どんぐり
どんぐり
以前、長野県白馬村のどんぐり村に居住していた時の そこから望む白馬岳をタグにしました。 晴れた日は何時も朝日に輝く白馬連邦を眺めていました。 眼下に流れる渓流の通奏低音のような響き、朝もや、小鳥…

マイルーム

アナログ再生
アナログ再生
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
所有している約400巻の4trテープを真空管アンプとオープンリールデッキと タンノイのスピーカーで再生。 リスニングルーム兼音楽室・16畳、2.2~3.5m高 「使用機器」     スピーカ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

日記

約15年ぶりの改良(?)です

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月25日

最近再生音の濁りを感じ、もしかしたら15年寿命と言われている私のアンプの寿命(コンデンサーの寿命)ではないかと思いました。

しかし音はきちんと出ているので接点の接触不良かとも思い
スコーカー(TAD4001)とウーハー(TAD1601B)のスピーカーコード接続部を確認しました。長い年月にもかかわらず双方のねじ接合の緩みは全く無くしっかりと固定されていました。(tad4001はばね式固定で不安であったためネジに変更済み)

屋外にはみ出したスピーカーボックス2mⅩ80Ⅹ70センチ

とりあえず双方のフジクラ3Φの単線をカッターナイフで錆を落とし再生しました。
しっかり固定されていたのでその効果は期待していなかったのですが、かなり改善されたのです。濁りがかなり改善され全体の透明感がまし、弦も艶やかになりました。

これで確信が得られたので思い切って接点部を半田ずけにすることにしました。作業は2日間に渡り困難を極めましたが何とか完了しました。もう元には戻せません。決死の覚悟です(笑)

4001は取付ねじ部に直に、1601bは取付部から出ている直径2ミリほどの撚線に半田付けにしました。

これにより永久に電蝕(酸化)から解放されました。

この酸化現象はしっかり固定されていても進む!! のですね。

この改良により今までとは違った再生音の世界となりました。今迄の温かい音楽からやや冷たい感じになりました。(リファレンスはベーム・ウイーンフィルのベト9(ADD版))
最も驚いたのはベト3「英雄」の冒頭のフォルテの2音のホールの残響の豊かさです。2倍くらいの長さを感じました。

今回の改良が正解かどうかは分かりません。これから今まで聞いた音楽の聴き直しです。
・・・今迄みたいに楽しい音楽に包まれるか?またはオーディオの厳しい泥沼にはまってしまうのか?・・・

今回は半田付けという改良で不文律を破ってしまいましたが、長期間空気に触れると酸化し音質劣化するのは確かのようです。
メーカーには半田付け用の端子を設けたらよいと思いますが・・・

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. どんぐりさんこんにちは

    ついに半田での固定ですね。
    長時間に渡る作業お疲れ様でした。

    この際思い切ってアンプのコンデンサーも交換されては
    如何でしょうか、とか煽ってみます(笑)
    今後とも益々楽しまれて下さい。

    byテナガザル at2017-11-25 13:18

  2. テナガザルさん

    レスありがとうございます。

    今も検証のベト3を聴きました。
    あたかも音のエネルギーが4トラから2トラ38に変わったようです。
    でも音楽が楽しくなったか否かはまだわかりません。
    微妙にバランスが変わったように聞こえます。
    作業は大変危険を伴いました。高所での結構力のいる作業で、半田付けが難攻しました。何しろ加熱でリード線をプッツンしたらオシマイですので(汗)。

    もうオーディオは終わりにしようと常々思っているのですが“音がよくなる“と分かると実行せずにはいられません。悪い性です(笑)

    ネルソンパスさんはコンデンサーの寿命は15年と言っていますが22年間毎日のように使用している今も全く性能劣化を感じません。
    (このアンプは1995/2に導入)
    いずれコンデンサーの交換時期が来るでしょうが壊れるまでこのままいきます。
    これからも聴き直し検証が続きます。
    大変楽しいです♪

    byどんぐり at2017-11-25 14:39

  3. こんばんは  この寒く 風が 冷たい中での 作業は大変だったと思います。 怪我をされたら 取り返しがつきません。
    お気をつけください。

    それにしても 音楽の鮮度が 上がったようで 何よりです。
    危険を冒してまで 行った甲斐がありましたね。

    ぬくぬくと 暖かくされて 音楽を楽しまれてください。

    byX1おやじ at2017-11-25 16:11

  4. X1おやじさん

    お心遣いありがとうございます。

    昨日一昨日は比較的気候がよく、良し今だ!と思い作業を実行しました。もっと簡単に終わるかと思いましたが苦労してしまいました。

    アンプのピンジャックやスピーカー端子など長期間付けっぱなしの所は半田付け端子が欲しいですね。
    この変化は大変大きいです。
    CDは音が硬いと言う概念が変わることでしょう。

    スピーカー端子は川の流れをせき止めている堰のようなものでここを流れている情報はほんの一部ではと思いました。

    今は楽しく音楽を聴きながら検証中です。日増しに半田のノイズが退いていくのが分かります。

    今は肥満体のようなサウンドですがその内落ち着いてくると思います。

    ハイ暖かくして聴いています。ありがとうございます

    byどんぐり at2017-11-25 16:38

  5. どんぐりさんこんばんは。
    寒い野外での作業お疲れ様です。

    私はハンダ付けをしたことが無いので、
    せめて線材のはぎ直しで酸化は対応しております。

    然も、銀コートOFCですので線材の酸化は特に心配でしたが、この前Yラグの増し締め時に被覆内の線材を確認したところまだまだ綺麗な銀髪なバンデンハルでした。

    byニッキー at2017-11-25 20:51

  6. ニッキーさん今晩は

    レスありがとうございます。

    先程まで検証していましたが丸一日経過しましたが半田の音でしょうか?以前のような透明感のある音場になりません。だんだん不安になってきました。確かにエネルギー感はアップしているのですが・・
    もしかしたら半田の悪影響があるのかもしれませんね。
    明日は所用で検証できませんが暫く様子を見てみます

    byどんぐり at2017-11-25 21:44

  7. どんぐりさん

    やはりオーディオは、手入れすれば生き返りますよね!
    さらに音楽を楽しまれてる姿が目に浮かびます


    しかし大変な手入れおつかれさまでした
    まぁ、余り若くないですから無理は、なさらないように、汗

    私も今年は、スピーカーとクリーン電源を導入したおかげで
    透明度、エネルギー感もアップいたしました
    どちらも中古で導入でしたがO十万円の出費は、痛いですね、笑

    byO at2017-11-26 13:19

  8. 0さん

    レスありがとうございます。
    今回のダイヤトーは往年の名器ですね。音楽を提供するというメーカーのポリシーを感じます。それにクリーン電源が加わり透明度、エネルギー感がアップしてかなり完成度の高い装置に仕上がったのではと思います。おめでとうございます。
    私の今回のの改良でCDが2トラ38を彷彿とさせる片鱗が感じられました。
    まだ問題点もありますのでこれらを解決すべくトライしてみます。

    byどんぐり at2017-11-26 20:33

  9. どんぐりさん

    やはりハンダ付けというのは決心が要りますね。一生添い遂げるぞというようなものです。相手への信頼もなければ決断できませんし。私も前のB&W805をマルチドライブにするためにネットワークを外して、ケーブルをユニットに直付けにしたときはちょっと勇気が要りました。

    しかも、大型スピーカー端子とケーブルは熱容量も大きいのでハンダ付けは大変な作業でしたでしょう。屋外での作業であれば大変さはひとしおです。ご苦労さまでした。

    でも、ネジ止めというのはあくまで「接点」です。ハンダ付けは導体接合ですから腐食などの金属劣化というだけでなく音は必ずよくなりますよね。

    byベルウッド at2017-11-26 23:37

  10. ベルウッドさんおはようございます。
    レスありがとうございます。

    当ホールでの設置上、写真の様にスコーカーとウーハーのユニットは屋外にはみ出てしまいました。コンナコトシナケレバヨカッタ(笑)
    裏ブタを外したかさ4m程あるスコーカーの端子の半田付けは梯子とブロック塀の上に立ち手を伸ばしてやっと手が届く程の半田付け作業でした(泣)
    スコーカーTAD4001の端子は真鍮製で押釦を押して3ミリの単線を通し離すとバネの反発力で抑えるという心もとない構造です。幸いM4タップが立つ穴が開いていたのでM4ネジで設置当初からしっかり固定していました。ねじ止め方式のウーハーtad1601Bもプライヤーも使用して強力に締め付けました。

    このため15年以上経ても全く緩みなくしっかりと固定されていました。
    最近、音全体の濁り、ウーハーのヘタリを感じアンプ、ウーハーの交換を考えていました。でも単線をナイフで削り音を聴いたら俄然音が良くなったので我が意を得たりで半田付けを決行しました。しっかり取り付けても酸化反応は進行するのですね。

    以前から半田付けによる音質劣化は体験していて音が安定するまで数週間かかるのは体験済みです。今は半田のエージング中です。現時点ではこの状態に合うCDと肥満過ぎてとても音楽を楽しめないCDと分かれてしまいます。

    かって2トラ38を聴いていましたが当時1巻18000円と高価で、マスター巻きで使いづらく、また最長45分で、シンフォニーには不十分でした。このため4トラテープに移行しました。2トラ38をテープは5巻ほど購入しましたがやはり録音により音質の差があるようですね。
    このうちテオ・アダム ワーグナー管弦楽曲集は秀逸でこれを聴いたら誰でも嵌ってしまうほど素晴らしい録音です。(実際至近距離で聴いた師の声はごく普通で迫力はあまり感じませんでしたが・・・)続く

    byどんぐり at2017-11-27 10:02

  11. 続きです
    これのCD版と比較するとcdの虚しさを感じてしまいます。体温を感じる2トラの声がCDではかさついた音に聴こえてしまい、深々としたオケの響きも全く浅い響きとなってしまいます。
    ずっと長い間この差を感じていました。
    今回、もしかしたらこの差を縮めることができるのではと感じています。

    でもバランスが変わったように聴こえ以前のように音楽を楽しむことができません。

    今迄幸せな気分で音楽を楽しんでいましたがこれからしばらく苦難の道が続くことでしょう。“人生重荷を背負って進むべし”
    の家康の言葉が浮かんできます・・・(泣)

    >>大型スピーカー端子とケーブルは熱容量も大きい
    この為、30wと100wの2つの半田ごてを用意しました。端子は100wで、撚線は30wで

    >>ネジ止めというのはあくまで「接点」です。ハンダ付けは導体接合です

    全く同感です!!
    一般的な家庭用スピーカーでは何時でも端子をクリーンアップ出来るので接点の酸化」は心配ありませんね。
    この端子を通過する信号の大きさが点なのか線なのか面積なのかは分かりませんが、今回の改良で明らかに情報量は増えました。ちなみに4トラ再生ヘッド接触長さはは2トラの半分です

    byどんぐり at2017-11-27 10:15

  12. >このうちテオ・アダム ワーグナー管弦楽曲集は秀逸でこれを聴いたら誰でも嵌ってしまうほど素晴らしい録音です。

    それほどの録音、是非に鑑賞してみたいです!
    今度、伺わせてくださいまし

    byO at2017-11-28 21:57

  13. Oさん 今晩は

    この10号テープは格別に素晴らしいテープだと思います。

    テープは健在ですが残念ながらテープデッキが壊れて現在所有しておりません。
    いずれ機会がありましたらまたDENON710Fを入手したいと思っています。
    それから今回の改良で完全にバランスが狂ってしまい、とても今は聴いていただける状態ではありません。
    何とかまた楽しく聴けるよう努力していますが中々上手くいきません(泣)
    また良い状態になりましたらこちらからご連絡致します。

    よろしくお願いいたします。

    byどんぐり at2017-11-28 23:10

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする