眠り猫
眠り猫
中学時代にクラシックにハマる ↓ 大学時代に偶然長岡鉄男氏の著作を読み、スピーカー自作にハマる ↓ 諸事情により一旦デスクトップオーディオに縮小 ↓ あまり音楽を聴かなくなり何年も経過 …

マイルーム

試行錯誤中
試行錯誤中
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
プレーヤー:PC+Foobar2000 DAC:Nuprime DAC-10 パワーアンプ:Nuprime ST-10 スピーカー:Sonus faber Elipsa
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

今日の音楽(BBC radio3 リパッティ特集、フルネのフランク「贖罪」、ゲルギエフのシベリウス1番他)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月27日

相変わらず新旧取り揃えてなかなかの変化球を出してくるBBC RADIO3からいくつか。

フルネのフランク、交響曲ではなくて交響詩「贖罪」。
これはまた随分とマイナーな代物を…。
http://www.bbc.co.uk/programmes/b08k4qhl

Franck, César [1822-1890]
Rédemption - symphonic poem (M.52)

Netherlands Radio Choir, Netherlands Radio Philharmonic Orchestra, Jean Fournet (conductor)

そのまま続きでゲルギエフ/ロッテルダムのシベリウス。
どことなくねっとりとロシアっぽいような、それともこれはマーラーっぽさなのか。
これはこれで楽しい。

Sibelius, Jean (1865-1957)
Symphony No.1 in E minor, Op.39
Rotterdam Philharmonic Orchestra, Valery Gergiev (conductor)



こちらはピアニストとしてのリパッティと作曲家としてのリパッティと、両側面からのプログラム。

http://www.bbc.co.uk/programmes/b08jfbfv

ピアニストとしての録音は定番として、作曲家としての才能も際立ちますね。
夭折が惜しまれたのも納得。



こちらはサンパウロ交響楽団の中南米モノの演奏がメイン、と思わせつつ、ひっそりとシモーネ・ヤング/ベルゲンフィルのブルックナー7番なんて重量級のライブを挟み込んでくるあたりが何とも言えないw

http://www.bbc.co.uk/programmes/b08jfdx6

Bruckner, Anton (1824-1896)
Symphony No.7 in E major
Bergen Philharmonic Orchestra, Simone Young (conductor)


相変わらずイルジャルティーノ・アルモニコは楽しい演奏しますね。
3年ほど前のポーランドでの音楽祭ライブ。

http://www.bbc.co.uk/programmes/b08h0cbt

Il Giardino Armonico at the 2014 Wratislavia Cantans International Festival in Poland





次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする