LowB
LowB
右に左に揺れては正確にリズムを刻むメトロノーム。 実家のアップライトの上にあったそれは『 っか! カコーん・・・っか! カコーん・・・っか!・・・』 と、左に振れたら帰って来ない・・・ …

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

日記

立井電線 TPS 7182

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月17日





立井電線 TPS 7182を試しました。

皆様初めまして、Mogami 2803 純正モールド品に勝るXLRケーブルにやっと出会えたと嬉しく思いの初投稿です。

以前のシステムではすべてバランス伝送環境でしたがRCA接続のMogami 2803に勝るXLRケーブルがなく、結果ずっと2803を使ったRCA接続環境で我慢してました。

しかし現システムではXLRのみの環境なのでその他のケーブルで妥協を強いられてきましたが、これにて解決です。

マイクケーブルとして5m物を1本購入すると、デフォルトの端子はNC3FXX & NC3MXX、つまり銀端子です。

これをそれぞれ1m強の4本に分けて

NC3FXX & NC3MXX銀端子のLRの2本と

NC3MXX-B & NC3FXX-B金端子のLRの2本を製作しました。

機器側が金端子の場合、ケーブル側の端子は銀端子のほうがSPケーブルの長さによる変化がリニアな特性を持つことで『焦点合わせ』をやりやすいことから、同じケーブル線材でも銀端子のものは必ず作るようにしています。

焦点が決まってしまえば今の電流伝送システムでは機器側もケーブル側も金端子が合うようです。

~TPS 7182のインプレッション

現在、私なりの最高の賛辞を持って言えば、
『ただそこにある音』とだけは言えるかと思います。

繋いだ瞬間にわかるものですが、
しばらく時間をかけて検証していきたいと思います。

次回の日記→

←前回の記事

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする