どんぐり
どんぐり
以前、長野県白馬村のどんぐり村に居住していた時の そこから望む白馬岳をタグにしました。 晴れた日は何時も朝日に輝く白馬連邦を眺めていました。 眼下に流れる渓流の通奏低音のような響き、朝もや、小鳥…

マイルーム

アナログ再生
アナログ再生
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
所有している約400巻の4trテープを真空管アンプとオープンリールデッキと タンノイのスピーカーで再生。 リスニングルーム兼音楽室・16畳、2.2~3.5m高 「使用機器」     スピーカ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

日記

特撰!ムーティのレスピーギ「ローマ3部作」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月19日

グルマンさんの日記に触発されてレスピーギ3部作を聴き直してみました。

リッカルド・ムーティ/フィラデルフィアオーケストラ7565(直輸入盤)

ムーティの素晴らしい演奏、そして録音の素晴らしさに酔いしれました。

レスピーギの「リュートのための古代舞曲とアリア」は中学生時代によくギターで弾いていました。
イタリアの作曲家ではビバルディよりも古いと思っていましたが享年1936年と最近の作曲家だったのですね。
そのため楽器編成も大きくスケールの大きな音楽となっています。
3部作のうち「ローマの松」,「ローマの噴水」はそれなりに理解していましたが「ローマの祭り」は一般の祭りの楽しさが伝わって来ない。
調べると、この曲の冒頭は暴君ネロによるキリスト教徒虐殺を描いているとか。以前映画で観たシーンを思い出してしまいました。最後は明るく大迫力のうちに終えますがこの音楽はローマの歴史絵巻のようです。

リッカルド・ムーティの演奏は自然なテンポで聴きやすく明るく楽しいイタリア音楽と感じます。これに比べカラヤンの演奏はテンポが遅く重厚な演奏でいかにもドイツ的といえるかもしれません。私はこの曲では圧倒的にムーティに軍配を上げます!(笑)
オーディオ的にもホールを包み込むようなはローエンドまで伸びきったパイプオルガンも素晴らしいです。

興味がおありの方はこちらにいらっしゃいませんか。
愚音ですが聴いていただけたら嬉しいです♪

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. どんぐりさま

    はじめまして、もとこと申します。
    お邪魔いたします。

    フィラデルフィア、ムーティさん、TIDALで聴いてみました。
    音色がキラキラしてて、なにこれステキ^^
    (お気に入り登録完了)

    難しいコトはわかりません(笑
    カラヤンさんの松、ムーティさんの噴水、
    どちらも好きです♬

    byMotoko at2019-12-19 21:40

  2. Motokoさんこんばんは

    レスありがとうございます
    この3部作は色彩色豊かで曲想が分かりやすいですよね。昔の人は残酷なシーンを祭りとして楽しめたのでしょうかね?
    >音色がキラキラしてて、なにこれステキ^^
    そう聴こえるとは再生装置が素晴らしいということですね

    カラヤンとムーティの演奏はどちらも素晴らしいですね。。今日この両者を何度も聴きましたがどちらも素晴らしかったです。
    私はカラヤンが好きですがこの曲に限ってはムーティです(笑)

    byどんぐり at2019-12-19 23:10

  3. どんぐりさん

    CDで注文しました。
    週明けに聴いてみますね。
    情報ありがとうございます。

    byきょや at2019-12-20 01:51

  4. きょやさん

    ムーティの演奏を注文されたのですね。

    是非ご感想をお聞かせくださいね。

    この曲はオーディオ装置の試金石となりうるいい曲ですね。

    このムーティの演奏、録音はそれに答えうる白眉であると思います。

    byどんぐり at2019-12-20 07:28

  5. どんぐりさん、初めまして。最近はすっかりROM専のけえぱぱと申します。

    実はこの盤は初版のCDが出た時から30年来の愛聴盤です。
    ローマ三部作は色々聴きましたが、これに勝るものはないと思います。
    松のアッピア街道の松での圧倒的な迫力、祭りの主顕祭での熱狂的なバカ騒ぎっぷり、等々。
    どこを取っても最高です。
    しかし国内版の初版のCDの音は厚みはあるものの、解像度が低く、せっかくの好演奏が十分に伝えきれてない感じでした。
    何度かリマスターされて、今は20bit88.2㎑でリマスターされたCDを聴いています。かなり洗練された音になったと思います。
    輸入盤ならもっと音はいいのでしょうか。ちょっと気になります。

    またいいCDあれば教えてください。
    よろしくお願いいたします。

    byけえぱぱ at2019-12-22 00:38

  6. けえばばさん レスありがとうございます

    私の盤も多分初版であると思います。

    いつ聴いても新鮮なサウンドで至高のCDであるとおもいます。
    やはり他の曲でも直輸入盤は国内盤より鮮度、エネルギー感とも優れていると思います。私が聴いた全てのリマスター版はエネルギー感が劣っていました。

    この曲ではムーティは繊細で克明な演奏をされていますね。
    ローマの松では以前聞こえていた鳥のさえずりが今は聴力が落ち聞こえなくなってしまいました(笑)
    カラヤン版では音量が大きくはっきり聞こえますが”夜の雰囲気”ではムーティのほうが良いでしょう。

    カラヤンも直輸入盤でエネルギー感は凄いですがレンジの広さ、録音の透明感もムーティが上です。パイプオルガンの透明感、低音の伸びなどで荘厳な音楽に包まれますね。
    カラヤン版はベルリンフィルとフィルハーモニア版があります。
    指揮の感じは同じですが演奏はベルリンフィルの方が良いですね。
    この3巻しか所有していないので他の演奏については分かりません。
    (ミスプリントを修正しました。)

    byどんぐり at2019-12-22 12:07

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする