レネゲイド
レネゲイド

マイルーム

NAXOS と REW
NAXOS と REW
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
地下に設けたオーディオルームです。PEAKで90dbまでOKです。アースを地中に取ったせいか、音は全般的に静謐です。ソースは、もっぱらクラシック音楽ですが、昨年5月に加入して以来、今ではほとんどNAX…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

廉価 DAC Topping D10とオペアンプの交換

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月22日

某サイトで評判が良い中華DACの topping D10をamazonで購入しました。

1万円程ですから、失敗してもいいや、と思い、軽い気持ちでした。

しかし、良い意味で、裏切られました。

電源はUSBバスパワーで、出力はRCAピンのみの、シンプルな構成です。

音を聞いて、びっくり。多くは書きませんが、それまで潰れていたであろう、弱音を丹念に拾って、丁寧に聴かせてくれてます。

さらに、ホームページを参考に、オペアンプをOPA2134PAから、MUSES02に交換すると、上下左右に、また奥行きまで広く鳴るようになりました。
もっとも、MUSES01にも交換してみましたが、こちらはエイジングに時間かかるかかりそうです。

それまでの、X-DDC reserve + ラックスマンDA-200から、こちらに入れ替えています。
PCオーディオ関連の技術の進歩は、凄いですね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. レネゲイドさん、おはようございます。

    このDACの音が良いことはのびーさんから聞いておりました。その後MFさんからD50も良いそうですよ、とお聞きしましたので私はD50の方を購入してみました。

    確かに良い意味で期待を裏切れました。Hugo2の10分の1のお値段ですが、正直驚いています。中低域の厚い柔らかい音ですね。こちらもオペアンプ変えることが出来たら面白そうです。

    それにしても最近の中華DACは侮れませんね。(^_^;)

    byHarubaru at2018-05-23 08:07

  2. Harubaruさん

    レスをありがとうございます。

    MUSES02は、バイポーラ型、MUSES01はJ-FET型だそうですが、私にはよくわかりません。音質は、ハッキリ違います。
    MUSES02は、前述の通りで乱暴な言い方をすると、音場重視かな。対してMUSES01は、音像重視だと私は整理しています。ただ、音の明るさと力強さは出色で、MUSES02に飽きたら、交換するつもりです。

    あと、JPLAYは、DACLINK700Hzをマークしました。

    byレネゲイド at2018-05-23 14:38

  3. レネゲイドさん、こんばんは

    情報によると、topping D10のオペアンプへの供給電圧は
    ±8Vだそうです
    各オペアンプの仕様としては動作電源電圧は
    OPA2134  ±2.5V~±18V
    MUSES02 ±3.5V ~ ±16V
    MUSES01 ±9V ~ ±16V

    私はMUSES01 &MUSES02を合計10数個、自作DACや
    アンプに使ってみましたが、±12V 又は±15Vで使ってます
    MUSES01が本領を発揮するのは±12V 以上からみたいです

    エージングは100時間以上は必要みたいですね

    by好事家 at2018-05-26 22:01

  4. 好事家さん

    貴重な情報ありがとうございます。

    DACを自作するとは、凄いですね。私には到底無理です。

    MUSES02の音はとても気に入ってます。MUSES01が、±12vからなら少しキツイかもしれませんね。

    しばらくは、MUSES02でいきます。

    byレネゲイド at2018-05-26 22:36

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする