パグ太郎
パグ太郎
クラシック中心に聴いています。オーディオは手段と考えてはいるものの、気がつくと手段の魔力に取り付かれてしまうことも多く、日々修行をしております。

マイルーム

パグ太郎の部屋
パグ太郎の部屋
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
10数年愛用したアンプが逝ってしまったので、久々の機器更新をしました。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ルーシー父邸訪問記:『大阪で生まれた女』とPhileWeb定番チェックCDの関係

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月04日

* 「大阪で生まれた女」の曲名が違っていました。修正させていただきます。(不慣れなジャンルを確認しないで記憶に頼ったのがいけませんでしたね)

8月下旬の猛暑の中、拙宅にお越し頂いたルーシー父さんのお宅に、やっと相互訪問が適い、秋らしい爽やかな風が心地よい週末の午後、お邪魔いたしました。

ルーシー父さんのシステムと拙宅システムは、Octaveプリメインアンプはモデル違い、Luxman SACDプレイヤーは同一モデルという共通点の多い構成となっております。お宅は東西線沿線ですので当方最寄り駅からは全く乗換無しで、お邪魔できます。「中央線805友の会」と相互乗り入れ「東西線Octave・Lux友の会」と言う所でしょうか。
(Octave V80SE)
(Luxman D-08u)

マンションの2階のお部屋のリビングルームに設置されたシステムは、、最小構成のシンプルさでは拙宅システムと共通ではありますが、アンプ・プレイヤーでのアーシングやインシュレータによる振動制御、スピーカでのウェルフロートとインシュレータ、ラダーケーブルに使いこなしなど、PhileWebコミュニティの集合知を最大限に活用した対策がなされており、ノウハウの深さを感じずにはおれませんでした。特に、SACDプレイヤーのインシュレータをわざわざ外しての比較試聴させて頂いたのですが、出てくるエネルギーの差には驚かされました。

当方の持ち込み音源をも聞かせていただきましたが、今回、初めて聴いたSonyのスピーカ SS-NA2ESpeは、B&W805の2Wayと比較して、当然のことながら、上下とも余裕があり、特に女声やバイオリンの高音の伸びと表情は自然で魅力的な世界が広がっていました。ルーシー父さんがOctaveオーナとして興味をもたれていた80SEと110SEの差ですが、バランスとして、クールさシャープさに寄せるなら80SE、温かみや艶を求めるなら110SEという性格の違いであるというところは、私が数ヶ月前に110SEを入手した時の印象と変りませんでした。

Octaveラインアップの中から、その様なキャラクターの80SEを選ばれた理由が、聞かせていただいた曲の選択からも窺い知れる気がいたしました。と言いますのは、コレクションの中心は女性のヴォーカルなのですが、暫くすると、どの様なアーティストの、どの様なポイントがオーナーの「つぼ」にはまるのか、なんとなく判ってまいりました。共通していたのが、声量豊かで、高音を伸びやかに歌いきる歌唱力、その中でも妖艶さより品の良さや、情緒で聞かせるタイプの声色や表情を特徴とする歌い手であることです。お持ちでない歌手で、これはお好きでは、これは駄目ですかと伺うことで、その推測は確信になり、声以外の器楽であっても趣向が同じであれば、これが嵌るのではとお出ししたのはオフ会で多用しているイザベル・ファウストとメルニコフのシューベルトですが、やはりお気に召したとの事。ルーシー父さんのシステムは、その使いこなしと相まって、聴きたい所、欲しいポイントを的確に自覚されて上で、弦であっても声であっても高音が豊かで伸びやかに、清冽な空気感をもって再現してたと感じました。

当方も、ジャンルは違いますが女声好きで、歌手を探す時にはルーシー父さんと共通の嗜好で探すことも多々有ります。当方は、それ以外に色々、興味の幅が広く、雑食になってしまうのですが、それでもお好みに合いそうなラインアップが色々と思い浮かびます。次回はジャンルを気にせず、女声フェチお勧めソフトを持ち寄ってオフ会をしましょうということで盛り上がってしまいました。

もう一つ、PhileWebのオフ会でなければ面白味のわからない発見がありました。ルーシー父さんのお気に入りCDである坂本冬実の歌うカバー曲集。以前、拙宅でも聞かせていただきましたが、本業の演歌で感じる以上に、歌唱力・声の伸び、情緒豊かな表現力は、只者でないということがはっきりとを感じさせる一枚です。その中から数曲聞かせて頂いて、さて、お開きという時に、偶々次の曲のイントロが聞こえました。「ちょっと待ってください。それPhileWebコミュの一部で定番扱いの『パッヘルベルのカノン』ですよね?」「いえ、そんな曲は入っていませんよ、これは『大阪で生まれた女』です」ということで、改めて再生いただきました。やはり、パッヘルベルのカノンです。そのカノンが前奏になって、坂本冬実が歌い出したのは、まさしく大阪の女です。なんと、この2曲、コード進行が全く同じらしいのです。この一枚、仮に伴奏がオルフェウス室内管のあの録音なら、女声ソロのセンター定位チェックと、高・中・低音弦楽の空間定位チェックが一枚で出来る奇跡の一枚になったかも。(もしかすると、これは皆さん既にご存知の有名な話なのかもしれませんが)

最後に、以前、音が響くと苦情のあった階下の住民への配慮から、特に低音の出方を調整されるその姿勢には、ルーシー父さんのお人柄が如実に出ていると感じました。近隣の方々への配慮を最優先され、その結果ご自身でもお気づきの問題が発生することには、一旦は目をつぶるという選択をされたとのこと。左右のスピーカの設置環境の差による問題点は、私にも感じられましたので、その旨は正直に申し上げましたが、その点は改善手段も明確で、それが行われれば更に魅力を増すと確信しました。更に、当方が帰宅後、階下のお宅に挨拶に行かれて今日の音量でも問題なかったということを確認されたと伺い、その誠実さには頭が下がる思いでした。

ルーシー父さん、有難うございました。あの音量でもOKという確認できて良かったですね。そして、次回、「中央線・東西線相互乗り入れ・マルチジャンル女声フェチ オフ会」楽しみにしています。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 坂本冬美は歌唱力ありそうですね。演歌歌手って他のジャンルの歌を歌うとおって感じで驚くときが良くありますね。

    マンション住まいだと音量に気を使う所はみんな同じようですね。
    ただ、ある程度の制限はどの環境でもつきものです。変な我慢をしないでうまく周りとやっていくのもオーディオの醍醐味のような気もしました。

    byうつみくん at2017-10-04 06:08

  2. こう言う機会は、オーディオ機器たちの使い方(こなし方)も学べる一方、良いソフトとの出会いが嬉しいですよね。

    誌上で評価が高かったり、試聴で多用されてるからと言っても、自分好みとは限らないんですよね。 実際に聴くと判断は容易いので無駄な出費は抑えられたりします。

    しかし私も女性VOの購入率は上がっていますね(^-^)/ しっとりと艶やかな声は癒されます。 モニターで聴く生々しいのも好きなのですが、小型スピーカーで芸術的な視聴も楽しんでいます。

    坂本さん 歌 上手いもんなぁ~(^O^) 私も愛聴盤です。

    byアコスの住人 at2017-10-04 14:05

  3. カノンコード(C-G-Am-Em-F-C-F-G)は、定番というのか鉄板のコード進行です。(原曲はニ長調なので一音上ですが)

    J-POPの名曲でもいくらでもあります。こちらに一覧とそのメドレーの動画がありますよ。なかなか良く出来ていて面白いですね。

    http://do-ra.org/2017/05/09/108037/

    このコード進行とメロディについてはずいぶんと前になりますが、NHKTVでドラマ仕立ての番組で坂本龍一がその秘密を明かすかのようにくり返し演奏していてとても印象的でした。最初は、一本指でまずカノンのテーマをポツンポツンと弾いていくところから始まります。残念ながら番組名は忘れてしまいました。

    byベルウッド at2017-10-04 14:31

  4. うつみんくんさん

    レス有難うございます。

    私の少ない経験からも、演歌歌手の方は、基礎が鍛えられているし、自分の表現スタイルをしっかりと持って折られることが多いような気がします。

    その中でも、坂本冬実は特別に上手いですね。演歌スタイルを残す時と、残さずに演じる時、色々使い分けているし、流石だなと思いました。

    byパグ太郎 at2017-10-04 21:08

  5. アコスの住人さん

    レス有難うございます。

    オフ会の楽しみは、新たな音楽との出会いですよね。といいますか、私は、そちら中心に走ってしまい、単なる音楽鑑賞会(時々、録音の良し悪し)みたいになってしまいます。

    特に、自分とは異なるジャンルを中心に聴かれている方のソースは、凄く面白いです。書棚を見ると人が判るとよく言いますが、音楽は、もっと感覚的な嗜好がわかってくるような気もします。

    それにしても坂本冬実、上手いです。

    byパグ太郎 at2017-10-04 21:17

  6. ベルウッドさん

    レス有難うございます。

    確かに、カノンコードですから、この曲に限らず沢山あるわけですよね。今、紹介いただいたサイトのYouTubeリンク、100曲メドレー聴きながら、キーボード叩いています。別の曲が100曲のはずですが、変奏曲で循環しているような錯覚を覚えますね。不思議な感覚です。

    byパグ太郎 at2017-10-04 21:50

  7. こんばんは、

    同じ沿線で行き来できる繋がり、皆さんのオフ会記を見てると都会の方が本当に羨ましいです^_^
    カノン進行、始まりから徐々に暗くなるが最後は明るくなって盛り上がる、というパターンは意外と日本人好みのコード進行なのかもしれません。これに並びビートルズの「レットイットビー進行などもあり、ともに「感動コード」と呼ばれるようです。

    byにら at2017-10-04 21:53

  8. にらさん

    レス有難うございました。

    >同じ沿線で行き来できる

    そうなんです。首都圏を東西につなぐ沿線上に805ユーザとoctaveユーザが並んでいます。それを南北に横切る形でoctaveユーザが並んでいます(が、さすがにこちらは乗り換えなしでは無理でした)。路線図上にこのコミュニティのメンバーを保有機器メーカロゴでマッピングすると楽しいかもとか考えました。^_^

    仰る通り恵まれているという事なんでしょうね。

    byパグ太郎 at2017-10-04 22:53

  9. パグ太郎さん、こんばんは。

    先日はお越しいただきありがとうございました。
    パグ太郎さんのお持ちいただいたCDをお聴かせ頂いて、いつも聴かないジャンルでしたが、とても興味をもちました。

    >クールさシャープさに寄せるなら80SE、温かみや艶を求めるなら110SEという性格

    確かにその通りですね。110SEをパグ太郎さん宅で聴かせて頂いた時に、80SEにも艶が欲しいなと思いました。110SEはとても良いアンプですね。

    >どの様なアーティストの、どの様なポイントがオーナーの「つぼ」にはまるのか、なんとなく判ってまいりました。

    私の「つぼ」を見事に当てられてしまいましたね。

    とても楽しいオフ会をありがとうございました。

    中央線・東西線相互乗り入れ・マルチジャンル女声フェチ オフ会」私もとても楽しみにしております。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    byルーシー父 at2017-10-05 21:07

  10. パク太郎さんこんばんは。

    最近はオクターブ交流が盛んですね。
    確かにルーシー父さんのV80SEは真空管きっての
    ハイパワーとキレがあり、
    艶や暖かい印象のV110SEとは好みで決まりますね。

    いたちょうさんや横浜のvafanさんの襲撃など短期間で多くの交流があるのもこのコミュニティならではでしょうか。

    また805仲間の方とも遊んでくださいね。

    byニッキー at2017-10-05 21:40

  11. ルーシー父さん

    先日は楽しいオフ会、有難うございました。

    私はすぐに音楽鑑賞会になり、音楽の聴き方放談になってしまいます。共通点が出てくるとつい嬉しくなって、失礼なことを申し上げたかもと反省していました。

    またよろしくお願いします。

    byパグ太郎 at2017-10-05 22:06

  12. ニッキーさん

    >805仲間の方とも遊んで

    あれ? 先日はいたちょうさんからの荻窪ラーメンのお誘いをニッキーさんに断られて、大変寂しい思いをしたんですよ^_^

    また是非、宜しくお願い致します。

    byパグ太郎 at2017-10-05 22:19

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする