さんは20列目相当の2CB最前列センターで、自分は1階席の6列目センターです。前半と後半で席を入れ替えてみるのも面白いのですが、好みは好みなので躊躇してしまいます。

    オーディオ・ファンの方にも機会を捉えて、(特にクラシックは)生演奏を聴いてもらいたいですね。自分は最初のころはアマチュアの無料公演を探しては聴きに行っていました。

    byヒジヤン at2017-06-07 21:01

  2. ヒジヤンさん こんばんは
    レスありがとうございます

    私にとって待望のパク・キュヒ女史の生演奏です。今から心わくわくです。しかも2列めの24ですと通例ならば彼女とご対面という感じでしょうね(笑)
    20年前程前群馬音楽センターでアランフェス協奏曲を聴いたときは開演すれすれに会場についたため最後列でしたが、不思議と音が届いていました。PAは使っていたのかな~?
    このホールは定員1930名の大ホールですが全天井が曲面の反射板となっていて音は良く届くと思うのですが~。
    今回のホールは定員1200名程の普通の作りのようですので音の運びは余り考えられているか分かりません。ので出来るだけ前列で聞いた方が無難かなと思いました。
    >X1さんとミューザ川崎シンフォニーホールで行われる、ドレスデン・フィルのコンサートにご一緒することに。。。。
    いいですね~ このホールはかなり音響が良いと聞き及んでおります。しかもドレスデン・フィルとは。。。羨ましいです。存分に楽しんで下さいね。Ⅹ1さんと席を交代したりするのも楽しいですよね。
    >オーディオ・ファンの方にも機会を捉えて、(特にクラシックは)生演奏を聴いてもらいたいですね
    生の音は不変ですのでオーディオで迷ったときは生を聴くのが一番ですよね

    byどんぐり at2017-06-07 21:55

  3. 日本のクラシックギターの第一人者の荘村清志さんは、このコミュでもお馴染みのあのスピーカーを使ったPAシステムを愛用されています。

    小型スピーカーを使う理由などはこちらのブログに紹介されています。写真の荘村さんの足元にご注目下さい。

    http://www.takamineguitars.co.jp/blog/2010/05/post-44.html

    いつもPAを使っているかというと、そうとは限りません。私はとても素敵な生ギターでのコンサートを体験しました。この場合はフィリアホールという音響のよい小さめのリサイタルホールであることと、デュオのお相手がボーカルで音量バランスを自在にコントロールできるからでしょう。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/2408/20140729/43471/

    byベルウッド at2017-06-08 10:14

  4. ベルウッドさん コメントありがとうございます。
    >荘村さんの足元にご注目下さい。

    このスピーカーはkisoスピーカーですね。このメーカーは元々ギターの胴を製作していたようです。このスピーカーならPAで再生しても違和感がないでしょうね。
    勿論荘村さんは種々聴いてこれを選ばれたのでしょう。でもルックスが気になります。当日は見えないPAであって欲しいです。
    >とても素敵な生ギターでのコンサートを体験しました。。。。

    いろいろ聴かれて多分ホールによる音量の違いを感じられたと思います。フィリアホールは良さそうですね
    私もFM放送やテレビでよくソプラノやテノールとのデュエットを聴きます。シューベルトの歌曲もギターとよく合うようですね。曲の愛らしさがピアノより伝わるような気がします。
    その昔エアチェックをしたペーターシュライヤー独唱会/ギター・ラゴスニヒ「シューベルト/美しき水車小屋の乙女 55/1FM生放送」のテープがあります(懐)

    私は多くのギタリストを此処で聴いていますが奏者によって音エネルギーが全く違いますね。アポヤンドでしっかり弾いた音はかなり大きく此処のホールでは全くPAの必要は感じません。今日音量チェックの為アランフェス協奏曲の楽譜を取り出し2楽章の冒頭を弾いてみました。mfスタートですがステレオのボリュームがいつも聴いているのより大分上がりました。やはり生の音は大きく力強いです。

    byどんぐり at2017-06-08 13:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする