ZDM400
ZDM400
※現在新規で始めたので過去の製作物を一挙にアップしております。 以下プロフィール 埼玉県在住の自動車会社社員。 趣味は車、バイク、プアーオーディオ、音楽鑑賞、映画鑑賞。 金をかけずに手間をかけ…

マイルーム

リビング
リビング
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~4ch
約8畳でガラス引き戸と出窓に木造の一般的なボード壁。 ガラスは全てレジェトレックス3cm角を中心に貼ってプチ制震。 鉄骨造の上に木造が乗った構造の2F部分に位置する為、床に断熱材が入っ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

日記

自作パッシブプリアンプ (セレクター)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月25日

中華アンプのような非常に単純な機能のアンプを使っていると困るのがソースの切替。

ラズパイのVOLUMIOオーディオとCDプレイヤー+α(未定)のソース切替の為のセレクターが必要だが、ある程度のクオリティのオーディオ専用は非常に高い。

そこでまた自作。

使用したケースはリード工業のP-2。
マスキング、墨だしにて穴あけ。




RCAジャックは金メッキ絶縁タイプ。
線材はやはりGarrettaudioさんのMILSPEC2芯、錫メッキ線。
骨の折れる作業だった。




セレクタースイッチはALPS ノンショーティング4回路3接点 アルプスSRRN1043N。
メモ書きをしないと間違う複雑さ。




テスターで導通チェックでほぼ完成。
アルミのツマミはサトーパーツK-5475-M。



レタリングで完成度アップ。



3入力/2出力のセレクターが完成。
費用総額約6000円弱。


次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは。
    私も自作派ですので自作記事があるとうれしく感じます。
    線材などこだわっている様子がうかがえます。ロータリースイッチがノンショーティングタイプですので入力を切り替えたときにプチノイズがでませんか。ショーティングタイプの方がよいと思いますが。私はセイデンのショーティングタイプが好みです。

    byマイペース at2017-02-26 15:33

  2. マイペース様
    コメント有難うございます。
    やはり出来る範囲でなるべく良い音で聴きたいので高いものではないですが線材も色々試している次第です。

    素人考えですがロータリースイッチは端子同志がショートする瞬間が気持ち悪くてノンショーティングにしましたが、切替のノイズは出ていません。
    こういった場合はショーティングタイプが一般的なのでしょうか。
    なにせ当方、ネットの受け売りの知識ばかりなもので無知でして・・・

    byZDM400 at2017-02-26 16:12

  3. ZDM400さん

    ノンショーティングタイプですと、切り替える瞬間に入力がどこにもつながらない状態になります。そこから信号線とつながるとプチノイズが出ます。ボリュームを大きくと相当大きな音です(笑
    例えば入力側のRCAケーブルを未接続からいきなり差し込むことと同じです。この場合RCAジャックのアース側より先にホット側(信号側、内側のでている場所)が導通するとプチという大きなノイズ(驚くほど大きな)が出ます。ツイーターは破損するかもしれません。

    今回、ノイズが出ていないのはラッキーかもしれませんね。早くショーティングタイプに替えることをおすすめします。
    ノンショーティングタイプを使う場合は電源の切り替えやつながっている抵抗値が並列になって小さくなるとよくない場合などです。

    byマイペース at2017-02-26 19:42

  4. マイペース様

    レスが遅くなりまして恐縮です。
    なるほど、そういう事だったのですね。
    音声ラインも電気なのでショートは良くないのだと安易に考えておりました。
    近々ショーティングタイプに交換しようかと思います。
    ありがとうございます。

    byZDM400 at2017-03-02 15:25

  5. ZDM400さん、

    お節介かもしれませんが…
    グランドライン(ー側)はロータリーSWを通さずに右左別々に出力側の端子に直接配線する方がよいと思います。
    万一SWの接触不良でグランドが浮くと大変なことになるからです。
    入力機器のグランドを使用していないときには切り離しておきたいという気持ちはわからないではないですが、信号ラインに接点が増えるという弊害の方が大きいと思います。

    そうすればロータリーSWはノンショーティングタイプで問題ないです。
    というかむしろそうすべきだと思います。
    グランドが浮かない限りは切替ノイズは問題ないはずです。
    たぶん現状ではそうなっていると思います。
    入力がオープンになってもアンプ側には必ずホットとグランド間に入力抵抗が入っていますので問題ありません。
    入力機器のDC漏れがある場合はノイズが出ますが、それはどんな切り替えスイッチを使っても避けられません。
    (基本は入力切替はヴォリュームを落としてからするべきですが…)

    ショート・タイプは音量切替用のロータリーSWにに使われます。
    これを入力切替用に使うとCD出力とラズパイ側機器の出力が切り替え時にショートされることになり、出力ショート時の対策が施されていない機器だった場合には出力素子の損傷になる場合がありますので危険です。

    あ、それからもうひとつ。
    ケースはアンプのシャーシ(グランド)に落としておくのがよいと思います。ケースが電気的に浮いているとノイズの原因になりますので。

    byK&K at2017-03-02 17:17

  6. K&K様

    大変興味深いコメント有難うございます。
    このセレクターを作る時に、ネットで色々調べたつもりでしたが、それで皆さん単線などでグランドを繋いでいるのですね。
    確かに接点が増えるほうが弊害が多いというのはわかりますが、グランドが浮くと具体的になにが大変な事になるのでしょうか。
    無知なもので・・・ご教授頂ければ幸いです。

    それと、このセレクターはじめ、パワーアンプ、プリアンプのケースはDIYにて庭の150cm地中に埋め込んだ45cmアース棒へつながるアースケーブルを接続してありますが、その場合でもアンプのシャーシにセレクターのケースを繋げて大丈夫でしょうか?

    素人質問ばかりで恐縮です。

    byZDM400 at2017-03-02 18:02

  7. ZDM400さん、

    動作中にグランドが浮くと盛大なノイズが発生してトゥイータなどを破壊する危険があります。
    ただ、良く考えるとその危険はモノラルアンプでない限りは左右のグランドが両方浮いた場合だけなので、あまり気にしなくても良いかもしれません。
    左右どちらか片側のグランドが浮いた場合には音は劣化しますが、気がつかない可能性はあります。

    セレクターのケースはアース棒に配線されていましたか。
    失礼しました。その場合には問題ありません。

    けれどもパワーアンプ、プリアンプのケースもアース棒に配線されているのはグランドラインのループを形成するので理論的にはあまりよくはありません。
    ほとんどのアンプは信号線のグランドを直接ケースに接続しています。プリとパワーは信号線によって既にグランドがつながっていますのでそれを両方アース棒につなげるとアースがループになってしまうのです。
    ですからアース棒に落とすのはシステム全体の一つの機器にするのが無難です。

    厳密にいうとRCA接続では完全モノラル構成でない限り右左のグランド線がループになるので、これを全く避けるのはほぼ不可能です。
    アースループは完全には避けられないのでちょっと厄介です。
    アースのループがどのくらい悪影響を及ぼすかはそれぞれの場合で違うのでわかりませんが、理論的には余計なループを作らな方がいいだろうということです。

    セレクターのケースは信号線にはつながっていないようなのでアース棒に落とすか、アンプのケースに落とすかどちらでもいいと思います。
    聴き比べて差があるようでしたらいいと思われる接続をすればいいと思います。

    byK&K at2017-03-02 18:55

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする