KE2
KE2
団塊世代の音楽愛好家です。中学時代からクラシックのLPを聴いてきましたが、そのうちCDに転向しました。iTunesがWindows対応になってすぐにPCオーディオをはじめ、DACを10台以上乗り換えま…

マイルーム

KE2のリビングオーディオ
KE2のリビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
5年前大阪に引っ越すことになり、退職金をつぎ込んで新築することになりました。SE工法木造3階です。 2階のリビングは吹き抜け、キッチンと仕切りなく、20畳あり、高さ4.5m。 さらに隣の和…
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
    MARANTZ NA-11S1
  • スピーカーシステム

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

MFの画像 MF
  

日記

JPLAY ことはじめその2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月02日

昨年の6月にJPLAY Shuttle DS57UでWindowsServer 2012評価版で始めました。
ここで MiniPC に新規に Winserver 2012 R2 の導入体験を 振り返って紹介します。様々な ネット情報を見ながらやりましたが、特に Himaさんのご指導の賜物と感謝しています。 導入はJPLAY日本語公式ホームページの通りにやるのが原則ですが、図解なしで多少わかりにくかったです。

(注意)Windowsserver2012は音質はWindows10に比べ良いですが、皆様におすすめするわけではありません。JPLAY公式ホームページでサポートされるのはWin10か8.1です。第7世代のCPUが発売されましたが、WinSV2012は対応していません。第6世代SkyLaleのCPUまでのPCを選ぶ必要があります。
はっきり言って WinSV 2012のクリーンインストールは 難しいか? 答えは Yes ですが 私にとって B 難度ぐらいでした。 自力でできないことはありません。頭を冷やして2日目に成功しました。

Shuttle DS57U を購入 2.3 万 、メモリ4メガ2枚で 4000 円 私は これに手持ちの音源を入れるべく、1TB SSD 3.5 万をを購入しましたが、 インストールしてしまえば 普通のWin8 の画面と対して変わりません。ブラウザー IE11 も付いていますし、コントロールパネルも所定の位置にあります。 音は Single PC でも JRMC を 凌駕します。クリーンで分離、切れ味で勝っています。 iPAD のKazooからも選曲できます。


① WinSV2012をどこからダウンロードするか。下記サイトに書いてあります。
https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-windows-server-2012-r2
解説は下記
http://www.keep-tryin.net/kimagurenatit/archives/154

ここで Standard 評価版をダウンロード、デスクトップに置きます。180日使えますが、4回延長できます。2年先には次のバージョンをインストールしようと思っています。 この際、簡単な質問に答えたあとダウンロードサイトに行きますが ISOイメージでダウンロードします。8つのファイルがダウンロードできますが、9600で始まる一番名前の長いものだけ必要です。約30分かかりました。

② ISOファイルをUSBにコピーするのですが、このときに普通にコピーして失敗しました。rufus-29 を使えとみすず工房のサイトに書いてありましたので、それを参考にします。DVDでもできます。このサイトに解説が載っています。
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/articles/articles-list-000.html

みすず工房の下記にISOイメージのUSBの書き出し手順が載っています。
http://mimizukobo.sakura.ne.jp/articles/articles017.html#001


③セットアップが始まればあとは自動ですが、その前にBIOS 画面で立ち上げ、USBからシステム立ち上げドライブの変更のところで次のハードルがあります。
WinSV のIsi イメージを入れた USB メモリーから システム を立ち上げるために、Bios画面に入って ブートドライブの変更をして保存 終了 再起動。ここが 2つ目のハードルでこの画面に抵抗がある方は Win10 と思います。


④あらかじめ、DACのドライバーをインストールしておく必要があります。iFi のドライバーは手順どおりすれば動きます。iFi のドライバーはすんなりWinSVにインストールできました。マンンツのUSBドライバーも使えます。 IFIのUSBドライバーを立ち上げレイテンシー設定できます。

⑤この段階で、JPLAY 購入しました。99ユーロで次の日の朝にはメールで届いていました。下記からPAYPALで購入。無料お試し版もあります。ここは、ウイルスチェックの掛かったPCからやったほうが安全です。複数のPCにインストール可能です。JPLAYの設定は公式ホームページ参照。KS Ultrastreamが最も音が良いと思います。Daclink は低いほうから上げていきますが大抵のDacは85Hzぐらいまでは行けると思います。
http://www.jplay.info/


ここまで来れば音出しできます。 JPLAY miniやFoobar 2000も動きます。

⑥ 最終的にはJPLAYStreamer を使ったOpen Home Mediaのアプリ、KazooやUPPLAYを使うことをおすすめします。これを使うために、JPLAYのサイトにしたがって
1.Java のインストール
2.MinimServer のインストール
3.LinnのサイトからKazooのインストール。

この②の段階でも一回つまづきました。

MinimServer のインストールは下記サイトに詳しいです。

http://asoyaji.blogspot.jp/search/label/JPLAY

ここで、Minimserver のデスクトップのアイコンや、エクスプローラーからフォルダーをたどってもなにも反応しません。 右下のタスクトレーからminimserverのアイコンを探し、右クリックでPropaties を選べば、設定画面に入れます。ここの設定も間違うと音が出ません。

⑦ここがすめば、Kazooの設定。音源の読み込み。iPAD のKazooからも操作でき、快適で音の良い再生環境が構築できます。

Winserver 2012 評価版は無料ですが、対応イサーネットアダプターがRealtek のものが入っていないと接続苦労します。その場合はエレコムなどのUSB-Lanアダプターを付けてネット接続できます。180日の期間限定ですがみすず工房JPLAY(9)に延長方法が書いてあります。

WIN10でやれば、もっと簡単です。その4から始められます。ただしベアボ-ンを買うと、1.4万かかります。不要なアプリは捨てましょう。

できれば、専用PCで始められるのをお勧めします。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする