パパリウス
パパリウス

マイルーム

オーディオルーム
オーディオルーム
借家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
<ネットワークトランスポート (I2S)> Raspberry Pi 3 ┣OS:symphonic-mpd (RT-Kernel) ┗電源:iFi-Audio iPower (5V…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

symphonic-mpd v0.6.0 β2公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月13日

symphonic-mpd v0.6.0β2 のSDイメージを公開いたしました。


http://mpd.sytes.net/ja
トップページのリンクからダウンロード願います。

安定性の向上、およびXenomaiカーネルの適用を行いましたが、
不具合対応中のベータ版であることをご理解の上でご利用ください。


不具合やご要望がございましたらこちらのスレッドにご連絡くださいませ。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. β2の公開、大変にありがとうございます。
    もっと先の話かと思っておりましたので、驚くやら、嬉しいやらで、こんな時間までいじり倒していました。

    以下、ザッと確認した点を報告します。


    1) SabreBerry32が動きません

    play -lで確認すると、デバイスを認識していません。
    slaveモードでも確かめてみましたが、同様です。
    /etc/mpd.confの編集(#の付け替え)は行っています。


    2) HiFiBerry Digi+ Pro、1

    手持ち機材の内、Digi+ Proに限った現象ですが、24bitのAIFF音源を再生させると、mpdが100%に貼り付きます(例の4つの呪文で抜けられます)。48kHzと96kHz音源で確かめました。48/16AIFFであれば再生されます。完全に24bit AIFFに限った現象です。
    同じ音源をFLACに変換したところ、問題なく再生されます。


    3) HiFiBerry Digi+ Pro、2

    前βで問題になったFLAC音源は、今バージョンでは問題なく再生されます。


    4) Terra-Berry DAC2

    シリアル通信を利用するプラグインとボリュームを含め、動作を確認。


    5) msBerryDAC

    同じく動作を確認。


    6) AirPlay

    動作を確認。
    Player Nameを変更する為に“/usr/local/etc/shairport-sync.conf”を編集しました。今までと場所が変わってい慌てましたが、シンボリックリンクが置かれていたので辿ってみました。


    まだ短時間の検証ですが、全開のβで見られた再生時の謎挙動は完全に見られず、安定性の高さを感じます。
    と同時に、ストレスを感じない、ホロリとほどけるような音が出てくることに、大変驚いています。
    私のあり合わせ据置システムにスピーカーを追加し、低域を強化したのですが、そのために音が少し荒々しくなっていました。それがとても素直な耳障りのいい音に変化しました。
    他の方のご意見も知りたいところですが、私はこの音を、響きを、とぉ〜っても気に入っております!まだまだ改善の余地があったのですね。ビックリです。素晴らしい仕事に感謝です。

    byジャイアン at2018-07-14 04:29

  2. ジャイアンさん、詳細なご報告をありがとうございます!

    取り急ぎ、sabreberryの件は下記で修正されると思いますのでお試しください。

    wget http://mpd.sytes.net/release/fix/sabreberry32.ko

    sudo cp sabreberry32.ko /lib/modules/4.14.52-smpd/kernel/sound/soc/bcm/sabreberry32.ko


    今週末は外出してしまうため、ちょっとドタバタしています。
    簡単なご返信になってしまいましたがご容赦ください。

    byパパリウス at2018-07-14 08:20

  3. おはようございます、オーシャンです
    昨日はmoode4.2に取り掛かっていたので気付きませんでした

    SB32はパパリウスさんの修正を行う事で音出し出来ました

    ところでmoodeは4.0からそうなんですが、WebRadioの指示から再生までの時間がSpotifyと同じぐらい異様に早いんですが、この部分を移植出来ないですか?
    時間が有ったら調べて貰えませんか

    音質については、ジャイアンさんに賛成です

    byオーシャン at2018-07-14 11:24

  4. パパリウスさん  flyingaceです。

    v0.6.0 β2公開有難うございます、そしてご苦労さまです。
    簡単ですが動作報告です。

    1)RP2+msBerryDAC:動作確認できました。
      flac:44.1/16,192/24

    2)RI3B+sabreberry32:動作確認できました。
      flac:44.1/16,192/24

    3)RP3B++msBerryDAC:起動できませんでした。
      前Ver.同様にLED5,6回点滅を繰り返し。
      RP3B+はVolumio2.413で動作を確認しています。

    音質に関してxenomaiは初めてなのですが、なにか包こまれるような感じでとても良い感じでわくわくしてきます。
    あとダッシュボードのクラフが不思議な事に。

    byflyingace at2018-07-14 12:01

  5. みなさま

    ヘルプ・ミーです。

    パパリウスさんご教示の内容でSabreBerry32の件を解決しようとしました。しかし

    smpd/kernel/sound/soc/bcm/sabreberry32.ko

    を入力すると

    -bash: smpd/kernel/sound/soc/bcm/sabreberry32.ko: No such file or directory

    とはねられてしまいます。
    ちなみに

    /lib/modules/4.14.52-

    のファイルが生成されているのは確認しました。

    /lib/modules/4.14.52-smpd/kernel/sound/soc/bcm/sabreberry32.ko

    があるのも確認しました。更新日時から古いファイルだと思われますが、新たにインストールしようとしているファイルと置き換えられないということでしょうか?(そもそもが私の見当違い?)SabreBerry32用に新たにSDカードを焼き直してもみましたが、結果は同じでした。
    どうすればいいんだ?と途方に暮れています。ご教示戴ければ幸いです。

    一点、私の環境で他の方と確実に違うことは、Host名のsmpd.localをsb32.localに変更している事ぐらいです(同時に2台走らせる為)。よろしくお願い致します。

    byジャイアン at2018-07-14 12:53

  6. sudoの行は一行です!

    byパパリウス at2018-07-14 13:27

  7. ジャイアンさん  flyingaceです。

    まさかとは思うのですが、
    sudo cp sabreberry32.ko /lib/modules/4.14.52-smpd/kernel/sound/soc/bcm/sabreberry32.ko
    この2行を別々に入力していなですか、私も試したのですが下の行だけ個別に入力するとジャイアンさんと同じエラーが出ます。
    2行を1行として入力してみてくださ。
    見当違いかもしれませんが。

    byflyingace at2018-07-14 13:36

  8. flying aceさん

    ありがとうございます!
    その「まさか」でした!
    コレ、一行なんですね!(よく考えればそ〜ですよね、な〜んか実際のディレクトリ構造と文字列が違うなぁとは思ってたんだから、そこで気付よ!って話ですよね)
    無事に音が出ました。
    本当にありがとうございます。

    byジャイアン at2018-07-14 14:35

  9. パパリウスさん

    AAC音源の再生チェックを手持ち機材で行いました。結果は以下の通りです。

    ・再生可
     SabreBerry32

    ・再生不可能(topでみるとmpdが100%)
     HiFiBerry Digi+ Pro
     msBerryDAC
     Terra-Berry DAC2


    以上です。

    byジャイアン at2018-07-14 19:42

  10. パパリウス様

    毎度、感動をありがとうございます。Xenomai(ゼノマイと読むそうですね)カーネル適用のβ2を、早速試させて頂きました。

    音質は、まさにジャイアンさん、flyingaceさんがおっしゃる通りで、パパリウスさんが、「極上と言って差し支えない」とされたのも肯けるものでした。私としては、「思わず表情が緩む、幸せ寝落ちサウンド」と捉えております。(笑)

    TerrraBerry DAC2での動作確認は、ジャイアンさんがなさってくれているので、私は少し追加で。

    DSD再生は、β同様、PCM変換再生ですね。5.6MHzのDSDは384kHzのPCMに、2.8MHzのDSDは、192kHzのPCMに変換されてるのを、ダッシュボードで確認しました。ただし、両ファイルとも、スロー再生になります。ノイズは発生していません。

    AACファイルの再生は、こちらでもジャイアンさんのご報告通りになりました。SabreBerry32では再生可能なのが、不思議ですね。ドライバーが、HiFiBerry系とは別なのが要因でしょうか?

    おかげさまで、日増しに耳が肥えてゆく私でございました。これからも、耳を長くして、固唾をのんで、進化を楽しみにしております。

    byeiyer-music at2018-07-14 20:23

  11. パパリウス様

    カーネル適用の0.6β2を、本日速試させて頂きました。今回はオリジナルで何の問題もなく鳴らせる事が出来ました。今回使用させていだいてDashBoardぼ波形が全く以前と違ってました。ジッターが非常に小さいのに驚きです。どう変えられてこうなったのかは存じませんが音も素晴らしく聴きこんで行きたいと思います。本当に有難うございます。

    byeric3 at2018-07-14 21:01

  12. flyingaceさん、ジャイアンさん、
    オーシャンさん、eiyer-musicさん、ericさん

    皆さま、ご報告誠にありがとうございます。
    RPi3b+対応、24bitAIFF、AAC、DSDの再生に問題が残っているようですので、引き続き対応してまいります。

    Xenomai対応も完璧ではなく、aplayとGPIOの中間層にあたる部分(alsa-libやドライバ)は手付かずの状態ですので、完成度を上げる余地は多分に残っております。

    Xenomaiに付属するユーティリティが大変優秀で、高精度なレイテンシ計測が可能となっておりますので、チューニングのノウハウを構築しながら、皆さまと共有していきたいと思っております。

    byパパリウス at2018-07-14 21:44

  13. パパリウス様
    DSDはPCM192kHzに変換されて正常に鳴っております。

    byeric3 at2018-07-14 22:28

  14. パパリウスさん

    0.6β2の公開ありがとうございます。
    素晴らしい音質だと思います。
    繊細さ、迫力とも今までより格段に向上していると感じています。
    まだ完成度を上げる余地があるとは驚きです!

    byhiroget9 at2018-07-15 05:00

  15. パパリウス 様
    お世話になります。遅ればせながら、β2の運用を開始しました。
    当方はmsberryですので、問題なく鳴っております。

    音の印象は、予告画像の超低レイテンシのグラフから、突き抜けるような音を想像していましたが、ウォームで残響豊かな音で驚きました。また、低音の鮮度も気持ちよく、特にアコースティック系の低音の瑞々しい感じが気持ち良いです。
    空間表現の細かいところは、β1の方が一日の長を感じますが、xenomaiのチューニングノウハウが構築されれば、あっという間に逆転しそうですね。

    今後も楽しい展開が待っていそうですね。置いていかれないよう気をつけなければ・・・

    byW.Peach at2018-07-15 17:01

  16. はじめまして、お世話になっております。
    復帰早々精力的にリリースされておられとても心強いです。
    HATはALLO DIGIONEです。良い音でなってくれています。
    v0.6.0βの時もでしたが初回起動時無反応となり、pipeとmpd再起動で無事音がでました。pipeとmpd再起動は2.3回繰り返すとそれ以降は問題無いようです。
    音質については。v0.6.0βに比べて飛び級で2ランクアップと感じています。音像はより力強く前後上下左右に大きく広がりました。
    Pure AccusticのDream BoxにFOSTEXのPM-SUB miniをプラスした構成で聞いていますが小口径の為か3つのユニットのつながりがあまり良くないと思っていたんですが、それかなり解消されました。OSの追い込みでここまでハッキリと音質が良くなるなんて驚き以外の何物でありません。いやースバラシイ
    当方DDCという事もあり、arm_freq=1323としていますが、こちらの方が音は良いと感じます。config.txtに用意が有った1440ではまた違った鳴り方となりますが残念ながらシステム不安定となるので当面は1323での運用となりそうです。日本製のPi3なんですけどね。
    パパリウスさんにおかれましては、あまり細かい事は気にせず音質向上重視でこれからもズンズンと我が道を進んで行かれる事を切に願っております。
    乱文失礼致しました。

    by出不精 at2018-07-15 17:55

  17. パパリウス様
    前回、DashBoardの波形が従来と全く違ってジッターが非常に小さいことに驚いたのですが色々と調べてリアルタイムOS Xenomaiを導入された事が大きな原因と分かりました。本来DACは何も変わってないのにここまで音が良くなるのは前段の処理が如何に重要かという事を、やっとパパリウス様がこだわって開発をされている意味を分からせて貰いました。有難うございました。

    byeric3 at2018-07-16 13:15

  18. パパリウス様
    お久しぶりです。smpdv0.6β2楽しませてもらっています。Pi3+allo digioneでは問題なく再生できていますが、allo-piano2.1では、flacハイレゾファイルが”サー”といったノイズしか音が出てきません(44.1/16では再生できます)。何か呪文があるのなら、お時間があるとき教えてくださいませ。

    bytomomy at2018-07-16 21:59

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする