マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

日記

モスキート・ネオの構造について教えてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月12日

皆様、初めまして。

当方、長年モスキート・ネオというスピーカーを使っております。
どなたか、モスキートをご開帳された方はいらっしゃいませんでしょうか?

ケーブルを交換しようと思い、久々にモスキートのSP端子を回したところ、
受け側のソケットごとボロっと抜け落ちてしまいました・・・。
内部パーツも内側に落ちてしまったようで指に引っかかりません。
通常なら筐体を開けて・・・と簡単な話なのですが、
ダイナさんに確認したところ構造が特殊なようでして、
ウーファー2個を夫々60kgの圧をかけたガスシリンダーでカーボンボディごと後ろからバッフルに押さえつけているため、
バッフルの六角ネジを外そうものなら圧が解放されてカーボンボディがぶっ飛ぶとのことです。
無事開けることが出来たとしても、今度は冶具がない限り戻すことが出来ないと・・・。

ですが知人が「そんな圧をかけているのに、小さな六角ネジ8本だけで留めるだなんて有り得ないよね。振動で緩んで外れたら凶器だぞ?」と言われ何となくそんな感じもしてきました(苦笑)
どなた様か、修理やご開帳のご経験のある方がいらっしゃいましたら
この辺の事実関係をご教示頂けませんでしょうか?

メーカー倒産に加え輸入代理店も現存せず、ダイナさんも手の打ちようがないようです。
本機は、我が家のように既に10年を経過した個体もあり、今後も愛用していくなら内部メンテは避けて通れない道です。
ご存知の方、何卒宜しくお願い致します。

次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. 初めまして。個人的にかなり面白いテーマですので、久々に食いついてしまいました。どうか画像つきでレポお願いします。
    私のシステムの総額合わせてもMOSQUITO NEOの片chすら買えず、当然開帳の経験はないので、私だったらということで想像力100パーセントで書きます。一応、川又氏の記事には目を通しています。
    (当然無責任発言です)

    最も大きなリスクは“バッフルやキャビが飛ぶこと”ではなく、“ウーハーユニットおよびシリンダーが落下すること”だと思います。従って、作業は重要な局面においてはバッフルを下にして、さらに下から作業する必要があるということです。

    1.8本のボルトを一本ずつ外してははめ直し、それぞれの長さを測っておく。ボルトが短かめならば2cm程度長いものを購入しておく。
    2.作業の邪魔になるのでサブバッフルを外す(内部配線をユニットから外すとき、マーキングは絶対です)
    3.全てのボルトを満遍なく5mm程度緩める。このとき、ガスシリンダーが劣化していないならバッフルとキャビの間に5mmの隙間が出来るはず。出来ないならばマイナスドライバ等でこじ開けて隙間を広げる。それも不可なら一旦諦め。
    4.ボルトを締め直してから作業台に移動させる。バッフルが下で下から作業できる台がベスト。
    5.ボルトを満遍なく緩めていく。このとき、ボルトが外れるまでゆるめないよう気をつける。スピーカー端子救出に必要な隙間(2cmが限界かな?)を確保できないならばボルトを少し長いものに交換して作業をすすめる。
    6.端子救出が終われば復旧。
    面倒なのはシリンダやユニットが外れてしまった場合です。こうなると全開帳しないと戻せないのでそうならないために隙間はできるだけ小さく済ませるようにします。またガスシリンダーの強度によって置き方等の作業方法が変わってきます。この辺は実機との兼ね合いです。

    以上になります。まぁ、スピーカー修理業者に頼むのが一番楽でしょうが、多分かなりの費用になると思いますよ。このスピーカーを購入できる方であれば、関係ないかもしれませんが。
    是非結果を教えて下さいませ。

    bytaket at2017-03-14 08:30

  2. 当時の輸入元の社長はフランス人とはいえ日本語ペラペラと紹介されてましたので、日本とは元々何かしらのパイプがあるということですよね。
    これほどの内容の製品ですから、設計者やエンジニアの方々からとっても、かなりの情熱や愛着が注がれ産み出されたスピーカーでしょうし、当事者の1人だけでも突き止めさえできればアドバイスなりもらえるような気がします。K氏人脈で突き止めるのは難しいのですかね。

    byにら at2017-03-14 17:40

  3. 初めまして。
    既にご存知の情報かもしれませんがご参考までに。

    http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/pho/m-neo06.gif

    http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/pho/m-neo07.jpg

    http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/pho/m-neo04.gif

    http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/pho/m-neo03.jpg

    byJEFF at2017-03-15 17:57

  4. taket様、にら様、JEFF様

    お返事が遅くなり申し訳ございません。
    詳細なアドバイスならびに情報のご提供を頂きまして、厚くお礼申し上げます。
    皆様の情報を元に作業に挑みましたが、間抜けな顛末を日記にアップいたしましたので、ご笑覧頂ければと存じます。

    byMOS at2017-03-15 22:24

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする