パパリウス
パパリウス

マイルーム

オーディオルーム
オーディオルーム
借家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
<ネットワークトランスポート (I2S)> Raspberry Pi 3 ┣OS:symphonic-mpd ┗電源:iFi-Audio iPower (5V) <DAC> …
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ラズパイオーディオ チューニングのまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月29日

PCオーディオ界隈ではJPLAYやBeagleBoneの話題がホットなようで、私もぜひ取り組んでみたいと思い始めました。皆さん、本当に楽しそうに試行錯誤されているので羨ましい限りです。

区切りとして、これまで取り組んできたラズパイオーディオに関するノウハウを整理し、日記に残しておきたいと思います。
特に、Web等で余り触れられることが無いノウハウを中心にご紹介したいと思います。

さて、記載内容の前提とするハードウェア・ディストリビューションですが、
・Raspberry Pi 2 Model B
・Moode 3.1 (Advanced Kernel適用)
とさせていただきます。

チューニング項目
1)CPUコアのアイソレート(mpdをCPU0で実行)
2)リアルタイム優先度の設定(mpdの子プロセスをpolicy=fifo、priority=99で実行)
3)CPU供給電圧変更(CPU供給電圧をデフォルトの1.2Vから1.4Vに変更)

Raspberry Pi 2をお使いの方にぜひ試して欲しいものを厳選しました。
拙宅の環境ではこれらのチューニングの威力は中々のものです。

次回以降、それぞれのチューニング項目について設定手順を整理して参ります。

次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. パパリウスさん
    初めまして
    プーと申します

    私は今年に入り
    Raspberry Pi 2
    を使い始めたものです。
    無線LANがイヤでしたので
    あえて3ではなく2を購入しました。

    パパリウスの日記楽しみにします。
    無論主観でいいので
    チューニング変化の方向性などを教えていただけたら参考になります。

    ちなみに
    私はほとんどのノーマル使用(音源はqnap119のLAN接続)で
    電源をバッテリー駆動にしているくらいです。
    はじめからバッテリー使用なので
    その効果のほどは分かっていません(^^ゞ

    今度とも宜しくお願いします。

    byプー at2017-03-30 12:36

  2. プーさん、はじめまして。

    今回ご紹介したチューニング項目は、定位している音像に奥行き方向の実像感が伴うようになります。左右・背後への定位も安定し、収録現場の空気(暗騒音?)に包まれるような感覚に陥ります。
    副次的な作用として、低音の音階が聞き取りやすくなったり、解像感の向上を感じます。
    レイテンシーが10μsecに接近すると、このように奥行き・立体感が安定してくるのでしょうか。

    記事には記載しなかったのですが、もしES9018Sをお使いでしたら、オーバーサンプリングフィルタについても注意いただいきたいポイントがありますのでご連絡ください。

    byパパリウス at2017-03-30 17:18

  3. パパリウスさん
    返信有り難うございます。

    ES9018Sご注意有り難うございます。

    ES9018Sは使っていません。
    私のDAC部分は
    HiFiBerry Digi+ Pro
    でデジタルアウトし
    カナダのアセンブラージのDACキット DAC2.7という古いもので
    アナログ変換しています。

    昨年までSqueezebox Touchを使っており
    これが壊れたためRP2を使い始めた次第です。
    RP2はpiCorePlayerで運用できるのもRP2を選んだ理由の一つです。

    電源面、ノイズ対策面や振動対策面で至らなさを感じますが
    それにしてもRP2のコスパには驚きました。

    byプー at2017-03-30 19:53

  4. プーさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。
    RP2の電源・ノイズ・振動対策は難しいですよね。
    RP2本体が安すぎて、アクセサリーの導入も躊躇してしまいます(笑)

    ノイズを考慮して3では無く2を導入されたということですね。
    私も以前、LANケーブル経由で混入するノイズを排除するため、USBのWifiドングルを試して見たことがありました。
    結果は散散で、外来ノイズ排除と引き換えにWifiドングルの桁外れのノイズを引き込んでしまい、S/Nが大幅に悪化してしまいました。
    それがトラウマになり、RP3の導入には踏み切れておりません(笑)
    何事も試して見ないと結果は分からないものですが、どうせ試すならRP3よりBeagleBoneを触って見たいところです。

    プーさん宅の電源対策は完璧ですね。機会があれば私もバッテリー駆動を試して見たいと思っています。
    現状はiFi iPower(5V)を使用していますが、さらにS/Nが向上するなら素晴らしいですね。

    byパパリウス at2017-03-30 23:06

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする