パグ太郎
パグ太郎
クラシック中心に聴いています。オーディオは手段と考えてはいるものの、気がつくと手段の魔力に取り付かれてしまうことも多く、日々修行をしております。

マイルーム

パグ太郎の部屋
パグ太郎の部屋
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
Phileweb登録後1年、気が付くとスピーカー導入していました(2018/6) 10数年愛用したアンプが逝ってしまったので、久々の機器更新をしました(2017/6)。
所有製品
  • スピーカーシステム
    GERMAN PHYSIKS HRS120 Carbon
  • プリメインアンプ
    OCTAVE V110SE
  • ハードラック
    QUADRASPIRE QAVM
  • RCA/BNCオーディオケーブル
    KIMBER KABLE KS-1020
  • 電源ケーブル

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

いたちょう邸訪問記 球転がしの魔窟を覗き見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月29日

昨年、拙宅にお越しいただきながらお邪魔する機会を逃していた方々への訪問シリーズ。今回は、私の憧れのスピーカである麗しのAccordoをお使いで、拙宅と同じOctaveプリメインでの球転がしの大先達として名を馳せている、いたちょう邸にお邪魔しました。いたちょうさんのご近所にお住まいのベルウッドさんの定期交流に便乗です。

お部屋に通して頂くと、そこにはAccordoの美しい立ち姿。いつ見ても惚れ惚れします。アンプはOctaveの見慣れた顔。上流はツイン構成のPCに、NASとAsoyajiDAC。電源系にも強い拘りでパワー供給関係だけで5つも箱が並んでいます。機械音痴の私には、つなぐだけでも目が回りそう。

本日のお題は、球転がし体験コースと言うことで、初段・中段管を3パターンご用意頂き、聴き比べるプログラムとなっていました。

導入は軽めのボーカルものということで、この2つ。

今井美樹 I love piano 年下の水夫
宇多田ヒカル Fantome 真夏の通り雨

両方とも爽やかで透き通る印象。Accordoってこういう音だったかなと思いつつ、これはこれで美しく、ハイレゾ・PCオーディオだとこういう端麗な音色になるのかと頭を整理しておりますと、ホストからは「少し上がうるさいのです」とのコメント。隣でベルウッドさんがうなずいておられます。

続いたのはこれ。

バッハの無伴奏ヴァイオリン ソナタを、イザベル ファウストと五嶋みどりで。聴きなれた音源で、確かに倍音に何かが乗っていること、そして弦の重音演奏部で下支えの響きが軽いことが判りました。さらに、ダイアナ クラールや、野島稔のピアノでリストでも、その印象は変らず。


ここで、2セット目の球に転じます。最初のクラールの冒頭のベースの響きから全然違います。下の沈み込みがしかっりして、リズムがうねり出し、音楽が締まります。高音もキラキラ感が薄れ自然さが増してきました。ファウストのバイオリンや、野島のピアノも倍音成分が美しく響きます。やはり、これが馴染みのAccordoの音です。なるほど、これが「球転がし」ということかと初心者。一方、帯域が狭いのではというホストの評でしたが、いや、そういう欠点は気にならず、1セット目よりこちらが好みですと申し上げた所で、3セット目へ。

これまた一聴して違います。聴きやすくはなりましたが、大人しい。ベルウッドさんからの「ラジオみたい」の一言に、ホストから「流石かも」の反応。このセットは早々に撤収。ここで、ブランドが明かされます。最初がシーメンス、2番目がテレフンケン、3番目がRCA。ベルウッドさんの「ラジオみたい」の一言へのホストの反応は、名(RCA:Radio Corporation of America)は体を現していることを見抜かれたということだったというネタ明かしまでありました。

めでたくテレフンケンで落ち着いたのですが、番外編に「よろしくない例」として、国産セットを最後にオマケで聴いて見ましょうということで、東芝・松下連合がセットされました。第一印象、これ、別に悪くないじゃない。聴き進めると、ベースもしっかり出ているし、ヴァイオリンの倍音成分も申し分なく美しい。さらに、クラールのボーカルの子音が他の3セットのどれよりも自然で、声の表現としてはこれが一番かも。LINN DSとのセットでは眠ったような音だったのにと仰るホストにとっても新たな発見だったようです。上流との組みあわせでも、適不適が変ると言うことも良く判りました。

想定外の展開で、後半は国産連合で行きましょうということで、一旦、休憩。美味しいコーヒーとロールケーキを頂きながら、球選びの苦労話を伺いました。テレフンケンは偽者や低品質なものを掴まされた末に、やっと入手できたものだそうです。見分けるためのノウハウや勘を身に着けるために、それなりに痛い目にあわないといけないようです(まあ、それはソフト購入でも同じですが、贋作一味に対抗した真贋判定術というのは、更に趣味性を高めていますね)。さらに、どの組み合わせがどのような結果を産むかをある程度、当たりが付くようになるためには、やはり経験の積み上げが必要、これは嵌ると恐ろしいことになりそうです。

ティータイムの余興にサプライズが登場。骨董趣味のホストが手に入れられた手回しポータブル蓄音機です。お父様のコレクションのSPで聴かせていただいたのが、ダイナ ショアの大ヒット、「ブルー カナリー」。

これだけの単純な機構から出てくる、歌のエネルギーと楽しさは、今まで聞いてきた最先端のPCデジタル機器でのハイレゾ再生とは別世界にある音楽の素晴らしさの存在を気づかせてくれます。

後半は、その流れで楽しい音楽の時間です。
オーケストラで、イギリス人作曲家 マルコム・アーノルドの自作自演の管絃楽曲のハイレゾ音源。今回は転がさず固定だった出力管(スヴェトラーナ)の産地であるレニングラードに因んだショスタコーヴィッチの交響曲の新旧名演奏。シベリウスのヴァイオリン協奏曲をソロ潮田益子小澤・日フィル伴奏という初めて聴く録音ですが、潮田さんが素晴らしい。そして古の巨匠クレンペラーのマイスタージンガー序曲。

憧れのAccordoをここまで思う存分聞き込んだのも初めてです。弦も、声も、ピアノも、オーケストラも存分に鳴らしきる響きの美しさと、工芸品のような小さな筐体の美しさに惚れ直しました。後で伺ったのですが、いたちょうさん邸でここまでクラシックがかかるのは、初めてのことだそうで、私のために相当、お気を遣わせてしまったようで申し訳ないことをしました。

最後は、アナログLPを2つ聴かせていただきました。いたちょうさんが唯一お持ちのクラシックLPである中村紘子の80年代初頭のCBS Sonyの録音。ジャケットと同封のカラー写真付き解説が豊かな時代を象徴しています。ちょっと変ったピアノの音に戸惑っていると、ベルウッドさんより解説。Sonyはデジタルマルチの転換の最初期の録音で独特の音がするのは、そのせいとのこと。何時も聴いて頂いているジャンルで気になさらずかけてくださいと言うことで登場したのがこれ。いや、最初のベースの音にしびれてしまいました。やはりアナログもいいものですね。


ここで会は一旦締めて、赤羽の夜の街に酒豪お二人と下戸一人で繰り出しましたが、球転がしに、蓄音機、ハイレゾPC再生、アナログ、FM受信、そしてもちろん音楽の話(次回は、どうやらブルックナーとレクイエムとオペラがテーマになるようです)と、尽きることの無い話題で大変楽しい時を過ごすこととなりました。赤羽の夜にも足を踏み入れていない深い世界があるようですが、今回のオフ会でも、一つ一つ深くて楽しくて怖い世界への扉を幾つも並べて頂いたような気がします。いたちょうさんには、快復期とはいえ体調万全で無い中、最高の歓待をしていただき本当に有難うございました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. パグ太郎さん

    先日はお疲れさまでした。いたちょうさん宅オフ会も二次会も楽しかったですね。

    いたちょうさん宅はPCオーディオへと新たな進展を見せて、これまでとはちょっと違う思いがけない展開もありましたが、やっぱり球転がしの面白さは変わりません。また、今回ほどアッコルドの音の良さ魅力を改めて感じてしまい、それが印象深かったですね。

    それにしても、いたちょうさんが緊張の面持ちでクラシック系のソフトを次から次へとかける様子は今までに見られないことでしたよ(笑)。

    byベルウッド at2018-01-30 10:34

  2. バグ太郎さん、こんばんは。

    先日は、極寒の中、お越し頂き、ありがとうございます。

    や~あ、選曲、緊張しましたよ。
    何時もながらの行き当たりばったり選曲。
    クラシック通、お二人をお迎えするにあたり、演奏も録音もいい加減なものはかけられないし。。超有名盤だと面白くないし。。

    この日は、新しい発見の連続で面白かったですね。
    国産管を見直すことが出来ましたし、何より、ベルウッドさんの弱点が分かりました。(笑
    今度は、これでベルウッドさんをお迎えします。(爆

    球転がしの魔窟には、出力管転がしもありますので、次回はそちらをご期待下さい。

    byいたちょう at2018-01-30 21:20

  3. パグ太郎さん、こんばんは。

    いたちょうさん邸には私も行きたかったです。
    ちょうど前日にベルウッドさんが拙宅に来られていたちょうさん邸訪問の事をお聞きしました。
    アッコルド聴いてみたいなあ。

    いたちょうさん。
    オフ会をされる時に宜しければ面子にれてくださいませ。
    宜しくお願い致します。

    byCENYA at2018-01-30 22:21

  4. パグ太郎さん、こんばんは。

    いたちょうさん宅で昭和歌謡封印で、クラシック中心とは驚きです。でも楽しそうな雰囲気が伝わってきました。

    土曜日、よろしくお願いします。

    by横浜のvafan at2018-01-30 22:37

  5. ベルウッドさん こんばんは。先日は大変お世話になりました。

    話題満載の大変楽しいオフ会でした。球転がしも、アナログも、PCオーディオも、蓄音機も、どれも魅惑的です。そして、アッコルドはやはり、良いスピーカーだと再確認できて嬉しかったです。また、お付き合いよろしくお願いします。

    byパグ太郎 at2018-01-30 23:45

  6. いたちょうさん こんばんは。

    先日は、ご歓待有難うございました。
    皆さんのコメント拝見して、改めて音源選択に、相当、お気を使わせてしまったことが判りました。

    次回、出力管転がしの際は、クラシック封印で昭和歌謡で行きましょう。あるいはベルウッドさん弱点押しで行く場合には、援軍のソースお持ちしても良いです(笑)。

    麗しのアッコルド嬢に宜しくお伝えください。

    byパグ太郎 at2018-01-30 23:53

  7. CENYAさん

    今晩は。レス有難うございます。

    前日のオフ会のお話、伺いました。
    Penaudioで聴くシベリウスってどんな鳴り方するのかと空想してしまいました。

    byパグ太郎 at2018-01-30 23:59

  8. 横浜のVafanさん

    今晩は。レス有難うございます。

    いたちょうさんの今回の選曲は、そんなに異例のことだったのですね。日記であーだこーだ書けるのがクラシックに偏っているだけで、昭和歌謡もロックも、ジャズもウェルカムなのですが・・・。でも本当に楽しかったです。皆さん、心から音楽が好きだからなんでしょうね。

    byパグ太郎 at2018-01-31 00:05

  9. パク太郎さんこんばんは。

    ムムム、あのいたちょうさんが緊張されるとは……
    ベルウッドさんとパク太郎さんというクラシック通の二人を相手では無理もありませんかね。

    普段ならこういう場合は途中でビールを出してゲストの印象を曖昧にしてしまうのがいたちょうさんの常套手段(爆)なのですが、パク太郎さんが下戸な為その手も使えません。

    此方の訪問の際はお手柔らかにお願いします。m(__)m

    byニッキー at2018-01-31 20:29

  10. ニッキーさん こんばんは。

    私もオーディオ関連で人をお招きすると、緊張しますね。ご存知の通り、機器には何にも手が加えられていないですし、ソースも録音が優れているかどうかは二の次なので・・・。で、普段通りで好きな音楽かけ倒すしかないと開き直っております。

    ということで、是非、お気遣い無く、普段通りで行きましょうね。

    byパグ太郎 at2018-01-31 21:35

  11. 横レス、失礼します。

    CENYAさん、こんばんは。

    私もベルウッドさんから、オフ会の様子を伺い、興味津々です。
    近いうちに、相互オフ会、行いましょう。

    ダブルヘッダーも良いかと。

    byいたちょう at2018-01-31 23:11

  12. パグ太郎さん

    私もいたちょうさんの選曲が意外でした・・・昭和歌謡がほとんどかからないなんて(笑)

    タマ転がし体験もあり、昼から晩まで音楽とオーディオの楽しい時間だった様子が伝わってきました。

    byKYLYN(キリン) at2018-02-01 07:28

  13. KYLYNさん

    皆さんの反応が、ホストの昭和歌謡封じに集中して、びっくりです。

    いたちょうさんとは、数週間差しかない完全同年代ですので、青春のアイドル・リクエストすべきだったと思っても、後の祭りですね。言い訳すると、アッコルドで聴くクラシックが余りに良かったのです。

    byパグ太郎 at2018-02-01 20:22

  14. パグ太郎さん
    遅レスで失礼します。

    いたちょうさんの球転がしを体験されたそうですが、初めて?とは思えない的確なコメントをされていて驚きました。

    ベルウッドさんが後から掲載された評価とほぼ同じで、音楽を聴き込まれている方は同じように聴こえるのでしょうね。

    Octaveのアンプで多用しているECC83やECC81の種類ではいたちょうさんには敵いませんが、私もこれらの球を数種類持っています。

    よろしかったら、お貸しできるので連絡してください。
    球転がし仲間が増えると、楽しくなりますね。

    byED at2018-02-03 13:53

  15. EDさん

    今晩は。レス有難うございます。

    球転がし初体験で、音の変化にびっくりしております。今回は初段・中段がセットになっていましたし、出力管は固定でしたが、その組み合わせのバリエーションを考えるだけで気が遠くなりそうです。

    一回だけの経験の印象ですが、これは聴く音楽に応じた適不適もありそうだとも思いました。フルオケ用セットとか、ピアノ用、弦楽四重奏用、声楽用とか・・・。凄いことになりそうですね。

    以前にも書きましたが、お近くにお越しの際は、是非、お声がけ下さい。

    byパグ太郎 at2018-02-04 04:17

  16. 横レス失礼します。

    いたちょうさん
    うっかり見落として遅くなりました、すみません!
    昨日はいたちょうさんのお近くを掠めてベルウッドさんの所にお伺いして来ました。
    初赤羽入りです。
    美味しそうな飲み屋がいっぱいで酒好きな私としては魅力的なワールドでした。
    移動時間は1時間位なのでダブルヘッダー且つ赤羽ナイト付きで是非ともお願い致します。

    byCENYA at2018-02-04 07:05

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする