A-TOM
A-TOM
大学卒業後、しばらくしてオーディオから離れていたのですが、一昨年から再開して、いろいろ楽しんでいます。

マイルーム

30数年ぶりにオーディオ再開
30数年ぶりにオーディオ再開
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
大学卒業後しばらくして離れてしまった趣味のオーディオを2年前から再開しました。
所有製品
  • ヘッドホン
    SENNHEISER HD 800 S
  • DAコンバーター
    exaSound Audio Design e32
  • ネットオーディオプレーヤー
    exaSound Audio Design PlayPoint
  • ヘッドホンアンプ
    OPPO HA-1
  • プリアンプ
    MCINTOSH C2200

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

日記

超音波洗浄レコードクリーナーの購入

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月13日

 先日、登録したばかりで、何を書こうかと迷っているところですが、長ったらしい駄文ですが、よろしかったらお付き合いください。
 昨年の11月にハーベスのスピーカとラックスマンのパワーアンプを購入してから、あれあれという間に、マッキントッシュのプリ、パワー、エクササウンドのDAC、JBLのスピーカーと節操もなく入手してしまいました。
 マッキントッシュのc-2200には、フォノ入力があるので、30年以上前に購入した、ターンテーブルPIONEER XLC-1850 とトーンアーム SME3009Ⅲにshure MV30HE(SMEトーンアーム一体型MMカートリッジ)を引っ張り出して、昔買ったレコードをかけて聴いてみたところ、音の良さに驚きました。
 同じ曲をCDや、ハイレゾ音源と聞き比べても、明らかにレコードの方がよい音に聞こえました。CDやハイレゾリマスターでは、削り落としてしまっている音がレコードには、そのまま記録されているような感じです。
 しかし、レコード特有のノイズの多さや、溝の汚れのために針にごみがたまって音がひずんでしまう症状が頻繁に生じるので、レコードクリーニングについてwebで検索すると、バキュームクリーナーや、超音波洗浄クリーナーの記事があり、かなりきれいになりそうなことが書いてありましたが、いかんせん、値段が高すぎ。
 そこで、超音波洗浄機を調べると、レコードが入るサイズのものが、3万円くらいで買えることがわかり、早速注文。回転機構はついていないので、手で回して使えばいいかと思っていました。ところが、そのあと、ヤフオクで同じような洗浄機が2万円台で出品されていて、がっくり来ました。そして、その出品写真に、自動回転装置が映っていて、別売で1万2000円程度で購入できるとあり、早速出品者に質問したところ、現在在庫はないが、その上位機種なら在庫があり、値段は14500円程度とのこと。早速注文して、5万円程度で、超音波レコードクリーナーを入手できたことになります。
 早速使ってみたところ、ノイズは、激減。音も心なしか、さらに良くなった感じです。
 大満足の結果に、ここの所毎日、レコードを洗っては、聴きまくる日々です。
 

 

次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. はじめまして、 TON2と申します。

    同い年くらいのレコード好きです。
    レコードの洗浄を去年の12月ごろから始めたんですが、バキューム式も超音波式も高くて手が出ず、ジャンクのPLー50買ってバランスウォッシャーとブラシでゴシゴシやっています。
    なるほど、こういう方法もあるんですね。市販の超音波洗浄機は見たんですが、うまく行くかどうか疑問でしたし、自動回転装置は初耳です。
    5万円くらいなら頑張ればなんとかなりそうですね。

    ところで、洗浄に使っている液は、特殊なものなんでしょうか?

    byTON2 at2017-06-14 00:04

  2. キタサンさんコメントありがとうございます。
    私はブランクが長く、始めた当初の高校大学の時は、オーディオにつぎ込む資金も乏しく、日記で紹介したプレーヤーに自作のDCプリアンプと、ラックスキットの真空管アンプにYamahaのNS-10Mをつないで聞いていました。

    その後30数年のブランクがあるので、初心者と同じようなものです。

    この機械の短所は、ちょっと大ぶりな造りなことくらいです。同時に5枚まで洗えるので、やってみましたが、何となく汚れの落ち具合が悪いようで、1~2枚ずつ洗うほうが良いみたいです。

    byA-TOM at2017-06-14 01:10

  3. TON2さんコメントありがとうございます。
    洗浄液ですが、タンクの容量が6Lあり、一杯に満たしていないと、レコードの溝が全部液につからないので、大量の液が必要になります。
    私の場合は、浄水器を通した水道水にシンプルグリーンの原液を2ccほど加えたものを使っています。

    洗った後は、浄水器を通した水を表面にかけてゆすいだ後、水気を聴いて乾燥させていますが、すすぎをしないで洗ってそのまま乾燥させたほうがいいかなとも感じています。

    なぜなら、超音波洗浄機には、水温調節のヒーターが入っていて、45℃に設定して使っているので、そのまま取り出すと、洗剤(界面活性剤)の効果で、水滴も残らず、すぐに乾燥してくれるからです。
    0.3%程度の濃度の洗剤なら、残留しても問題ないかなと考えている次第です。
    いろいろ試してみたいと思っています。

    byA-TOM at2017-06-14 01:20

  4. レコードの超音波洗浄機は、日本では30年ほど前から
    大阪で作られており、私も使用しています。
    レコードカッティングマシンの修理をされていた方が作っています。
    1枚ずつ手動で洗浄するのですが、数秒で終わります。
    現行品は125w以上の数機種を販売されています。
    私は旧製品の50wを使用しています。
    (現行品の150wにグレードアップ予定)
    水以外は必要ありません。
    (そんな中途半端な洗浄力ではないそうです)
    1枚ずつしか洗えませんが、コップ1杯の水で洗えます。
    5~10枚洗って水を交換するのがお勧めだそうです。
    HiFi装置ならば、ウソ?と思うほど音質が良くなります。
    ちょっと高価ですが、絶対におススメです。
    http://www4.kcn.ne.jp/~tafcorp/seihin_itiran.html

    bycoco**** at2018-08-06 17:46

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする