どんぐり
どんぐり
以前、長野県白馬村のどんぐり村に居住していた時の そこから望む白馬岳をタグにしました。 晴れた日は何時も朝日に輝く白馬連邦を眺めていました。 眼下に流れる渓流の通奏低音のような響き、朝もや、小鳥…

マイルーム

アナログ再生
アナログ再生
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
所有している約400巻の4trテープを真空管アンプとオープンリールデッキと タンノイのスピーカーで再生。 リスニングルーム兼音楽室・16畳、2.2~3.5m高 「使用機器」     スピーカ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

祈りの日の発表会

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月11日

今日は震災から7年の祈りの日、
毎年ご利用いただいているピアノ教室の発表会が開かれました。

とても印象的な内容でしたので先生の快諾を得て此処にアップさせていただきました。

生徒数14名で殆どが小学生でした。このうち目立った子の学年を聞いてビックリ! まだ4年生との事、見た目はどう見ても中高生に見えます。後で聞いたら身長148センチとのこと。
当ホールは小学生の平均身長を基にステージの高さを58センチにしましたが再検討が必要かもです(笑)

司会の慰霊のナレーションの後この教室のOBのフルート2重奏とピアノにより「花は咲く」が演奏されました。美しい演奏に自然と涙が込み上げてきました。多くの聴衆も同じ想いであったでしょう。



お子さんたちの演奏は息吹に溢れていました。出来不出来を超え明るい生命力と音楽の力を強く感じました。この感動を与えてくれた生徒さん達に感謝です!

シューベルトの「即興曲OP90-2」をノーミスで感動的に弾いてくれたのはなんと小学2年生!

将来が楽しみですね。

他の生徒さんもみな素晴らしい演奏を披露してくださいました。
(写真は震災発生同時刻での演奏)

それにしても生の音はなんと美しいのでしょう!!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんは 今日は東日本震災から7年の日でした。今だ復興していない地域があり私も元青森県人として心が痛みます。ここ長野でも震度4の揺れがありました。せめてできることは東北の名産品を購入することではないかとYAHOOから購入しました。義援金などしましたが一刻も早く復興することを祈念します。私も今日は辻井さんのCDを聞きました。

    byELVIS at2018-03-11 19:32

  2. どんぐりさん

    現実社会に対して音楽が出来ることには限界があるかもしれませんが、子供の時に、心に残る体験を音楽と伴にすることで、大人になっても何らかの力を私たちに与えてくれるような気がします。

    辛い体験をした子供たちに、音楽がそういう一生の宝物になってくれることを願ってやみません。

    byパグ太郎 at2018-03-15 00:05

  3. バク太郎さん おはようございます。

    >>大人になっても何らかの力を私たちに与えてくれるような気がします。
    本当にそうですね。子供たちの目は輝いていました。大きな希望を感じます。
    それに対しこの国の荒廃した大人たちは嘆かわしいですね。
    何の理念を感じさせない政治が齎す今の社会。
    去年の9月に孫に会いにニーダーンハウゼンの娘家族宅に8日間滞在し近くを散策しましたが何処も素晴らしかったです。
    ドイツと日本の戦後の復興期間は同じなのに隔世の感があります。
    例えば・・・先日娘が近くの医院で診察を受けてその診察の的確さ、そして医療費はタダ!、フランクフルトまで約40キロの料金がベンツVクラスで往復で4~5千円!
    アウトバーンは無料でどこからも自由に入れる!200キロで走っても周りに変な運転をするのは皆無、
    日本では不可能と思える強固で快適な住宅の造りなど挙げたらきりがありません。
    震災の後原子力発電がなくとも火力発電で間に合いましたね。
    無限の地熱の宝庫のわが国で自然エネルギー発電で足らないはずがありませんね。
    毎日国民の税金を使って無駄な国会を開いているのに腹が立ち長文になってしまいました。

    byどんぐり at2018-03-15 08:43

  4. ELVISさん レスありがとうございます。

    あの日が繰り返し報道されるのを見ると心が痛みますね。
    私は震災の数年前、家内と北山崎から気仙沼まで海岸沿いをドライブしました。多くの場所が思い出に残っています。気仙沼の魚市場では奥の市場まで足を延ばしました。
    現在はここも大分復興が進んでいるようです。海岸沿いの入江の道路を走っているとき「此処まで津波が来た」という道標を見ました。
    宿泊したホテルも甚大な被害を被ったとのことです。
    過去の災害は忘れ去り繰り返されるのですね。

    私も一時期長野県の白馬村に居住したことがあります。

    白馬村は天国の様に美しいところですがフォッサマグナ上にありやはり地震が心配です。

    私も時折辻井さんのCDは聴いています。力みのない自然な演奏が良いですね。
            (11日のレスを修正して再投稿しました)

    byどんぐり at2018-03-16 11:06

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする