どんぐり
どんぐり
以前、長野県白馬村のどんぐり村に居住していた時の そこから望む白馬岳をタグにしました。 晴れた日は何時も朝日に輝く白馬連邦を眺めていました。 眼下に流れる渓流の通奏低音のような響き、朝もや、小鳥…

マイルーム

アナログ再生
アナログ再生
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
所有している約400巻の4trテープを真空管アンプとオープンリールデッキと タンノイのスピーカーで再生。 リスニングルーム兼音楽室・16畳、2.2~3.5m高 「使用機器」     スピーカ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

リアルティ追求の限界

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月11日

先日、わが街のコンサートホール:太田市文化会館でのニューイヤーコンサートを聴いてきました。プログラムはお馴染みのスメタナの「モルダウ」、ドボルザークの「チェコ組曲」それに「新世界より」です。
8列23でほぼ中央で聴きました。
このホールは2年前にオープンした2代目のホールです。
http://www.otacivichall.net/facility/hall/
4階席まである定員1501名の大ホールです。
この日は殆ど満員のため大変デッドに感じました。
残響時間約2秒とのことですが殆どホールの余韻は感じられませんでした。
2階席でママ友と聴いていた妻は良い響きだったと言っていたので場所により響きが異なるのかなと思いました。
ステージ周りは硬い無垢材で囲まれていてブラスなど強い反射音を感じました。客席の床も全く弾力を感じない堅固な板材でした。もしかしてコンクリートに直貼り?

響きの少ない硬い音からは温かい音楽は生まれませんね。2年前に聴いた前橋市民文化会館(築37年)での「新世界より」とはかなりの違いです。

翌日わが家で「新世界」を通して聴いてみました。
前夜の強い印象が残っていて自然とボリュームが上がってしまいます。
それでもケルテス/VPOのムジークフェラインザールの音は温かく、素晴らしいハーモニーです。

確かに爆音で聴くとリアルティを感じその躍動感に酔いしれますが今日ずっと大音量で聴き終えた後耳鳴りが消えません。

確かに音そのものは生の方が良いですが音楽を楽しむにはステレオのほうがより感動的で素晴らしいと感じました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. どんぐりさん、遅ばせながら明けましておめでとうございます。

    私も大構成のコンサートをホールで聴いても正直疲れてしまいますね。
    指揮者や演奏者の緊張感が観客が感じられるのだろうと思います。

    クラシックよりもこの『緊張感』は空間が狭いJAZZの方がステレオでは良く感じられると思います。

    年末の話ですが、楽器の音を真剣に聴きたいと思う方がウチのレコードを聴いてくださいました。
    濃くよりコク、楽器の演奏が聴きたい…それこそが生の音。という執念を語ってくれました。

    byニッキー at2019-01-11 21:44

  2. ニッキーさん 明けましておめでとうございます。
    本年も宜しくお願い致します。

    やはり聴く音楽に適した各自の再生音楽があるようですね。

    ニッキーさんのサウンドはかなり良さそうですね。
    好きな音楽を存分に楽しんでください。

    是非聴かせていただきたいのですが中々かないません(_ _ ;)

    byどんぐり at2019-01-11 22:16

  3. 平蔵さん

    明けましておめでとうございます。

    >軽井沢大賀ホール
    私も此処で録音されたピアノのCDを聴いています。

    かなり響きの良いホールですね。写真からもそれが伺えます
    >ダンボールが。。
    少しでも広く、そして定在波を作らないが鉄則ですね。

    こちらこそよろしくお願いします。

    byどんぐり at2019-01-11 23:23

  4. どんぐりさん

    いわゆる「市民会館」は、多目的ホールとして設計されているのでデッドな傾向が強いと思います。演劇、会議や講演会にはデッドな方が言葉が聞き取りやすいからです。

    写真を見ると、座席が傾斜していて天井も低い。こういうホールはちょっとしんどい響きがしますね。天井により近くなる奥や階上の席はますます音が悪くなるはずです。2階席の方が音が良かったというのは、正直言って、考えにくいですね。

    残響時間を見ると2.3秒(舞台反射板設置時)とあるので、例え空席時の測定だとしてもさほど悪いとは思えません。どんなホールであっても、反射板や反響板のセッティングの経験不足や部材などのエージングで音がこなれていないということもあります。また、内装面で改善の余地があります。一方、演奏家もその場所でのリハーサルの時間を十分に取るとか、適応が必要です。特に大オーケストラは難しいです。

    そういう意味では、名ホールは育てるもの。初めっから名ホールということではないと思います。

    自治体のハコモノ行政では難しいかもしれませんが、住民もそういう育てる気持ちを強く持てるかどうかということでしょうか。

    byベルウッド at2019-01-12 00:53

  5. ベルウッドさん
    おはようございます。

    レスありがとうございます

    このホールは耐震工事が必要と判断されたのに伴う新築工事だそうです。
    足で踏んでも全く受け付けないほど固いです。見た目は木材が綺麗ですがまるでコンクリートをふんでいるかのようです。
    フェラインザールは軽く踏んでも弾力を感じました。
    丈夫で長持ちが見て取れます。やはり多目的ホールなのですね。

    >リハーサルの時間を十分に取る
    残念ながら今回の演奏は弦と管がアンバランスに聴こえてしまい音の迫力ばかりに気がいってしまい音楽に浸れませんでした。
    オーケストラもそのホールにあった最善の演奏をしようと、そこまでの技量はどうでしょうか

    来月室内楽コンサートがありますのでホールの響きを確かめてみようと思っています

    byどんぐり at2019-01-12 07:32

  6. 平蔵さん

    軽井沢大賀ホールでの録音

    河原千尋「エリーゼのために」をご紹介しますね。

    優れた演奏、優秀録音で私の愛聴盤です。
    https://item.mercari.com/jp/m49987398842/

    この中で「きらきら星変奏曲」は澄んだ夜空に星がキラキラ輝いているかのようです。(11変奏)
    またメンデルスゾーンの「ヴェニスの舟歌」は余りの美しさに惹き込まれてしまいます。

    河原さんとこのホールはならではの賜物と言えるでしょう。

                    訂正レスです。

    byどんぐり at2019-01-12 11:34

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする