ZDM400
ZDM400
※現在新規で始めたので過去の製作物を一挙にアップしております。 以下プロフィール 埼玉県在住の自動車会社社員。 趣味は車、バイク、プアーオーディオ、音楽鑑賞、映画鑑賞。 金をかけずに手間をかけ…

マイルーム

リビング
リビング
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~4ch
約8畳でガラス引き戸と出窓に木造の一般的なボード壁。 ガラスは全てレジェトレックス3cm角を中心に貼ってプチ制震。 鉄骨造の上に木造が乗った構造の2F部分に位置する為、床に断熱材が入っ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

日記

ONKYO C-705 修理と改造

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月24日

トレー開閉不良とのことで格安入手のONKYO C-705。
INTECというエントリーモデルのシリーズでDENONなど他メーカーからも顔面違いの同じ中身のプレイヤーが当時出ていたようだ。

とりあえず分解。


ベルトを交換。

開けたついでについつい・・・
各部コンデンサをUTFJに交換。

オペアンプをソケット化、MUSES8920へ交換。

トレー周りをレジェトレックスで軽く制振。




後日、ピックアップを交換。
合計3回交換しました。

理由は、CD●ーツマンというネット販売ショップで買ったピックアップが不良品だった為です。
このKSS-213Cというピックアップ、中国産の見た目だけはそっくりな不良品が大量に流通している模様。
AMAZON流通なども確認していますが、2000円以下はほぼ粗悪なOEM(というか偽物)です。

右が純正KSS-213C、左がバッタモノ。

バッタもの1台目はCDの音とびが酷く、可変ボリュームを何時間調整しても直らないわ、CD-Rは読み込まないわ・・・
個体差なのか、可変ボリュームをいじり過ぎて壊したか?と思い、今度はトレー付きASSYで購入するが、何時間格闘しても1台目を同じ結果。
3回目はAROさんという部品屋さんで倍くらい高いものを購入。
どうやらこれが本当の国産のKSS-213Cだったようです。
可変抵抗なんて触らなくても1発でどんなCDも綺麗に鳴ります。

まさに「安物買いの銭失い」ならぬ「安物買いの時間失い」でした。


改造、修理後の音は・・・最初から色々やってしまって元の音をほぼ聞いていないので何とも言えませんが、数十万クラスの音・・・になっているといいなぁ・・・w

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする