パグ太郎
パグ太郎
クラシック中心に聴いています。オーディオは手段と考えてはいるものの、気がつくと手段の魔力に取り付かれてしまうことも多く、日々修行をしております。

マイルーム

パグ太郎の部屋
パグ太郎の部屋
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
10数年愛用したアンプが逝ってしまったので、久々の機器更新をしました。
所有製品
  • プリメインアンプ
    OCTAVE V110SE
  • ハードラック
    QUADRASPIRE QAVM
  • RCA/BNCオーディオケーブル
    KIMBER KABLE KS-1020
  • 電源ケーブル
  • 電源ケーブル
    KIMBER KABLE PK-10Gold

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

パグ太郎のオーディオライフ:緊急事態でバリアフリーを考える編

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月02日

今回は、予定しておりましたプログラムを変更いたしまして、緊急ニュースをお伝えいたします。

先日、職場で軽度のぎっくり腰を発症いたしました(「職場で」ですので、オーディオ機器を動かそうとしてでもなければ、Jアラートに驚いて慌てたからでもありませんので、誤解なきよう)。周りに人がおらず、その瞬間は動くことも出来ず、携帯で助けを求めて、漸く立ち上がり席までもどされるという醜態をさらして大変恥ずかしい思いをいたしました。幸い軽症で、一度、立ち上がることが出来れば、その後歩くことは問題なく、帰宅は普段どおりに出来ました。

久しぶりに早く帰宅できたので、音楽をと思ったとたんに、物理的ハンディキャップを抱えると、当家のオーディオ環境が如何に「人に優しくない」ことになっているかを痛感いたしました。

まず、Octaveのアンプ。なんとリモコンで電源オンオフができません。「一度立ち上がることが出来れば」と書きましたとおり、垂直方向の移動を試みる(つまりしゃがむ)と、腰と背中に電気が走ります。アンプはラックの下段でスィッチは筐体の横、じわじわとしゃがみ電源オン、ラックにつかまりそろそろと立ち上がった頃には、既に真空管がしっかりと明るくなっております。

続いて、ラックの2段目のプレイヤーのトレイにCDをセットしようとしましたが、中腰が一番いけないのに、これがまた中途半端な高さ。おまけにLuxのD-08uのトレイはやたらと薄くて、ピンポイントに円盤を置かないとスロットの口にCDが引っかかるので、その姿勢で繊細な動きを求められます。それでも、どうにかこうにか円盤をセット。

やれやれと、リスニングポジションのソファに座ろうとしたのですが、これがまた、B&W805の高さにあっているため、深く掛ける姿勢を強いるのです。普通のダイニングテーブルを持ち出しますが、耳の高さが805の「ちょんまげ」の更に上に来るので、どうにも調子が悪い。ポジションの不調のせいか、あれだけ苦労して乗せたCDが気に入らなくなります。

で、曲を変えようとCDラックに向かいますが、上下運動と、しゃがんでの水平移動が困難です。大した量のCDがあるわけではないのですが、ターゲットを見定めて立ったまま水平方向に移動、真上に来たらじわじわと腰を下ろすというUFOキャッチャーさながらの緊張感のあるCD選択となります。更に、立ったままでターゲットのCDを見つけるのが一苦労。普段は適当にあたりをつけて、2-3枚トライ&エラーで見つけているのですが、この状況下ではピンポイントのターゲティングが必要です。黄色ならDG、赤ならEMI、青赤の帯ならDECCA、茶系の帯2本はPhilipsというレーベルデザインを徹底していてくれれば良いものを、余計なことにそれを崩している会社が多い。統一デザインであても一番辛かったのはハイぺリオン。白地に黒字の表記のみで、立ったまま、ラック下段のCDを判別するのは完全に不可能です。

さて、やっとの思いで手にしたCDに期待したトラックが入っていないことも度々。UFOキャッチャーで目当ての縫いぐるみを持ち上げてもゴール直前で外れるのと同じくらいの心理的ダメージを受けます。

我が家のオーディオ環境は全く、バリアフリー、ユニバーサルデザインとは真逆の状態であることが、このような体になって初めてわかったという次第です。どうすれば良いのでしょう。スピーカーは普通の椅子に座って丁度良いフロア型にして、プレイヤーもファイル再生にしてiPADで座ったまま曲を選べる方式に変更、アンプは全ての操作がリモコンでサポートされている機種に変更なんてことにでもしないと、到底やっていられない。と思ったのですが、スピーカーの位置セッティングは、どちらにしても必要だが、それが一番辛い姿勢を強いられそう。困った。ヘッドホンは苦手だし・・・。

などとブツブツ言っていると、早く帰ってきたのに遊んでくれない主人に痺れを切らしたパグ2頭が、合計すればアンプ並みの体重をかけて腰に飛びつき、悲鳴を上げさせられるハメになりました。

PhileWebの皆様も現システムを維持するためにも、ぎっくり腰には十分にお気をつけ下さい。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おはようございます。
    また、ご心労のほどお察し申し上げます。

    そのような状況でありながらも、その微妙な高さにあるというディスクトレイを絶妙なカットで撮影をされたパグ太郎さんのサービス精神に感服致しました。Octaveのアンプ画像が斜めなのは、無理な姿勢でカメラを構えてしまったせいで床に崩れ落ちる寸前のショットなのではないか?!などと思わず心配してしまいました。

    こういった一連の所作をやり繰りして流れる音楽や目の前に見える光景というのは、この趣味をやっている者しか味わえない醍醐味ともいえますが、それと引き換えに生じる将来的危惧や宿命というものも確かに頷けます。
    自分もスピーカー位置をちょいちょいずらすのにたまに汗だくになりますので、リモコンで動くスピーカーベースが欲しいです。

    byにら at2017-09-02 08:02

  2. パグ太郎さん、おはようございます。

    私の知り合いの方もぎっくり腰で、何回もなるみたいです。
    お気をつけ下さい。
    オーディオは、暫くなおるまで我慢が大事かと。
    私もアンプ、CDPとも床に直置ですので、いつかなりそうです。
    早く良くなると良いですね。

    byルーシー父 at2017-09-02 08:16

  3. パグ太郎 さん、こんな記事書いていないでサッサと休みなさい。

    そうじゃないと、私みたいになりますよ。
    ”ぎっくり腰”をバカにしていると”後悔先に立たず”ですよ。
    今では、チョットした動作、作業、行動、例えば簡単な庭作業や掃除機を掛けるだけでもコルセットをする始末です。
    したがって長時間になる作業は、休み休み行うことになり、どんな作業でも”おっかなびっくり”です。

    ”ぎっくり腰”で一週間寝込んだことがあり、トイレも這っていきました。

    湿布する場合は、温湿布と冷湿布がありますが、どちらか気持ちの良い方を選択する事。
    間違えると、余計に悪くなります。

    BBより

    byブルースブラザース at2017-09-02 10:26

  4. パグ太郎さん

    私も持病といってもよいほど長年腰痛に苦しめられてきましたので、そのつらさよくわかります。

    そもそも最初に酷いぎっくり腰をやったのは、20代半ばのこと。自作真空管アンプの手直しをしていて、さあ出来た!さっそく聴いてみようと持ち上げた瞬間でした。3日ほど寝込み独身寮内を這い回っていました。

    原因は仕事のストレスなどいろいろありますが、長い間、同じ姿勢を続けることがきっかけになります。長時間の車の運転などとともにPCの前に座り続けること、そして、オーディオ音楽鑑賞も気をつけましょう。時々、休みを入れて身体を動かすのが肝要です。

    どうぞお大事に。

    byベルウッド at2017-09-02 16:36

  5. パグ太郎さん こんにちは

    私も50代の頃腰痛を患いトイレに行くにも大変でした。

    整形外科で治療に」通いましたが、牽引、電気治療、マッサージなど受けましたが芳しくありませんでした。

    自己治療ということで“ラジオ体操第一を日課にしましたらほぼ完治しました。

    お試しくださいね

    byどんぐり at2017-09-02 17:10

  6. パグ太郎さん、こんばんは。

    私も腰痛に悩まされてきましたので、お気持ちはよく分かります。
    今は一生付き合う持病だと諦めて、毎日の体操や姿勢等、予防に努めていますが・・
    オーディオって、腰に危険な趣味ですよね(苦笑)

    お大事にして下さい。

    byKYLYN(キリン) at2017-09-02 20:01

  7. コノ手の話題で盛り上がるのは、如何に此処が老害の巣窟であると言う事でしょうね(笑) またアソコで盛り上がりそうです。

    それでもギックリ腰と言われながらも、これだけの作業が出来てれば軽度も軽度!だいぶ軽かったと想像します。

    そう言う私も腰痛との付き合いは20年以上。 ピーク時は毎年襲われましたが今では2~3年に一度かな? 痛み止(私にはロキソニンが合ってる)で済む事もあれば、医者で座薬を処方されないと我慢出来ない時もあります。 たった数錠の座薬(効果絶大)を入手する為に、何時間も病院で待つのが最大の苦痛! その時の動きは九十のじい様と同じ(笑)

    既に諸先輩が申していますが、今はオーディオなんて構っていないで静養だよ。 こじらせれば手術をしないと一生寝たきりって事もあるから。

    パグさんが優しいオーディオに向かう事は何も申せませんが、それらを今のグレードに持ってくるのは至難の技じゃない? コストだって大変でしょうし・・ 多分、腰痛との付き合いは一生になります。 軽度で付き合って行って下さい。

    自分に合った痛み止薬や対処方(ストレッチ等)を見つけるとイイですよ。 軽度の時に対処する事で重体にはなりませんから。

    なにしろ お大事に。

    アコス・・。

    byアコスの住人 at2017-09-03 10:32

  8. 皆様

    まず、多くの方々にお心遣い、アドバイスいただきましたことに、お礼申しあげます。お陰様で発症後、4日でほぼ全快となりました。一方で、多くの方々がこの症状で私などよりもご苦労しておられる中で、軽い気持ちで日記などにしたことは、余りに考えのない行いであったことに、皆様のコメントにより気づきました。更には大変な思いをされている方々には、あのような軽率な振る舞いで、ご不快な思いをさせてしまったのではないかと感じております。それにも関わらず、BBさんを始めとする諸先輩には心のこもったご指導を頂いたことには恐縮するばかりです。 本当に有難うございました。

    byパグ太郎 at2017-09-03 20:25

  9. にらさん

    漸く、長時間PCに向かえるようになりました。遅レス失礼しました。

    ご心配おかけして申し訳ありませんでした。写真は流石に撮れませんでしたので使い回しですので、「サービス精神」ではありませんでした。

    色々と考えさせられた体験でした。

    byパグ太郎 at2017-09-04 06:05

  10. ルーシーお父さん

    ご注意有難うございました。その後、大人しくしていて、比較的早く回復しましたが、お話の通り、一度なると繰り返すこともあるらしいので、注意します。

    床に置いてあるものの移動は、現状ではちょっと怖いです。

    byパグ太郎 at2017-09-04 06:08

  11. ブルースブラザースさん

    貴レスで目が覚めました。馬鹿なことをしたものだということと、もっと苦しんでおられる方々には不快だろうということに、思い至らないのは、いい年して本当に情けないです。日記辞退消すべきかとも思いましたが、馬鹿な記録を残すことも自らの戒めになるかと思い置いておきます。

    改めて、お礼申し上げます。

    byパグ太郎 at2017-09-04 06:13

  12. ベルウッドさん

    私も仕事柄、一日PCの前に座っていて、趣味が音楽鑑賞ですから、よほど気をつけないと駄目ですね。

    意識して体を動かすことで、「長持ちさせねば」と思いました。

    byパグ太郎 at2017-09-04 06:18

  13. どんぐりさん

    まだまだ軽症の部類ですが、痛くてじっとしているよりも、動き回っているほうが楽な印象でした。「ラジオ体操を日課」試してみます。

    アドバイス有難うございます。

    byパグ太郎 at2017-09-04 06:21

  14. KYRYNさん

    確かに、再発予防を含め、一生付き合う覚悟が必要そうです。

    日ごろの運動不足と、長時間同一姿勢の生活習慣を改める所からはじめます。

    お心遣い有難うございます。

    byパグ太郎 at2017-09-04 06:26

  15. アコスさん

    なってみて、周囲にこんなに経験者が多いことに驚きました。(年齢は関係なさそうでしたが)

    仰せのとおり、馬鹿なことをしていないで静養でした。
    優しいオーディオは当面は空想だけにしておき(多分我慢できないので)、腰痛との付き合い方を考えます。

    アドバイス有難うございました。

    byパグ太郎 at2017-09-04 06:33

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする