マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

日記

モスキート・ネオの構造について(その後)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月15日

先ずは、アドバイスを頂きましたtaket様・にら様、情報を頂きましたJEFF様にお礼申し上げます。
個人の心許ない判断に二の足を踏んでおりましたが、心強いサポートを頂くことが出来ました。

まずSP端子は、ダクトから手を突っ込みウレタンのような吸音材をかきわけたら端子の内側が手探りで確認できました。
何でもっと早くそれが出来なかったのが腹立たしい限りです。
お騒がせし申し訳ありません。



続いて内部構造についてですが、
今回出来れば、taket様の手順で可能な限り冒険をしたかったのですが、
事前に修理屋数件に連絡したところ、内部構造の問題で断られてしまい「保険」がない怖さに勇気が出ませんでした。
ただ、どうしても「圧があるか」の確認だけはしたかったので、鎮座した状態で8か所のうち上部4か所のボルトを2回転ほど緩めたところ、鈍い音と共にバッフルとカーボンボディの間に隙間が出来ました。
圧があるのは間違いなさそうです。



今後は、うつ伏せにする木台を作成し、ボルトをもう少し緩めてカーボンボディの浮き具合を確認することから始めたいと思います。
今回、何とか復旧できましたが、いずれネットワークの不具合等は発生するでしょうから、それまでに「ご開帳冶具」をつくるのが目標です。

にら様
K氏によりますと、フランス人社長は日本の輸入商社をたたみ、現在香港で雇われの身だそうです。
K氏も全然連絡を取られていないようです。
またモスキートの技術者も解散後は散り散りとなりコンタクトは難しいようです。
なので自身で構造を理解しメンテしていくしかないと、今回腹を据えた次第です。

内容のない長文で申し訳ありません。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. とりあえずパーツを取り戻せてよかったですね。

    なかなか独特の構造のようで、
    直すのも一苦労どころかかなり苦労しそうですが、
    愛着のあるスピーカーを大切になさってください。

    byHermitage at2017-03-15 23:29

  2. Hermitage様

    コメントありがとうございます。
    気合の入ったベンチャー企業製ですとメンテ性ゼロですし、その独創的な構造が仇になりかねません。
    今度はメンテの容易な老舗メーカーにしたいところです。

    byMOS at2017-03-15 23:44

  3. 何はともあれ大事にならず良かったですね。

    K氏も国内独占販売したことですし、全国のユーザーさんにとっても良いアドバイスをもらえる糸口を探してもらえたらいいですね。海外オーディオショーなどにも出向くのでしょうし・・
    ところでフランス製ということですが、まるでシトロエンのハイドロサスペンションみたいな独創性を感じさせますね。まさにオンリーワンの魅力に溢れています。


    ※すみません、わけあって書き直しました

    byにら at2017-03-16 22:20

  4. にら様
    コメントありがとうございます。

    私も仰るとおり30名以上のオーナーのために何かしら音頭は取って頂きたかったと思いました。

    独創的な構造は持つ悦びを感じさせますが、
    外見も独創的ですので完全に好みが分かれるところですね。

    byMOS at2017-03-17 10:43

  5. MOS様
    無事に端子が取り出せて良かったですね。
    シリンダーも機能していたようで何よりです。
    極端な話、ユニットもネットワークもなんとかなると
    思いますが、キャビネットだけは代替のきかないものなので地震等で転倒して傷がつかないようにくれぐれもお気をつけ下さい。
    一生もので使い続ける価値があると思います。

    bytaket at2017-03-18 10:18

  6. taket様
    色々と御指南頂きましてありがとうございました。
    お陰様で今回は無事に凌げることが出来ました。
    独特の空間表現を描き、他にこのようなスピーカーに出会ったことはありません。
    出来る限り使い続けたいです。
    仰るとおり、ユニットやネットワークよりも筐体が問題ですね。
    それとシリンダーのガスが抜けきってしまった時ですね。
    これからも悩みの種は尽きなさそうです(苦笑)

    byMOS at2017-03-18 21:16

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする